在庫の買取ならお任せを! 在庫処分マニュアル決定版!

仕入れミスなどによる過剰在庫は、早く処分してしまいたいですよね。しかし、早く処分したいがために安過ぎる価格で売ってしまうのも困ります。できるだけ損の無いように処分したいものです。そこで、今回は在庫の買取について詳しい知識を解説しましょう。在庫処分で損をしないためにも、さまざまな処分方法のメリット・デメリットを理解してから実行することが大切です。さらに買取を依頼する業者の選び方についても触れているので参考にしてください。

  1. 在庫処分にかんする基本をチェック
  2. 業者による在庫の買取を学ぼう
  3. 在庫買取の流れを理解しよう
  4. 業者選びのポイントを詳しく解説
  5. 在庫の買取・処分にかんするよくある質問集

記事を読んだ人は、在庫の買取や処分について詳しい知識が身に付きます。実際に買取を依頼したときにも、不当に買い叩(たた)かれずに済むことでしょう。そのためにも、まずは記事を熟読してしっかり学んでください。在庫の買取や処分で損をしたくない人には、必ず役に立ちますよ。

1.在庫処分にかんする基本をチェック

まずは、在庫処分にかんする基本を学びましょう。在庫処分をスムーズに進めるためにも大切なことです。

1-1.在庫処分とは?

在庫処分とは、何らかの理由で過剰在庫になったものを処分することです。在庫は、企業にとって資産となります。しかし、食品などの賞味期限のあるものやファッション関連など流行(りゅうこう)で需要が左右するものはすぐに価値が無くなってしまうものです。そのため、在庫を積極的に売り払うことが必要となります。

1-2.在庫処分はどんなときに行う?

  • 仕入れミスや予想外の売れ残りで過剰在庫があるとき
  • 在庫の入れ替えを行いたいとき
  • 店舗の移転やリニューアルのとき
  • 棚卸し資産を減らしたいとき
  • 会社が倒産したとき

なお、世の中の流行(りゅうこう)は常に変化しています。在庫を抱えたままでは、競争に勝つことはできません。過剰在庫や不良在庫は、すぐに処分しましょう。

1-3.在庫処分を社内で行う場合の問題点とは

過剰在庫を抱えてしまった場合、社内販売を行う場合があります。社員に在庫の購入を促して問題を解決しようというわけですね。しかし、社員が購入する量にも限度があり、非効率と言えます。また、購入ノルマを課すことは会社の姿勢としても望ましくありません。在庫処分は、社外で対応するべきでしょう。

2.業者による在庫の買取を学ぼう

業者による在庫の買取について、詳しく学びましょう。メリットやデメリットも理解しておくことが必要です。

2-1.どんな場合に業者に買取依頼する?

  • 倉庫に在庫がたくさんあるとき
  • 新製品をたくさん仕入れたいとき
  • すぐにでも在庫を処分してお金を手に入れたいとき

企業にとって、資金繰りはとても重要なことです。不渡りを出さないためにも、在庫処分は大きな切り札となるでしょう。

2-2.業者が扱う商品の種類とは

業者では、買取した在庫を中古品として再販売することで利益を得ています。そのため、中古品として需要の高いものを中心に買取しているのです。高価買取となりやすい例としては、以下を参考にしてください。

  • 一般家電製品
  • デジタル家電
  • 美容家電
  • ブランド品
  • 旅行用品
  • スポーツ用品
  • ギフト用品

ただし、業者によって扱い内容は異なります。ある業者で高価買取対象になっていても、別の業者では買取不可ということもあるのです。具体的な種類にかんしては、取り引きを希望する業者のホームページなどで確認してください。

2-3.業者に在庫の買取依頼をするメリット・デメリット

業者に在庫の買取依頼をするメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

2-3-1.メリット

  • 希望日時に回収・査定してもらえて便利
  • 買取のための準備が楽(荷作り無し・整頓不要など)
  • 大量の在庫でも買取可能な場合が多い
  • 信頼できる業者の場合は安心して依頼できる

