座椅子の処分はどうする? 廃棄・リサイクル 5つの方法を紹介

1.座椅子の処分について

座椅子の処分について

不要になった座椅子を処分する前に、座椅子にかんしての基礎知識を学びましょう。

1-1.座椅子とは?

家庭で使う「椅子」にはいろいろな種類がありますが、座椅子は「脚部」がない床置きタイプの椅子のことを指します。基本的に、お尻を乗せる「座面」と背もたれになる「背面」だけのシンプルな構造です。また、最近では昔ながらのベーシックな座椅子のほかにもさまざまなバリエーションがあります。

1-1-1.ヘッドレスト付き座椅子

ヘッドレスト付き座椅子は、後頭部まで支えることができるヘッドレスト付きの座椅子です。ヘッドレスト部分は角度を調節できます。低反発クッションなどを用いているので体重圧を分散してくれるのです。横幅もゆとりのあるタイプが多く「リラックスできる!」と人気があります。

1-1-2.ひじ掛け付き座椅子

ひじ掛け付き座椅子は、両ひじを置ける「ひじ掛け」がある座椅子です。ひじ掛けは固定ではなく、座ったり立ったりにじゃまにならないよう「はねあげ式」になっているものが多くなっています。

1-1-3.回転座椅子

回転座椅子は、座ったまま座椅子ごと回転できるタイプになります。左右、簡単に向きを変えることができるので便利です。背面の角度を変えられるリクライニング式やひじ掛け付きのものもあります。

1-1-4.高座椅子

通常の座椅子よりも高さのあるタイプです。ひじ掛けがそのまま下に延びて「脚」の役目をしているデザインとなっています。通常の座椅子よりも立ったり座ったりが楽にできるので、足腰が弱っている高齢の人に便利です。

1-1-5.姿勢をサポートする座椅子

姿勢をサポートする座椅子は、座面や背面に積層クッションや低反発クッションなどを用い、腰や背中をやさしくサポートするタイプの座椅子です。背筋を伸ばしたり、骨盤を支えたりして腰痛を軽減する役目を持っています。

1-1-6.ミニ座椅子

ミニ座椅子は、一人暮らしの部屋にぴったりなコンパクトサイズです。座面、背面ともに小さいので狭い部屋でもじゃまになりません。小さいといっても、座り心地のいい素材を使い角度を変えられる機能も付いています。

1-1-7.そのほか

上記のほかにも、2人用座椅子・こたつ用座椅子・ホットカーペット用座椅子・マッサージ機能付きの座椅子などもあります。また、長時間ゲームをしても疲れない高機能なゲーミング座椅子、洋室に合うおしゃれ座椅子などもあるのです。

1-2.座椅子は何ごみか

ひとくちに座椅子といっても、大きさも使っている素材もいろいろですが座椅子は何ごみになるのでしょうか? 自治体によっても詳細は異なりますが、「一般的に縦・横・奥行きなどの1辺の長さが30センチを超えるもの」は粗大ごみになります。一番小さいミニ座椅子でも30センチ以上はあるので粗大ごみで処分するのが適切です。

また、座椅子は、革・合皮・ウレタン・綿・木などのさまざまな素材を使い、所々に金属も使っています。そこで、インターネットでは「分解すれば、燃えるごみと燃えないごみに分けて出せる」などと書いてある記事もあるのです。けれども、「分解しても粗大ごみ扱いとする」という自治体がほとんどなのでやめたほうがいいでしょう。

こんなに種類があるなんて知りませんでした! 素材や大きさによって分類が変わるんですね!
自治体によっても捨て方が異なりますので、事前に調べて正しく処分するようにしてください。

2.座椅子の処分〜自治体の回収〜

座椅子の自治体の回収

座椅子を自治体の粗大ごみで処分する方法をご紹介しましょう。

2-1.自治体による回収について

粗大ごみに出す方法は、自治体によって詳細が異なります。一般的には以下のような手順になるのです。

  1. インターネットの場合は、お住まいの自治体名(例:千代田区など)と「粗大ごみ」をキーワードにして検索すると、その自治体の粗大ごみ受付センターの案内が出てきます。
  2. 粗大ごみ受付センターでは、インターネットか電話で受付をしています。1度に受付することのできる粗大ごみの数は決まっているので「申し込みの注意事項」を読んでください。
  3. 申し込みのときに、回収してほしい粗大ごみの品目・サイズ・個数を伝えます。(インターネットの場合は申し込みフォームでのやり取りになります)
  4. 回収日時・場所・処分費用を教えてくれるので間違えないようにメモしましょう。
  5. 処分費用に相当する金額の「有料ごみ処理券」を購入します。(販売場所は、地域のコンビニエンスストアや酒店、米店などになるので自治体のホームページでご確認ください)
  6. 収集日の午前8時までに、有料ごみ処理券を処分したい座椅子に貼り指定場所に出します。回収する人が一目で分かるように目立つ場所に貼りましょう。
  7. また、自分で地域の粗大ごみセンターに持ち込みをする場合は、有料ごみ処理券の料金が安くなります。その場合は、貼らないで座椅子と一緒に持ち込みをしてください。

2-2.自治体による回収のメリット・デメリット

2-2-1.メリット

  • インターネットや電話でいつでも気軽に申し込みができる

  • 処分費用(有料ごみ処理券)が数百円程度なので安い
  • 粗大ごみセンターに持ち込みをすれば処分費用が安くになる

2-2-2.デメリット

  • 自分の希望する日に回収してもらえないことがある
  • 申し込んでもすぐには回収してもらえない
  • ごみ収集場まで自分で運ばなければならない
  • 1度に出せる粗大ごみの数が限られている
  • 粗大ごみセンターに持ち込みをする場合は車が必要
粗大ごみの場合はこうやって処分すればいいんですね!
自治体の回収は手軽さが魅力でしょう。ただすぐ回収してもらえない場合があるので、急ぎの場合には向かないということもあります。