給湯器を買取に出したい! 一番お得な方法とポイントを徹底解説!

「給湯器を買い替えるので、古いものを買取してもらいたい」「給湯器を高く買取してもらうポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 不要になった給湯器でも、まだ十分に使えるものは買取してもらえることがあります。なるべく高く買取してもらうためにも、どんな給湯器が買取対象になるのか、どこに買取してもらえるのかなど知ることが必要です。

そこで今回は、給湯器の買取について詳しく解説します。

  1. 給湯器の処分方法
  2. まだ使える給湯器は買取に出せる
  3. 今買取人気が高い給湯器は?
  4. 給湯器を高く売るコツ
  5. 給湯器の買取業者を選ぶポイント
  6. 給湯器の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器を買取に出すポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.給湯器の処分方法

最初に、給湯器の主な処分方法について詳しく見ていきましょう。

1-1.販売店に下取り・引き取りしてもらう

給湯器を買い替える場合は、販売店に下取り・引き取りしてもらうとよいでしょう。買い替えと同時に処分できるので、最も効率がよい方法といえます。なお、販売店に給湯器の処分を依頼する場合、回収費用が標準工事費用に含まれるケースとオプションになるケースがあるので事前に確認しておきましょう。

1-2.不用品回収業者に処分してもらう

不要になった給湯器は、不用品回収業者に依頼して処分してもらうことも可能です。まずは、業者に連絡して見積もりをもらい、費用や回収日時などを確認してから正式に依頼するとよいでしょう。不用品回収業者では、都合のよい日・場所を指定して回収してもらえるのがメリットです。この機会に、そのほかの不用品も同時に回収してもらうことをおすすめします。

1-3.自治体に粗大ゴミなどで出せることもある

自治体によっては、給湯器を粗大ゴミなどで出せることがあります。たとえば、横須賀市ではキッチンと併用する湯沸かし器であれば、缶以外の金属ゴミもしくは粗大ゴミとして出すことが可能です。給湯器を自治体回収にゴミとして出す場合は、集荷場所・曜日・時間・回収ルールを守ってください。

2.まだ使える給湯器は買取に出せる

不要になった給湯器でもまだ十分に使えるものは買取に出すことが可能です。どんな給湯器が買取対象になるのか、具体的に解説します。

2-1.有名メーカー品

有名メーカーの給湯器は、中古需要が安定しているため買取してもらいやすくなります。たとえば、以下のようなメーカーです。

  • リンナイ
  • パロマ
  • ノーリツ
  • パーパス

なお、業者によっては特定メーカー品だけを買取していることがあるので確認してみてください。

2-2.不具合や故障がない

買取対象になる給湯器は、不具合や故障がないことが基本になります。給湯器は、業者で買取後に中古品として再販されるからです。不具合や故障がある給湯器は買い手が付かないため、買取不可になります。すでに不具合や故障が見られる給湯器は、処分を検討しましょう。

2-3.年式が新しい

年式が新しい給湯器は、買取してもらいやすいでしょう。年式が新しい給湯器は、高機能・高性能なものが多く、使用回数も総じて少ないことから有利な条件で再販できるからです。反対に、使用感が少なくても、年式が古い給湯器は機能面や操作性で大きく見劣りします。確実に買取してもらうためにも、年式が新しいうちに査定を依頼しましょう。

2-4.付属品がそろっている

購入時の付属品がそろっていることも買取条件になります。付属品がそろっていることで、中古品として再販したときに買い手が付きやすくなるからです。たとえば、給湯器を正しく使用するには、使用説明書が必要になります。メンテナンスをするには、予備のパッキンなどが必要になることもあるでしょう。付属品が欠品していても、実際には買取してもらえることが多く見られます。ただし、査定金額が大幅に下がることは否定できません。

2-5.目立つ汚れや傷・破損がない

給湯器に目立つ汚れや傷・破損がないことも、買取条件の一つといえます。中古市場でも外観がキレイな給湯器に人気が集まるからです。ただし、業者によって汚れや傷の許容範囲が異なるため、査定時に確認してください。なお、破損がある給湯器は安全に使用できるか疑問が残るため、ほぼ買取不可になります。

3.今買取人気の高い給湯器は?

