粗大ゴミじゃ捨てられない! 正しいパソコンの処分方法は?

パソコンの捨て方として最初に思いつくのは粗大ゴミですが、実はパソコンは粗大ゴミでは捨てられないということをご存じでしょうか? パソコンは法律によって廃棄することができなくなっており、決められた方法でしか処分できないのです。

そうなると、不法に投棄してしまおうと考える方も中に入るかもしれません。しかし、パソコンの中に入っているデータはそう簡単には消去できないものです。自分では完璧に消したつもりで投棄しても、悪意ある人間の手に渡れば簡単に復旧させられてしまい、大きなトラブルに巻き込まれる危険性があります。ですから、しかるべき手順を踏んで処分することが大切なのです。

そこで今回は、パソコンの処分法にまつわる基本的な知識を中心にご紹介していきたいと思います。ぜひ、最後までお付き合いください。

1.パソコンは粗大ゴミに出せない

パソコンやディスプレイモニターにはレアメタルなどの資源が含まれていることから、平成15年に改正された『資源有効利用促進法』によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられ、自治体での処分・回収は行われないため不燃物・粗大ゴミとして出せなくなってしまいました。対象はデスクトップパソコン・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・CRT(ブラウン管)ディスプレイ・液晶本体一体型パソコンなどで、パソコン関係が多く指定されたことから『パソコンリサイクル法』とも呼ばれています。

パソコンリサイクル法が適用されているパソコンは、原則として販売メーカーが責任を持って回収することとなっており、回収の連絡先は『PC3R 有限責任中間法人 パソコン3R推進センター』のホームページで確認できるようになっています。パソコン本体やモニターの製造メーカーなどと『資源有効利用促進法』に基づき、パソコン機器のリサイクルについて促進活動を行っている一般法人です。自分のパソコンやモニターについて分からないことがあれば、積極的に利用してください。

ちなみに、キーボードやマウス、プリンター、パソコンケースといった周辺機器・付属品は対象にはならないため、自治体などで不燃物・粗大ゴミとして出せますのでお間違えなく。

2.処分方法とそれぞれのメリット

2-1.メーカーに依頼する

パソコンリサイクル法の施行後に購入したパソコンであれば、基本的にメーカーが無料で引き取ってくれます。対象となるパソコンには『PCリサイクルマーク』が裏面や側面などに付けられていますので、確認してみてください。もしも、『PCリサイクルマーク』がない法律施行前のパソコンの場合には、約3,000円程度の費用が処分にかかります。メーカーによって値段は変わりますから、メーカーホームページで確認してください。

また、自作パソコンや倒産・事業撤退したメーカーのパソコンのように、回収してくれるメーカー自体が存在しない場合は、『パソコン3R推進協会』に頼むことで有償回収してもらえます。

ただし、データの消去に関しては自己責任なので、自分で消去する必要があります。

2-2.回収・買取業者を利用する

回収・買取業者には大きく分けて二つのパターンがあります。一つは宅配便などで依頼者側が会社まで送るパターンと、業者側が自宅まで出張してくれるパターンです。

前者は基本的に全国どこでも利用できるというメリットはありますが、自分で梱包する面倒や買取までのレスポンスが悪いなどのデメリットがあります。後者は業者側が自宅に来てくれるので全く手間がかからず見積もりなどもその場でしてくれることが多いので、スピーディな処分ができるところがメリット。デメリットは出張地域が限られている場合が多いというところ。例えば、孤島などに在住の方ではまず無理でしょう。

回収・買取業者全般のメリットとしては、パソコン本体やディスプレイのみならず、マウスやキーボードなども一緒に処分してくれるので、メーカーなどに依頼するより手間が省けるという点が一つ。もう一つは、機種によっては買い取ってもらえるということです。メーカーの処分依頼では無料にはなっても買い取ってもらえることはありません。業者によっては買取強化中の商品などもありますから、事前に調べておいてどの手段を使うか吟味するとよいでしょう。

2-3.オークションで売却

オークションでしたら中間業者をはさむことがないので、通常の買取業者などに依頼するよりも高く売れる可能性があります。ただし、オークションはその特性上とんでもない安値で売れてしまうリスクがありますし、データをしっかりと処理できていないと情報流出という事態に陥る危険性もあります。ハイリスク・ハイリターンをとるか、ローリスク・ローリターンを選ぶか。しっかりと考えてから処分してくださいね。

3.パソコン処分の前にデータを消去しよう!

