【完全版】婚礼家具・タンスの処分方法は完璧!知識とコツを解説!


婚礼家具ってどうやって処分するの?

結婚したときに実家で購入してもらった婚礼家具やタンスを処分したいという人が、増えています。理由は、現代の住宅事情と合わなくなってきたから。狭い部屋には、大きくて立派な婚礼家具は場所を取るだけの存在になっているのです。そこで、今回は婚礼家具やタンスの処分方法について詳しく解説することにしましょう。

  1. 婚礼家具とは?基本を学ぼう
  2. 婚礼家具を処分したい・捨てたい・廃棄したいときは
  3. 婚礼家具の処分:買い替えの場合
  4. 婚礼家具の処分:自治体などの回収を利用する場合
  5. 婚礼家具の処分:リサイクルしたい場合
  6. 婚礼家具の処分:回収業者に処分を依頼する場合
  7. 婚礼家具・タンスの処分にかんするよくある質問

大切に使ってきた婚礼家具を適切に処分するには、さまざまな処分方法を学んでメリットやデメリットを知ることが大切です。婚礼家具やタンスをきちんと処分したい人は、ぜひ記事を読んでください。適切な処分方法が見つかるほか、満足できる結果を手に入れることができますよ。

1.婚礼家具とは?基本を学ぼう

婚礼家具とは?基本を学ぼう

婚礼家具について、基本を学ぶことにしましょう。皆さんが処分を希望している婚礼家具には、どのような定義や種類・歴史などがあるかご覧ください。

1-1.婚礼家具の定義

婚礼家具とは、結婚をするときに新居での生活を不便無く送るために購入する家具のことです。多くの場合は、結婚する女性側で用意することになるでしょう。嫁入り道具と呼ぶときは、婚礼家具も入ります。地域によっては、豪華な婚礼家具を用意する風習が残っているところも。婚礼家具は、花嫁にとってこれからの幸せな生活の始まりを象徴するものでもあることを覚えておきましょう。

1-2.婚礼家具の種類にはどんなものがあるか

婚礼家具の種類には、どんなものがあるのか確認しておきましょう。

  • 洋服ダンス
  • 和ダンス
  • 整理ダンス
  • ドレッサー
  • 食卓セット

中でも、洋服ダンス・和ダンス・整理ダンスなどのタンス類は婚礼家具の基本。婚礼家具は、将来子どもができて家族が増えることを考えた容量で揃(そろ)えることになります。

1-3.婚礼家具の歴史を学ぼう

結婚のときに婚礼家具を揃(そろ)えるのは、いつから行っているのでしょうか。歴史を振り返ってみるとすでに平安時代には、子女の嫁入りのときに婚礼家具を揃(そろ)える風習があったことがわかります。品質の良い婚礼家具を準備することが、親としての役目となって現代まで伝わっているのでしょう。婚礼家具には、想像以上に古い歴史があることを知っておいてください。

1-4.婚礼家具の目的

婚礼家具の目的は、結婚した2人が生活が便利になるように必要な家具を揃(そろ)えることです。特に、家族の人数が増えることで洋服などの整理が大変になるでしょう。婚礼家具の基本となる洋服ダンスなどのタンス類は、部屋をキレイに片付けて新婚生活を快適にすることも意味するのです。特に、収納スペースが少ない家に住むときには婚礼家具が役に立つことが多いでしょう。

1-5.婚礼家具の現状を知ろう

ひと昔前までは、結婚のときに婚礼家具を購入することが当たり前でした。しかし、今は部屋にクローゼットが備わっていることも多いでしょう。また、結婚生活を始めるときもシンプルなインテリアを好む夫婦が増えています。さらには、大きな家具は部屋の中でスペースを取り過ぎたり災害時の心配があったりなど、需要が少なくなっているのも事実。婚礼家具は、絶対に必要とは言えなくなっているのが現状なのです。

