部屋の片付けを簡単に習慣化する3つのテクニックを紹介!

部屋の片付けを習慣にしたいと思いませんか?
散らかった部屋に住むことにはさまざまなデメリットがあるものです。
しかし、「面倒くさい」「片付けが苦手」という理由で汚部屋から抜け出せずにいる人も多いでしょう。
部屋の片付けを習慣化することは、子供にとってもよい影響を与えます。
自分の子供が将来「片付けられる大人」になるためにも、片付けのコツを身につけるべきでしょう。

そんな悩みを解決するために、ぜひこの記事を読んでみてください。

1.部屋が散らかる原因

まずは、部屋がなぜ散らかるのか、その原因を考えてみましょう。
原因を知ることで部屋が散らかるのを防ぐことができる場合もあるはずです。

1-1.ものが多すぎる

部屋が散らかる最大の原因は「ものが多すぎる」ということです。
ものが多いと部屋は雑然として見えます。
収納スペースに入りきらないものが部屋中に散乱することもあるでしょう。
特に、収納スペースの少ない家では、しまいきれないものが部屋を散らかしてしまうことが多くなっています。
ものが多いと「どこにしまったのか分からない」「使いたいときに見つけられない」という問題が起こりやすくなるでしょう。
部屋の中をひとたび確認して、ものが多すぎることはないかチェックする必要があります。

1-2.ものの定位置が決まっていない

ものの定位置、つまり「置き場所」が決まっていない部屋は散らかりやすい傾向にあります。
置き場所が決まっていないため、とりあえず目のつくところにものを置いてしまうのです。
その結果、部屋はどんどん散らかっていきます。
収納スペースの少ない部屋では、ものの定位置を決めるのが難しくなる場合もあるでしょう。
そんなときは、ものを減らすしかありません。

1-3.片付けにかんする考え方の問題も

考え方1つで片付け上手になれる可能性もあります。
部屋が散らかっていることに不快感を覚える人は、時間さえあれば片付けをするでしょう。
問題は、散らかっていることに何も感じない人です。
「散らかっている方が落ち着く」「どうせ片付けが苦手だから」という理由で、散らかっている部屋を放置してしまうのでしょう。
しかし、部屋の片付けはそんなに難しいことではありません。
片付けを習慣化するコツを知れば、誰でも簡単に「常にきれいな部屋」を手に入れることができるはずです。

2.片付けの習慣を身につけるコツ

では、片付けの習慣を身につけるためにはどうしたらよいのでしょうか。

2-1.「毎日少しずつ」がポイント

片付けを面倒に感じるのは、一気にやろうとするせいです。
「平日は仕事で忙しいから、休日にまとめて片付けをしよう」と思っていても、いざ休日を迎えると面倒でなかなかその気になれません。
片付けの範囲が多ければ多いほど、大変な作業になってしまうでしょう。
そこで、「毎日少しずつ」を心がけながら片付けを習慣化していく必要があります。
たとえば、「片付けの時間は1日15分」と決めて、毎日1か所ずつ片付けをしていきましょう。
一気に片付ける人は、一気に散らかる傾向にあります。
少しずつ片付けていくことで、確実に成果を得ることができるでしょう。

2-2.ものを減らして片付けを簡単なものにする

片付けの習慣を身につけるためには、片付け自体を簡単なものにする必要があります。
大変な片付けを習慣にするのは難しいことでしょう。
片付けを簡単なものにするためには、まずものを減らすことが大切です。
ものであふれ返った部屋を片付けるよりも、ものが少ない部屋を片付ける方が何倍も楽でしょう。
ものが捨てられない性格の人は、まずその考え方から改める必要があります。
「なぜ捨てられないのか」を考え、捨て方のコツを知りましょう。
まずは、部屋中のものを「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けしてください。
「高かったので捨てるのがもったいない」「いつか使うつもりなので捨てたくない」という考えはやめましょう。
現在使っていないものは、あなたにとって「不要なもの」です。
思いきって処分しましょう。
不用品をまとめて処分する場合は、不用品回収・買い取り業者を利用するのがおすすめです。
状態のよいものは買い取ってもらえるため、お得に処分することができますよ。

2-3.片付けに対する苦手意識をなくす

片付けに対して苦手意識がある人は、習慣にすることが難しいでしょう。
まずは、片付けに対する苦手意識をなくすことを考えてください。
ポイントは以下のとおりです。

  • 片付けは程々にして「完璧」を求めない
  • できる範囲で、自分なりのルールを作る
  • 気になったらその場ですぐ片付ける
  • 片付けることのメリットを考える

3.片付けを習慣にするメリット

最後に、片付けの習慣を身につけることでどのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

3-1.健康面・精神面のメリット

散らかっている部屋には、ホコリやダニが発生しやすくなります。
ホコリに含まれているダニやカビの胞子を吸い込み続けるとアレルギーの原因になるでしょう。
片付けによって部屋を「掃除しやすい環境」にすることができます。
また、精神面でもメリットがあるのです。
散らかった部屋で過ごしていると知らず知らずのうちにストレスを感じます。
「何となくぼーっとする」「やる気が出ない」という人は、散らかった部屋が原因である可能性も。
部屋を片付けることで、精神的にリラックスできる環境を作り出すことができるのです。

3-2.時間的なメリット

部屋が片付いていれば探しものをする必要もなくなるはずです。
必要なときに見つからなくて探すのは、無駄な時間でしょう。
つまり、部屋を片付けることで「探しものをする」という無駄な時間を省き、時間的にゆとりを持つことができるのです。

3-3.経済的なメリット

散らかっている部屋で過ごしている人は、自分の持ちものを把握できていません。
そのため、同じようなものを重複して買ってしまうことが多いのです。
持っていないと思って買ったつもりが、部屋の中から似たようなものが出てきた経験はありませんか?
部屋を片付けて持ちものを把握できるようになれば、経済的にも無駄をなくすことができるのです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
部屋を片付ける習慣を身につけることがいかに大切か、お分かりいただけたと思います。
まずは、部屋が散らかっていることのデメリットと、片付けることの意味を知ることが必要です。
常にきれいな部屋をキープするためにも、どうすれば片付けを習慣化することができるのか、よく考えてみてください。
過ごしやすい部屋だけでなく、快適な生活を手に入れることができるでしょう。