引っ越しの準備をスムーズにすすめるコツを一挙ご紹介!

「引っ越しを考えているけど、どんな手続きをすればいいのかわからない」「何から始めたらいいのか?」など、引っ越しに悩みはつきものです。引っ越しは準備期間が大切になります。準備をきちんとしなければ、引っ越し業者や家主とのトラブルに巻き込まれてしまうでしょう。スムーズに引っ越し作業をすすめるためにも、きちんと基礎知識を把握して計画を立てることが大切です。

そこでこの記事では、引っ越しの準備や当日までに必要な手続き・引っ越し後のチェックリストなど詳しく説明します。

  1. 引っ越しの準備について
  2. 引っ越し1か月前までの手続き
  3. 引っ越し1か月~2週間前までの準備
  4. 引っ越し1週間前までにしておく各種手続き
  5. 引っ越し前日までにしておく準備
  6. 引っ越し当日にやるべきこと
  7. 引っ越し後のチェックリスト
  8. 引っ越し準備のワンポイントアドバイス
  9. 引っ越しの準備に関してよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しをスムーズにすすめるための準備のやり方がわかります。引っ越しを考えている方や準備について知りたい方はぜひ参考にしてください。

1.引っ越しの準備について

引っ越しは手続きや住所変更・荷造りなどやるべきことがたくさんあります。1日で終わらせることはできません。そのため、きちんと引っ越し準備の計画を立てておきましょう。まずは、引っ越しの準備についてチェックしてください。

1-1.引っ越しの流れ

引っ越しの準備を始める前に、大まかな流れを把握しておきましょう。大体の流れは以下のとおりになります。

  1. 新居を探す
  2. 荷造り開始
  3. 各種手続き
  4. 新居の間取り確認・掃除
  5. 引っ越し
  6. 引っ越し後の必要な手続き

1-2.いつから準備すべきか?

「引っ越しの準備はいつからしたらいいの?」と悩む方は多いでしょう。できれば、引っ越し日の1か月前から準備を始めてください。普段使わないものから片付けることが引っ越し準備のコツになります。ものがたくさんあるほど、早いうちから準備を始めておきましょう。

1-3.各種手続きについて

引っ越しをするには、転出・転居届などが必要です。固定電話番号や電気・ガス・インターネット・子どもの転校・転出届などしなければならない手続きがたくさんあります。後で慌てることがないよう時間に余裕を持って行動してください。

1-4.荷造りについて

引っ越し当日に備え、荷造りもすすめていかなければなりません。「要らないもの」と「要るもの」に分別し、新居で使わないものは全部捨ててください。特に、粗大ごみの処分は時間がかかる場合があります。後でバタバタしないように1か月前、最低でも2週間前から荷造りを始めてくださいね。

1-5.スケジュールとチェックリストの作成

引っ越し当日までのスケジュール・チェックリストを作成してください。スケジュール計画を立てておけば、後で慌てることもありません。そして、準備ができたものからチェックをしていきましょう。そうすれば、引っ越しに必要な手続き・準備を忘れる心配もありません。引っ越しのチェックリスト作成については、以下のURLを参考にしてください。
引っ越しチェックリスト(野村不動産 ノムコム公式ページ)

2.引っ越し1か月前までの手続き

引っ越しの準備は最低でも1か月前から始めるのがベストです。そこで、引っ越し当日1か月前までにやるべき手続きについて説明します。

2-1.不動産業者との手続き

引っ越し1か月前まで新居を探しておきましょう。引っ越しを決めたら、最初に新居を見つけなければなりません。インターネット・賃貸雑誌で探すこともできますが、不動産業者に直接行ったほうが詳細を聞くことができます。より理想に合った物件を見つけることができるでしょう。新居が見つかれば、不動産業者との手続きに入ります。

2-2.旧居の賃貸契約の解約手続き

引っ越しが決まったら、1か月前までに大家へ連絡してください。ほとんどのケース、解約日の1か月前までに連絡しなければなりません。ただし、契約によって異なる場合もあります。あらかじめ、賃貸借契約書で確認しておくと安心です。