今買取人気が高い給湯器と買取相場を詳しくご紹介しましょう。

3-1.特に買取人気が高い機種と買取相場は?

給湯器で買取人気が特に高い機種と買取相場は、以下をご覧ください。

  • ノーリツ GT-C2452SAWX-2:40,000円前後
  • ノーリツ GT-2035SAWX-KB:20,000円前後
  • リンナイ RUF-E2405SAW:32,000円前後
  • パロマ FH-E248AWL:8,000円前後

給湯器の買取相場は、新品価格の5~20%程度が一般的です。なお、買取人気の高い機種であっても、中古市場での需要が大幅に下がったり状態が悪かったりするものは、査定金額が低くなるので注意しましょう。

3-2.給湯器の買取相場を調べる方法は?

給湯器の買取相場を調べるには、以下のような方法があります。

  • 業者が公表している買取価格をチェックする
  • 実際に業者に査定を依頼してみる

なお、給湯器は個人からネットオークションやフリマアプリに出品されることはほとんどありません。そのため、落札相場を調べても参考にすることは難しいでしょう。

4.給湯器を高く売るコツ

給湯器をできるだけ高く売るコツを詳しく解説します。

4-1.外観の汚れをクリーニングしておく

給湯器は、使い続けるうちにホコリなどの汚れが付着するため、キレイにクリーニングしておきましょう。クリーニングしておくことで、買取業者の印象がよくなり査定金額がアップする可能性が高くなります。なお、間違った方法でクリーニングすると、外観に傷を付けたり素材を傷めたりする可能性があるので注意しましょう。給湯器の使用説明書などを参考にし、正しい方法でクリーニングしてください。

4-2.購入時の付属品をそろえておく

できるだけ購入時の付属品をそろえておきましょう。給湯器を購入したときには、使用説明書・保証書・パッキンなどの補修部品・掃除用クロスなどが付属していることがあります。付属の有無は査定金額に大きく影響するので、買取に出すときには忘れずに添付してください。

4-3.不要になった時点で買取に出す

給湯器は、不要になった時点で早めに買取に出してください。給湯器は経年などでも、徐々に劣化が進むからです。また、新製品が発売になると、旧製品の中古需要が減るため、買取価格がグンと下がります。なるべく有利な条件で買取してもらうためにも、早めに依頼してください。

4-4.給湯器の買取を強化している業者に依頼する

給湯器の買取を強化している業者に依頼することも重要なポイントです。給湯器の買取を強化している業者としていない業者では、査定金額に数万円の差が出ることもあります。給湯器の買取を強化しているかどうか、実際に査定を依頼する前に確認しておくとよいでしょう。

5.給湯器の買取業者を選ぶポイント

給湯器の買取を依頼するには、信頼できる業者か確認しておく必要があります。主なチェックポイントを詳しく解説しましょう。

5-1.給湯器の買取実績が豊富

買取業者を選ぶときは、給湯器の買取実績が豊富にあることが重要です。買取実績が豊富にあれば、さまざまなメーカー・機種・状態の給湯器を見てきていることから、安心して依頼できます。買取業者それぞれに、得意・不得意分野があるため、査定を依頼する前に確認しておきましょう。

5-2.給湯器の知識が豊富で誠実な査定をしている

給湯器の知識が豊富で誠実な査定をしていることも、信頼できる業者の条件です。給湯器の知識に詳しければ、査定時のチェックポイントや買取相場をきちんと把握しているため、誠実な査定が期待できます。給湯器の知識が乏しい業者では、査定が適当になりがちで不当に安い金額を提示されることもあるでしょう。

5-3.査定は無料

査定は無料であることも、確認してください。信頼できる買取業者は、なるべく多くの人が気軽に査定を依頼できるよう配慮しているからです。査定が無料なら、業者にコンタクトを取るハードルが下がります。反対に、査定が有料になる業者は自社の利益を増やすことだけを考えがちで、何かとトラブルになりやすいので避けましょう。

