【必見】実家の整理にお悩みの方! 上手に片付ける方法教えます!

親が高齢になると、実家の整理や片付けは、子どもにとって避けては通れない問題となります。高齢者は、年齢と共にものを片付ける体力や気力がなくなり執着心が強くなるものです。そのため、不用品も捨てにくくなり家にため込んでしまいます。子どもが率先して進めなければ片付けられない人もいるでしょう。また、実家の整理は大掃除だけではなく、「生前整理」や「遺品整理」も含まれます。けれども、何から手をつけていいかわからないという人のほうが多いですよね。そこで、ここでは生前整理や遺品整理を中心に、実家の整理や片付けに関する情報を集めてみました。

  1. 実家の整理について
  2. 実家の整理の仕方
  3. 実家の整理、業者選び
  4. 実家の整理〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、実家の整理についてのさまざまなことがおわかりいただけるでしょう。ぜひ、お役立てください。

1.実家の整理について

実家を効率よく片付けて整理するには、まず計画を立てることが大切です。そのためにも、実家の整理について知っておきたい基礎知識を学びましょう。

1-1.どんな場合に必要か

実家の整理や片付けが必要になるのはどのようなときなのでしょうか。一般的には以下のときに行います。

1-1-1.生前整理

「生前整理」とは、自分が生きているうちに死後のことを考えて身の回りや財産などの整理をすることです。近年注目されている「終活」(人生の終わりを迎えるための活動)の1つになります。生前整理の目的は以下の3つです。

  • 残された家族に負担や迷惑がかからないようにするため
  • 自分の希望を死後にも確実にかなえてもらうため
  • 思いきって無駄なものを処分してすっきりとした老後を送るため

普通の断捨離とは異なり、ものを捨てて減らすだけではなく、遺言状などを作って「ものの行き先」を決めることも大切なのです。

1-1-2.遺品整理

遺品整理とは、故人が残したもの(遺品)を整理して処分することです。整理を行う遺品には以下のものが挙げられます。

  • 財産として価値の高いもの:現金・預貯金・印鑑・株式証券・美術品・不動産ほか
  • 日用品:家具・家電・衣類・小物類・布団ほか
  • 思い出の品:日記・手紙・年賀状・写真ほか
  • デジタル遺品:スマートフォンやパソコンなどに残ったデータやメールなど

一般的には遺族が中心となって行い、故人の遺書がある場合は、それに従って遺品の整理をします。また、衣類・アクセサリー・時計・趣味の道具などは、「形見分け」として親族や親しい友人などにあげるのです。遺品整理や形見分けは「◯◯日以内に行わなければならない」という決まりはありません。一般的には、親族が集まる四十九日〜一周忌などに行うことが多いようです。

1-2.いろいろな問題点

実家の整理や片付けの問題点を挙げてみましょう。

1-2-1.生前整理の問題点

理想的なのは、実家の親が元気なうちに生前整理を行い、財産や大切なものの「行き先」を決め不用品は処分することです。また、財産や貴重なものはきちんと遺言状を残しておけば、残された家族がもめたり困ったりすることもありません。生前整理の場合は、以下のような問題があります。

  • 親が生きているのに「生前整理をしてくれ」と言いづらい
  • 親が「縁起が悪い」と嫌がる
  • どのように整理をしていいか方法がわからない
  • ものが多すぎて親だけでは処分できない

1-2-2.遺品整理の問題点

遺品整理の場合は、以下のような問題があります。

  • 親が何も残していなかったので銀行の通帳や印鑑の場所がわからずに困った
  • 遺言状がないので遺族で財産を分けるのに困った
  • 借金など、マイナスの財産が残っていた
  • 形見分けで親族や親戚間でもめた
  • 実家が借家だったために退去するのが大変だった

1-3.最近の傾向・現状

実家の整理や片付けについて、最近の傾向や現状などをご紹介しましょう。

1-3-1.デジタル遺品

「デジタル遺品」とは、故人が使っていたパソコンやスマートフォンに残されたデジタルデータのことです。最近では、メディアにも取り上げられているので耳にしたことがある人も多いでしょう。近年は、高齢者でもスマートフォンやパソコンを使いこなしている人が多く、亡くなった後のデータを処分する方法に困っている遺族が増えているのです。デジタル遺品には以下のようなものがあります。

