プリンターの廃棄はお任せを!プリンターを処分する方法!

「プリンターの廃棄方法がわからない」「プリンターはパソコンと同様に処分すれば良いのだろうか?」など、処分方法に困る人が多いプリンター。今回は、プリンターの廃棄について適切な処分方法や、処分するときに気を付けたいことなどを詳しくまとめました。今お持ちのプリンターを廃棄したい人は、ぜひご覧ください。

  1. プリンターはごみとして捨てられるか
  2. プリンターを自分で捨てる方法をご紹介
  3. プリンターの内部に残ったデータに注意しよう
  4. 家電量販店のプリンター下取りについて学ぼう
  5. 中古プリンターとして売る場合を考える
  6. プリンターの処分を回収業者に依頼する場合
  7. プリンターの廃棄・処分でよくある質問に回答!

記事を読み終えるころには、プリンターの廃棄・処分にかんする不安や疑問は無くなっていることでしょう。確実にプリンターを廃棄するためにも、有益な情報が満載ですよ。

1.プリンターはごみとして捨てられるか

まずは、プリンターをごみとして処分できるかどうかについて確認しましょう。OA機器の中でも、プリンターはどのような扱いになっているかを学びます。

1-1.PCリサイクル法の対象となるのか?

プリンターは、パソコンの周辺機器という扱いになるでしょう。そのため、パソコンと同様にPCリサイクル法の対象になっているのではと考えている人もいます。しかし、PCリサイクル法で指定があるのは、あくまでもパソコンだけ。プリンターは、PCリサイクル法による指定が無いため、ごみとして出しても問題が無いのです。また、プリンターは家電リサイクル法の対象家電でもありません。パソコンとは、法律での扱いが違うことを覚えておきましょう。

1-2.事業用のプリンターはごみとして捨ててはダメな理由

事業用のプリンターは、ごみとして自治体の回収してもらうことはできません。理由は、事業所で使用している事業用プリンターは、事業ごみとして独自にごみ処理業者に処分を依頼する義務があるから。つまり、事業用のプリンターは自治体のごみとして出すことができないのです。事業用のプリンターをごみとして出すことは、ルール違反になりますから止めましょう。

1-3.プリンターは粗大ごみか燃えないごみかチェックしよう

さて、プリンターは粗大ごみなのか燃えないごみなのか、どちらでしょうか。素材としては、プラスチックや金属を大量に使った機械なので燃えないごみの分類になります。問題となるのは、大きさの点でしょう。自治体によって、指定の大きさ以上のものは粗大ごみ、指定の大きさに満たないものは燃えないごみとして処分することになります。粗大ごみか燃えないごみかの判断基準は、お住まいの自治体によって異なるでしょう。勝手な自己判断をしないで、お住まいの粗大ごみ受付窓口まで相談してください。

1-4.プリンターのインクはリサイクルに回そう

さて、プリンターで使用していたインクは、ごみとして捨てるのではなくリサイクルに回しましょう。プリンターを廃棄するときには、インクカートリッジを抜き取って処分してください。家電販売店などでは、使用済みのインクカートリッジを回収する専用ボックスを設置しているので利用すると良いでしょう。なお、インクカートリッジを抜き取るときはプリンター内部や周囲が汚れやすいので気を付けてくださいね。

2.プリンターを自分で捨てる方法をご紹介

プリンターを自分で捨てる方法を、ご紹介しましょう。プリンターは、ごみとして捨てるほかにも、自治体に回収をしてもらう方法もありますよ。

2-1.自治体のプリンター回収について

お住まいの自治体によっては、プリンターを回収しているところもあるでしょう。自治体でプリンターを回収する目的は、貴重な資源をリサイクルするためです。自治体でプリンターを回収した後は、まだ使用できるものについては中古品としてリサイクルすることになるでしょう。

2-2.自治体にプリンターの回収依頼をする方法

自治体にプリンターの回収依頼をするには、お住まいの自治体の不用品回収受付窓口に電話などで相談してください。皆さんから回収依頼があった後に、受付窓口にて、回収方法と日時の指定があります。皆さんは、指定のあった日時・場所にプリンターを運んでください。回収日時の少し後に、プリンターを回収してもらうことができます。

2-3.自治体にプリンターの回収依頼をするときの注意点

自治体にプリンターの回収依頼をするときは、自分から回収依頼を掛けることで成立する点に注意してください。基本的には、回収依頼の連絡無しにはプリンターの回収を行うことはできません。まずは、プリンターの回収を希望していることを自治体に連絡して指示を受けましょう。なお、プリンター単体での回収が基本となります。同時に、複数の不用品を回収してもらうことは不可能な点にも注意しましょう。また、プリンターを運ぶタイミングについては回収日時の朝にしてください。

