リサイクルショップを徹底解説! 家具や家電買取の活用法を覚えよう

不要になったものの処分を考えるとき、リサイクルを意識する方が増えています。捨ててしまえばゴミとなり、処分費用がかかる場合もあるからです。ゴミの処分で損をしないようにリサイクルすることは、ものを有効活用するきっかけになります。不要なものを売り、収益を得られれば嬉(うれ)しいですよね。今はさまざまなものがリサイクル対象として買い取りできます。リサイクルショップの買取について理解しておき、上手に買取を利用しましょう。
今回は、リサイクルショップの買取についてご紹介します。

  1. リサイクルショップにはどんなところがある?
  2. どんなものが売れるのか?
  3. リサイクルショップの買取方法について
  4. できるだけ高く売るには?
  5. 悪徳業者に騙されないためのポイント
  6. リサイクルショップの買取でよくある質問
  7. まとめ

リサイクルショップになるべく高く買取をしてもらうためには、コツやポイントがあります。この記事を読むことで、リサイクルショップについてよく分かり、上手に活用するきっかけになるでしょう。

1. リサイクルショップにはどんなところがある?

リサイクルショップは、経営体系やジャンルによる違いがあります。それぞれの特徴を理解しておきましょう。

1-1.ジャンルによる違い

1-1-1.総合リサイクルショップ

総合リサイクルショップは、家具・家電・服・雑貨・楽器など幅広い品目を取り扱います。スポーツ用品や季節商品などもリサイクル対象となり、地域に根ざしているショップがほとんどです。取扱品目が広く、居住地に近い場所にあることも多いため、比較的手軽に利用できるのがメリットでしょう。

1-1-2.家電専門ショップ

家電やパソコンなどを専門に扱うリサイクルショップもあります。冷蔵庫やエアコンなどの家電から、パソコン・液晶ディスプレー・周辺機器などが主力商品です。

1-1-3.ブランド品買取専門ショップ

ブランド品の買取を強化する専門ショップでは、正規品かどうかの鑑定を行って買取を実施しています。貴金属類の買取も行っており、高級ブランドの時計やバッグなども買取が可能です。

1-1-4.中古家具専門ショップ

リサイクル家具を専門に扱うショップもあります。ベッドやソファなどの大型家具の引き取りを得意としており、総合リサイクルショップより高値で買取できる場合もあるでしょう。ヴィンテージ品を専門に扱う中古家具専門ショップもあります。

1-1-5.古着専門店

古着や靴などを専門に扱うショップです。乳幼児向けの古着専門店もあります。古着の中には希少価値があるものも存在するため、捨てる前に査定に出してみるといいでしょう。まとめて引き取りを依頼したほうが買取しやすい場合もあります。

1-1-6.中古楽器専門店・オーディオ専門店

中古楽器専門店では、ギターやベースなどの弦楽器・管楽器・エフェクター・打楽器など音楽にまつわるものがすべてあります。オーディオ専門店は、オーディオ機器・スピーカー・アンプなど音響関連商品を扱うのが特徴でしょう。

1-1-7.中古釣り竿(ざお)ショップ

近年は、釣り人口が増えているため、中古釣り竿(ざお)ショップが人気となっています。パーツだけの引き取りも可能です。チェーン展開しているショップもあります。

1-2.経営体系による違い

1-2-1.チェーン店

全国に展開するチェーン店では、買取査定基準や取扱品目を統一しているケースが多いものです。チェーン店の中でも、分野ごとに特化したショップを持つ場合もあります。インターネットショッピングが可能なチェーン店もあり、遠隔地の店舗で販売されているものでも、購入できるスタイルになっているのもメリットです。

1-2-2.個人経営

地域に根ざしているショップは、個人経営を多く見ることができます。チェーン店とは異なり、独自の買取基準を設けているのが特徴でしょう。大型家具や家電などは扱わない場合があります。取扱品目以外は引き取りができません。利用する前に、引き取り可能な品目を確かめてください。

2.どんなものが売れるのか?

リサイクルショップに関する基礎知識をご紹介しました。買取を利用できるものを、種類別に解説します。

2-1.家具

前述したとおり、家具は大型家具からヴィンテージ家具までさまざまなものに対応しています。ベッドやソファなどは、一人暮らしをスタートする方に人気があり、中古でも状態が良好で、臭いの付着や汚れがないものは買取可能です。机やダイニングセットも買い取りをしています。

2-2.家電

家電は金属資源を含むため、リサイクルが推進されています。そのため、中古市場も活発化しており、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビなどを始め、パソコンなどの精密機器も買い取りが可能です。

2-3.服

古着は、コンディションが重要視されます。汚れや毛玉があるものはリサイクルが難しいでしょう。使用頻度が少なく、臭いの付着などがないものが好まれます。ヴィンテージに分類されるものもあり、中には高額査定につながるケースもあるものです。

2-4.スポーツ用品

スポーツ用品は新規購入すると高いものもあるため、中古で探す方もたくさんいます。スキー・スノーボード・スキーウェアなどの季節用品は特に需要があり、状態やブランドによっては高値で買取できる場合もあるでしょう。

2-5.コレクターズアイテム

古銭・切手・トレーディングカードなど、趣味のアイテムも買取対象となります。価値は年代や流通数などに応じ、変動するものと捉(とら)えておきましょう。アニメのフィギュアなどもコレクターズアイテムとして、マニアに人気があります。

