ミシンの処分方法は粗大ごみ・中古・無料回収? 最適解を4項目で説明

家庭用ミシンは使用時期を過ぎると、ついつい家の片隅で眠ってしまいがちです。かといって、最新のコンピューターミシンをはじめ、旧式の足踏み式ミシンなど、種類も異なれば大きさもまちまちなので最適な処分方法がよくわからない方は多いでしょう。処分すると考えて「粗大ごみ?」と思い付く方が大多数かと思います。ですが、ミシンの処分方法は自治体での廃棄に限りません。

今回はミシンの処分について、買取・中古・専門店・無料・リサイクルなど、お得な響きのキーワードをふんだんにあしらって情報提供します。

  1. 処分するミシンの基礎知識
  2. ミシンの処分について
  3. ミシンをリサイクルで処分する!
  4. ミシンをリサイクルで処分するときのコツとは?
  5. ミシンの処分にかかわるよくある質問
  6. まとめ

最後まできちんとお読みいただければ、自分に適したミシンの処分方法が必ずわかります。不用品の処分は初めてという方も大丈夫です。1からかみ砕いて解説していきますので順を追って見ていきましょう。

1.処分するミシンの基礎知識

ミシンの処分に触れる前にお持ちのミシンについて確認しておきましょう。単にミシンといっても、今はさまざまな用途や型式のミシンがあります。

1-1.ミシンの種類

1-1-1.家庭用ミシン

入園・入学で使うバッグなどの裁縫を目的に購入するなど、現在1番選ばれているのが家庭用ミシンです。手軽にソーイングが可能で、フットコントローラーという足踏みで動作を管理する装置を備えたミシンもあります。家庭用ミシンは着々と進化しており、電子機能を備えていれば簡単操作で縫い方・縫い目・速さなどを手早く調整可能です。一度設定してしまえばあとは自動で裁縫してくれるため、初心者も簡単に扱うことができます。また、少し凝った裁縫をしたい方からは、刺繍(ししゅう)機能などを搭載しているミシンが人気です。

1-1-2.職業用ミシン

業務用ミシンとも呼ばれ、さまざまな性能が1つにまとまっています。パワー・性能のすべてが家庭用ミシンを越えますが、そのじつ少し操作手順が増えるだけです。本格的に裁縫をしたい方は家庭で使っていることもあります。ただ、一般的には洋裁店で採用されており、家庭用ミシンと比べると手軽に持ち運べる重さではありません。

1-1-3.工業用ミシン

工場などでまとめて製品を作成する際に用いられます。1台で最初から洋服を作り上げるというよりは、大体の工業用ミシンが特化型です。1つの機能に優れており、役割を分担しています。すでにおわかりでしょうが、工業用ミシンは職業用ミシンと異なり、家庭で使うものではありません。サイズも重量も大きく、処分する際は専門業者に依頼する必要があります。

1-1-4.コンピューターミシン

家庭用ミシンの1つで最近主流のタイプです。コンピューターが内蔵されており、さまざまな縫い方や速さをボタン1つで操作に操作できます。難しい操作はありません。素人でも簡単にミシンを操ることができ、絵や文字の刺繍(ししゅう)・飾り縫いなど、手軽にバラエティーに富んだ裁縫を楽しむことが可能です。入園・入学に合わせて購入する家庭が多いでしょう。しかし、性能に優れているものは軽く10万円を超えることもあり、値段は割高の傾向にあります。

1-1-5.電子ミシン

コンピューターミシンと同じく家庭用ミシンの1つです。電子制御されており、コンピューターミシンが操作盤で縫い目などを切り替えるのに対し、ダイヤルを回す等の手動操作で速さ・目の粗さなどを選びます。軽くて持ち運びしやすく、安いものだと1万円弱から購入できるので初心者向きのミシンといえるでしょう。

1-1-6.電動ミシン

電子ミシンの旧来品であり、非常にシンプルな電子構造で動きます。今はあまり一般的ではありません。電力が弱ければパワーは劣り、強ければ増すといった単純な機能で動きます。

1-1-7.アンティークミシン

意匠は美しく、インテリアとしても採用できるタイプです。足踏み式(電気で動くフットコントローラーとは別です)で動かせるタイプが多く、19世紀中頃に広く普及し、日本では嫁入り道具として扱われた時期もあります。おばあちゃんの家で見たことがある方もいるのではないでしょうか。現在は骨董品(こっとうひん)としても重宝されています。