2-3.引っ越し業者への見積もり依頼

複数の引っ越し業者から1社に決めなければなりません。1社に決めるためにも、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。見積書を比較することで、引っ越し費用を安く抑えることができます。1か月前はどの引っ越し業者に依頼するのか、考え始める時期です。

2-4.転校・転入手続き

子どもがいる場合、引っ越しが決まったら担任の先生に連絡しておきましょう。担任の先生も転校のためにやらなければならない手続きがあります。1か月前に伝えておいたほうが、時間も余裕があり、慌てることもありません。在学中の学校で発行してもらうのは、「在学証明書」と「教科書受給証明書」です。そして、引っ越し先の教育委員会へ「住民票」と「在学証明書」を提出します。提出と同時に、「転入学通知書」を発行してもらいましょう。転入手続きに必要な書類です。転入先の学校では、「転入学通知書」と「教科書受給証明書」を提出します。

3.引っ越し1か月~2週間前までの準備

引っ越し1か月~2週間前までにするべき準備について説明します。

3-1.引っ越し業者の選定

引っ越し1か月前に出してもらった業者の見積もりを比較して、1社にしぼりましょう。時期によっては予約が取れなくなってしまいます。特に、繁忙期の2月~3月は予約がいっぱいになりやすいです。予約したいのにできない状態になるため気をつけてください。

3-2.不用品・粗大ごみの処分

不用品や粗大ごみの処分は時間がかかります。自治体で粗大ごみを出す際、引き取ってもらう日まで2~3週間かかることもあるでしょう。そのため、1か月前には不用品・粗大ごみの処分を終わらせてください。不用品を処分しておけば、引っ越し荷物がなくなり料金も安くなります。

3-3.新居の下見・レイアウト

新居の下見は、引っ越し2週間前までにやっておきたいことです。「なぜ下見が必要なのか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。下見をすることで、新居に持ち運ぶものと要らないものの判断がしやすくなります。新居を決める際に見せてもらったとしても、もう1度部屋の広さや間取りを自分の目で確かめておきましょう。改めて確認すれば、具体的なレイアウトを決めることができますよ。

3-4.転居通知

引っ越し2週間前までに、親戚や知人・職場仲間などに転居通知をしておきましょう。特に、年賀状のやり取りをしている人には、きちんと引っ越しの旨を伝えておかなければなりません。連絡を取りたくてもできない状態になってしまいます。直接会う機会があれば挨拶するときに、遠方に住んでいる方ならハガキなどで知らせてください。

3-5.荷造りの開始

荷造りは早めにしておいたほうが安心です。引っ越し当日はやるべきことがたくさんあるため、荷造りに時間をかけていられません。時間があるときに普段使わないものからダンボールへ詰めてください。ダンボールなどの梱包資材は引っ越し業者からもらえます。ただし、自分で用意したほうが引っ越し費用が安くなるでしょう。また、ダンボールの枚数の目安は以下のとおりです。

  • 1R:ダンボール10枚ほど
  • 1DK:ダンボール20枚~30枚ほど
  • 2DK:ダンボール40枚~60枚ほど
  • 3DK:ダンボール50枚~80枚ほど
  • 4DK:ダンボール80枚~120枚ほど

4.引っ越し1週間前までにしておく各種手続き

引っ越し1週間前までにしておくべき各種手続きについて説明します。手続きをし忘れることがないように、しっかりチェックしておきましょう。

4-1.転出届

引っ越し1週間前までに、役所で転出届の手続きをしなければなりません。転出届を提出するためには、身分証明書と印鑑が必要です。受理されれば、転出証明書が発行されます。引っ越し先での手続きに必要な書類です。失くさないようにきちんと保管しておきましょう。

4-2.固定電話の手続き

固定電話を持っている場合、手続きが必要です。116またはNTTのホームページから引っ越しの連絡をしてください。きちんと手続きしなければ、電話がつながらなくなります。

