プリンターを買い替えたい!そんなときに知っているとお得な情報!

プリンターの買い替え時についてお悩みですね?パソコンで作った文書やイラストの印刷や年賀状シーズンには欠かすことのできないプリンターですが、調子が悪くなった場合、修理や買い替えを検討しなければなりません。場合によっては修理に出すよりも買い替えた方がお得というケースもあります。今回はプリンターの買い替えどきや、買い替え時にしっておくと便利な知識を解説していきましょう。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. プリンターの買い替え、残ったデータに注意
  4. プリンター処分、回収業者に頼む場合
  5. プリンターの処分でよくある質問

この記事を読むことで、プリンターの買い替えについての悩みはまずなくなるでしょう。また、お得な情報や注意点なども知ることができます。

1.プリンターの買い替え時期について

この項では、プリンターの買い替え時期について紹介をします。

1-1.プリンターの買い替える時期について

プリンターの買い替えの時期としては下記のようなものがあります。

  • 調子が悪くなることが増えた
  • 修理に出すより買い替えた方が安い
  • 新機能のプリンターが欲しい
  • パソコンの買い替えを機に買い替え

このようなタイミングが多くなります。

1-2.よくあるプリンターの故障について

プリンターのよくある故障としては、下記のものが挙げられます。

  • 印刷ができない
  • 特定のインクがかすれる
  • 電源が入らなくなる
  • 異音がする
  • インクを交換しても認識しなくなる

1-3.プリンターの寿命について

使用頻度にも関係があります。たとえば、年賀状の印刷をするときにのみ使用するのであれば、10年程度は使用することが可能です。ただし、一般的にプリンターの修理対応期間は製造停止から6年といわれています。6年経過してしまうとメーカーがプリンターの部品を保有しなくなりますので、修理することができなくなるのです。また、プリンターに使用されている部品の寿命は5年とされており、購入後5~6年以降、不具合が起きやすくなります。

1-4.プリンターを修理する場合

プリンターの修理を考える場合、保証期間内なのかどうかをまずは確認しましょう。保証期間内であれば無料で修理可能です。保証期間が過ぎてしまった場合、修理に高額な費用がかかるケースがあります。その場合は、買い替えを検討しましょう。なぜなら、買い替えをした方が安く済む傾向があるからです。

2.プリンターの買い替え方法

この項では、プリンターの買い替え方法につて解説をします。

2-1.プリンターの買い替えの流れにつて

プリンターの買い替えを検討する前に現在使用しているプリンターの処分方法を考えましょう。プリンターを購入したお店が引き取ってくれることもあります。また、状態がよければ下取りをしてくれるケースもあるでしょう。

2-2.プリンター処分について

ここからは、プリンターの処分について解説をします。

2-2-1.自治体回収

プリンターにつきましては、家電リサイクル法、資源有効利用促進法の対象ではありません。そのため、自治体にゴミとして回収してもらえます。しかし、自治体によってゴミの分類・捨て方が異なるため、事前に自治体ホームページで確認をしておきましょう。粗大ゴミとして捨てる場合、事前に申し込みをしなければならない自治体もあります。そして、コンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入してプリンターへ貼りつけて、所定の回収場所へ持っていきましょう。

2-2-2.家電量販店

新しくプリンターを購入した家電量販店が、古いプリンターを回収してくれるケースがあります。しかしながら、すべてのお店で、このような引き取りサービスがおこなわれているわけではありませんので注意しましょう。また、有料もしくは無料での引き取りなのかお店により異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

2-2-3.リサイクルに出す

まだ、使用することのできる状態のプリンターであれば、リサイクルショップで買い取りしてもらうという方法もあります。発売から5年以内のもので動作に問題がなければ、買い取りしてもらえる可能性が高くなるでしょう。リサイクルショップのほかにインターネットオークションへ出品するという方法もあります。