  • インターネットバンキングの口座や株式など資産価値の高いもの
  • インターネットショッピングなどの利用履歴やパスワードなど
  • SNSやブログ
  • ゲームなどのアカウント
  • 写真、イラスト、メールなどのデータ

1-3-2.汚部屋やゴミ屋敷など

最近、高齢者の間で「片付けられない」人が増えています。高齢になると「もったいない」「ものは捨てたくない」という考えが強くなり、簡単にものが捨てられなくなるのです。また、ものに対する執着心が強くなり、ため込むようになります。そうして、自分では片付けられなくなるほど不用品が増え、住まいが汚部屋やゴミ屋敷化してしまう人もいるのです。

1-4.片付けられない親について

前項でも挙げたように、ものが捨てられなくなり、住居が汚部屋・ゴミ屋敷化している高齢者が問題になっています。高齢のために体の自由がきかず、片付けができなくなることも原因ですが、認知症や「ため込み障害」などの病気になっているケースも少なくありません。久しぶりに実家に帰ったら、不用品やゴミがあふれかえり汚部屋・ゴミ屋敷化していることに初めて気がついた……と驚く人も少なくないのです。

1-5.空き家について

実家が持ち家の場合、親が亡くなったり老人ホームに入ったりすると空き家になってしまいます。遺族が離れて住んでいる場合、空き家になった実家をどうするかという問題が出てくるでしょう。平成26年11月に成立した「空き家対策特別措置法」により、空き家は所有者が責任を負うことになりました。人が住まない空き家は劣化が早いので、自治体の「指導」や「命令」の対象にならないように、早めに定期的な管理をする必要があります。

1-5-1.空き家の活用&利用法

実家が空き家となった場合は、以下のような活用&利用法があります。

  • 価格が下がる前に売却する
  • 空き家管理サービスに依頼して管理してもらう
  • 賃貸物件にする

ちなみに、30〜40代に聞いた「実家が空き家になったら」という不動産関連情報会社のアンケート(2015年)結果は以下のようなものです。

  • 1位:売却する 41.6%
  • 2位:将来自分か親族が住む 34.8%
  • 3位:賃貸物件にする(土地活用を含む)11.7%

「売却する」の理由としては、将来その家には住まないから・現金収入が欲しいから・固定資産税を払いたくないからなどが挙げられています。

2.実家の整理の仕方

実家の整理をする時期やタイミング・自分でする方法・業者などに依頼する方法などをご紹介しましょう。

2-1.始める時期、タイミング

実家の整理や片付けを始める時期・タイミングはいつごろがいいのでしょう。

2-1-1.生前整理の場合

最近「終活」が話題になっているためか、生前整理に興味を持つ人も増えています。早い人だと体が動く50代のうちに身辺整理をして残りの人生を身軽に自由に過ごしたいと考える人も多いようです。人生はいつ・なんどき・何が起こるかは予測がつきません。中高年齢層になったら、生前整理は早ければ早いほうがいいでしょう。おすすめのタイミングは、年末の大掃除や衣替えの時期です。断捨離を行い、不用品を処分してすっきりとしてから、残った財産やものの行き先をじっくりと考えるほうがいいでしょう。

2-1-2.遺品整理の場合

遺品整理は、故人が持ち家に住んでいる場合は急ぐ必要はありません。葬儀が終わり落ち着いたころから行います。また、形見分けは親族が集まる四十九日や一周忌など法要のタイミングで行うことが多いのです。ただし、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、葬儀が終わりしだい、家財道具を整理・処分して持ち主に引き渡す必要があります。家の引き渡しが済めば、形見分けはゆっくり行っても構いません。

2-2.生前整理を自分でする場合

生前整理を自分でする場合の方法などをご紹介しましょう。

2-2-1.生前整理〜必要なもの・こと〜

生前整理は、以下のことを行います。

  • 不用品を処分する
  • 過去の手紙や写真など思い出の品やデータなどを整理する
  • エンディングノートの作成
  • 必要に応じて遺言状の作成

エンディングノートには、資産・借金・解約するカード・保険・葬儀や法要の希望・連絡をしてほしい友人や知人の連絡先などを書きます。また、財産を誰にどれだけ渡すか、不動産・事業の管理を誰に任せるかなどは、エンディングノートではなく法的に効力のある遺言状を作成する必要があるのです。エンディングノートはいろいろな種類が販売されているので、比較検討して自分にあった内容のものを選びましょう。