2-4.プリンターの回収を自治体に依頼するメリット・デメリット

では、プリンターの回収を自治体に依頼するメリットとデメリットについて考えてみましょう。手軽な方法ですが、デメリットもあるのです。

2-4-1.プリンターの回収を自治体に依頼するメリット

プリンターの回収を自治体に依頼するメリットは、公的な回収であり低料金でリサイクルが可能になる点でしょう。また、自治体という信頼のおける回収先であるため、不法廃棄などの心配もありません。回収後のリサイクルという目的がはっきりしているのも、メリットと言えるでしょう。

2-4-2.プリンターの回収を自治体に依頼するデメリット

プリンターの回収を自治体に依頼するデメリットは、回収日時の指定が難しい点にあります。自治体の回収は、平日の午前中などに指定があることが多くなるでしょう。場合によっては、回収費用が必要な場合もあります。また、住んでいる自治体によって回収するときのルールが異なるため、厳しいルールがある自治体に回収を依頼すると面倒な点もデメリットとなるでしょうね。

3.プリンター内部に残ったデータに注意しよう

実は、プリンターの内部に残ったデータについても注意する必要があります。プリンター内部のデータまできちんと削除することを、確認してください。

3-1.内部にデータが残るプリンターもある

現在は、印刷の高速化を実現するために、プリンター内部にひとたび情報を記録してから印刷に移る機種が多いです。つまり、プリンター内部に印刷データが残っている可能性もあるでしょう。まずは、皆さんがお使いのプリンターの仕様を確認してください。内部にデータをひとたび記憶した後に印刷するという説明があったり、パソコンとの接続をしないで印刷可能なタイプだったりする場合は、プリンター内部にデータが残っていることもあります。

3-2.プリンター内部にデータが残っているかチェックする方法

プリンター内部にデータが残っているかチェックする方法は、以下のような種類があります。何らかのデータがプリンター内に残っている場合は、パソコン側にも未処理のジョブとしての表示があるでしょう。未処理のジョブ情報がある場合は、プリンター内にデータが残っているということになります。

  • パソコン側でプリンターのジョブをキャンセルする
  • プリンター側でデータのリセットを行う

プリンターに送信途中のジョブを見ることができる場合は、パソコン側からジョブのキャンセル処理を行うことでプリンター内部のデータを消すことができます。しかし、何らかの原因によって強制終了してしまった場合は、パソコンからプリンターのデータを消すことができないこともあるでしょう。パソコンからプリンター内部のデータ消去ができない場合は、プリンター側で内部データのリセットを行うことで対処します。内部データのリセットについては、取り扱い説明書を読むか、メーカーのサイトを参考にしてください。また、SDカードなどの外部記録媒体が刺さったままになっていないかも、チェックしましょう。

3-3.プリンター内部のデータを削除する必要性

プリンター内部にデータが残っている場合でも、問題無いのではと考える人もいるでしょう。しかし、プリンター内部に残っているデータの内容が、個人的なものだったら情報流出の原因になります。皆さん個人だけでなく、大切な人の個人情報が流出するリスクもあるでしょう。プリンター内部のデータを削除することは、個人情報の流出を防ぐためにも必要なのです。

3-4.プリンター内部の印刷物やインクもチェックしよう

廃棄する予定のプリンターは、内部もしっかりチェックしてください。たとえば、印刷物が残ったままだったりインクが残っているままだったりすることもあるでしょう。印刷物は、そのままにしておくと個人情報の流出につながります。また、インクは残したまま廃棄することはプリンター内部を汚してしまうだけではありません。プリンターのインクは、メーカーでリサイクルできます。廃棄予定のプリンターで使用していたインクは、取り外してリサイクルに回しましょう。

4.家電量販店のプリンター下取りについて学ぼう

新しいプリンターを購入する場合は、家電量販店でプリンターの下取りを利用することもできるでしょう。ここでは、家電量販店のプリンターの下取りについて学ぶことにします。

4-1.プリンター通販業者の下取りについて

今は、プリンターも通販で購入できる時代です。皆さんがお持ちのプリンターも、通販で購入した人もいることでしょう。プリンター通販業者の中には、古いプリンターを下取りすることで新規購入プリンターの価格を値引きするサービスを行っているところもあります。新しいプリンターを通販業者から購入することを考えている場合は、下取りサービスが無いか確認してください。ただし、下取りサービスを行っている通販業者は多くありませんので注意しましょう。

4-2.家電量販店でのプリンターの下取り手数料

不用になったプリンターを家電量販店で下取りしてもらう場合は、手数料は必要が無いことが多いでしょう。理由は、家電量販店の多くが新規プリンター購入時のサービスとして不用になったプリンターを回収しているからです。機種によっては、数千円で下取りをしてくれることもあるでしょう。家電量販店でプリンターの新規購入を考えている場合は、下取り価格も考慮して選ぶことも考えると良いですね。