パソコンの中にはメールアドレスや住所、ネットショップや会員制サイトの登録情報、購入したゲームのデータ、画像ファイル・音楽ファイル・動画ファイルのようなプライベートに関係するデータなど、実にさまざまな情報が刻まれています。ですから、手放した後に悪用されないように、パソコンを捨てるときや他の人に譲るときにはデータを完全に消去しなければいけません。

パソコンの記録装置といえばメモリとハードディスクですが、いわゆる個人情報と呼ばれるデータのすべてはハードディスクに記録されています。つまり、ハードディスクのデータを消去することが個人情報を守る上で重要なことなのです。しかし、このデータ消去は簡単にはいきません。

3-1.通常の消去法じゃデータは消えない!?

皆さんが思い浮かべるデータ消去法というと、通常は3つだと思われます。

  • ゴミ箱に捨てる or ファイル削除+ゴミ箱を空にする
  • ディスクを初期化(フォーマット)する
  • リカバリディスクでパソコンを工場出荷時の状態に戻す

しかし、これらの消去方法では、管理情報が変更されただけで、実はハードディスク上にまだデータが残っており、特殊なソフトウエアを利用すると再度復活させることが可能です。つまり、ファイル削除やフォーマットでは、データの消去法として不完全だということです。

WindowsはFAT(File Allocation Table)と呼ばれるファイルシステムでパソコンのデータの管理をしています。このFATはいわばファイルの『管理簿』で、ファイルの種類や保存場所の情報などが記録されており、エクスプローラなどのソフトウエアは、その管理簿情報を使ってフォルダの内容を表示しています。

そして、削除やフォーマットといった通常の消去法はこのFATのデータを削除しているだけであり、実際にデータを見ることはできなくとも実体は残っているのです。分かりづらいようでしたら、通常の消去法は目次を消しているだけだと思ってください。では、どうすれば目次以降の本文まで残さず消去する事ができるのでしょうか?

3-2.データ消去の仕方

ハードディスク上のデータを完全に消去する最もポピュラーな方法は、専用のソフトを利用することです。どのようなメカニズムで消去しているのかというと非常に単純で、実はユーザーデータを『無意味なデータに置き換えているだけ』なのです。ですから、極端にいえばすべて手作業でやることも可能です。途方もない手間がかかりますが……。

置き替えの方式は、最も簡単な0や1のデータを上書きする方式から、政府機関などが採用している高度な消去方式までさまざまあります。ソフトウエアによって使用できる方式が違ってきますので、消去するデータの重要度などから考えて選ぶようにしてくださいね。

3-3.消去前にバックアップを!

消去法を知ったらすぐにでも消去してしまいたいと思うかもしれません。しかしぐっとこらえて、他のハードディスクやCD・DVDなどにバックアップをしておきましょう。通常の消去法と違って、ソフトウエアを利用した消去方法では、二度とデータを復旧することはできないからです。

まとめ

いかがでしたか?
今回はパソコンの処分法についてご紹介いたしました。

  • パソコンは粗大ゴミに出せないのをご存じですか?
  • 処分方法とそれぞれのメリット
  • パソコン処分の前にデータを消去しよう!

パソコンは非常に高度な機械で、現代では必需品となりました。しかし、それ故にさまざまな危険性が残されています。処分の際には不法投棄などはせず、しっかりとした手順を踏んで処分してくださいね。