不用品回収業者とのトラブルは予防できる? 優良業者の選び方を紹介!

自治体のゴミ捨てルールが厳しくなるにつれ、需要が高まっているのが不用品回収業者です。業者に依頼すれば、一度にたくさんの不用品が処分できます。その一方で、「不用品回収業者に依頼したら不当に高い料金を請求された」といったトラブルも増加中です。また、「不用品回収業者を利用してみたいが、トラブルが多いと聞いて躊躇(ちゅうちょ)している」という人もいるでしょう。

そこで今回は、不用品回収業者との間に起こりがちなトラブルの事例や、優良な不用品回収業者の選び方を紹介します。

  1. 不用品回収業者との間に起こりがちなトラブル
  2. 不用品回収業者の選び方
  3. トラブルになったら国民生活センターへ相談する
  4. 不用品回収業者に関するよくある質問

この記事を読めば、不用品回収業者を選ぶ際の注意点などもよく分かるでしょう。不用品回収業者を利用してみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不用品回収業者との間に起こりがちなトラブル

はじめに、不用品回収業者との間に起こるトラブルの実例や件数を紹介します。

1-1.不用品回収業者とのトラブルは年に60件以上ある

不用品回収業者と利用者のトラブルは、2000年代に増え始めました。国民生活センターの報告によれば、2007年度では年間200件を超える苦情が寄せられています。2010年代になると苦情は減っていきましたが、それでも2011年に環境省が行ったアンケートによると、年間60件以上の不用品回収業者に対するトラブルが寄せられていました。

1-2.不用品回収業者との間は金銭トラブルが起こりやすい

不用品回収業者との間に生じがちなトラブルには、以下のようなものがあります。

  • 見積もりよりかなり高額な料金を請求された
  • 口頭で料金を告げられ、承知したらトラックに積みこんだ後で高額な料金を請求された
  • 見積もりの金額が高すぎるので契約を断ったら恫喝(どうかつ)され、無理やり契約させられた
  • 不用品の回収と共に買取を持ちかけられ、貴金属を不当に安い金額で買い取られた
  • 回収を依頼した不用品が、後日不法投棄されていた

報告されたトラブルの中で最も多いのが回収料金に関するものですが、不法投棄や押し買いも報告されているのです。

1-3.被害は高齢者に多い

不用品回収業者とトラブルになる年代はさまざまですが、中でも高齢者の被害が目立ちます。高齢者は大型の家具や家電をゴミ収集場に持っていくのも大変です。また、高齢の女性は男性に恫喝されると萎縮して言うとおりにしてしまうことも多いでしょう。さらに、最初に高額な回収料を取っておき、「後で自治体に申請すれば返金される」と誤った情報を教えた例もあります。

2.不用品回収業者の選び方

この項では、優良な不用品回収業者の選び方やトラブルを未然に防ぐ方法を紹介します。

2-1.街中を流している回収業者を利用しない

不用品回収業者の中には、軽トラックで街中を流しながら「無料回収」を呼びかけているところもあります。このような流しの業者は、トラブルが多数報告されているので、利用しないようにしましょう。自分で業者を見つけて依頼したほうがトラブルを回避できます。

2-2.営業をかけてくる業者は利用しない

電話や飛び込みで「不用品を回収します」「不要なものを買い取ります」と営業をかけてくる業者も、トラブルが多数報告されています。このような業者は、「不用品回収を依頼したら、しつこく貴金属の買取を打診された」といった押し買いの被害も多いのです。また、「見積もり額は低かったが、トラックに不用品を積んだ段階で追加料金を請求され、断ったら自分で不用品を元に戻すように言われた」など、悪質な業者も珍しくありません。せっかく営業をかけてきたのだから、と思わないようにしましょう。

2-3.自治体の許可を得て所在地がはっきりしている業者を利用する

家庭から出る不用品を回収するには、自治体に申請して「一般廃棄物の許可」を得なければなりません。これを獲得している会社ならば、安心して利用できます。「産業廃棄物の許可」や「古物商の許可」しか取得していない業者の中には、悪徳業者が紛れ込んでいる可能性があるので、注意が必要です。また、業者の事務所所在地がはっきりしているところを選びましょう。事務所の所在地が名刺やサイトなどに一切書かれておらず、連絡先も携帯電話番号だけという業者は、トラブルになると音信不通になりがちです。ネットで業者を選ぶ際は、事務所所在地と電話番号の確認を忘れないようにしましょう。

2-4.実績を確認して申し込む

優良な業者ならば、実績があるはずです。口コミサイトを確認する場合は、長期にわたり高評価がついている業者を利用しましょう。短期間にたくさん高評価がついている場合は、サクラの可能性もあります。対応が丁寧で見積もりが分かりやすく、きちんと書面にしてくれる業者ならば信用できるでしょう。

3.トラブルになったら国民生活センターへ相談する

予想より高額な金額を請求された場合など、不用品回収業者との間でトラブルが起こったら、国民生活センターに相談しましょう。全国の対応窓口で、相談に乗ってくれます。この際、業者の所在や電話番号が分かるものを持参しましょう。領収書も取っておくことが大切です。回収料を請求する際に怒鳴られるなどされた場合は、110番してもかまいません。

4.不用品回収業者に関するよくある質問

この項では、不用品回収業者に関する質問を紹介します。

Q.高齢者が悪徳業者の被害に遭わないようにする方法はあるでしょうか?
A.高齢者1人で業者と対応させないことが大切です。必ず、子どもや孫など成人がつき添いましょう。また、遠方で1人暮らしをしている場合は、見守りサービスなどに加入し、業者の付け入るスキを与えないことも大切です。

Q.不当に高い金額を請求された場合、返金を求めることはできますか?
A.請求はできますが、実際に返金に応じる企業は少ないでしょう。

Q.無料回収業者はすべて悪徳業者ですか?
A.いいえ。パソコンなど無料で回収しても利益が出る製品もあります。ですから、理由を明記して特定のものだけを無料回収している業者なら大丈夫です。

Q.不用品回収業者のうち、全国にチェーン展開をしている業者は信用できますか?
A.はい。大規模な業者は信用できます。

Q.優良な不用品回収業者は、回収に来てくれるまで時間がかかるものですか?
A.いいえ。早ければその日のうちに見積もりを出してくれる業者もあります。ただし、引っ越しシーズンなどは予約が入って混み合うこともあるでしょう。

まとめ

今回は、悪徳不用品回収業者の特徴や、トラブルの予防方法、優良な業者の見分け方などを紹介しました。優良な業者を利用すれば、不用品回収業者はとても便利な存在です。事務所の所在地や電話番号が明確になっている業者、見積もりが正確な業者を選んで利用しましょう。