婚礼家具・タンスの処分方法は完璧! 知識とコツを解説!

1.婚礼家具・タンスを処分したい!

婚礼家具を処分したい・捨てたい・廃棄したいときは

婚礼家具を何らかの理由で処分したい・捨てたい・廃棄したいときは、どんな方法があるのか学びましょう。また、婚礼家具を処分するべきタイミングについても、考えます。

1-1.婚礼家具はどんなときに処分が必要か

婚礼家具を処分するべきときは、以下のようなケースを考えることができます。

  • 故障や損傷が激しくなって使いづらくなったとき
  • 家族構成が変わって必要が無くなったとき
  • 自分の趣味に合わなくなったとき
  • 引っ越し先に婚礼家具を置く場所が無いとき

長年使っていて家具としての寿命が来た場合も、あるでしょう。また、家族構成や趣味が変化することもあります。さらに、引っ越しを機会に処分したいと考えるケースも多いでしょう。

1-2.婚礼家具の主な処分方法

婚礼家具の主な処分方法としては、以下のようなものを挙げることができます。

  • 欲しがっている知人に譲(ゆず)る
  • 買い替えのときに下取りや引き取りサービスを利用する
  • 粗大ごみとして自治体の回収に出す
  • リサイクル品として買い取りに出す
  • リサイクル品としてリメイクやリフォームをする
  • 不用品回収業者に回収を依頼する

いずれの方法も、メリットやデメリットを確認することが大切です。自分にとって、最適な方法で処分するためにもじっくり検討してください。

2.婚礼家具・タンスを買い換える場合は?

婚礼家具の処分:買い替えの場合

では、婚礼家具の処分として、買い替えに伴う場合について確認しましょう。買い替えの場合は、販売店やメーカーにおる下取りや引き取りを利用する方法がありますよ。

2-1.販売店・メーカーによる下取りや引き取り

販売店の下取りや引き取りを利用する場合は、新しい家具を買い替えるタイミングで申し込んでください。販売店によっては、申告無しでサービスを受けることができない場合もあるので注意しましょう。メーカーの下取りや引き取りのサービスを利用する場合も、同じく買い替えるタイミングでの申告を忘れないでください。実際の回収日時や回収方法については、販売店やメーカーの指示に従って進めましょう。

なお、販売店やメーカーの下取りを利用する場合は、実質として数千円程度のキャッシュバックになるはずです。つまり、新品を購入するときに安くできると考えてください。引き取りの場合は、無料のことがほとんどでしょう。ただし、中には、有料のサービスとなることもありますので注意してくださいね。

2-1-1.メリット

販売店やメーカーの下取りや引き取りについては、新品の家具を購入することで受けることができるサービスとなります。下取りの場合は、家具の購入費用を安くすることができるでしょう。また、引き取りの場合は販売店やメーカーによって無料でできることもあります。いずれにしても、家具を買い替える場合は大きなメリットとなるのでチェックしてください。

2-1-2.デメリット

さて、販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分することにも、デメリットは存在します。まずは、買い替えのタイミングでないとサービスが利用できない点を挙げることができるでしょう。また、自社製品だけを下取りや引き取りの対象としていることもあります。下取りしてもらう予定でも、状態が悪い場合は下取り不可となることもあるでしょう。販売店やメーカーの下取りや引き取りは、条件をよく検討して利用してください。