4-3.電気・ガス・水道関連

電気・ガス・水道関連の手続きも引っ越し1週間前までに済ませておきましょう。それぞれの会社へ電話またはインターネットで引っ越しの連絡をしてください。使用停止手続きに必要な現住所や引っ越し日などを伝えます。料金の精算は、引っ越し当日の立ち会いの際に支払うか、または翌日口座引き落としのどちらかです。また、このときに新居で必要なガス開栓の申し込みもしておきましょう。ガスは開栓する際、ガス会社の立ち会いが必要です。電気・水道の手続きは必要ありません。

4-4.インターネットのプロバイダー

インターネット回線をつないでいる方は、契約中のプロバイダーと解約・移転手続きをしてください。引っ越し先でも現在利用しているプロバイダーを利用するなら登録住所の移転手続きをします。解約するのなら、解約手続きです。解約する際は、ルーターやモデムを返却しなければなりません。手続きの方法は、契約しているプロバイダーにインターネットまたは電話で連絡してください。

4-5.郵便局への転居届

郵便局へ転居届の提出も1週間前に済ませておきましょう。転居届をきちんと提出すれば、1年間旧住所へきた郵便物を新居へ転送してくれます。郵便局の転居届には、運転免許証などの本人確認書類と印鑑が必要です。それらを持参して郵便局の窓口で手続きをしてください。

4-6.銀行・クレジットカード・携帯電話などの住所変更手続き

住所変更手続きは、銀行・クレジットカード・携帯番号なども必要になります。それぞれのお客様窓口に連絡をして、住所変更の手続きを済ませましょう。きちんと手続きしなければ、必要な書類が届かなくなります。

4-7.新聞配達・牛乳などの配達サービスの住所変更

新聞配達や牛乳などの配達サービスを頼んでいる方は、住所変更の手続きを引っ越し1週間前までにしておきましょう。それぞれのお店に連絡して、配達中止の手続きを済ませてください。中止する日までの料金を精算しなければなりません。

5.引っ越し前日までにしておく準備

引っ越し前日までにやらなければならない準備について説明します。当日バタバタすることがないようしっかり確認しておいてくださいね。

5-1.引っ越し前の挨拶

引っ越し前日までに、近隣住民への挨拶を済ませてください。「今までお世話になりました」と、感謝の気持ちを伝えるだけでいいです。挨拶品は必要ありません。また、引っ越しの挨拶は一戸建ての場合は向こう三軒両隣、マンションの場合は両隣と上下階・管理人さんが一般的になります。

5-2.引っ越し準備・業者との確認

引っ越し前日までに当日の準備をしておきましょう。賃貸物件の場合、退去時に管理人・大家立ち会いのもと、清掃が必要かどうか確認します。入居時になかった汚れや傷があると、清掃料金を請求されがちです。そのため、引っ越し当日までに水まわりのカビやレンジまわりの油汚れをキレイに掃除しておいてください。また、引っ越し業者と当日のスケジュール確認をします。引っ越しの時間・運搬が必要なものなど不安な点があれば、しっかり確認してください。

5-3.手持ち品の確認

貴重品やお金など引っ越し当日に自分で運ぶ手持ち品を確認しておきましょう。また、当日は旧居の掃除をしなければなりません。ぞうきんやティッシュペーパー・ちりとり・ほうきなど必要な掃除道具も用意しておきましょう。

5-4.冷蔵庫の運搬準備

冷蔵庫など大型家電は慎重に運ばなければなりません。当日、水もれなどのトラブルを防ぐためにも、前日に霜取りをして水を捨てておきましょう。冷蔵庫の水をすべて抜いたらコンセントも抜いておいてください。また、冷蔵庫の中に入っている食べもの類は、霜取りまでに食べきっておきましょう。食べきれない場合は、クーラーボックスなどに入れて自分で運ばなければなりません。

6.引っ越し当日にやるべきこと

いよいよ引っ越し当日、やるべきことについてもチェックしておきましょう。

6-1.荷物運び出し・チェック

引っ越し当日、業者がやってきて荷物の運び出しが始まります。運び出しの際は、作業員の作業が雑になっていないかどうか監視しましょう。業者によっては乱暴に扱うところもあります。作業状況をさり気なく監視するのも大切です。また、貴重品は作業員に頼むのではなく、自分で管理してください。

