片付けの基本ルールを知ろう! 上手に片付けるコツとポイントは?

片付けに苦手意識を持っている人ほど、やり方や順序が分からず、部屋がもので散らかりやすい傾向があります。「片付けるつもりだったのに、すぐゴチャゴチャになる」など、部屋の片付けで悩んでいる方は、片付けのルールとポイントを把握するだけでスムーズに進めることができるのです。そこで、本記事では、片付けの基本ルール・場所別のポイントについて解説します。

  1. 片付けの基本ルールを知ろう!
  2. 場所別片付けのルールとポイント
  3. 片付けしづらいアイテムのルール
  4. 片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、片付けの基本ルールとポイントが分かります。悩んでいる方、苦手意識を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.片付けの基本ルールを知ろう!

まずは、片付けの基本的な考え方とルールをチェックしておきましょう。

1-1.片付けの基本的な考え方

片付け=難しいというイメージを持っている方は、そのイメージを払拭することが大切です。「片付けは難しい」と思うほど、頭の中がゴチャゴチャになり、余計に片付けにくくなってしまいます。片付づけの基本的な考え方は、いわゆる「シンプル」です。片付けが得意な人は、特別に難しいやり方をしているわけではありません。誰がやってもうまくいくシンプルな方法で片付けているだけなのです。シンプルな片付け方をマスターし、今まで自分が行っていた方法との違いを見つけてください。

1-2.置く場所を決める

片付けの基本ルールで大切なのは、「置き場所を決める」ことです。片付けがうまくできない人は、「置く場所を決めていない」という共通点があります。置き場所を決めていないからこそ、使った後にそのまま放置し散らかってしまうのです。「もの」は使うために収納し、使った後は必ず元の位置に戻さなければなりません。置き場所の決め方は、使用頻度がポイントです。頻繁に使うものは、使う場所から最短距離の位置に収納してください。

1-3.ジャンルで分ける

掃除用具・日用品・消耗品のストックなどを1か所にまとめて収納していませんか? まとめることに問題はありませんが、いろいろなものを一緒にしまうときは、違う種類のものが紛れ込まないようにジャンル別に分けるのがポイントです。たとえば、カゴ・箱など収納ボックスを使用してジャンル別にしまいましょう。引き出しにしまう文具類も、ケースや仕切りを使って分けることが大切です。種類を混ざらないように工夫しておけば、ゴチャゴチャになることもありません。

1-4.ひと目で分かるようにする

せっかく収納しているのに、見えないところにものがあると何が入っているのか分かりません。戸棚の奥にしまいこんでいるものや、ものの陰に隠れているアイテムを引っ張り出すために、手前のものをわざわざ取り出さなければならなくなり、時間と手間がかかります。そういうことにならないよう、ひと目で分かる収納を心がけてください。ひと目で分かるようにすれば、家事の時短につながり、探しものが少なくなったり、さまざまなメリットが生まれます。

1-5.ラベリングでさらに分かりやすく

カゴや箱に収納していると、中に何が入っているのか分からないことがありませんか? そんなときは、「ラベリング」をしてください。中身が分かるように、表書きのラベルを箱の正面に貼ります。そうすることで、半透明のケースや中身が見えないカゴでも何が入っているのか一目瞭然です。家族と共有しやすくなりますし、探しものをする手間も省けるでしょう。

1-6.失敗しない方法は?

