買い替えを検討すべきタイミング?電子レンジの寿命は何年なのか

電子レンジ電子レンジを日常的に使用している家庭は多いでしょう。
冷凍していたお肉を解凍するとき、冷たくなったご飯を温めるときなど、電子レンジがないと困ってしまいますよね。
電子レンジは、頻繁に壊れるようなことはないでしょう。
しかし、毎日使っていると「いつまで使えるのだろう…」と不安になるときもあるはずです。
調子が悪くなったときにすぐ対応できるように、電子レンジの寿命や故障のサインを知っておくべきでしょう。

そんな人たちのために、電子レンジの寿命や処分方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 電子レンジの寿命
  2. 電子レンジの寿命が近い故障内容
  3. 電子レンジの処分方法
  4. まとめ

1.電子レンジの寿命

電化製品には、必ず寿命があります。
電子レンジの場合、購入から何年くらいで寿命を迎えることが多いのか知っておきましょう。

1-1.マグネトロンの寿命は約10年

まず、電子レンジが食べ物を温める仕組みについて考えてみましょう。
電子レンジには「マグネトロン」という特殊な真空管が取り付けられています。
このマグネトロンから電磁波が放出し、食品を温める仕組みになっているのです。
マグネトロンは「電子レンジの心臓」とも呼ばれている部分で、その寿命が電子レンジ自体の寿命と言ってもいいでしょう。
マグネトロンの総作動時間は約2000時間。
一般家庭の使用頻度で計算してみると、約10年は持つと考えられます。
つまり、電子レンジの寿命は一般的に「10年」と思っていいでしょう。
ただし、最近の電子レンジは単機能ではなく、オーブン機能が付いているものが多くなっています。
センサーや多数の機能が付いているため、昔の単機能オーブンと違い、故障しやすくなっているのです。

1-2.部品の保有期間は8年

もちろん、マグネトロンが寿命を迎えたこと以外の原因で電子レンジが故障することもあります。
電子レンジが故障した場合、メーカーの部品保有期間は約8年が平均です。
つまり、購入から8年以上経過した電子レンジの場合、故障しても修理するための部品がない、ということになります。
修理するために時間も費用もかかってしまうため、買い替えた方がずっとお得な場合もあるのです。

2.電子レンジの寿命が近い故障内容

では、買い替えを検討すべき電子レンジの故障内容には、どのようなものがあるのでしょうか。
買い替えのタイミングを知るためにも、チェックしておきましょう。

2-1.食べ物が温まりにくくなる

前述したとおり、食べ物を温めるのは電子レンジ内にある「マグネトロン」の力によるものです。
マグネトロンは「寿命」と言われている10年を経過すると、電磁波の放出量が減ってきます。
つまり、食べ物を温める力が弱くなってくるのです。
試しに、電子レンジで牛乳を温めてみてください。
今までと同じ時間なのに「仕上がり温度が低い」と感じるときは、マグネトロンの性能が落ちてきている証拠です。
そろそろ買い替えを検討すべきでしょう。

2-2.火花が出る

電子レンジで食べ物を温めているとき、火花が出ているのを見たことがありませんか?
「電子レンジでアルミホイルを温めてはいけない」と言われているのはご存じだと思います。
実は、金属製の食器も使用するのは危険なのです。
金属を含むものを電子レンジで温めてしまうと、金属部分が電磁波を誘導してしまいます。
空気中を電気が移動する形になるため、火花が飛び散るのです。
このように、食器から火花が発火している場合は電子レンジ自体に問題ありません。
しかし、電子レンジ内の側面やターンテーブルなどの付属品から発火している場合、注意が必要です。
付属品を交換して修理する必要があるでしょう。
ただし、購入から10年近く経(た)ってからこのような症状が現れた場合は、付属品以外にも問題を抱えている部分がある可能性も。
あまり頻繁に火花が出るようであれば、買い替えを検討した方がいいでしょう。

2-3.電源が入らない

電子レンジの電源が入らなくなる原因は、いくつか考えられます。
電源基板の故障や電源スイッチの不良などがあるでしょう。
場合によっては、マグネトロンの不良によって電子レンジの電源が入らなくなる可能性もあります。
その場合はマグネトロンの交換が必要になり、修理費用も高額になってしまうでしょう。
修理を依頼するよりも、買い替えの方が安く済むはずです。

3.電子レンジの処分方法

買い替えを決めた場合、古い電子レンジの処分についても考えなければなりません。
不要になった電子レンジの処分方法をいくつかご紹介します。

3-1.自治体に回収してもらう

洗濯機や冷蔵庫などの家電は「家電リサイクル法」の対象となり、メーカーや家電量販店に引き取ってもらうことができます。
しかし、電子レンジはこの法律の対象ではないのです。
ただし、地域によっては電子レンジが「小型家電リサイクル法」の対象になるところも。
「小型家電リサイクル法」は家電リサイクル法と違い、基本的に廃棄料が発生しません。
多くの自治体では、回収ボックスを各所に設けて無料回収しているのです。
スーパーや家電量販店、公共施設などに専用の回収ボックスがないか確認してみましょう。

3-2.粗大ゴミとして捨てる

小型家電リサイクル法が制定される前までは、電子レンジはすべて粗大ゴミとして捨てられてきました。
現在も粗大ゴミとして電子レンジを廃棄している家庭は多いでしょう。
粗大ゴミとして捨てることのメリットは、手間がかからないこと。
しかし、粗大ゴミとして廃棄するとほとんどの場合、埋め立て処分されることになるということを覚えておきましょう。

3-3.不用品回収業者に依頼する

自治体以外に処分を依頼する方法として、不用品回収業者に依頼するという手があります。
不用品回収業者は、希望の日時に自宅まで引き取りに来てくれるというメリットがあるのです。
さらに、電子レンジ以外にもさまざまな不用品を処分してくれます。
ほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみてください。

4.まとめ

電子レンジの寿命についてご紹介しました。

  • 電子レンジの寿命
  • 電子レンジの寿命が近い故障内容
  • 電子レンジの処分方法

「最近、電子レンジの調子が悪い」「電子レンジの寿命は何年くらいなのか?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。