2.婚礼家具を処分したい・捨てたい・廃棄したいときは

婚礼家具を処分したい・捨てたい・廃棄したいときは

婚礼家具を何らかの理由で処分したい・捨てたい・廃棄したいときは、どんな方法があるのか学びましょう。また、婚礼家具を処分するべきタイミングについても、考えます。

2-1.婚礼家具はどんなときに処分が必要か

婚礼家具を処分するべきときは、以下のようなケースを考えることができます。

  • 故障や損傷が激しくなって使いづらくなったとき
  • 家族構成が変わって必要が無くなったとき
  • 自分の趣味に合わなくなったとき
  • 引っ越し先に婚礼家具を置く場所が無いとき

長年使っていて家具としての寿命が来た場合も、あるでしょう。また、家族構成や趣味が変化することもあります。さらに、引っ越しを機会に処分したいと考えるケースも多いでしょう。

2-2.婚礼家具の主な処分方法

婚礼家具の主な処分方法としては、以下のようなものを挙げることができます。

  • 欲しがっている知人に譲(ゆず)る
  • 買い替えのときに下取りや引き取りサービスを利用する
  • 粗大ごみとして自治体の回収に出す
  • リサイクル品として買い取りに出す
  • リサイクル品としてリメイクやリフォームをする
  • 不用品回収業者に回収を依頼する

いずれの方法も、メリットやデメリットを確認することが大切です。自分にとって、最適な方法で処分するためにもじっくり検討してください。

3.婚礼家具の処分:買い替えの場合

婚礼家具の処分:買い替えの場合

では、婚礼家具の処分として、買い替えに伴う場合について確認しましょう。買い替えの場合は、販売店やメーカーにおる下取りや引き取りを利用する方法がありますよ。

3-1.販売店・メーカーによる下取りや引き取りで処分する

販売店の下取りや引き取りを利用する場合は、新しい家具を買い替えるタイミングで申し込んでください。販売店によっては、申告無しでサービスを受けることができない場合もあるので注意しましょう。メーカーの下取りや引き取りのサービスを利用する場合も、同じく買い替えるタイミングでの申告を忘れないでください。実際の回収日時や回収方法については、販売店やメーカーの指示に従って進めましょう。なお、販売店やメーカーの下取りを利用する場合は、実質として数千円程度のキャッシュバックになるはずです。つまり、新品を購入するときに安くできると考えてください。引き取りの場合は、無料のことがほとんどでしょう。ただし、中には、有料のサービスとなることもありますので注意してくださいね。

3-2.販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分するメリットやデメリット

販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分するには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここでは、それぞれについて解説をします。

3-2-1.販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分するメリット

販売店やメーカーの下取りや引き取りについては、新品の家具を購入することで受けることができるサービスとなります。下取りの場合は、家具の購入費用を安くすることができるでしょう。また、引き取りの場合は販売店やメーカーによって無料でできることもあります。いずれにしても、家具を買い替える場合は大きなメリットとなるのでチェックしてください。

3-2-2.販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分するデメリット

さて、販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分することにも、デメリットは存在します。まずは、買い替えのタイミングでないとサービスが利用できない点を挙げることができるでしょう。また、自社製品だけを下取りや引き取りの対象としていることもあります。下取りしてもらう予定でも、状態が悪い場合は下取り不可となることもあるでしょう。販売店やメーカーの下取りや引き取りは、条件をよく検討して利用してください。

4.婚礼家具の処分:自治体などの回収を利用する場合

婚礼家具の処分:自治体などの回収を利用する場合

婚礼家具を処分する方法としては、自治体などの回収を利用することも挙げることができます。自治体などの回収を利用するときの注意点やメリット・デメリットを、確認してください。

4-1.郵便局利用で婚礼家具の処分をする方法

婚礼家具を粗大ごみとして処分する場合は、郵便局を利用してリサイクル券を購入する必要があります。郵便局では、粗大ごみ用のリサイクル券を販売していますので係員に相談して購入してください。なお、粗大ごみの引き取りには自治体の粗大ごみ回収窓口に連絡をすることが必要になります。指定のあった日時に、自分たちで回収場所へ婚礼家具を運んでください。ちなみに、自治体によっても異なりますが洋服ダンス1個の回収手数料は数百円から二千円程度となります。

