思い入れのあるぬいぐるみ…どう処分すればよいの?供養はすべき?

ぬいぐるみはかさばるため、いつまでも家に置いておくわけにはいきませんよね。
子供が小さいころに大切にしていたもの、プレゼントされたものなど、思い出の詰まったぬいぐるみを処分するのは心が痛むことでしょう。
必要はないけれど、このままにしておけない。
捨てたくないけれど、場所をとるので困っている。
そんなぬいぐるみを処分するには、一体どうしたらよいのでしょうか。

そんな人たちのために、ぬいぐるみの処分方法や処分する際の注意点をまとめてみたいと思います。

目次

  1. ぬいぐるみは何ゴミになるのか?
  2. ぬいぐるみの処分方法
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.ぬいぐるみは何ゴミになるのか?

ぬいぐるみは自治体が回収する「燃えるゴミ」として廃棄して問題ありません。
有料ゴミ袋に入れて、指定されたゴミの日に出すようにしましょう。
しかし、家族のように大切にしてきたぬいぐるみをゴミとして捨てるには抵抗がありますよね。
「ぬいぐるみを普通に捨てたらよくないことが起こる」などという思い込みは捨ててください。
科学的根拠もそういった事実もありません。
ものに対する個人の価値観と言うものは人それぞれで、何も感じずに捨てられる人もいればそうでない人もいるでしょう。
もし、捨ててしまうことに抵抗を感じるなら、以下のような手順で捨ててあげてください。

  • ぬいぐるみをきれいに拭いてあげる
  • 和紙や包装紙など紙の上に置く
  • 感謝の気持ちをこめて塩で清める
  • ぬいぐるみをきれいに包む
  • ほかのゴミとは別の袋を用意して、感謝の気持ちとともにお別れを

2.ぬいぐるみの処分方法

では、ぬいぐるみは捨てる以外にどのような処分方法があるのでしょうか。
自分に合った方法を選んでください。

2-1.施設に寄付する

「もう自分には必要ないけれど、捨ててしまうのはちょっと…」という人は、小さな子供がたくさんいる施設に寄付する方法もあります。
自分が卒園した幼稚園や保育園、過去に通っていた小児科や児童館など、縁のある施設に寄付すれば気持ちよく手放すことができるでしょう。
ただし、アレルギーなどの問題もあるため、比較的新品に近くきれいなぬいぐるみだけが対象になります。
大きなぬいぐるみなら子供たちも大喜びするはずですよ。

2-2.リサイクルショップやネットオークションで売る

リサイクルショップやネットオークションで売るという手もあります。
近所にリサイクルショップがあるなら持ち込んでみてはいかがでしょうか。
ただし、利益を求めてはいけません。
たとえきれいな状態のものでも、中古のぬいぐるみを高値で購入しようという人はいないでしょう。
ネットオークションであれば、10円単位で出品するところから始めてください。
引き取り手を見つけることが最大の目的であるため、できるだけハードルを下げることがおすすめです。
処分方法や置き場所に困っている場合は、ぜひ利用してみてください。

2-3.不用品回収業者に依頼する

家庭から生じた不用品を回収、買い取りしてくれる専門業者もあります。
家具や家電だけでなく、ぬいぐるみや雑貨なども引き取ってもらうことが可能です。
状態のよいものは買い取ってもらえるため、お得に処分することができますよ。
希望の日時に自宅まで引き取りにもらえるため、すぐに処分したい人にもおすすめです。
ほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみてください。
まずは、無料見積もりを依頼してみましょう。

3.処分する際の注意点

最後に、ぬいぐるみを処分する際の注意点をご紹介します。
後悔することのないよう、ベストな処分の仕方をしてあげてください。

3-1.寄付や売る際にはぬいぐるみをきれいな状態に

施設に寄付したり売ったりする際には、ぬいぐるみを洗ってできるだけきれいな状態にしてあげましょう。
ただし、ぬいぐるみには洗えるものと洗えないものがあります。
まずは、ぬいぐるみのタグを確認してみましょう。
洗濯可能の表示がある場合は洗ってみてください。
素材や構造によっては洗濯機で洗うこともできますが、ネットに入れて手洗いコースに設定することを忘れずに。
手洗いの場合は、中性洗剤を使って静かに押し洗いをしましょう。
洗った後は、風とおしのよい日陰で干すようにしてください。
中にカビが発生しないように、しっかり乾かすようにしましょう。
洗えないぬいぐるみの場合は、重曹を使ってきれいにすることができます。
ポリ袋に重曹とぬいぐるみを入れ、全体に重曹が行き渡るように袋を振り回してください。
そのまま日の当たる場所に1日置き、重曹を掃除機で吸い取りましょう。

3-2.気になる場合は供養を

「本当にぬいぐるみを捨ててしまってよいのか?」と心残りな人は、神社やお寺で供養してもらいましょう。
近所に人形供養をしてくれる神社やお寺がない場合は、全国から宅配で人形供養を受け付けている業者もあります。
インターネットで「ぬいぐるみ 供養」と検索して調べてみてください。

3-3.業者選びには注意が必要

ぬいぐるみの処分を不用品回収業者に依頼する場合、業者選びには注意が必要です。
中には悪質な業者もあるため、そのような業者を選ばないようにしましょう。
「見積もりより高額な料金を請求された」「回収した不用品を不法投棄された」などのトラブルは数多く発生しています。
良心的な業者を見極めるポイントは以下のとおり。

  • 必要な許認可を取得している業者か
  • 事務所の所在地を明らかにしているか
  • 事前に見積もりを出してくれるか
  • 見積書の内容は明確か
  • むやみに「安さ」を宣伝していないか
  • スタッフの対応は丁寧でスピーディーか

大切にしてきたぬいぐるみだからこそ、しっかりと選んだ業者に適切な処分をしてもらいたいですよね。

4.まとめ

ぬいぐるみの処分方法についてご紹介しました。

  • ぬいぐるみは何ゴミになるのか?
  • ぬいぐるみの処分方法
  • 処分する際の注意点

「ぬいぐるみを処分したい」「どうやって捨てるのか?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。