1-1-8.ロックミシン

生地の端をきれいにかがる専用となります。生地をメスで切断しながら端を縫い合わせていくため、一般的に家庭で用いる1台だけで裁縫ができるミシンではありません。ロックミシンを使うと生地端の見目は美しく整うので、すべての洋裁店で用いられていると思ってよいでしょう。

洋服屋さんに並んでいる既製品は、ほぼすべてロックミシンで処理されています。1~2本の針に対し、3~4の糸を使うことが多く、色味のあるデザインが可能です。専用のアタッチメントを換えればゴムやテープを一緒に縫うこともできます。

1-1-9.刺繍ミシン

刺繍をすることに特化しています。ものによっては千種類以上のレパートリーを持っており、手軽にキルトステッチなどを楽しむことが可能です。洋裁店あるいはソーイングを趣味にしている方が好んで使用しています。

2.ミシンの処分について

ミシンの種類について理解したところで、ここからは処分方法について述べていきます。この項は、自治体と回収業者についての解説です。

2-1.自治体による処分方法

基本的にミシンは一般ごみで捨てることはできません。自治体で処分する場合、粗大ごみとして回収してもらうことになるでしょう。ただ、自治体によって処分方法が異なりますので事前に問い合わせてみてください。注意点として、お持ちのミシンが電気を使わないミシン(台が付いている旧式など)だと当日回収してもらえない場合もあります。問い合わせる際に必ずミシンの種類や大きさを伝えるようにしてください。

  1. 事前に自治体に回収日時を連絡
  2. コンビニ・郵便局で粗大ごみ処理券を購入
  3. 予約した日時に指定場所へミシンを出しておく

上記が粗大ごみとして処分する主な流れです。粗大ごみとして処分する際は必ず手数料がかかります。自治体によって異なりますが、大体数百円でしょう。

また、小型家電リサイクル法の施行により、自治体によっては回収ボックスを用意している場合もあります。役所・公共施設などに設置してあり、処分費用は一切かかりません。自分で運ぶ手間はあるものの無料ですので確認してみてください。

2-2.回収業者による廃棄

ミシン専門の業者・不用品回収業者で処分してもらう方法です。業者によって処分料金を取るところと、無料回収・買取とするところがあります。およそホームページに掲載してありますが、判然としない場合は直接電話して聞いてみましょう。ミシン1台ですと業者あてに宅配で送る処分方法が主流ですが、自宅まで引き取りに来てくれる方法(業者によって条件あり)も選ぶことができます。女性・お年を召した方には利便性に優れているため、出張してもらえるときはぜひ検討してみてください。

ただ、便利な回収業者ではありますが、中には悪徳商法をおこなっている業者も潜んでいます。事前に業者のことをよく調べ、納得したうえで選ぶのが得策です。

3.ミシンをリサイクルで処分する!

前項では代表的なミシンの処分方法をご紹介しましたので、この項ではそのほかの方法を一気に解説します。キーワードはリサイクルです。

3-1.ごみとして出さない

ミシンを粗大ごみとして処分すると料金がかかるだけでなく、環境にも優しくありません。ミシンに限った話ではありませんが、処分するには破砕・分別・焼却などの手順を踏み、当然ながらエネルギーやコストを消費します。忘れてはいけないのが、そのすべてを環境が補うということです。環境保全を考慮した場合、ミシンを処分する第二の方法としてリサイクルが浮上してきます。

3-2.リサイクルの方法

3-2-1.譲る

子どもの入園・入学に合わせてミシンを購入したものの今は押し入れの中で眠っている、なんて方も多いと思います。裁縫を趣味としている人は日常的に使いますが、家庭によっては“一時期だけ”というところも多いのではないでしょうか。そのため、ミシンを必要としている身内や知人に譲ってあげると大変よろこばれます。ミシンはある程度の機能を求める場合、安くても1万円前後はするので譲ってもらえると家計にも大助かりでしょう。

また、譲るというより寄付といった方が適当ですが、発展途上国に送ることも可能です。寄付したミシンが人の役に立つことを考えると、多少の手間も気にならないと思います。参考までにこちらをご覧ください。(国際社会支援推進会ワールドギフト