片付けを一気に終わらせようとすると、失敗に終わってしまいます。なかなか片付けられない人の多くは、室内すべてを1日中で終わらせたり、無理のあるスケジュールで片付けたりしがちです。無理に片付けると、中途半端な状態で終わり、さらにゴチャゴチャした状態になってしまいます。少しずつ時間を使いながら、1か所ずつ片付けるように心がけましょう。

2.場所別片付けのルールとポイント

それでは、リビング・キッチン・玄関・子ども部屋・押し入れとクローゼットに分けて、片付けのルールとポイントを解説します。

2-1.リビング

リビングは家族が集まる場所なので、それぞれのものを持ち込み、すぐに散らかりやすくなります。散らからないようにするため、それぞれが片付ける努力をしていかなければなりません。たとえば、テレビやエアコンのリモコンの定位置を決める・CDやゲーム用品は種類別にカゴへ収納するなどです。また、来客を通す場所でもあるため、生活感を隠すこともポイントとなります。オープンラックを布で目隠ししたり、フタつきのボックスを使用したりするなど、見えない収納がおすすめです。

2-2.キッチン

キッチンのポイントは、キレイかつ片付けやすい環境にすることです。毎日ご飯を作る場所だからこそ、必要な道具はすぐ手に取れる場所へ置きましょう。たとえば、いつも使うフライパン・フライ返しなどは、メッシュパネルを壁に取りつけて吊り下げておけば、簡単に取り出し収納できます。キッチンが狭くても壁を利用することで、スペースを取らずに収納でき、調理の流れがスムーズになるでしょう。

2-3.玄関

玄関は家の入り口、顔ともいえる重要な場所です。友人の家へ遊びに行ったとき、玄関が汚かったら部屋の中も汚いというイメージが湧くでしょう。第一印象を決める場所となるので、キレイに清潔感あふれる空間を維持し続けることが大切です。できるだけ、靴は靴箱にしまい、子どもの遊び道具やスポーツグッズなどは、カゴなどにまとめておきます。毎日出入りする場所なので、気がついたときに片付ける習慣をつけてください。

2-4.子ども部屋

おもちゃや学校の道具・文具類であふれる子ども部屋は、「子ども目線で片付けること」が大切です。子どもが片付けたくなる部屋づくりを心がけ、見直してみましょう。たとえば、カラフルなカラーボックスを使って見た目を楽しくさせたり、子どもの身長に合わせた本棚を使用したりするなどです。大人だけで片付けるのではなく、子どもと一緒に片付けることで、どんなことに興味があるのか、どうすれば楽しく片付けられるのか、子ども目線で考えることができます。

2-5.押し入れ・クローゼットなど

収納場所となる押し入れやクローゼットは、ギュウギュウに詰めこみがちです。ある程度、スペースに余裕を作り、ギュウギュウ詰めにしないよう気をつけてください。スペースを上手に使うコツは、床から天井までの高さを3つの区分に分けて使うことです。たとえば、左または右側から、コートなど長い丈→短い丈の順で収納していきます。そして、短い丈を収納した場所の下は空間ができているので、そこに衣装ボックスやケースなどを設置してください。そうすれば、空いた空間も上手に活用できます。

2-6.散らかりやすい洗面所

歯ブラシ・洗剤・汚れた衣類など、洗面所は家族の人数が多いほど散らかりやすい場所です。そのため、最小限のものに留めることが片付けのポイントとなります。毎日使う歯磨き粉や歯ブラシ・ハンドソープだけ見える場所に置き、それ以外のものは化粧キャビネットや棚・ラックに収納してください。出したままにするものは、バラバラに置くのではなく、スタンドやトレイ等でまとめましょう。

3.片付けしづらいアイテムのルール

収納する際に、片付けにくいアイテムの収納で悩んでいる方が多いでしょう。ここでは、主に片付けしづらいアイテム別の収納ポイントを説明します。

3-1.おもちゃ

おもちゃはさまざまな形・サイズがあるため、片付けしづらい代表的なアイテムです。種類別に分けるとキリがなく、子どもにとって片付けにくくなります。そのため、しまうものの大きさに合わせて収納するだけでOKです。また、入れるだけで片付くフタのない箱やかごを使いましょう。そして、入れものには中身を示すラベルを貼り付けてください。子どもが大好きなキャラクターや柄のラベルを使えば、意欲的に片付けるようになるはずです。

