シニアの断捨離方法とは? 片付けの基本を知れば捨てるのもつらくない!

最近では、シニア世代の生前整理・断捨離など、さまざまな片付け術が紹介されています。流行(はやり)に乗って見よう見まねで整理をしてみても、なぜ断捨離をしなければならないかや、断捨離のメリットをわかっていなければ、捨てる作業がつらくなるだけです。そこで今回は、シニア世代のための断捨離の基本や、ものを処分する心構えなどをご紹介します。

  1. シニアの断捨離について
  2. シニアの断捨離のポイント
  3. シニア断捨離の不用品処分方法
  4. シニア世代の断捨離についてよくある質問

シニア世代の断捨離の方法やメリットを知りたい方、家の片付けで困っている方の役に立つ情報が満載です。ぜひ最後まで読んでみてください。
※本来、「断捨離」とは、持っているものを”捨”て、家の中に入ってくるものを”断”ち、ものへの執着から”離”れるという状態を示す言葉ですが、この記事では、ものを捨てる行為として取り扱います。

1.シニアの断捨離について

まずは、シニアの断捨離について、特徴やメリットをご紹介します。

1-1.シニア世代ならではの断捨離

シニア世代の断捨離の特徴として、思い出のものの多さと、金融にかかわる整理が必要であるということがあげられます。孫、子、自分、計三世代分の思い出の品がある場合は、断捨離はなかなか大変でしょう。
また、銀行引き落としにしている月額会員制のサービスや利用料などの整理のしどきと言えます。シニア世代は金銭面の余裕が出てくるため、月々引き落とされている費用に鈍感になる場合も多いのです。通帳と向き合って、無駄な出費を拾い上げてみるとよいでしょう。

1-2.シニア世代の断捨離のメリット

シニア世代が断捨離を行うメリットには、以下のようなものがあります。

  • 重量物や頭上のものなどがなくなることで、けがのリスクを減らせる
  • 大切なものが不要なものと混ざって処分されることなく、子や孫にきちんと引き継がれる
  • 病気で入院したときなど、家のものが少ないと何かとスムーズになる
  • 少数精鋭のものに囲まれて過ごすことで、残りの人生が豊かになる

1-3.シニアの断捨離はいつから始めるべきか?

具体的に何歳から始めなければならないというものはありません。「早く断捨離しなければ!」と焦って行うと必要なものまで捨ててしまったり、気持ちが落ち込んでしまったりします。強い意志で断捨離したいと思うまでは無理に片付けず、やる気がわいたらすぐに着手するのがおすすめです。

2.シニアの断捨離のポイント

次に、シニア世代の断捨離について、心構えやポイントをご紹介します。これらのポイントをおさえておけば、やみくもに手を付けたり捨てたりするよりも、うまくいくでしょう。

2-1.断捨離すべきもの

断捨離すべきものは、大きく分けて二つあります。

2-1-1.忘却物

存在を忘れていたもののことです。あったことも忘れていたのですから、当然なくても生活は成り立ちます。むしろ、なくてもいいものに貴重な家のスペースを取られるのはもったいないでしょう。そのため、忘却物は積極的な処分対象となります。

2-1-2.執着物

不便があるのに仕方なく持っているものや、いつか使うかも……という理由で保管してあるもののことです。執着物は、生活によどみを生み出してしまうため、処分したほうがプラスになります。

2-2.断捨離計画の立て方

断捨離を実行する前に、まずはゴールを決めます。ゴールとは、理想の暮らしのことです。インターネットや雑誌などで、理想の部屋や家を探してみましょう。理想の生活の朝~寝るまでの流れを想像してみてもOKです。(例:朝は○○のカップでお茶を入れる、昼はオシャレな服で1時間散歩をして、夜は干したふとんとピシッとのばしたシーツで眠る、など。)ちょっと背伸びをするくらいがちょうどよいでしょう。
理想の暮らしや断捨離計画をノートに書き留めておくと、作業中のやる気アップにもつながります。理想の暮らしや部屋を具体的に想像したら、理想にあう品物だけを残して、あとは処分すればいいだけだからです。ゴールがあると断捨離の効率が一気にアップするので、ぜひ具体的に考えてみてください。

2-3.「もったいない」を考える

まだ使えるものや、使えるかもしれないものを捨てるのはつらいことでしょう。しかし、もったいないからと言ってすべて取っておこうとすると、部屋の中はものだらけになります。本当にもったいないのは、ものを捨てることではなく、使いきれないものを家の中に保管しておくことです。スペースや精神的負担の無駄遣いとも言えるでしょう。人生で使いきれるものの数はかぎられています。ものを少数精鋭にすることによって、より豊かな暮らしができるでしょう。

2-4.ものを減らして部屋の空気がほどける感じを味わう

もの(特に体積の大きいもの)を減らしていくと、徐々に部屋の空気がほどける感触がするでしょう。この感触を味わえれば、断捨離は成功したのと同然です。この感触を得るには、洋服や家具など、体積の大きなものから順番に着手することをおすすめします。こまごまとした雑貨類や写真などは、時間がかかるわりには体積が小さく達成感が少ないので、後回しにしましょう。具体的なものの処分方法については、次項でご紹介します。

