大型家電も手軽に処分!不要になった冷蔵庫の廃棄方法とは?

使い続けているうちに必ずくるのが家電の「寿命」というもの。
どんなに大切に使っていても、寿命はやってきます。
「そろそろ買い替えが必要だろうか…」と悩みながら使っている人も多いはずです。
特に、冷蔵庫のような大型家電の場合、買い替える際の処分についても考える必要があるでしょう。
不要になった冷蔵庫は、どのように処分するのかご存じですか?

  • 冷蔵庫の買い替えを検討している
  • 冷蔵庫の廃棄方法とは?
  • 捨てる以外の処分方法はないのか?

そんな人たちのために、冷蔵庫の処分方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 冷蔵庫は何ゴミになるのか?
  2. 冷蔵庫の処分方法とは?
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.冷蔵庫は何ゴミになるのか?

冷蔵庫を廃棄する際「何ゴミになるのか分からない」という人は多いでしょう。
自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることができると思っていませんか?

1-1.家電リサイクル法について知る

「家電リサイクル法」という法律をご存じでしょうか?
2001年に施行された法律により、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機の4品目を「特定家庭用機器」と指定しました。
以前まで粗大ゴミとして自治体が回収していたこの4品目の家電に対して、消費者が処理費用を負担することになったのです。
その理由は、粗大ゴミ施設での処理が困難なため。
リサイクルが困難で、大部分が埋め立てられていたのが現状です。
そのため、廃棄物の減量や資源の有効利用を目的に、この法律が作られました。

1-2.冷蔵庫は粗大ゴミとして廃棄できない

上記の理由により、冷蔵庫を自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることはできなくなりました。
たとえ粗大ゴミシールを貼って回収場所に持って行っても、回収してもらうことはできないのです。
では、不要になった冷蔵庫はどのように処分すればよいのでしょうか。

2.冷蔵庫の処分方法とは?

冷蔵庫の処分方法はいくつかあります。
どの方法が自分に合っているのかよく考えて決めてください。

2-1.家電量販店に引き取ってもらう

買い替えの場合は、新しい冷蔵庫を購入する家電量販店で引き取ってもらうことが可能です。
また、過去にその冷蔵庫を購入した家電量販店にも、収集義務はあります。
いずれにしても、リサイクル料金と収集運搬料金が発生するため、事前に料金を問い合わせておく必要があるでしょう。
冷蔵庫の場合、リサイクル料金の相場は3000~5000円となっています。

2-2.リサイクルショップに売る

まだ使える状態の冷蔵庫であれば、リサイクルショップに買い取ってもらうこともできます。
近所にリサイクルショップがあるなら持ち込んでみてはいかがでしょうか。
もちろん、査定額はお店によって差があります。
冷蔵庫の大きさや購入時期、メーカーによっても大きく変動するでしょう。
状態の悪いものは買い取り不可になる可能性もあります。
その際は再び家に持ち帰らなければならないということを覚えておいてください。
冷蔵庫を査定してもらう際は、汚れをしっかりと落として、取り扱い説明書や保証書、部品、ケーブルなどの付属品をそろえておきましょう。
査定額がアップする可能性があります。

2-3.リサイクル券を購入して直接搬入する

リサイクル券を手に入れて自分で処分する方法もあります。
郵便局でリサイクル料金を支払ってリサイクル券を購入してください。
そして、地域が指定する引き取り場所まで直接運びましょう。
しかし、自家用車で冷蔵庫を運ぶのが難しい人も多いはず。
そのときは、指定の業者に依頼することで運んでもらうことができます。

2-4.不用品回収業者に依頼する

民間の不用品回収業者に依頼して冷蔵庫を回収してもらう方法もあります。
最大のメリットは、自宅まで引き取りに来てもらえるところ。
重たい冷蔵庫を自分で運ぶ必要はありません。
また、状態のよいものは買い取ってもらえるため、お得に処分できる可能性もあるでしょう。
ほかにも処分したいものがあればまとめて依頼してみてください。
不用品回収業者が回収できる不用品の種類は豊富なため、分別の必要もなくほぼ回収してもらえるでしょう。
まずは、無料見積もりを依頼してみてはいかがですか?

3.処分する際の注意点

最後に、冷蔵庫を処分する際の注意点をいくつかご紹介します。

3-1.捨てる場合は自治体のルールに従って

自治体が回収するゴミの日に冷蔵庫を捨てる場合、注意が必要です。
捨てるゴミの種類は自治体によって異なるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。
特に、粗大ゴミとして捨てる場合は料金や回収場所についても調べておかなければなりません。
自治体のホームページをチェックしておいてください。
ルールを守らずに廃棄しても回収してもらうことはできないでしょう。

3-2.業者選びは慎重に行う

不用品回収業者に依頼する場合は、業者選びを慎重に行う必要があります。
中には、悪質業者もたくさん存在しているのです。

  • 無料査定を行っている
  • 必要な許認可を取得している
  • 見積書の内容が明確
  • 丁寧でスピーディーな対応

以上をポイントにして業者選びを行いましょう。
また、査定金額は業者によって差があります。
必ず複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから選ぶようにしてください。
そうすることで相場を知ることにもつながります。
実際にその業者を利用した経験がある人たちの口コミを参考にするのもおすすめです。
インターネットで検索すれば出てくるのでぜひチェックしてみてください。
悪質な業者を選んでしまうとさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。
「見積もりより高額な料金を請求された」「回収した不用品を不法投棄していた」などのトラブルは全国で多数発生しているのです。
納得して冷蔵庫を処分できるよう、慎重に検討しましょう。

4.まとめ

冷蔵庫の処分方法についてご紹介しました。

  • 冷蔵庫は何ゴミになるのか?
  • 冷蔵庫の処分方法とは?
  • 処分する際の注意点

「冷蔵庫を処分したい」「処分方法が分からなくて困っている」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。