3-2.本・雑誌

本や雑誌はサイズがバラバラなので、見た目が悪く、ゴチャゴチャした印象を与えがちです。そこで、書店や図書館の収納術を思い出してみてください。カテゴリー別に書棚に並んでいるので、探しやすくなっているでしょう。なかなかうまくいかない場合は、本の並び順を決めてください。たとえば、作者別・ジャンル別など、まとまりをつくるのがポイントです。できれば、後列と前列で段差をつけ、雑誌類はマガジンボックスに収納しましょう。

3-3.文具・書類

文具類は小さなものが多く、乱雑になりがちなのでケースや仕切りを活用します。使用頻度が高いペン類は、ペン立てに収納し、それ以外の文具類は机の中にケースで分けて収納しましょう。書類はファイリングをしたり、ファイルフォルダーに分けたりとグッズを上手に使ってください。文具・書類の片付けに役立つ収納アイテムは、100円均一で購入できます。

3-4.使っていないものや要らないものは処分する

生活していれば、次々と新しいものが増えていきます。そのままでは収納スペースがいっぱいになり、常に室内が片付きません。新しいものが増えたら、使っていないものや要らないものを処分してください。基本的に、1年以上使用していないものは、これから先も使いません。不用品を思いきって処分したほうが、片付きやすくなります。

4.片付けに関してよくある質問

片付けに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.散らかりを予防するコツは?
A.置き場所を決めていても散らかる場合は、「仮置き」を用意してください。仮置き用のボックスやファイル入れなどを用意しておけば、一時的に保管できます。郵便物・洗濯物・脱いだ服など、仮置きに入れておけば散らかることもありません。ただし、仮置きしたものをそのまま放置するのはNGです。できるだけ、遅くても就寝前までには片付けてください。

Q.見せる収納にしたいときのポイントは?
A.お気に入りの雑誌やグッズを1~2点だけ見せるように設置することです。たとえば、本棚の場合、1か所にだけ本の表紙を見せるようにディスプレイしてください。そこに、観葉植物を1点だけ置くと、さらにオシャレ度が増します。逆に、見せる収納をしたいから、と何点も置きものや観葉植物等を設置するのはNGです。

Q.リビングにある家族それぞれの所有物を区別したい
A.そんなときは、家族1人1人が専用で使えるボックスを用意してください。そして、家族全員が「使い終わったらボックスに入れる」というルールを守ることが大切です。引き出しや戸棚に戻すのが面倒に感じる場合は、戻さなくてもいい簡単な方法を見つけてください。たとえば、テレビ台やソファーの下の空間に入るカゴを用意し、その中に家族それぞれが収納するためのスペースを区切ります。フタなしのカゴを使用すれば、出し入れしやすいので元の場所に戻しやすくなるでしょう。

Q.スッキリした部屋に見せるポイントは?
A.収納アイテムの色を統一することも大切なポイントです。室内に何色もあると、目線が散らかり、ゴチャゴチャとした印象を与えてしまいます。たとえば、黒と白とシルバーで統一するなど、最低でも3色までで統一しましょう。特に、白系は部屋を広く見せる効果があるのでおすすめです。

Q.不用品の処分方法は?
A.まとめて処分したい方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。出張回収を利用すれば、一気に大量の不用品回収ができます。さらに、業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので回収費用の節約につながるでしょう。「不用品回収買取センター」では、年中無休で24時間受付中です。不用品処分で悩んでいる方は、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

いかがでしたか? 「置く場所を決める」「ジャンルで分ける」「ひと目で分かる」この3つのポイントが、片付けの基本ルールとなります。また、まずは「片付けやすい環境にすること」も大切です。片付けで失敗しやすい人は、部屋がものであふれ、整理整頓しにくい環境となっています。今使っていないもの・必要ないものはすべて処分しましょう。不用品を処分してから、ルールやポイントに沿って片付けを行えば、理想的なスッキリとした空間に仕上げることができますよ。