4-2.郵便局利用で婚礼家具の処分をするメリットやデメリット

さて、郵便局利用で婚礼家具の処分をするメリットと、デメリットについてそれぞれ確認しておきましょう。実際に、どんなメリットやデメリットがあるのか学んでくださいね。

4-2-1.郵便局利用で婚礼家具の処分をするメリット

郵便局を利用して婚礼家具を処分することは、自治体の粗大ごみに出すことを意味します。郵便局は全国に数多く存在しているので、地方でも依頼しやすいことがメリットと言えるでしょう。また、リサイクル券の購入についていつでも可能な点もメリットと言えます。地方自治体の粗大ごみ回収は、費用が安いためできるだけ費用負担を少なくしたい人にも検討の余地はあるでしょう。

4-2-2.郵便局利用で婚礼家具の処分をするデメリット

郵便局利用で婚礼家具の処分をすると言っても、リサイクル券を購入するステップだけになります。多くの場合は、自治体の粗大ごみ回収窓口に連絡をして回収日時と場所の指定を受ける必要があるでしょう。また、自分たちで婚礼家具を運ぶ手間が掛かることと、タンスなどは1個単位で料金が必要になるので個数によっては費用負担が大きくなることもデメリットとなります。

5.婚礼家具の処分:リサイクルしたい場合

婚礼家具の処分:リサイクルしたい場合

婚礼家具が不用になっても、まだ使用できる状態のときはリサイクルを考えてみましょう。婚礼家具をリサイクルするには、どんな方法があるかご覧ください。

5-1.婚礼家具をリサイクル品として買い取りしてくれるところは?

婚礼家具をリサイクル品として買い取りしてくれるところには、リサイクルショップを挙げることができます。リサイクルショップには、中古品の家具を探している客がたくさんいるので需要のある家具については買い取りをしてくれることでしょう。婚礼家具の中でも、サイズがやや小さめのものやキレイなものは買い取りの対象となりやすいです。また、家具専門の買い取り業者の場合は、品質の良いものを高値で買い取りしてくれることもあるでしょう。

5-2.買い取り方法や高額買い取りになるコツ・業者の選び方を伝授!

家具は大きくて重いもののため、多くの場合は見積もりに来てもらうことから始まります。見積もりを出してもらって納得したときに、買い取り成立となって業者が引き取ることになるでしょう。高額買い取りを狙うためには、できるだけ掃除を行ってキレイにしておくことがポイントです。また、リサイクル業者の選び方については、下記のポイントを参考にしてください。

  • 婚礼家具のリサイクルに積極的であること
  • 家具の買い取りに対する実績が豊富なこと
  • 不当に安い見積もりを出してこないこと
  • 不明な点に対する答えがわかりやすいこと

婚礼家具の買い取りを行っているリサイクル業者の中には、現物の状態が悪くないのに不当に安い見積もりを出してくることもあります。嫌な思いをしないためにも、信頼と実績の確かなところに買い取り依頼をしてください。

5-3.婚礼家具のリメイクやリフォームについても考えよう

婚礼家具をそのままリサイクルに回すほかにも、リメイクやリフォームで新品の家具のように作りかえることも可能です。自分たちでDIYしても良いほか、リメイクやリフォーム専門の業者に依頼しても良いでしょう。今ある資源を大切に利用するという考えからも、リメイクやリフォームを行って自分好みの家具に作りかえることは、素晴らしいことです。

5-4.婚礼家具をリサイクルしたい場合のメリットやデメリット

婚礼家具をリサイクルしたい場合にも、メリットやデメリットを知っておく必要があります。リサイクルしたい場合には、どんなメリットやデメリットがあるのかしっかり学んでください。