3-2-2.リサイクルショップ

リサイクルするといって最初に思い浮かぶのがリサイクルショップでの買取だと思います。持ち込みはもちろん、お店によっては宅配・出張での買取にも対応可能です。

ただ、あまりに古いミシン・スペースを取るミシン(アンティーク品を除く)ですと断られる可能性もあるので注意しましょう。

3-2-3.ミシン専門のリサイクルショップ

店舗を見た人は少ないかと思いますが、インターネットで検索すると簡単にヒットします。ミシンを専門に扱っているため、スタッフは専門家ばかりです。価値のあるミシンにはふさわしい買値を付け、業者によってはアンティーク品も買取してくれます。宅配買取での対応が多いですが、その場合は大体の業者が梱包(こんぽう)するための丈夫なダンボールを送付してくれますので、さほど手間はかかりません。

3-2-4.不用品回収業者

業者によっては買取もおこなっていますので調べてみてください。不用品回収業者はそのほか不用品も一緒に回収・買取してくれるため、部屋を一気に清掃したいとき非常に重宝します。回収したミシンは分別・再販するなど適切なリサイクル手順を踏むので、環境保全にかんしても問題はありません。

3-2-5.オークション

ミシンはネットオークションでも多く出回っています。特に入園・入学シーズンである冬から春にかけては需要が増すため、売る時期の目安にしてみてください。オークションは1円から自由に価格を設定でき、アンティーク品などは思わぬ高値が付く可能性もあるので検討の余地ありです。

ただ、売却する側(がわ)はきちんと情報を掲示する必要があります。個人と取り引きするのでクレームもあるでしょう。「お金が振り込まれなかった」というトラブルを耳にした方も多いと思います。支障なく売却できればオークションは大変便利ですけれど、トラブルに遭う可能性があることは念頭に置いておいてください。募集を呼びかけるときはミシンの写真を複数枚アップし、傷や汚れ、付属品の有無などを細かく明記しましょう。「返品は受け付けておりません」と事前に注意書きを添えておくことをおすすめします。

3-2-6.骨董品の買取店

アンティークミシンに限りますが、目利きの達人が直々に鑑定してくれるのでおすすめできます。アンティークミシンは他業種で安く査定されたとしても、需要のある場所を知っている、あるいは価値を見出(みいだ)せるという人にとっては貴重なお宝です。下手にリサイクルショップで査定してもらう前に、一度骨董品の買取業者に依頼してみてください。

ただ、きちんと説明したうえで買取してくれる業者を選びましょう。中には価値ある品を安値で売りたたき、利益を得ようと目論(もくろ)む業者も潜んでいます。

3-3.注意点

どの業者を利用するでも、買取を依頼する前にお持ちのミシンについて最低限の情報は押さえておきましょう。メーカー・製造年月日・傷や付属品の有無など、メモにまとめておくと取り引き時のやり取りがうんとスムーズになります。また、商品知識を付けておくことで「安値でさばかれる」という損も防げるでしょう。

4.ミシンをリサイクルで処分するときのコツとは?

最後の項ではミシンをリサイクルする際のポイントを解説します。業者の選び方や高価買取のポイントとは、一体なんなのでしょうか?

4-1.買取のポイント

ミシンに限らず、買取で重要視されるのは商品の状態需要です。人気のあるメーカーから発売されているミシンは性能も安定しているため、買い手が付きやすい傾向にあります。そのため、業者は知名度の低いミシンより、大手ブランドのミシンを積極的に買取するのです。需要があるか否かは大切なポイントとなります。買取業者は買取した商品が売れるかどうかを第一に考えますので「買い手が付かない」と判断した時点で、断ってしまうのが実情です。また、同じ商品でも傷あり・なしでは料金が異なりますし、説明書・箱といった付属品の有無でも値段は変動します。買い手は中古品を探すとき、新品ではないにしろ購入時と変わらない状態を好むのです。したがって、状態が優れているミシンを買取業者は求めています。

なお、ミシンに限らず、家電製品は一般的に5年以内の製造年月日でしたら買取可能とされますが、そのじつ3年以内とする業者もいるので早く売るに越したことはありません。必要がなくなった時点で「まだ使うかもしれないし……」と悩まずに即、売ってしまいましょう。当時1万円で売れたものが2年後には半額にもなりません。

高価買取のポイントとして、ミシンには手あか・糸くずのホコリが付着しやすいので事前に掃除することを推奨します。理由は、業者が買取したあと必ず商品をクリーニングしているから、ということです。1時間掃除した場合、単純計算で1時間ぶんの人件費がかかります。そのため、事前に掃除してあればコストを省くことができるため、業者は査定額を上乗せしてくれるのです。思わずガッツポーズをするほど差額が上がるケースは少ないものの、少しでも高値で売りたい方は試してみてください。