在庫買取を積極的に行っている業者には、豊富な実績と経験があります。信頼できる業者ならすべての点で安心して任せてもいいでしょう。

2-3-2.デメリット

  • 食料品などは買取不可になることが多い
  • 買取対象外となる品目も多い
  • 希望した価格に満たない買取料金となることもある
  • 業者によっては回収費用が高く付く

在庫でも買取不可と判断することもあります。また、場合によっては回収費用の方が買取代金を上回ってしまう可能性もあることも認識しておきましょう。

2-4.業者による在庫買取のセキュリティーについて

在庫処分は、セキュリティーも十分に考えて行いましょう。理由は、在庫処分を行う必要がある企業は経営状態に不安が残るからです。もしも、業者から在庫処分をしたという情報が流れてしまっては信用問題にかかわります。もちろん、業者には守秘義務があるため、多くの場合は心配しなくても大丈夫です。しかし、念のために信頼できる業者かどうかをきちんと調べてから利用してください。

2-5.業者に在庫買取を依頼するときの注意点

  • できるだけすぐに見積もりをもらうこと
  • どんなものがどれだけあるか伝えること
  • 買取希望金額を伝えること
  • 買取代金の支払い方法や期日を確認すること

在庫の買取は、できるだけ急いでもらうことを念頭に動きましょう。また、お金を早く手にしたいときは支払い方法・期日の確認も大切ですよ。

3.在庫買取の流れを理解しよう

在庫買取の流れを詳しく理解しましょう。実際に依頼したときに不安が無くなりますよ。

3-1.在庫買取はどこに依頼する?

  • リサイクルショップ
  • 在庫処分専門の業者
  • 不用品回収業者

リサイクルショップは、少量の在庫買取に向いています。大量の在庫があるときは、在庫処分専門業者もしくは不用品回収業者への依頼がおすすめです。最近では、不用品回収業者でも買取を強化しているところも多くなっています。

3-2.無料見積もりについて学ぼう

在庫の買取を業者に依頼する場合は、自分たちで直接持ち込むか業者が見積もりのために出張してくるかになることがほとんどです。買取の見積もり自体は無料で行っている業者が多くなりますが、出張費は別途請求となることもあるので注意しましょう。また、見積もりをもらっても正式に依頼する義務はありません。見積もり内容にどうしても納得できない場合は、ほかの業者も検討しましょう。

3-3.買取の流れや方法を理解しよう

在庫買取は、以下のような流れで進みます。

  1. 依頼者が業者に連絡(電話・FAX・メールなど)して買取の相談をする
  2. 業者が在庫の内容を確認して見積もりを出す
  3. 見積もり内容に納得した場合は在庫買取の正式契約をする
  4. 業者が在庫を買取し、依頼者に代金が支払われる

なお、流れの最中でも疑問や不安があるときは面倒がらずに業者に連絡をして説明を受けましょう。信頼できる業者ならどんな内容であっても親切に答えてくれるはずです。

3-4.在庫買取の流れにかんする注意点

買取した在庫にかんしては、再販先を聞いておきましょう。たとえば、ディスカウトショップの目玉商品になる可能性もあります。他社製品ならまだしも、自社製品が店頭に安く並ぶことは把握しておく必要があるでしょう。業者としても回答できない場合もありますが、できるだけ教えてもらってください。また、入金のタイミングについても確認しておきましょう。業者が在庫を回収したときと同時なのか、数日後になるのかも重要なポイントですからね。

4.業者選びのポイントを詳しく解説

在庫の買取で後悔しないためにも、信頼できる業者に依頼することが大切です。ここでは、業者選びのポイントを解説します。

4-1.信頼できる業者の選び方を学ぼう

在庫の買取は、信頼できる業者に依頼するべきです。業者の選び方については下記を参考にしてください。

  • 在庫の買取を積極的に行っている
  • 依頼者の立場になって親身に相談に乗ってくれる
  • 見積もりを無料で行っている
  • 回収費用がリーズナブルな設定
  • できるだけ早く買取してくれる
  • 質問に対する回答が明確で受け答えの感じが良い
  • 古物商許可などを受けた正式な業者である