5-4.都合のよい日時・場所で回収してもらえる

都合のよい日時・場所で回収してもらえることもチェックしておきましょう。給湯器を回収するためには、作業スタッフが家に上がり込むことになります。回収時は在宅している必要があるので、特に仕事などで不在がちな場合は、日時指定ができないと大変不便です。また、信頼できる業者であっても、そもそも営業エリア外では依頼することもできません。

5-5.買取不可でも引き取り処分を依頼できる

万が一買取不可になった場合でも、引き取り処分を依頼できると便利です。たとえば、不用品回収業者では、給湯器の買取と引き取りの両方を依頼できます。数年以上使用した給湯器など、買取してもらえるか微妙なケースでは、万が一買取不可になったことを考えて引き取り処分も依頼できる業者を選ぶと安心です。

5-6.顧客からの評判がよい

給湯器の買取は、顧客からの評判がよい業者に依頼しましょう。顧客から評判がよい業者に依頼すれば、安心して買取してもらうことができます。また、査定が丁寧で誠実なことも多く、総合的な満足度も高くなることでしょう。反対に、顧客からの評判が悪い業者は、何かと不満が出やすく、思わぬトラブルに巻き込まれやすいので注意してください。

5-7.古物商の許可を取得済み

業者が古物商の許可を取得済みか確認してください。給湯器などの買取を業務で行う場合は、必ず古物商の許可を取得する必要があります。取得済みかどうか、業者のホームページをチェックしたり査定時に問い合わせたりして確認してください。無許可だと判明した場合は、違法業者となるので契約してはいけません。なお、買取不可などにより給湯器の引き取り処分を依頼する場合は、一般廃棄物収集運搬の許可も必要になります。

6.給湯器の買取に関するよくある質問

最後に、給湯器の買取に関する質問に回答します。それぞれ目をとおしておきましょう。

Q.3年程度で買い替えれば不要になった給湯器を買取してもらいやすい?
A.確かに、不要になった給湯器を買取してもらいやすいでしょう。しかし、3年ごとに新規購入費用がかかることを考えると、コストパフォーマンスが悪くなるのでおすすめできません。

Q.複数の業者に査定を依頼してもよい?
A.構いません。複数の業者に依頼して、対応のよさや査定金額の高さを比較してみるとよいでしょう。

Q.給湯器の買取代金を即日で受け取ることはできる?
A.業者によります。給湯器を回収する際に現金で手渡しになることもあれば、後日指定口座に振り込まれるケースもあるので、査定時に確認しておくとよいでしょう。

Q.給湯器は将来買取してもらいやすいメーカーや機種を購入するべきか?
A.将来買取に出すことを見込んで選ぶのも、一つの方法でしょう。しかし、家族の人数や使い方・ライフスタイル・設置場所の条件などに合うことが大切です。まずは、さまざまなメーカー・機種を比較して選んでください。

Q.業者が提示した買取価格に納得できない場合の対処方法は?
A.業者に査定理由を説明してもらいましょう。業者では、給湯器のメーカー・年式・機種・状態・中古需要の有無など、あらゆる点をチェックして査定します。何らかのマイナスポイントがあるなど、正当な理由により金額が低くなっていることもあるでしょう。説明を聞いても納得できない場合は取り引きを中止し、そのほかの業者に改めて査定を依頼することも検討してください。

まとめ

今回は、給湯器の買取について詳しく解説しました。給湯器を高く買取してもらうには、外観をキレイにクリーニングする、付属品をそろえておくなど、いくつかのポイントがあります。また、不要になった時点で早めに買取に出すことも大切です。なお、給湯器の買取は、都合のよい日時・場所で回収してもらえる、引き取り処分も依頼できるなどの点から、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。給湯器の買取で不満を残さないためにも、この記事を参考にして信頼できる業者を選んでください。