2-2-2.生前整理〜必要な心構え〜

生前整理は、「自分の死後に備えての準備」だけではありません。「いかに自分の老後を快適で楽しく過ごすか」を念頭に進めることが大切です。無駄な不用品を処分すれば家を広く使うことができますし趣味のスペースにすることもできます。生前整理をしたあと、どんな人生を過ごそうかとイメージしながら行うことが大切なのです。

2-2-3.生前整理〜コツ・ポイント・注意点〜

生前整理は、病気になってから始めるよりも健康で体力のあるうちに始めるほうがおすすめです。不用品の整理整頓や処分には力も必要ですし判断力も必要になります。急いで1度に何もかも片付けるのではなく、スケジュール表を作り少しずつ確実に行うのが成功のコツです。

2-2-4.生前整理〜NG行為〜

「親の生前整理を手伝いたいけれども嫌がられる」「不用品を処分しようとすると怒る」などでお悩みの人もいます。また、「1-4.片付けられない親について」でご紹介したように、家がゴミ屋敷化してお困りの人もいるでしょう。けれども、本人が納得しないまま強引に整理整頓を始めると親子関係が悪化することもあります。

  • 生前整理のメリットを取り上げた本などを見せる
  • 少しずつ不用品を片付けて「整理整頓したほうが気持ちいい」と感じさせる
  • 子どもではなく友人や親戚などから勧めてもらう

など、少しずつ親の考え方を変えるようにしてください。

2-3.遺品整理を自分でする場合

遺品整理を自分でする場合の方法などをご紹介しましょう。

2-3-1.遺品整理〜必要なもの・こと〜

遺品整理では、以下のことを行います。

  • 遺言状がある場合は、それに従って遺品整理や遺産の分配を行う
  • 銀行、保険、クレジットカードなどの手続きをする
  • 遺品を分類して不用品を処分し必要なものは形見分けをする
  • 遺品の処分方法を決める(再利用・買い取り・廃棄・寄付など)
  • 故人が賃貸物件に住んでいた場合は、荷物を片付け清掃して契約終了の手続きを行う
  • デジタル遺品の整理をして必要な手続きを行う

2-3-2.遺品整理〜必要な心構え〜

葬儀の後、悲しみの中で遺品整理を行うのは精神的にもつらいものです。けれども、故人の意思を尊重し希望をかなえるためにも、まずは落ち着いて遺言状やエンディングノートの有無を最初に確認してください。何も残されていない場合は、銀行や保険などの手続きから始め、そのあとに部屋の遺品を整理して不用品を処分するなど、計画を立てて行いましょう。

2-3-3.遺品整理〜コツ・ポイント・注意点〜

資産価値の高い遺品は、遺言状がありスムーズに分配できればいいのですがない場合はもめることもあります。遺族で話し合いが進まない場合は、早めに弁護士などのプロに相談・依頼をするほうがいいでしょう。最近は、遺品整理を請け負う業者もいます。

2-3-4.遺品整理〜NG行為〜

遺品整理のときに、故人の貯金通帳や貴金属など資産価値のあるものを見つけても、そのまま自分のものにするのはNGです。ほかの遺族にも伝え、遺言状やエンディングノートにしたがって分配するか、話し合いで分配するようにしてください。

2-4.自分以外でやる方法

生前整理や遺品整理など、実家の整理で1番大変なのが、不用品や粗大ゴミなどの処分です。高齢者が自分だけで行うのはもちろん、家族が手伝っても重い家具や家電などを運ぶのは大変でしょう。そんなときは、不用品の回収業者に依頼するほうがおすすめです。業者に依頼すると以下のようなメリットがあります。

  • 不用品を可燃・不燃・資源などのゴミに分類して業者が引き取るため、自分で処理場に出す必要がない
  • 粗大ゴミの手配をして部屋から回収場所まで運ばなくてもいい
  • 自分たちの都合のいい日時を選べる
  • 買い取りも行う業者なら、不用品を現金に換えられる