2-3.インクなどの周辺部品について

プリンターを処分するとき、インクカートリッジは取り外して別々に処分してください。インクカートリッジは家電量販店などで回収ボックスが設置されていますので、そこへ捨てましょう。そうすればリサイクルに回されることになります。自治体回収をするのであれば、自治体により可燃ごみか不燃ごみか違いがありますので事前に確認をしておきましょう。

3.プリンターの買い替え、残ったデータに注意

この項では、プリンターの買い替え時に気を付けたい、残ったデータについて解説をします。

3-1.データが残るプリンターもあるので注意

プリンターの中には、ハードディスクが内蔵されているものやメモリーカードを挿して印刷するものがあります。このようなプリンターはそのまま捨ててしまいますと、個人情報が漏えいしてしまう可能性があるでしょう。個人情報を悪用されてトラブルに巻き込まれる危険性があります。注意しましょう。

3-2.データが残っているのかチェックする方法

プリンター内にデータが残っているかチェックする方法ですが、パソコンがあれば簡単にチェックができます。パソコンのスタートメニューから「プリンター」を選択し、データが表示されるのでしたら、右クリックして削除可能です。メモリーカードは挿しっぱなしなっていないか、確認しておきましょう。

3-3.そのほか印刷物・インクなどもチェックしよう

プリンターの中に印刷物やインクが残っていないか、処分をする前に確認しましょう。粗大ゴミとして出す場合、回収の対象はプリンターの本体だけです。そのため、分別が必要な用紙・インクは事前に取り除き、処分しましょう。

4.プリンター処分、回収業者に頼む場合

この項では、プリンター処分を回収業者に頼む場合の注意点などを紹介します。

4-1.業者選びのポイント

信頼することのできる業者選びのポイントとしては、下記のようなものがあります。

  • きちんとした実績があるか
  • 必要な許可を得ているか
  • 固定電話を持っているか
  • 対応が丁寧でスピーディーか
  • 料金体系がわかりやすいか

4-2.回収業者のメリット・デメリット

メリットは、回収業者に依頼することで、手間を最小限に抑え早く不用品を処分することができる点です。また、プリンター以外にも不用品をまとめて処分してくれる点もメリットでしょう。分別をする必要もありませんので、分別する手間はかかりません。
デメリットは、悪質な業者が存在している点です。無料回収といいながら処分費用として法外な賃金を請求されるなどトラブルが絶えません。そのため、業者選びは慎重におこないましょう。

4-3.プリンターの回収料金について

プリンターの回収料金については業者により大きく異なります。そのため、複数の業者から見積もりをとり、だいたいの相場を見極める必要があるのです。不用品の買い取りも一緒に行っている業者であれば、場合によっては料金を安く抑えることが可能でしょう。

4-4.注意点

不用品回収業者の中には、悪徳業者も存在します。悪徳業者は、大音量で「不用品回収を無料回収」と宣伝をして回っているのです。回収の際にあれこれ別途費用が発生して、高額な料金を騙しとられます。また、回収した不用品も不法投棄といった違法な手段で処分する可能性が高いです。トラブルに巻き込まれたくなければ利用しないのが賢明でしょう。

5.プリンターの処分でよくある質問

Q.リサイクルショップで高く買い取ってもらうコツは?
A. 新品に近い状態であれば、その分、高価買い取りを期待することができます。

Q.粗大ゴミの券はどこで購入できるのですか?
A.コンビニなどで取り扱っています。また、販売しているお店などは自治体のホームページなどで調べることが可能です。

Q.企業で使っていたプリンターも粗大ゴミに出してもいいの?
A. ダメです。事業用のプリンターは産業廃棄物収集運搬業の許可を得ている回収業者へ依頼をしましょう。

まとめ

プリンターの買い替え時や処分方法をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? プリンターは年々、新製品が発売されていますので、5~6年も経過したものを修理して使うよりは買い替えてしまった方がお得であるといえます。古いプリンターの処分方法については、この記事を参考にしてぜひ損のないようおこなってください。