遺品を売却すると税金がかかるって本当? 計算方法や注意点も紹介!

「遺品を売却したら税金がかかるのか?」とお困りではありませんか? 遺品の中には価値の高いものもあり、売却を検討することもあるでしょう。その際、課税対象になる遺品もあるということを覚えておかなければなりません。

この記事では、遺品を売却する際にかかる税金について詳しくご紹介しましょう。

  1. 遺品を売却する際の税金について
  2. 遺品売却で発生する税金の計算方法
  3. 遺品を売却する際に注意すべきポイント
  4. 遺品を売却するタイミングは?
  5. 遺品の売却に関するよくある質問

この記事を読むことで、売却する際に税金がかかる遺品や、売却する適切なタイミングなどが分かるはずです。

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.遺品を売却する際の税金について

まずは、売却する際に税金がかかる遺品・税金がかからない遺品についてご紹介します。

1-1.高額な遺品を売却すると税金がかかる

特定の財産を他人に売却することを「譲渡」といい、その行為によって得られたお金は「譲渡所得」として扱われることになります。当然、遺品の場合も同様です。そして、譲渡所得のうち高額なお金になるものは課税対象となり、所得税と住民税を支払わなければなりません。

1-2.服や家財道具などは非課税

服や家財道具・日用雑貨などは売却しても課税対象になりません。こうしたものは生活に必要なものなので「生活用動産」と呼ばれ、税金を支払う必要がないのです。そのため、遺品整理で出た生活用動産は、税金の心配をすることなく売却できます。

1-3.利益が30万円以上のものは課税対象

課税対象になるのは、1つ、または1組あたりの金額が30万円以上になるものです。遺品の中でも、貴金属や美術品・骨とう品・絵画などが該当しやすいでしょう。素人が見ても価値が分からないものでも、専門家に鑑定してもらえば30万円以上の価値がある可能性はあります。売却する前に鑑定してもらい、課税対象になるか確認しておきましょう。

2.遺品売却で発生する税金の計算方法

譲渡所得に該当した場合に発生する税金の計算方法をご紹介しましょう。

2-1.50万円までの特別控除がある

遺品を売却する際にかかる税金には、特別控除が適用されます。特別控除額は50万円で、すべての遺品を売却した合計金額から50万円までが控除されるのです。つまり、遺品を売却して得たお金の合計が50万円以下だった場合は、税金がかからないということになります。

2-2.売却によって得た利益すべてに課税されるわけではない

たとえば、遺品を売却して200万円の利益を得たとして、200万円すべてに対して課税されるわけではありません。この遺品を購入した金額と売却にかかった手数料などを差し引き、さらに特別控除額である50万円を引いた金額が課税対象になるのです。

(売却額)ー(購入費用+売却費用)-(特別控除額)=課税対象になる金額

3.遺品を売却する際に注意すべきポイント

遺品を売却する際に気をつけなければならないポイントをご紹介しましょう。

3-1.忘れずに確定申告を行う

課税対象になる場合は、忘れずに確定申告を行ってください。確定申告を行わずに放っておくと脱税になるため注意しましょう。確定申告の正しい手順が分からない場合は、税務署などに問い合わせて確認することをおすすめします。

3-2.相続放棄する場合は遺品を売却しない

被相続人が借金を抱えていた場合など、相続放棄を検討する人もいるでしょう。相続放棄する場合は、遺品を売却してはいけません。相続放棄すると遺品の整理や処分ができなくなるのがルールなので、当然、遺品を売却する権利もないのです。売却したことで「相続する意思がある」とみなされ、借金も背負うことになってしまいます。

4.遺品を売却するタイミングは?

遺品を売却するタイミングについてもポイントがあります。

4-1.相続が確定してから売却する

遺品の売却は、相続が確定してから行いましょう。相続人がほかにもいる場合は、どの遺品を誰が相続するか決めなければなりません。遺言書がある場合はその内容に従い、ない場合は遺産分割協議を行う必要があります。もちろん家庭によっては協議をせず何となく決めることもあると思いますが、勝手に遺品を売却してトラブルになるのは避けたいところです。

4-2.家電などはできるだけ早く売るのがおすすめ

家電などの遺品は、できるだけ早く売却することをおすすめします。時間がたてばたつほど価値が下がり、買取金額が低くなってしまうためです。少しでも高価買取してもらうために、相続が確定したらできるだけ早く買取先を探しましょう。

5.遺品の売却に関するよくある質問

「遺品を売却したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.金やプラチナなどの地金は課税対象になるのでしょうか?
A.はい、必ず課税対象になります。

Q.課税対象になるのか判断できないのですが、どこに相談すればよいですか?
A.税務署や税理士に相談するとよいでしょう。税務署は無料で相談できるのでおすすめです。

Q.被相続人が生前に売却したとしても、課税対象になるのでしょうか?
A.はい。いずれにしても同様のしくみで税金がかかります。

Q.自分で遺品整理するのが難しい場合はどうすればよいですか?
A.遺品整理業者に依頼するとよいでしょう。税理士と連携している業者に依頼すれば、税金についても相談できます。

Q.遺品を売却する前にやるべきことは何ですか?
A.掃除してきれいな状態にしておくこと・付属品をそろえておくこと・買取先を比較して選ぶことなどがポイントでしょう。

まとめ

遺品を売却する際にかかる税金について詳しくご紹介しました。売却して得られる利益が30万円以上になる場合、課税対象になるので確定申告が必要です。自分のケースが該当するのか、どうやって確定申告をするのかなど、分からないことがある場合は、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。