4-3.プリンターを家電量販店に下取りしてもらうメリット・デメリット

プリンターを家電量販店に下取りしてもらうときの、メリットとデメリットについて確認してください。どのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのかを理解することは大切です。

4-3-1.プリンターを家電量販店に下取りしてもらうメリット

プリンターを家電量販店に下取りしてもらうメリットは、実質的な値引きになる点です。家電量販店の下取りは、新しくプリンターを購入したときの特典とも言えるでしょう。新しいプリンターを購入したときに、古いプリンターを回収してもらえることに加えて数千円の値引きになる点が何よりのメリットなのです。

4-3-2.プリンターを家電量販店に下取りしてもらうデメリット

ただし、プリンターを新規に購入しない限りは、家電量販店での下取りを利用して回収してもらうことはできません。つまり、新規購入無しに古いプリンターだけを下取りしてもらうことは難しい点がデメリットと言えます。また、新規購入時であっても下取り価格に納得が行かないこともあるでしょう。

5.中古プリンターとして売る場合を考える

皆さんには不用になったプリンターでも、中古プリンターとして売ることが可能な場合があります。ここでは、中古プリンターとして売る場合を考えてみましょう。

5-1.リサイクルやリセールが可能なプリンターの特徴

リサイクルやリセールが可能なプリンターとしては、以下の特徴があります。

  • 製造年度が約3年と新しいこと
  • 完全に動作すること
  • 外見に目立った汚れや破損が無いこと
  • 人気メーカー・機種であること

プリンターも、消耗品と考えることができます。製造年度が新しいプリンターの方が評価が高いことは、道理と言えるでしょう。また、使用感が少ないものの方が需要があるものです。

5-2.プリンターをリサイクル・リセールする方法

プリンターをリサイクルやリセールしたい場合は、リサイクルショップに買い取ってもらったりインターネットオークションを利用したりすると良いでしょう。需要やタイミングによっては、思わぬ高額で売ることができます。実際にどのくらいの金額で取り引きが行われているかを、確認してみましょう。リサイクルショップを利用する場合は、見積もり依頼を出してください。インターネットオークションを利用する場合は、過去の取り引き内容を参考にすると良いでしょう。

5-3.プリンターをリサイクル・リセールするときの注意点

プリンターをリサイクルしたり、リセールしたりするときには、プリンター内部に個人情報がデータとして残っていないようにしてください。皆さんが手離すプリンターは、中古品として再びほかの人が使用することになります。プリンター内部にデータが残ったままほかの人の手に渡ることは、個人情報が流出する原因となるでしょう。また、購入時の付属品などは、できるだけ揃(そろ)った状態でリサイクルやリセールに回してください。

6.プリンターの処分を回収業者に依頼する場合

プリンターの処分は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者にプリンターの処分を依頼するときのポイントを、確認しておきましょう。

6-1.業者の選び方やポイントをチェックしよう

プリンターの回収を依頼する前に、不用品回収業者を選ぶ必要があります。不用品回収業者の選び方については、以下のポイントを参考にしてください。

  • プリンターの回収を行っていること
  • プリンターの回収で豊富な実績があること
  • プリンターの買い取りも実行していること
  • こちらの質問や疑問に親切に回答してくれること
  • 希望の回収日時や場所に対応してくれること
  • 見積もりを無料で行っていること
  • 回収になった場合の料金が良心的であること
  • 作業が丁寧で利用者の評判が良いこと

プリンターの回収で嫌な思いをしないためにも、信頼できる業者を選ぶべきです。依頼者の疑問や質問にも、適切で親切な回答をしていることも重要視しましょう。

6-2.プリンターの処分を回収業者に依頼するメリット・デメリット

不用になったプリンターは、業者に回収を依頼することもできます。不用品回収業者にプリンターを回収依頼するときのメリットやデメリットを、確認しましょう。

6-2-1.プリンターの処分を回収業者に依頼するメリット

プリンターの処分を回収業者に依頼するメリットは、下記のとおりです。

  • 状態の良いプリンターは買い取りの対象になる
  • 買い取り対象にならない場合でも回収はしてもらえる
  • プリンターを運び出す手間が掛からない
  • 好きな時間や場所に回収に来てもらえる
  • ほかの不用品も同時に回収を依頼することができる

プリンターは、軽いものでも数キログラムはあります。決して運ぶことができない重さでは、ありません。しかし、自宅から離れたごみ集積場に運ぶ場合は大変なことでしょう。プリンターの廃棄に無駄な労力を掛けなくて良いことは、大きなメリットなのです。

