子供部屋をすっきり片付ける収納のコツ。3つのポイント

ママにとって、子供の成長は微笑(ほほえ)ましくて嬉(うれ)しいものです。大きくなるにつれて悩みの種になってくるのは、おもちゃや絵本を始め、こまごましたものが多くなってくる子供用品の散らかり。
「片付けても全然キレイにならない」
育児中のママなら誰でも経験する悩みですよね。
子供部屋をすっきりキレイに片付けて、子供が楽しくなる収納方法をご紹介します。

  1. 子供部屋の片付け方法
  2. 子供部屋が楽しくなる収納
  3. 子供部屋のキレイを保つコツ

1.子供部屋の片付け方法

子供部屋がいつも散らかっているのは、ママにとって憂鬱ですよね。子供の片付けは生活習慣の一つ。遊びとセットで覚えたい大切なことです。
ママ一人で背負い込もうとせず、子供と一緒に片付けを楽しみましょう。

1-1.遊びの一つに「お片付け」をプラスする

「片付けなさい! 」
気がつけば、いつもイライラ。そんなママはたくさんいらっしゃるようです。子供はおもちゃを出したい放題で、ママは追いかけて片付ける……うんざりしてしまいすよね。やりなさい! と頭ごなしに叱るのは、やりたくない気持ちを増幅する逆効果です。
子供は、どんなことでも遊びに変えてしまう才能の持ち主。自分から片付けようと思うように、ひと工夫してみませんか? 
「ママとどっちが上手に片付けられるか競争しよう! 」
スタートの掛け声で、子供に片付けを遊びの一つだと思わすようにするのがコツです。

1-2.おもちゃにはおもちゃの部屋

子供の散らかし放題との追いかけっこは、本当に疲れてしまいますよね。子供はどうしてきちんとしまわなければいけないのか、わかりやすく説明してあげてください。キレイになると気持ちがいいというのは感覚としてわかるものです。もう少し具体的に教えてあげると理解しやすいでしょう。
「おもちゃにはおもちゃの部屋があるんだよ。みんな自分のお部屋で過ごしたいよね。だから、きちんとお部屋に返してあげようね」
などと、わかりやすい言葉で伝えてあげると、イメージしやすいはずです。子供の想像力に合わせた収納を用意してあげましょう。

1-3.次の遊びをする前に片付けるのがコツ

子供は遊んでいる中で、ほかの遊びを思いついたら、すぐに違うものを引っ張りだしてしまうものです。それを繰り返していくうちに、収拾のつかない散らかった状態に陥ってしまいます。一つの遊びを終えたら、ほかのものを出す前に元に戻すことを習慣にしていきましょう。
「出したら、元へ戻そうね」
この一言を普段から何気なく伝えておくと、自然と子供の中でインプットされていきます。

2.子供が楽しくなる収納

子供が上手に片付けられないのは、片付けは面倒くさいと感じてしまっているからです。楽しく片付けができれば、子供が自分からやろうと感じます。
必要なのは、子供の目線に立って収納を見直すことです。
ママ目線で収納を考えてしまうと、子供にとって出し入れしにくいこともあります。子供が自発的に取り組めるような収納を考えましょう。

2-1.出しやすい=しまいやすい

大人の目線で収納を考えると、どうしても隠す収納を思いつきがちです。隠す収納は、子供にとって出しにくく、しまいにくい構造を生み出してしまう結果につながります。
子供向けに作られた収納家具は、そうした使いにくさが解消されているものです。中には、成長に合わせて高さや配置などを変えられるものもあります。長く使える収納を選ぶようにしましょう。
取り出したものがすぐ元に戻せることが、片付ける自発的行動につなかるきっかけです。

2-2.小物を上手にわける

小さなフィギュアやキーホルダーなど、おもちゃ以外の小物は、よりわかりやすく収納しましょう。小物は、大人でも子供でも扱いにくいもの。引き出しに間仕切りを使ったり、壁掛けタイプのポケットを利用したり、パッと見てわかりやすい仕分けが効果的です。
コレクションしているカードは、バインダーやファイルを使って見やすい工夫をしてあげましょう。子供は、この位置にはどのカードがあるなど記憶していきます。本来持っている想像力と記憶力を生かした方法もいいでしょう。

2-3.収納のサイズを統一

子供部屋の雑多な雰囲気を解消するためには、収納のサイズを統一してみましょう。いろいろなサイズの家具があるために、なんとなくごちゃごちゃしたイメージになりがちです。
なるべく高さや幅が同じものを選ぶようにして、引き出しなどの前面に何をしまう場所なのかがわかるように絵や写真などを貼り付けます。文字を読むことができない子供でも、一目見ただけでわかるようにするのがコツです。

3.子供部屋をキレイに保つコツ

収納を工夫して、子供が片付けしやすい環境が整ったら、今度はキレイな子供部屋を維持できるようにしていきましょう。遊ぶときと、片付けるときの切り替えが大切です。

3-1.寝る前の5分間

毎日の生活習慣の中に、寝る前の5分間を片付けタイムにしましょう。出しっぱなしのものがないかどうか、収納に無理やり押し込んでいないか、子供と一緒に確認してみてください。
ひたすら片付けをする時間と決めてしまうと、子供は飽きてしまいます。「今日はどんなことをして遊んだかな? 」などの声かけをしながら、楽しい雰囲気で片付けをするようにしましょう。

3-2.しっかり褒める

子供のしつけの基本は、しっかり褒めることです。片付けもしつけと同様に、できたときはよく褒めてキレイになったことを一緒に喜んであげましょう。
「キレイにすると褒めてもらえて嬉(うれ)しい」
この気持ちは、子供のやる気につながります。

3-3.ものを増やさない

子供部屋が散らかってしまう一番の原因は、おもちゃやものが多すぎることです。子供の手に負えない量のものを抱え込まないようにしましょう。
収納を整理すると、空間にゆとりが感じられます。まだ置けると錯覚してしまいがち。ものを増やすことで再び散らかる要素を生み出しかねません。
子供が自分で片付けることを念頭に置いて、無駄なものは買わないように心がけましょう。

4.まとめ

いかがでしたか? 子供部屋の散らかりの原因は、収納を少し工夫するだけで解消されるものです。

  • 子供部屋の片付け方法
  • 子供が楽しくなる収納
  • 子供部屋をキレイに保つコツ

子供が楽しく片付けられるように、遊びの中に取り入れながら試してみてください。