6-2.旧居の掃除

旧居からすべての荷物を運び出した後、掃除に入ります。掃除はフローリングのふき掃除や大きなホコリやゴミ拾いなど簡単な内容で大丈夫です。見た目がキレイになっていれば、大家・管理人も納得できます。

6-3.旧居の明け渡し

賃貸物件の場合、旧居の退去時に大家・管理会社の立ち会いを受けなければなりません。明け渡しをおこなう前に、立ち会いで担当者が部屋をチェックします。修繕費用・清掃料金・敷金などの精算をするために必要な立ち会いです。きちんと掃除していれば清掃料金を支払う必要はありません。もし、請求された場合は、なぜ清掃料金が必要なのか、きちんと理由を聞いてみてください。

6-4.旧居の電気・ガス・水道メーターのチェック

口座引き落としを利用していない方は、引っ越し当日に旧居の電気・ガス・水道メーターのチェックをしなければなりません。チェックする際は、担当者が立ち会います。そして、精算をする流れです。事前に電気・ガス・水道会社に連絡をして、引っ越し当日の都合の良い時間を伝えておきましょう。そうすれば、担当者が引っ越し当日にやってきてくれます。連絡は、領収書に記載されているインターネットサイトにアクセスするか、または直接営業所への電話してください。

6-5.新居の周辺への挨拶

引っ越し当日、すぐに新居の周辺へ挨拶をしなければなりません。「落ち着いた別日に挨拶をしよう」と思いがちですが、当日のほうが近隣住民も安心できます。新居の周辺へ挨拶する際は、挨拶品を持参してくださいね。前日と当日はバタバタするので、引っ越し日の2日前までに用意しておくと安心です。

6-6.引っ越し業者との確認・支払い

業者によって支払いが作業前・作業後とわかれます。どちらにせよ、追加料金がないことを業者に確認しなければなりません。もし、追加料金が発生した際は、なぜ必要なのか明確にしましょう。理由を言わない業者は信用できません。

6-7.荷ほどき・片付け

新居への荷物運び入れが完了すれば、荷ほどき・片付けに入ります。最初に確認してほしいのが、荷物の破損・紛失です。荷物の扱い方によっては傷がついている可能性があります。できれば、作業員がいるうちに確認してください。もし、破損・紛失がある場合、3か月以内に業者へ伝えましょう。時間がたつほど、責任が依頼者・業者のどちらにあるのか、判断しにくくなります。

7.引っ越し後のチェックリスト

引っ越し後もしなければならない手続きがあります。手続き内容などをしっかり確認しておきましょう。

7-1.転入届・保険・銀行など住所変更手続き

引っ越し後にやらなければならない手続きが、転入届・保険・銀行などの住所手続きです。転入届など役所関連の手続きは、引っ越し後2週間以内に済ませておきましょう。転入届は、引っ越し先の役所に本人確認書類と転出証明書を提出します。保険は保険会社の担当者、銀行は新居近くの店舗で手続きをおこなってください。

7-2.転校手続き

転校手続きは、転校先の教育委員会に住民票を提出し、転入学通知書を発行してもらいます。転入学通知書と引っ越し前の学校で発行してもらった教科書受給証明書を持参し、指定された学校に提出してください。

7-3.自動車関係の手続き

車を持参している場合、住所変更の手続きが必要です。特に、運転免許証は本人確認書類にもなるため、住所を変更しなければなりません。運転免許証の住所変更は運転免許センターか、新住所を管轄する警察署でできます。また、新住所の車庫証明も必要です。車庫証明書は以下の書類を用意して、新住所を管轄する警察署で手続きをします。

  • 保管場所使用権書面または保管場所使用承諾証明書
  • 保管場所の所在地・配置図
  • 住民票か印鑑証明
  • 認め印

7-4.水道・ガス・電気・インターネットなどの使用開始手続き

電気はブレーカーを上げると使えるようになります。水道も元栓を開けると使えるので安心してください。ただし、後で使用開始の申し込みハガキを投かんしなければなりません。そして、ガスの場合は開栓手続きが必要です。引っ越し前に申し込んだ予約日時に、ガス会社の担当者がやってきます。引っ越し当日、バタバタしやすいので忘れないようにしておきましょう。