5-4-1.婚礼家具をリサイクルしたい場合のメリット

婚礼家具をリサイクルしたい場合は、ごみとして処分することに比べてものとしての寿命を延ばすことができるという大きなメリットがあるでしょう。まだ使うことができるものを、新たな使い手に渡すことはとても良いことです。環境保護の点でも、婚礼家具のリサイクルは望ましいと言えるでしょう。DIYでリメイクしたりリフォームしたりして新たな使い道を考えることは、資源の有効活用という点からも評価できます。

5-4-2.婚礼家具をリサイクルしたい場合のデメリット

婚礼家具をリサイクルしたいとき、ものによっては買い取ってもらえないこともある点がデメリットと言えるでしょう。特に、大型の婚礼家具はそのままの状態では需要が少ないことも事実です。リサイクルショップなどでも、中古品として需要が見込むことができないものは、買い取りができないこともあるでしょう。また、DIYでリメイクやリフォームをするにも、センスや技術が必要です。婚礼家具を思いどおりの形にリフォームすることは、簡単なことではない点も覚えておきましょう。また、業者にリメイクやリフォームを依頼すると費用が必要になる点も、注意してください。

6.婚礼家具の処分:回収業者に処分を依頼する場合

婚礼家具の処分:回収業者に処分を依頼する場合

婚礼家具の処分方法として、おすすめなのは回収業者に依頼することです。不用品回収業者に婚礼家具の処分を依頼することについて、詳しくお話をしましょう。

6-1.回収業者に婚礼家具の回収を依頼した場合の方法

婚礼家具の処分を回収業者に依頼した場合は、以下のような方法で回収となります。

  • 婚礼家具の内容や大きさなどを確認する
  • 回収日時や回収方法を確認する
  • 婚礼家具の大きさによっては玄関以外から出すかについても確認する
  • 回収日時に業者が回収にやってくる
  • 必要に応じて部屋の中や搬出経路の養生(ようじょう)をする
  • 婚礼家具を運び出す
  • 運び出した後の片付けを行って完了

自分たちで運び出すよりも、業者に回収を依頼した方が楽に済みます。時間や労力の節約を考えても、不用品回収業者に婚礼家具の処分を依頼することは有意義と言えるでしょう。

6-2.回収業者に婚礼家具の処分を依頼した場合の料金

婚礼家具の処分を回収業者に依頼した場合の料金は、以下を目安にしてください。

  • 洋服タンス1個:約数千円から
  • 軽トラック1台分の家具:約3万円から

回収料金については、業者によっても物量によっても異なります。実際にいくら必要になるのか知りたいときは、業者に見積もりをもらって確認してください。

6-3.婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合のメリットやデメリット

婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合にも、メリットやデメリットがあります。それぞれの内容を確認して、理解しておいてくださいね。

6-3-1.婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合のメリット

婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合もメリットは、以下のとおりです。

  • 婚礼家具を処分する労力を節約できる
  • 指定の日時に回収してもらえる
  • 指定の場所まで回収に来てもらえる
  • そのほかの不用品も同時に処分してもらえる

婚礼家具は、大きくて重いものが多いです。自分たちで運び出すなど、処分の手間や労力を省くことができる点は大きなメリットと言えるでしょう。

6-3-2.婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合のデメリット

婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合、デメリットは回収料金が必要になる点です。婚礼家具は、大きいものが多いため場合によってはトラック1台分の回収見積もりが必要なこともあるでしょう。しかし、回収費用が必要になるというデメリットを考えても不用品回収業者を利用するメリットは大きいので、よく考えて検討してみてください。

6-4.婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合の注意点

婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合は、以下の注意点をチェックしておきましょう。

  • 問い合わせに対する回答が明確で親切か
  • 婚礼家具などの不用品回収にかんする実績が豊富か
  • 見積もりを無料で出してくれるか
  • 回収費用が良心的な設定になっているか
  • 希望の回収日時に来てくれるか
  • 回収方法や準備作業が丁寧か
  • 地域の公安委員会に許可を得ている業者か

なお、上記のポイントをクリアしている不用品回収業者を下記にご紹介しておきますので参考にしてくださいね。

不用品回収買取センター:https://www.nc-recycle.com/

7.婚礼家具・タンスの処分にかんするよくある質問

婚礼家具・タンスの処分にかんするよくある質問

婚礼家具・タンスの処分には、不安や悩みが付きものです。ここでは、皆さんからよく聞くことが多い質問内容に答えていきましょう。

7-1.婚礼家具やタンスを処分するのは縁起が悪くないですか?

