カーペットや絨毯にシミが。自力で染み抜きする方法教えます!

絨毯についてしまったシミ、カーペットの汚れが目立つなどのお悩みありませんか?シミになりやすいコーヒーや食べこぼしのケチャップなど、うっかり汚してしまう経験は誰にでもあることです。すぐに拭いてもシミになってしまって、結局そのまま諦めて放置しているご家庭も少なくないでしょう。今回は、そんな諦めがちな染み抜きの方法をお教えします。

  1. 取れるシミと取れないシミ
  2. カーペットの染み抜き方法
  3. カーペットの処分方法について

1.取れるシミと取れないシミ

カーペットや絨毯のシミでも種類があります。大きく分けると下記のとおりです。

  • 水性の汚れ
  • 油性の汚れ
  • 特殊な汚れ

それぞれの種類別に説明しましょう。どんな種類の汚れに関しても、基本的に落ちないシミはありません。汚してしまった瞬間に対処することで、シミを残さずキレイにできるでしょう。

1-1.水性の汚れ

水性の汚れの種類としては、

  • しょう油やソース
  • アイス
  • ジュースや牛乳
  • ケチャップ
  • 水性ペン

基本的に水性の汚れは落ちます。落とし方を間違えると残る可能性もありますが、ある程度時間がたってしまったシミでも落とせるでしょう。

1-2.油性の汚れ

油性の汚れの代表といえば、

  • マヨネーズやバター、油
  • ペンキ
  • 油性ペン
  • 靴墨

などがあげられます。こびりついてしまうと取れないイメージもありますが、こちらもすぐに対処することでシミになることを防ぐことが可能です。シミになってしまったとしても、ある程度は染み抜きができるでしょう。

1-3.特殊な汚れ

特殊な汚れというと、

  • 血液や尿
  • 嘔吐物(おうとぶつ)
  • ワイン
  • チョコレート
  • コーヒー

などがあります。血液などは衣服についたときも落ちにくいですね。確かに落ちにくい汚れといえます。しかし、これらの特殊な汚れであっても適切な対処をすればシミを残しません。

2.カーペットの染み抜き方法

シミは必ずキレイにできるということで、汚れの種類別にシミ抜き方法を紹介しましょう。今すぐにでもできる方法ばかりです。

2-1.しょう油やコーヒー

まず、こぼした部分をたっぷりの水でぬらしましょう。固く絞ったタオルでトントンとたたくように拭きます。そのあと、薄めた中性洗剤を吹きかけてタオルでおさえるように拭きましょう。抽選洗剤が残らないようにご注意ください。これでキレイにシミが取れるでしょう。

2-2.マヨネーズ

マヨネーズの汚れは油性のため、水で拭いただけではダメです。まずティッシュやキッチンペーパーでマヨネーズを取り除きます。このとき水は絶対に使いません。次に、タオルに除光液を染み込ませます。このタオルで外側から内側に向けてたたきながら汚れをタオルにうつしましょう。汚れが取れたら洗剤や漂白剤でたたくように拭きます。最後に洗剤を残さないように拭き取って完了です。

2-3.ガム

ガムがへばりついてしまった場合、氷や保冷剤を使って冷やし固めて取ります。取ったあとに糖分が残っていると変色する原因になるため、洗剤を含ませたタオルなどで拭き取りましょう。

2-4.ペットやお子様の尿

犬がカーペットにそそうしてしまうことは多々あります。お子様のおもらしなんてことも。尿はアルカリ性のため酸性の成分で掃除するのがポイントです。そこで、どこのお宅にも常備されている「お酢」を使います。お酢と水を1対1の割合で混ぜたものをたっぷりかけましょう。これを雑巾などの捨ててもいいタオルなどで拭き取ります。拭き取ったあとに重曹をかけておけば臭いも気にならないでしょう。

2-5.血液

血液でも汚れてすぐなら落ちやすい状態にあります。できればカーペットの下に不要なタオルなどを敷いて、中性洗剤をお湯で溶かしたものを吹き付けましょう。下のタオルに汚れをうつすイメージでトントンとたたいて落とします。このときこすらないように注意しましょう。汚れを広げてしまいます。それだけでは落ちない場合、アンモニア水やオキシドールを使うとキレイに落ちるでしょう。血液専用の洗剤もありますし、セスキ炭酸ソーダなども重宝します。変わり種としては、大根おろしを使う場合も。大根の酵素が血液を分解して汚れを落としてくれます。

3.カーペットの処分方法について

シミの範囲が大きすぎて、染み抜きするより処分したほうが早いという場合もあるでしょう。そんなとき、カーペットの処分に困ると思います。大きさにもよりますが、いくつか処分方法を紹介しましょう。

3-1.可燃ごみとして処分する

細かく切り刻んで指定のごみ袋に入れれば、可燃ごみとして処分することが可能です。小さめのカーペットであればそのまま袋に詰めるだけでも大丈夫でしょう。自治体によっては可燃ごみではなく粗大ごみとして処分するよう指定がある場合も。ご自身の自治体のルールを確認しましょう。可燃ごみとして処分できれば、費用もほとんどかからずお手軽です。

3-2.粗大ごみとして処分する

大きいカーペットや絨毯、大量にタイルカーペットを処分する際には粗大ごみとして処分するのが一番安上がりです。自治体のルールに沿って、チケットやシールなどを購入し指定の日に指定の場所へ出します。

3-3.不用品回収業者に依頼する

大量にある場合、粗大ごみとして処分するにも手間がかかりますね。そんなときには不用品回収業者を利用するといいでしょう。粗大ごみのように指定の日まで待つ必要もなく、自分の都合のいいタイミングで引き取りにきてもらえます。費用はかかりますが、手間はかかりません。

まとめ

いかがでしょう。絨毯やカーペットに作ってしまったシミも、適切な方法で染み抜きが可能です。ただし、シミにしないことが重要で、汚してしまったそのときにきちんと汚れを落とすようにしましょう。

汚れの種類によっては水ぶきするとかえって汚れを広がらせてしまう場合もあります。汚れの種類に応じて適切な材料と方法で汚れを落とすようご注意ください。どんな汚れも、基本的には落ちます。諦めずに丁寧に染み抜きしてみましょう。女性の場合、マニキュアをこぼしてしまうというハプニングもありますね。そんなときにはすぐに除光液を使って拭き取りましょう。マニキュアも油性の汚れですから、水などでは落ちません。マニキュアの種類によっては落ちにくい場合があるため、歯ブラシなどに除光液を染み込ませて使うと便利です。