6-2-2.プリンターの処分を回収業者に依頼するデメリット

プリンターの処分を回収業者に依頼するデメリットとしては、回収費用が必要になるケースがあるという点でしょう。製造年が新しいプリンターや、完全に動作をするプリンターは、買い取りの対象になる場合もあります。しかし、長年使用したプリンターは古過ぎて買い取り対象にはならないこともあるでしょう。買い取り対象にならないプリンターは、有料にて回収となります。まずは、無料の見積もりを依頼してみてから判断すると良いでしょう。

6-3.プリンターの処分を回収業者に依頼するときの料金

プリンターの処分を回収業者に依頼する場合は、数千円程度の料金が必要になります。しかし、中には、買い取りの対象になることで回収費用が掛からない場合もあるでしょう。不用品回収業者によっても、回収料金が異なります。まずは、複数の不用品回収業者に見積もり依頼を出して、比較すると良いでしょう。

6-4.回収業者によるプリンター回収方法・流れを学ぼう

プリンターを業者に回収依頼してから回収を行うまでは、以下のような流れになります。

  • 依頼者がプリンターの回収依頼を行う
  • 業者が回収金額などの見積もりを出す
  • 依頼者が見積もりの内容に納得した場合は契約が成立する
  • 依頼者と業者で回収日時や場所などの最終打ち合わせをする
  • プリンターの回収を実施する

実際に契約するときには、必ず見積もりをもらって内容を細かくチェックしましょう。不明な点があるときは、見積もりをもらった段階で質問してください。なお、見積もりは無料で行っている業者も多いので確認してみると良いでしょう。

7.プリンターの廃棄・処分でよくある質問に回答!

それでは、プリンター廃棄・処分でよくある質問に回答していきます。今まで学んできた知識を確認したり補強したりするためにも、最後まで読んでおいてください。

7-1.中身のパーツを抜いたプリンターも回収してもらえますか?

もちろん、回収を依頼することは可能です。自分で分解して中身のパーツを抜いてしまったプリンターは、不用品として処分をすることになるでしょう。ただし、リセールなど売る対象には、なりにくいです。現実としては、ごみとして自治体に回収依頼をするか、不用品回収業者に不用品として回収依頼をすることになるでしょう。

7-2.とても古い年式のプリンターでも回収は可能でしょうか?

長期間大切に使用してきたプリンターでも、回収は可能です。古い年式のプリンターでも完全に動作する場合は、リセールすることもできるでしょう。世の中には、古い年式のプリンターをまだ使っている人もいます。また、マニアの中には古い年式のプリンターで問題無く動作するものを集めている人もいるでしょう。古い年式のプリンターでもあきらめず、リセールの道を考えてみるのも良いですよ。故障している場合でも、パーツ目的に高値での買い取りを期待できることもあります。

7-3.故障したプリンターはどのようにリサイクルするのですか?

故障したプリンターで、簡単な修理で直るものは修理後に中古プリンターとしてリセールすることもあるでしょう。再度プリンターとして活躍できることは、ものを大切に使うという点でも好ましいことですよね。修理をしても直すことができない、もしくは、修理代が高くなると判断した場合は、分解して希少金属を取り出してリサイクルすることになるでしょう。プリンターには、さまざまな希少金属を使用しているのでリサイクルする価値があるのです。

7-4.プリンターと同時に不用なパソコンも回収してもらえますか?

プリンターと同時に不用なパソコンの処分を考えている人も、いるでしょう。ここで考えるべき点は、パソコンはPCリサイクル法の対象になっていることです。パソコンは、PCリサイクル法の対象になっているため、基本的に回収費用が必要になります。ただし、2003年10月以降の製造のパソコンは、購入時にメーカーに回収費用を支払った形になっているので不要でしょう。いずれにしても、プリンターとパソコンを同時に回収してもらいたいときは、不用品回収業者に一括して依頼する方法が最も簡単でおすすめですよ。

7-5.プリンターの回収は夜も依頼できるのでしょうか?

たとえば、プリンターの回収を不用品回収業者に依頼した場合は、可能でしょう。不用品回収業者の回収以外は、夜の回収依頼は難しくなります。事情があって、夜に回収をしてもらいたいときは不用品回収業者に回収の相談をしてみてください。ただし、夜の回収はオプション料金が必要となることもあるので、依頼をする前にきちんと確認しておきましょう。

まとめ

不用になったプリンターの廃棄について、いろいろな方法をご紹介してきました。皆さんの中で、プリンターの廃棄についての理解は深まったでしょうか。自治体にごみとして出す方法以外にも、リセールを狙ったり家電販売店に下取り依頼をしたりする方法もあります。また、不用品回収業者に依頼する方法もメリットが大きいでしょう。さまざまな処分方法の中から、皆さんにとって都合の良いものを選んで実行してくださいね。