あと何年でやってくる? プリンタの寿命と故障の目安は?

今では家にプリンタを置いている人も多いでしょう。パソコンなどで作った資料を簡単に印刷したりスキャンしたりできるので便利です。
しかし、プリンタの寿命は思っている以上に長くありません。また、頻繁に使う人であればさらに短くなるのです。そこで、プリンタの寿命が何年もすれば来るのか知っておきましょう。すると、買い替えもスムーズにできますよ。
この記事では、プリンタの寿命を中心にまとめました。

  1. プリンタの寿命とは
  2. プリンタが寿命となる目安・故障とは
  3. プリンタの処分方法とは
  4. まとめ

1.プリンタの寿命とは

どの家電製品も使っている内に劣化します。そして、何年かすれば寿命を迎えるものです。そこで、プリンタの寿命が何年すればやってくるのか知っておきましょう。

1-1.プリンタの平均的な寿命とは

プリンタの平均寿命は、およそ3~5年と言われています。この数値は、部品保有期間やメーカーが設定する部品の耐久年数からはじき出されたものです。
プリンタの内部は、さまざまな部品が集まってできています。その部品には、どれぐらいの年数・使用回数で劣化するのか想定して作られているのです。そのため、使用頻度や年数によって寿命も変化します。

1-2.部品保有期間とは

各家電には、部品保有期間があるのを知っておきましょう。
部品保有期間とは、家電が故障したときに修理するための部品を保管する期間です。この保有期間は、各家電の耐久年数を元に計算してあります。
プリンタの部品保有期間は5年です。これは、5年もすればプリンタに何らかの異常が発生するとも言えます。また、5年以上のプリンタを修理に出してもすぐに不具合が出ることが多いです。そのため、5年以上使っているプリンタは、修理よりも買い替えたほうがお得と言えます。

1-3.プリンタは定期的に使わないと壊れる?

プリンタの故障原因として多いのが、ノズルやインクの詰まりです。
インクは、月に1回はプリンタを動かさないと固まってしまいます。定期的に使わないとノズルなどにインクが詰まってすぐに故障してしまうのです。また、月に1回でも使っていれば3年以上はしっかり使えます。
しかし、使い過ぎるのも問題です。一般的に家庭用プリンタは、耐用枚数が1万枚くらいになっています。そのため、1万枚以上印刷すると寿命を迎えると思いましょう。

2.プリンタが寿命となる目安・故障とは

プリンタも使っている内に寿命がやってきます。その故障について知っておきましょう。

2-1.印刷枚数が1万枚を超えた

プリンタは、印刷ができない程度の故障ならばインクカートリッジやヘッド部分の清掃・取り替えで対応できます。しかし、プリンタにて大量の枚数を刷っていると部品が摩耗してしまうのです。
プリンタ内部の部品が印刷によって摩耗すると劣化します。そのため、プリンタが故障するのを知っておきましょう。
一般的には、5年以内で1万枚印刷するのは珍しいと思います。そのため、月1回にメンテナンスをしていれば5年は使えるようになっているのです。

2-2.部品保有期間を5年越えて印刷ができなくなった

しかし、5年以上使っているプリンタで故障が出たとします。プリンタの部品保有期間は5年となっているため、修理に出しても対応してもらえません。そのため、5年以上で修理できないプリンタは寿命と言えるでしょう。
また、5年も使っているとプリンタの性能が飛躍的に進化しています。5年たっていて故障したときは、修理よりも買い替えたほうがお得です。

3.プリンタの処分方法とは

プリンタを買い替えたあとは、古いものが要らなくなります。そこで、要らないプリンタの処分方法を知っておきましょう。

3-1.自治体にごみとして出す

プリンタは自治体にごみとして出せます。各自治体によって分類は違うようなので確認しましょう。基本的には、粗大ごみか不燃ごみに分類してあります。
一般的なのは、粗大ごみ扱いです。処分するには事前申し込みが必要なので確認しましょう。また、費用が掛かる地域もあります。
プリンタをごみとして出すときは、必ず自治体のルールに従いましょう。ルールに従わず出すのはルール違反です。邪魔だからと言って勝手に出さないようにしましょう。

3-2.メーカーに引き取ってもらう

各プリンタのメーカーは、不用になったプリンタの回収を行っています。メーカーによってサービス内容に違いがあるので確認しましょう。
しかし、基本的にはメーカーに依頼するため回収費用が必要となります。あまりお得な処分方法とは言えないでしょう。

3-3.家電店にて処分してもらう

家電店にて新品を買ったとき、古いプリンタを処分してくれるサービスがあります。店舗によってサービスの有無があるので確認しましょう。
また、家電店にて処分してもらうには、基本的に新品を買ったときの下取りサービスとなります。不用品を持ち運んだだけだと処分してもらう可能性は低いです。
また、店舗によっては処分してくれても別途費用が掛かることもあります。必ず事前確認を取りましょう。

3-4.不用品回収業者に依頼する

手っ取り早く処分したいときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。
不用品回収業者であれば指定した日時に引き取りに来てくれます。店舗によっては即日対応もしてくれるので便利です。
また、別に処分したいものがあれば一緒に引き取ってくれます。プリンタと一緒に処分したいものがあれば処分してもらいましょう。
さらに、最近の不用品回収業者は買い取り業務にも力を入れています。不用品と思って依頼したものを買い取ってもらえることがあるのです。ぜひ、処分するときは不用品回収業者に依頼してみましょう。

4.プリンタを処分するときの注意点

プリンタも最近では高性能になっています。そのため、処分するときに注意しておきたいことがあるのです。この項目でチェックしておきましょう。

4-1.プリンタ内のデータを処分する

最近のプリンタには、データを保存できるものがあります。プリンタ内にフラッシュメモリーやデータ保存できるハードディスクがあればチェックしておきましょう。
文書の中には会社で使ったり個人データが入っていたりします。そのデータを読み取られることで個人情報がもれ出す可能性があるのを知っておきましょう。また、SDカードを差しっぱなしで出さないように。

4-2.インクカートリッジ・紙を抜いておく

ごみとして出す場合、インクカートリッジや紙などは別にしておきましょう。分別時に引っ掛かります。
また、インクカートリッジは環境保全として「使用済みトナーカートリッジ回収ポスト」が設置してあるのです。これは、家庭で出るごみを減らすと共にカートリッジの再資源化を促すものとなっています。
多くの家電量販店にて設置してあるので活用してみましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?
この記事では、プリンタの寿命について紹介しました。さいごに、大事なポイントについてまとめておきましょう。

  • プリンタの寿命は約5年。
  • インクの詰まりよりも部品の摩耗によって印刷できなくなると寿命。
  • 家庭用だと1万枚刷ると寿命がやってくる。
  • 部品保有期間を考えると5年以上で故障すると買い替えたほうがお得。
  • 1か月に1枚は刷らないとインクが固まって詰まりやすくなる。
  • 不要になったプリンタは、回収業者に依頼すると楽。

プリンタは年賀状などで使う人が多いでしょう。しかし、定期的に使わないとプリンタはすぐダメになってしまいます。定期的に使って寿命までしっかり使いましょう。そして、寿命を迎えたプリンタは早めに処分することをおすすめします。