2-6.音響機器

オーディオ機器・スピーカー・アンプ・ケーブルなどは、音質や機能に問題がなければ買取対象となります。故障やトラブルがある場合、ジャンク品扱いとなってしまうため、買取査定前に動作状況をチェックしておきましょう。

2-7.楽器

楽器は高価なものもあり、人気ブランドのものは高額取り引きされています。ギターやベースなどの弦楽器・管楽器・打楽器のいずれも、買取が可能です。ケーブル類やエフェクターなどの周辺機器も同時引き取りをしてもらえます。

3.リサイクルショップの買取方法について

リサイクルショップの買取に関する回収方法をご紹介します。

3-1.持ち込み買取

一般的なリサイクルショップでは、店頭への持ち込みで査定を受けることになります。チェーン店・個人経営のどちらでも、持ち込みが基本です。実際に買取を希望する商品を持参し、状態や機能などを確かめてから、査定額を算出する方法となります。

3-2.宅配買取

宅配での回収を実施している業者もあります。パソコンや家電などの回収で、頻繁に使われている買い取り方法です。送料無料対象品目など、業者が独自に設定している条件を満たすことができれば、送料をかけずに無料で回収してもらうことができます。

3-3.出張買取

出張買取は、自宅まで訪問して買い取る方法です。大型家具や家電など、重量があって運搬が難しいものは、出張買取が便利でしょう。訪問に際しての出張費用が発生する場合もあるため、業者へ事前確認をしてください。

4.できるだけ高く売るには?

リサイクルショップに売るからには、なるべく高値で買取をしてもらいたいと思うことでしょう。高額査定のポイントをご紹介します。

4-1.商品の状態

リサイクルショップでの査定は、見栄えが最も重視されます。汚れ・傷・破損などがないことが条件です。服は、糸のほつれやシミがある場合、査定額から差し引かれてしまうことがあるでしょう。家電や家具はなるべく丁寧に清掃し、日ごろからメンテナンスをしっかりしておくことをおすすめします。オーディオ機器や楽器は、実際に音を出して確認してください。

4-2.付属品などをつける

取扱説明書・ケーブル・保証書などがある場合、査定時に添えてください。付属品の有無により、家電やパソコンなどは買取価格が大きく変わることがあります。高額査定につなげたいなら、付属品は必ずつけましょう。

4-3.ショップの選び方

なるべく高く売るためには、ショップ選びも重要です。ショップごとに得意分野があります。服なら古着専門ショップ、楽器なら楽器専門ショップなど、売りたいものに特化したショップを選ぶと、値段がつきやすいでしょう。

5.悪徳業者に騙されないためのポイント

信頼できる業者を探すためには、悪徳な商法を行う業者に関する知識を身につけておくことが重要となります。騙(だま)されないためのポイントをまとめました。

5-1.許可の有無を確認する

リサイクルをするためには、古物商の許可を得なければなりません。各都道府県より、必要な許可番号を取得しているかを確認してください。業者の会社概要などを参考にしましょう。無許可の業者は、料金トラブルや強引な買取などの事件も発生していますから、注意してください。

5-2.見積もりを出してくれない業者は避ける

リサイクルショップでは査定後に金額提示をし、買取価格に双方が納得してから買い取りとなります。見積もりだけを依頼することも可能ですが、応じてくれない場合は買取を断りましょう。複数の業者から見積もりを出してもらい、買取相場や業者の対応などを比べることが大切です。

5-3.突然の電話や訪問をする業者とは関わらない

依頼してもいないにも関わらず、電話や訪問で買取を行おうとする業者は、悪徳業者である可能性が高いでしょう。法外な回収費用を取り、押し買いや居座りなどのトラブルが続発しています。高齢者世帯や一人暮らしの方は、特に狙われやすい傾向にあるため、注意が必要です。

6.リサイクルショップの買取でよくある質問

リサイクルショップの買取を利用する前は、さまざまな疑問が生じるものです。疑問点はあらかじめ解消しておきましょう。

Q.骨董(こっとう)品も高く売れるのか?
A.骨董(こっとう)品は希少価値があり、高値で取り引きされることが多いものです。一般的なリサイクルショップより、骨董(こっとう)品や美術品を扱う専門店に買取を依頼したほうが、価格がつきやすいでしょう。

Q.年式が古い製品は買取が難しいもの?
A.オーディオ機器は収集家が多く、古くても欲しいというニーズはあるものです。オーディオ機器専門店に相談し、状態や年式などを伝え、見積もりを出してもらうといいでしょう。故障があっても、部品取りとして再活用する業者もいます。

Q.清掃をしているものとしていないものでは、買取価格にどのくらい差が出るものなのか?
A.メーカーや年式により差が出るものですが、数千円ほど変わる可能性も否定できません。高額買取を目指すなら、きちんと汚れを取り除いておきましょう。

7.まとめ

いかがでしたか? リサイクルショップは、不要になったものを買取してくれる便利なお店です。経営体系やジャンルによる違いがあり、それぞれの違いや特徴を理解して活用することにより、高値で買取してもらえる可能性があるでしょう。利用者もあらかじめ知識を持ち、損をしない売却方法を選択することも重要です。リサイクルで少しでも収益を得ることで処分費用を軽減することができ、売れた喜びを感じることもできます。上手に使い分け、なるべく高額査定を目指しましょう。