4-2.業者選びのポイント

業者を選ぶときはぜひ合い見積もりをしてみてください。最低でも3社に依頼し、相場をご自身の目で確認してみましょう。業者によって査定基準は異なると肝に銘じておいてください。たとえば、下記の可能性があります。

  • A社は3000円で宅配買取
  • B社は3500円で持込買取
  • C社は1点からでも出張買取可能で3500円

合い見積もりをすることで値段はもちろん、手間やご自身の求める方法を考慮して選択できます。

4-3.手数料について

宅配買取でも1点だと送料はかかる業者が多いです。数百円で済む場合もあれば、地方によっては1000円近くかかる可能性もあります。見積もりを無料で承っている業者がほとんどですので一度問い合わせてみてください。

4-4.回収方法

リサイクル業者によって回収方法は異なります。一般的には「無料見積もり→訪問日時の決定→出張見積もり→買取・商品搬出」といった流れを取る業者が多いです。

最初は電話またはメールで問い合わせることになります。すると、業者から商品の状態・製造年月日などを聞かれますのでお答えください。同時に査定する訪問日時をお客様のご都合に合わせて決定し、あとは当日まで待つだけです。
なお、当日もし買取価格に納得がいかなければキャンセルすることも可能ですので遠慮せずに伝えましょう。

4-5.注意点

無料回収を謳(うた)っている業者はよく確認しましょう。本当に無料なら構いません。ただ、ちゃんとホームページを見る、または実際に見積もりをする際など、条件が異なる場合もあります。出張料・処分料・人件費を別途請求されるケースです。見落としなど自分の不注意なら仕方ありませんが、こういったケースはほぼ業者側の思惑となります。ホームページを一見して「無料回収!」と書かれてあるとだれだって「あっ、無料なんだ」と思うはずでしょう。

つまり、細部まで読まれないことを前提にホームページを作っているのです。安心できる業者は無料回収・高価買取ができる理由や、自社の優位点をわかりやすく掲載しています。

  • 所持している資格や許可証
  • お客様の声あるいは実績
  • 自店の住所と業務対応エリア

5.ミシンの処分にかかわるよくある質問

この項ではインターネットを介して寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。
ミシンの処分についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.足で漕(こ)いで使うような旧式のミシンは、さすがに売れませんよね?
A.確かに一般的なリサイクルショップでは買値が付かない可能性もあります。ですが、だからといって即処分というのも考えものです。オークションを検討してみてください。インテリアとして部屋に置きたい方もいますので、予想以上に高値が付くこともあり得ます。

Q.説明書は捨ててしまったのですが、買取はできませんか?
A.付属品があると査定額は上がるというだけで、商品に問題がなければ買取自体は可能です。ただ、どの業者でも減額されると思いますのでその点はご了承ください。

Q.買取の参考にしたいのですが、ミシンのメーカーはどこが人気なのでしょうか?
A.ジャノメ・ブラザー・ジューキのミシンが国内で人気を集めています。元をたどると、国内のミシンはアメリカのシンガー社製品を真似(まね)するところから始まりました。けれども、日本の技術は世界に誇り得るものです。今では世界中で注目され、日本産のミシンは信頼できると評価されています。上記の3メーカーは中でも優れているとされ、積極的に高価買取をおこなう業者が多いです。

Q.ミシンを譲りたいのですが、まわりに欲しい人がいません。
A.自治体で「譲る・もらう」といった掲示板を用意している場合がありますのでホームページを確認してみてください。そのほか、全国規模で譲渡を仲介しているサイトもあります。お住まいの地域にしぼって検索することもできますので利用してみるのも手です。

Q.自宅に来てもらう前に大体の見積料金を教えてもらえますか?
A.メーカー・製造年月日・使用頻度などを教えてもらえれば対応可能です。実際の査定時に「目立つ傷が発見された」というような事態にならない限り、およそ見積料金で買取が可能となります。

6.まとめ

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。ご自身に最適なミシンの処分方法は見つかりましたでしょうか?

ものを大切にする考えは尊ぶべきことですが、不要になったもので空間を圧迫してしまい、収納などで困り住みづらいようでは本末転倒です。ぜひ断捨離の精神を持ってください。自分にとって必要なものを残し、不要なものはあとで処分せず、早めにきれいさっぱり片付けてみましょう。処分は「捨てる・リサイクルする」と2つに大別できます。生活スタイルを邪魔しない処分方法が最適ですが、記事の情報を参考にし、お得に処分できるリサイクル・買取を選んでみてはいかがでしょうか?