4-2.在庫買取の料金について

在庫買取は、業者に直接持ち込む場合を除き、回収費用が掛かるものだと考えた方がいいです。特に大量買取となると、業者がトラックを手配することになります。物量にもよりますが、目安として2トン軽トラック1台分の回収料金で数万円程度必要になると考えましょう。ただし、業者によって回収料金の考え方には違いがあります。回収料金が高過ぎる業者は避けて、できるだけリーズナブルなところを探しましょう。

4-3.在庫買取のコストを削減するコツやポイント

在庫買取のコストを削減するためには、さまざまな方法があります。特に効果的な方法にかんしては、下記をご覧ください。

  • 回収費用が無料・安い業者を選ぶ
  • 多種類の在庫品の高価買取を実施している業者を選ぶ

業者が高価買取している品目と売りたい在庫の種類がマッチしないと、買取自体が成立しない可能性が高くなります。多種類の買取品目があり、良心的な買取価格を提示している業者を選ぶことが結果的にコスト削減につながるものです。

4-4.業者選びにかんする注意点

在庫買取を焦ると悪徳業者に引っ掛かりやすくなるので注意しましょう。悪徳業者は、依頼者の足下を見て不当に安い金額で買取を強要してくることがあります。また、見積もりの段階で買取の契約を急ぐことも多いものです。なお、不審な業者は無許可で営業を行っていることもあるため、古物商許可などを受けているかどうか確認してください。業者選びを間違うと、さまざまなトラブルの原因となります。最悪の場合、詐欺に遭うこともあるので気を付けましょう。

5.在庫の買取・処分にかんするよくある質問集

最後に、在庫の買取・処分にかんするよくある質問集をお届けします。実際につまずきやすい点ばかりですから確認しておきましょう。

Q.業者にできるだけ高額買取をしてもらうためのポイントは?
A.

  • できるだけ早く売る
  • 在庫の汚れやほこりをキレイにしておく
  • 在庫のリストを作っておく

商品価値を高めるためのことや、業者の手間を減らすことを行っておきましょう。なお、高額買取を希望することを口頭で告げることも忘れないでください。ひとこと告げるだけでも、効果がある場合もありますよ。

Q.食料品が買取不可となるケースがあるのはどうして?
A.食料品は、賞味期限や消費期限が存在します。また、保管条件によっては品質の保証もできません。そのため、確実に再販ができるもの以外は買取不可となるケースが多くなるのです。例外として、缶詰などは賞味期限が長く残っていれば買取可能となることもあります。ただし、業者が食料品の買取を行っている場合に限るので注意しましょう。

Q.即金での買取に対応できる業者を信頼してもいいですか?
A.在庫処分をする場合は、早く現金化を望むものです。即金での買取に対応できる業者は、とても魅力的に見えることでしょう。しかし、即金での対応が可能なだけでは信頼できる業者とは言えません。即金対応を条件に、相場と比較して安過ぎる金額での買取を提示してくることもあります。また、即金対応をしている業者には無許可で営業しているところもあるものです。業者を選ぶときには、総合的に判断してください。

Q.買取不可となる在庫品の条件を教えてもらえますか?
A.業者が扱っていない品目は、基本的に買取不可となります。また、対象品目であってもひどい汚れや臭(にお)い・故障・破損など、商品価値が無いと判断したものは買取が成立しません。業者が買取をした後の流れを考えれば、再販価値の無い商品が買取不可となるのも納得できるはずです。

Q.買取対象外となった商品の処分を依頼することはできますか?
A.リサイクルショップや在庫買取の専門業者では、買取だけを行っていて処分にかんしては不可というケースが多くなります。その点、不用品回収業者は買取不可の在庫品でも、処分を依頼できるので便利です。処分費用は掛かりますが、ほかに買取が成立したものがあれば買取代金と相殺できるでしょう。

まとめ

在庫の買取について詳しく解説しましたが、いかがでしたか? 過剰在庫や倒産による在庫は、速やかに処分したいものです。しかし、焦ってはいけません。悪徳業者に買取依頼をしたばかりに大損をしてしまうこともあります。まずは、在庫処分について必要な知識をしっかり学んで、信頼できる業者に依頼しましょう。業者によっては、出張買取が無料となることもあります。上手(じょうず)に利用して、少しでも得をしてください。