8.引っ越し準備のワンポイントアドバイス

スムーズに引っ越しができるように、準備のアドバイスをお伝えします。

8-1.不用品・粗大ごみ処理方法

不用品・粗大ごみの処理方法に困る方は多いでしょう。時間があれば、自治体で粗大ごみが処分できます。しかし、日数と手間がかかるのが難点です。そこで、おすすめしたいのが、不用品回収業者になります。不用品回収業者はすぐに自宅へやってきて回収してくれるのでスムーズです。さらに、使えるものがあれば買い取ってもらえます。処分費用を安く抑えることができ、一石二鳥です。

8-2.引っ越し業者の選び方

「どの引っ越し業者を選べばいいのかわからない」と悩んでいる方は多いでしょう。引っ越し業者選びでの注意点は以下のとおりです。

  • 引っ越し業者スタッフの対応がいいか
  • 見積もり内容に不備がないか
  • インターネットの口コミ・評判がいいか

特に、引っ越し業者スタッフの対応は大切です。対応がよく、レスポンスが速い業者は安心できます。少しでも疑問を感じた業者なら、依頼をやめてください。また、見積もりをする際は一括サイトを利用するといいでしょう。一気に数社の引っ越し業者見積もりが確認できます。
引っ越し見積もり一括サイト(SUUMO公式サイト)

9.引っ越しに関してよくある質問

引っ越しに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.自力でダンボールを用意する際、どこで手に入るのか?
スーパーやコンビニなどに頼んでダンボールをわけてもらう方法があります。ただし、場合によっては汚れやにおいがついていたり、譲ってくれなかったりするところがあるでしょう。事前に譲ってもらえるかどうか確認してください。また、ダンボールはホームセンターなどでも購入できます。インターネットでも購入できるので、検索してみてください。

Q.新居に移ったとき、必要な挨拶品は何がいいのか?
新居の近隣へ挨拶をする際は、挨拶品が必要になります。500円~1,000円程度の食べもの・飲みもの・日用消耗品がベストです。ただし、女性の1人暮らしの場合は挨拶をしないほうがいいでしょう。なぜなら、ストーカーなど事件に進展する可能性があるからです。挨拶すべきか迷ったときは、管理人・大家に相談してください。

Q.車庫証明にかかる費用とは?
車庫証明の申請は、自動車の大きさによって異なります。普通自動車の場合は2,500円、軽自動車は500円程度が必要です。ただし、免許証の住所変更にお金はかかりません。

Q.引っ越し費用が安い時期とは?
費用が安くなる時期は、引っ越し業者が暇な時期です。繁忙期になる2~4月前半・9月~10月は避け、4月後半~夏にかけての時期が安くなります。ちょうど、引っ越しシーズンが終わった時期ですね。また、土日・祝日は引っ越しを頼む人が増えます。そのため、平日のほうが費用が安くなる可能性は高いです。

Q.引っ越しに必要な料金の目安は?
引っ越し料金は、荷物の量・作業員の数・新居までの距離が大きな要素になります。大まかな平均費用としては、単身引っ越しがおよそ4万~5万円前後、2人~3人家族がおよそ8万~9万円、4人家族以上が10万~です。具体的な料金が知りたい方は、以下のサイトで見積もりを出してみてください。
引っ越し費用・料金の相場(SUUMO公式ページ)

まとめ

いかがでしたか? 引っ越しの準備は1か月前から始めるのが理想的です。「時間がない!」と慌てることがないように、準備計画を立てていきましょう。引っ越しをスムーズにすすめるためにも計画性が必要です。引っ越し当日までにやるべき手続きや準備の流れを把握してください。特に、役所でおこなう手続きは必ず済ませておかなければなりません。早めに済ませておけば、新しい生活も気持ちよくスタートできるものです。また、新居に要らない不用品・粗大ごみも処分しておきましょう。自治体は手間・時間がかかりますが、不用品回収業者を利用すればすぐに処分できますよ。引っ越し準備の流れやコツをつかみ、計画を立ててくださいね。