3.シニア断捨離の不用品処分方法

断捨離を行うと大量の不用品が出てきます。その処分方法について、それぞれご紹介しましょう。

3-1.おすすめ度◎:不用品回収業者へ依頼する

大量に出た不用品は、回収業者に依頼するのがおすすめです。家まで取りに来てくれるため、運搬の手間がいらず、けがのリスクも減らせるでしょう。費用相場としては、カゴ車積み放題で1万円、軽トラック積み放題で2万円程度です。また、買取を並行して行っている業者なら、回収料金から買取額を相殺することもできます。家具家電など重たく大きいもの、ほか換金価値があるものは積極的に買取回収してもらいましょう。ただし、悪質な業者もあるので注意が必要です。

3-2.おすすめ度○:リサイクルショップに売る

近くにリサイクルショップがあり、運搬が可能な場合は買取に出すとよいでしょう。店舗にて現品を見て買取額を査定してもらえます。取扱対象品は、店舗によって異なるので、事前に確認しておくと無駄が防げるでしょう。ただし、買取不可の場合は無料で引き取ってもらうか、家まで持ち帰らなければならないので注意してください。

3-3.おすすめ度△:自治体回収に出す

不燃ゴミ・可燃ゴミ・粗大ゴミは、自治体回収で捨てることができます。粗大ゴミを捨てるには申請が必要です。

  1. 市区町村のHPや電話で、粗大ゴミの申請を行う(品目・大きさ・点数を伝え、料金と回収日を聞く)
  2. 教えてもらった金額分の粗大ゴミ処理券を購入する(1点につき1枚~必要)
  3. 回収日になったら、回収場所まで不用品を持って行く

比較的楽で安全な方法ですが、重いものを持ち運べない方には向いていない方法です。また、まだ使えるもの・買取に出せるものであっても、お金を出して捨てなければならないのでもったいないと言えるでしょう。

3-4.おすすめ度×:譲る

広報誌などに掲載してもらって他者に譲ったり、知人に譲ったりする方法です。他者が(お金を出してもいいほど)本当に欲しがっていればよいのですが、捨てる罪悪感を減らすためにやみくもに他者に譲るのはおすすめできません。あなたがいらないものは、他者も必要ない可能性が高いでしょう。また、広報誌などはもらい手が現れるまで待たなければなりません。

4.シニア世代の断捨離についてよくある質問

Q.買取に出せる不用品とは具体的にどのようなものですか?
A.まだ使える家具・家電、ブランド品、そのほか中古価値があるものは買取してもらえる確率が高いでしょう。買取業者によっては、無料見積もり(概算査定)をしてもらえるので、目安として知っておくのもおすすめです。初めてものを買取に出す方は、予想よりも買取額が低くて驚かれることがあるかもしれません。しかし、持っているものの一般的な価値を知ることは、断捨離をする上で重要なヒントになります。

Q.悪質業者を避ける方法とは?
A.業者選びの際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 古物商許可など資格や営業所の所在を確認する
  • 見積額やオプション料金など、金額に関することは書面など残る形でもらう
  • 無料廃品回収車は利用しない(違法のものが多い)
  • 依頼していないのに訪問・営業に来る業者はNG

高齢者をねらって高圧的に対応してくる悪質業者も存在します。訪問時などは、なるべくひとりで対応しないようにしましょう。ご近所や大家さんなどに声掛けしておくと、より安心です。

Q.シニア世代のものの収納のポイントとは?
A.通路・階段・頭上にものを置かない、重いものは処分するか軽いものに切り替える・かがまなくてもよいところにものを置くなどの工夫があります。すべて見える範囲に置くと便利ですが、見た目がごちゃごちゃしてしまうというデメリットもあるでしょう。ものを減らすことで、取り出しやすさもアップします。

Q.クローゼットの片付けのポイントは?
A.「いつか着る」「若いときによく着ていた」といった、服は処分しましょう。「今」着るかどうかという観点が大切です。1週間に何着着ているかを計算してみると、着きれない服が意外に多いことに気付くと思います。

Q.親がシニア世代。実家の片付けを手伝いたいのですが?
A.親の片付け・断捨離を手伝う場合は、あまり捨てろ捨てろと責めないようにしましょう。保管しておきたい理由を聞いたり、どんな思い出があったのかを聞いてあげると、手放しやすくなります。子供に相談したり思い出を語ったりすることで、決心がつく方も多いようです。「けがをしたら心配」「もっと過ごしやすくなってほしい」という気持ちを伝えることも大切でしょう。

まとめ

シニア世代の断捨離・片付けのポイントをご紹介しました。今回ご紹介したポイントを覚えておけば、スムーズに気持ちよく断捨離を行うことができるでしょう。これを機会に、ものや自分の生活をしっかり向き合ってみてください。