3.実家の整理〜業者選び〜

実家の整理を業者に依頼する場合のポイントやコツ、注意点などをご紹介しましょう。

3-1.業者選びのポイント

不用品買い取り・回収業者はたくさんあります。そこで、選ぶときにチェックしたいポイントをご紹介しましょう。ホームページやチラシなどで、以下の項目を確認してください。

  • 業者の本社や事業所などの住所・電話やFAX番号・メールアドレス
  • 不用品の買い取りや回収、遺品整理などの実績があるか
  • 無料で見積もりや相談を受け付けているか
  • 地域の公安委員会から「古物商許可」の番号を得ているか

また、問い合わせの電話やメールを送ったときに、丁寧な説明をしてくれるか、対応はきちんとしているかなどもチェックしましょう。

3-2.業者に頼むときのコツ

不用品の買い取りや処分を業者に依頼するときには、1〜2点ではなくまとめて依頼するとお得です。また、買い取りが可能か不可能かは自分ではなかなか判断がつきません。自分で悩まないで、とりあえずまとめて見積もりをしてもらい、査定金額によって買い取りに出すか処分するかを決めたほうがいいでしょう。

3-3.料金設定

不用品の買い取り金額や回収費用は、品物の内容や量、運び出す家の環境などによっても異なります。無料見積もりサービスを行っている業者を選び、料金の見積もりを出してもらいましょう。

3-4.注意点・こんな業者には気をつけて!

「不用品を無料で回収します」などを売り文句に、車で住宅街を巡回している業者を見たことがある人は多いでしょう。気をつけなければならないのは、このような業者は車に会社名や住所・電話番号などを明記しておらず、身元が不明なことが多いことです。無許可で不用品の回収を行っている可能性があります。無料といいつつ、荷物を積み込んでから「運搬料がかかる」「リサイクル費用が必要」などとお金を請求してくることもあるのです。実際に、このような業者とのトラブルも多発しているので注意してください。

4.実家の整理〜よくある質問〜

実家の整理や片付けについてよくある質問をご紹介しましょう。

Q.親に生前整理を勧めても「縁起が悪い」と嫌がります。どのように説得したらいいでしょうか?

A.高齢者の中には生前整理を嫌がる人も少なくありません。生前整理だとは思わせず、家の中をきれいにするための「断捨離」だと思わせることがポイントです。大掃除や衣替えの季節に合わせて行うと自然でしょう。整理整頓をしながら、大切な遺品を保管している場所などのリストを作るのがおすすめです。何度か繰り返すうちに家もきれいになるので、生前整理に対する抵抗感も薄れます。

Q.親にエンディングノートをプレゼントしたいのですが、どこで入手できるのでしょうか?

A.最近では、メディアなどに取り上げられメジャーになってきたのでエンディングノートの認知度も高まっています。主に、書店などで入手できるでしょう。また、葬儀会社のホームページなどでダウンロードすることもできます。いろいろな種類があるので、送る相手にあったものを選びましょう。

Q.まだ、使用できる家具や家電を売りたいと思います。できるだけ高く買ってもらえるコツを教えてください。

A.できるだけきれいに掃除をして汚れを落とすことが大切です。また、家電の場合は取り扱い説明書やリモコンなどの付属品を用意しておきましょう。さらに、1〜2点で買い取りに出すよりもまとめて出したほうが業者にとっては効率的なので査定金額もよくなります。

Q.「捨てられない親」に悩んでいます。ケンカにならずに、うまくものを整理整頓できる方法はあるでしょうか?

A.捨てられない人は、「捨てる」「片付ける」「整理整頓する」という言葉を嫌います。そこで、最初はテーブルの上や洗面所など小さなスペースを片付けて、「きれいになったね」「このほうが使いやすいね」などと提案してみましょう。「そうだね」と同意するようになったら、少しずつ範囲を広げてください。「片付けは楽しいしきれいになると気持ちがいい」と感じてもらえるようになるまで続けましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。実家の片付けや整理の方法、ポイントなどがおわかりいただけたかと思います。生前整理や遺品整理などは、計画的に行うことが大切です。