教材は捨てずに買取先を探した方がお得!? 買取方法などを解説

「教材が不要になったが、高価だったしまだ使えるので捨てるのももったいない」というケースは珍しくありません。教材は高価ですが使う期間が限られており、その上「買ってみたけれど自分には合わなかった」というケースもあるでしょう。その一方で、「教材が欲しいが新品は高価なので中古品を探している」という人もたくさんいます。

そこで、今回は教材を買取してくれる場所や買取方法などを紹介しましょう。

  1. 教材の中古市場について
  2. 教材を買取してもらう方法
  3. 自分で教材の買い手を探す方法
  4. 教材の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、教材を高く買取してもらうコツもよく分かります。教材を売却したい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.教材の中古市場について

はじめに、中古でも需要がある教材の特徴や教材の中古市場などを紹介します。

1-1.中古でも需要がある教材とは?

教材は多種多様ですが、中古でも需要がある教材は以下のようなものです。

  • 幼児用の高価な教材(英語をはじめとする知育教材)
  • 高校受験・大学受験用の参考書や教材
  • 資格の教材

特に、DVDなどの付属品がついた10万円以上する高価な教材は中古でも需要があります。

1-2.教材の中古市場とは?

前述したように、教材は高価なものも多く実際に使ってみるまで自分に合っているかどうか分かりません。ですから、「新品はちょっと買うのに躊躇(ちゅうちょ)するけれど、中古ならば気軽に買える」という人も多いでしょう。そのため、教材の中古市場はそれなりに活発です。また、まずは中古を買ってみて、自分に適しているならばより高価な新品を購入したいという人もいるでしょう。

1-3.売却が難しい教材とは?

教材は、定期的に改訂版が出ます。ですから、発売されてから5年以上たつ教材は買取が難しいでしょう。また、書き込みや破損などがたくさんあるものや、DVDなど付属品が欠品しているものも、買取が難しくなります。元は高価な教材でも、時間がたつほど価値が下がると考えていいでしょう。ですから、教材が不要になったらすぐに売却することが大切です。

2.教材を買取してもらう方法

この項では、教材を買取してもらう方法や自分で買い手を探す方法を紹介します。

2-1.教材を買取してくれる場所とは?

教材は、一部のリサイクルショップや古本屋で買取しています。インターネットで探せば「教材を買取しています」というショップがすぐに見つかるでしょう。リサイクルショップはたくさんありますが教材を買取しているところは限られているので、いきなり近場のリサイクルショップに教材を持ち込むのはやめたほうがいいですね。

2-2.教材を買取してもらう方法

教材を買取してもらうには、持ち込み買取や宅配買取が一般的です。持ち込み買取は自分で教材をショップに持ち込みます。査定結果が早く出て、対面なので値段交渉もしやすいのがメリットです。その反面、近場に買取してくれるショップがないと行えません。
宅配買取は、宅配便を利用して査定や買取を依頼する方法です。これならば、日本全国から査定・買取を依頼できます。重い教材を持ち歩く必要もありません。その一方で、買取不可だったり査定額に納得いかなかったりした場合、商品返還を巡ってトラブルになることもあります。そこで、事前に商品返却の際にかかる費用などを確認しておきましょう。

3.自分で教材の買い手を探す方法

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、自分で教材の買い手を探すこともできます。この方法ならば、リサイクルショップなどで買取不可だった教材でも買い手がつくこともあるでしょう。その一方で、値段をかなり下げないと買い手がつかないケースもあります。また、輸送の手間もかかるので時間に余裕をもって買い手を探しましょう。出品する場合は、教材の発売年度や状態を詳しく記載し、写真も添付しておけば買い手がつきやすくなります。「このくらいの値段でないと売れない」などの条件がある場合は、最低落札価格なども設定しておくといいでしょう。

4.教材の買取に関するよくある質問

この項では、教材の買取に関するよくある質問を紹介しましょう。

Q.幼児用の英語教材などは、10年ほど前のものでもそれほど最新のものと変わっていない気がします。
A.確かにあまり変化のないものもありますが、CDが映像つきDVDとなっているものもあるので、買い手がつくとは限りません。

Q.大学受験用の参考書、通称赤本なども売却できるでしょうか?
A.はい。赤本は普通の古本屋でも買取しているところが多いので、問い合わせてみてください。ただし、買取可能なのは2年前くらいのものが限度です。

Q.新しくて状態もいいけれど買取が難しい参考書はありますか?
A.民間資格であまり知名度がないものの参考書など、需要が少ないものは買取が難しいでしょう。

Q.通信教材の参考書は、古本だと添削が使えないので需要はありませんか?
A.いいえ。通信教材の参考書は書店で販売されている参考書より作りが丁寧なものが多いので、添削が利用できなくても一定の需要はあります。

Q.アンダーラインなどを引いてしまった教材は買取不可ですか?
A.程度によるでしょう。ところどころなら問題なく買取してくれる業者もあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は教材の買取方法などについて解説しました。教材は不要になったらすぐ売却するほど高値がつきやすいでしょう。自分には合わない教材だと思ったら、できるだけ早く売却しましょう。また、資格試験や受験の教材は合格したら即売却するのがおすすめです。