確かに、婚礼家具やタンスは、皆さんが結婚したときにお祝いとして持ってきたものとなります。縁起が良いものとして、扱うことも多かったことでしょう。しかし、婚礼家具やタンスの役目は十分に果たしたと考えてください。役目を果たしたものは、適切な処分をすることが大切です。婚礼家具の処分は、縁起は悪くないことなので安心してくださいね。

7-2.高価な婚礼家具やタンスは相続の対象になりますか?

実家が裕福な場合、婚礼家具やタンスも立派で高価なものを用意していることでしょう。さらに、大切に使用していて状態が良い場合は、相続の対象になるのではと考えるのも自然なことです。しかし、婚礼家具やタンスには相続の対象となるほどの価値がある場合は、少なくなるでしょう。購入したときは高価なものであっても、市場価値が高いとは限りません。また、資産価値として考えたときも高額評価になるとは言えないでしょう。むしろ、必要が無くなった婚礼家具やタンスは早く処分をして、現金で持っていた方がおすすめです。

7-3.婚礼家具の処分で知り合いに譲(ゆず)るときに注意したいポイントは?

婚礼家具の処分を考えている場合、知り合いが譲(ゆず)ってほしいと言っているのなら気持ちよく譲(ゆず)りたいものです。ただし、知り合いに譲(ゆず)る場合にも、以下のポイントに注意してください。

  • できるかぎりキレイにクリーニングしておくこと
  • 不具合がある部分は事前に伝えておくこと
  • 婚礼家具のサイズを正確に伝えておくこと
  • 婚礼家具を引き取りする日時や方法について確認しておくこと

大切な婚礼家具を知人に再度心地よく使ってもらうためには、気配りが必要です。また、婚礼家具の引き取りの際に破損をしないようにも、気を付けてくださいね。

7-4.婚礼家具が大き過ぎて玄関を通過できそうもないときはどうする?

婚礼家具を処分するときに、想像以上に大きくて玄関を通過できないこともあるでしょう。しかし、婚礼家具を家の中に運ぶことは、できたはずです。購入時にはどのように運び入れたのか、考えてみてください。どうしても運び出すことができないと思った場合は、業者に相談すると良いでしょう。たとえば、リビングから庭を経由して運び出すなど玄関から出さなくても良い方法を考えてくれますよ。

7-5.婚礼家具のリサイクルとして子どもに受け継ぐのは時代遅れでしょうか?

ひと昔前は、子どもが結婚するときに親が大切に使っていた婚礼家具を受け継ぐこともありました。しかし、今は住宅事情が変化して大きな婚礼家具を運び入れることが困難な場合も多いでしょう。また、若い人たちが使うことを考えると婚礼家具のデザインが古いことも否定できません。もちろん、子どもが喜んで受け継ぐ場合は問題は無いです。しかし、無理に受け継ぐことは止めて子どもに客観的な判断をしてもらうと良いでしょう。

まとめ

婚礼家具の処分方法についてのまとめ

婚礼家具は、結婚したときから使ってきた思い出の品です。処分をするときも、できるだけ適切な方法を選びたいことでしょう。まだ使うことができる婚礼家具やタンスは、リサイクルに出したり不用品回収業者に処分を依頼したりすることをおすすめします。ごみとして扱うことは、簡単です。しかし、婚礼家具やタンスに感謝の気持ちを持ってリサイクルの道を考えることも忘れないでくださいね。