エコを生活に取り入れよう! 家庭でできるリサイクルの実践法

意識を高めてエコに取り組むのは、地球環境にとって大切なことです。しかし、“生活のエコを取り入れる”ということは非常に難しく、生活の負担になってしまうことも多くあります。家庭で簡単にできるリサイクルを知ることで、生活に負担をなくエコを実践することも可能なのです。

エコを実践するために役立つリサイクル例や実践方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 家庭で実践できる3Rとは?
  2. 簡単にできるリサイクルの実践方法
  3. 環境と家計に優しいリサイクル

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.家庭で実践できる3R

1-1.3Rとは?

3Rはリデュース(Reduce)リユース(Reuse)リサイクル(Recycle)の頭文字をとった言葉で、環境に優しい循環型社会の実現を目指した取り組みです。地球温暖化や環境悪化から、3Rの取り組みは非常に大切な考え方といえるでしょう。地球温暖化や環境悪化などは、人間の生活に大きな原因があり、個人や家庭レベルでの対策が重要です。

環境に優しい循環型社会を実現するためには、個人や家庭で小さなことからでも始める心がけが大切になります。まずは、3Rとは何かを知ることから始めてみましょう。

1-2.リデュース(Reduce)

廃棄物の発生を減らす取り組みがリデュースです。リデュースは、主に生産者側が商品を製造する際に発生する廃棄物を削減することが目的になります。

家庭でできるリデュースの実践法

生産者が廃棄物の発生を抑えることを目的にしているリデュースですが、家庭でも実践することも可能です。家庭でできるリデュースについてご紹介しましょう。

過剰包装の商品を選ばない

家庭から排出するゴミを減らすこともリデュースの取り組みの一つです。“過剰包装の商品を選ばない”ことで家庭からでるゴミを減らすことができます。個人ではあまり貢献できることの少ないリデュースですが、意識をもって資源を有効に活用することが大切です。

1-3.リユース(Reuse)

リユースは資源を繰り返し使うことを目的としています。3Rのなかで個人や家庭で最も貢献できる取り組みがリユースです。

家庭でできリユースの実践法

家庭で実践できるリユースは、リサイクルショップや古着店などを利用して資源を再利用することです。中古ショップで買う、中古ショップに売るという両方で貢献できます。“必要なものを安く購入できる”“不必要なものを売って処分できる”という両面で環境に貢献できるのがリユースです。

1-4.リサイクル(Recycle)

リサイクルは一般的な認識の再利用ではなく“再資源化”を指しています。基本的には企業による資源の再資源化を指すのですが、家庭でも貢献できることもあるのです。

家庭でできるリサイクルの実践法

家庭でリサイクルに貢献できるのが“ゴミの分別”です。ゴミを分別によって資源の再資源化コストを下げることができます。面倒なゴミ分別ですが、環境のための分別であることを考えると非常に大切な心がけといえるでしょう。

2.環境とお財布に優しいリユース

2-1.不用なものは売る

循環型社会を実現するために家庭で貢献できるのがリユースです。自分にとって不用なものを売ることは、新たな需要を生み出します。捨ててしまおうと考えているものでも、需要はあるのです。リユースでは新しい需要を生み出すことができるので、不要なものは積極的に再利用しましょう。

2-2.どんなものがリユースできる?

中古品としてリユース可能なものは家具・家電・雑貨・服など、さまざまなものが対象になります。中古品としてリユースできるものの目安について、ご紹介しましょう。

家具

需要が多く、多少傷のあるものであっても売ることができるのが家具の特徴です。良い素材を使用しているもは、使用年数は関係なく需要があります。最近では、中古家具をリメイクも人気を集めているので不要な家具があれば売ることを検討してみましょう。

家電

家電は製造から5年以内で状態の良いものであればリユースできます。廃棄に費用が必要となる家電をリユースすることは、廃棄費用を節約するための方法です。

雑貨

購入したもののあまり使用しなかった雑貨などもリユースの対象となります。意外にも雑貨は、リサイクルショップでも人気のある商品なのです。不要な雑貨は売ってしまうことで部屋を広く利用することもできるので、整理のついでに売ってしまうのも一つの選択肢といえるでしょう。

古着店などの専門店も存在するほど、衣服は中古市場でも需要があるのです。衣服は人気やトレンドによって買い取り価格が大きく左右するのが傾向にあります。不用な服は売ってしまい部屋を片付けてみましょう!

3.環境と家計に優しいリサイクル

3-1.少しでも高く売るコツとは?

リサイクルショップなどで不用品をリユースすることは、環境と家計に優しい選択なのです。不用品を少しでも高く売るコツについてご紹介しましょう。

売る前に不用品をきれいにしよう

中古品は状態が良ければ買取金額が上がる傾向にあります。不用品を売る場合には、汚れを落とすことで買い取り金額が上がるので可能な限りきれいにするようにしましょう。

まとめ売りでお得

不用品買い取りでは、単品で売るよりもまとめて売ることで買い取り金額が上がります。不用なものが複数ある場合には、まとめて売るように心がけましょう。

3-2.買い取りサービスはどこに依頼する?

不用なものをリユースすることは自然環境にとっても大切ですが“可能な限り高く売る”というのも重要です。買い取りサービスを選ぶポイントについてご紹介しましょう。

中古販売も行っている買取業者を選ぶ

不用品の買取サービスを行っている業者を選ぶ際には、買取だけではなく中古販売も行っている業者を選ぶことが大切です。中古販売している業者はほかの業者よりも高価買取の可能性が高まります。

無料見積もりを利用しよう

少しでも高く不用品を売るためには、見積もりで買い取り金額を知ることが大切です。無料見積もりを利用すれば簡単に不用品の買い取り金額を確認できます。不用品の無料見積もりを利用する場合には、品物の情報や状態をチェックして正しく伝えるようにしましょう。

3-3.大型の不用品は出張買い取りを利用しよう!

大型の不用品をリユースする場合には、出張買い取りサービスを利用してみましょう。出張買い取りサービスでは、大型の品物の搬出や運搬を業者に任せることができます。処分のための負担も少なく大型家電を処分できる出張買い取りは非常に便利さサービスです。

まとめ

循環型社会を実現することは、これからの未来を形作るうえで必要不可欠です。環境に優しい生活を実現するために必要な3Rについてまとめてみましょう。

家庭でできる3R実践法

  • リデュース(Reduce):過剰包装の商品を避けゴミの発生を抑える
  • リユース(Reuse):中古品の売買で再利用
  • リサイクル(Recycle):ゴミ分別で再資源化

家庭でできる3Rのなかでも中古品を売買する“リユース”は気軽に実践できます。環境にも家計にも優しいリユースを利用する方法についてご紹介しましょう。

上手なリユース活用法

  • 家具・家電など不用なものは売ってリユース
  • 売る前にきれいにすれば買い取り価格が上がる
  • まとめ売りでお得に処分

自分には不要なものでもリユースすることは、新たな需要を生み出すことにつながります。不用なものを売ってしまうことで、お得に不用品を処分可能です。環境と家計に優しい不用品買取サービスで、リユース生活を始めてみましょう!