物干し竿の捨て方3つ! 粗大ゴミから回収業者まで処分方法一挙公開!

1.物干し竿を捨てたいとき

物干し竿を捨てたいとき

まずは、物干し竿の素材や長さ、何ゴミになるかをまとめてみました。

1-1.物干し竿の素材は?

物干し竿の素材には、スチール・ステンレス・アルミなどがあります。スチールやアルミはもともと既製品のパイプにキャップを付けただけのものであり、価格も安いのが特徴です。一方のアルミは、鉱物資源の発色を表面にほどこしており、色あせしません。リサイクルしやすいというメリットもあるため、物干し竿としては最も優秀と言えるでしょう。

1-2.粗大ゴミか資源ゴミか?

物干し竿は、粗大ゴミ扱いになります。運搬の問題で粗大ゴミとして分類している自治体がほとんどです。ただし、ゴミ捨てのルールは自治体によって異なる部分も多いため、必ず事前に確認しておくことをおすすめします。自治体のルールを守り、正しく捨ててください。

1-3.長さについて

物干し竿には長さがあります。そのため、自治体回収のゴミとして捨てる場合は粗大ゴミ扱いになるのです。ただし、自治体によっては短く切断することで燃えないゴミとして回収してくれるところもあります。切断するためには工具が必要になりますし、危険な作業であるため、十分注意して行ってください。

物干し竿の種類にもいろいろあるんですね!捨てるとなると長いので大変そうです…。
ゴミとして回収に出す場合、自治体によって異なるのでしっかりと調べて正しく処分する必要があります。

2.物干し竿を自分で捨てるには?

物干し竿を自分で捨てるには?

自分で捨てる前に、知っておくべき情報をまとめてみました。

2-1.自治体の分別方法をチェックしよう!

前述したとおり、物干し竿が粗大ゴミに分類されるのか、切断すれば燃えないゴミとして捨てることができるのかは、自治体によって異なります。もし間違えた捨て方をした場合は回収してもらえないため、注意が必要です。まずは自分が住んでいる地域ではどのような分別方法になっているのか確認することが大切になります。そして、正しい捨て方をしましょう。

2-2.処分方法や手数料について

粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に申し込みの必要があります。電話かインターネットで申し込みをし、回収にかかる料金と回収日時を確認してください。その後、コンビニか郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入します。その券を物干し竿に貼り付け、指定の日時に回収場所に運んでおきましょう。処分にかかる費用も自治体によって異なりますが、数百円で処分できる場合がほとんどです。

2-3.解体、切断方法

切断して短くすれば燃えないゴミとして捨てられる自治体もあります。問題は、どうやって切断するかです。素材によっては、足で踏みながら曲げると簡単に折れるものもあります。しかし、短くなってくると曲げるのも難しくなるため、電動のこぎりなどの工具を使用して切断するとよいでしょう。ただし、普段から工具を使うことに慣れていない人は、ケガに十分気を付けてください。

2-4.自分で捨てるメリットとデメリット

自分で捨てるメリットとデメリットをまとめてみました。

  • メリット:費用が安く済む、自治体なので安心して利用できる
  • デメリット:申し込みや運搬の手間がかかる、日時を自分で指定できない

以上を把握した上で、自分で捨てるかどうか決めてください。

自分で捨てるのは安いんですね!でも好きなときに捨てられないのは困ります。
自治体の対応にもよりますが、指定の回収日時に問題がなければよいでしょう。