家財整理について知りたい人必見! 家財の処分方法を完全解説!


家の中を改めて見渡して、「こんなにものが多かったのか」と感じる人は多いものです。生活をしていくと、意識せずとも多くのものが集まってきます。しかし、収納スペースに限りがあるため、整理や処分をしないと途端に不要なものであふれてしまうことでしょう。今回は、家財整理を考えている人のために、処分方法を詳しく解説します。家財の処分に困っている人は、必見ですよ。

  1. 家財整理とは?
  2. 家財整理について
  3. 家財整理を自分でやる場合
  4. 家財整理をプロに依頼する場合
  5. 家財整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、家財整理にかんする詳しい知識が身に付きます。また、家財の処分方法をいろいろと知ることができるので役に立つことでしょう。さらに、自分たちだけで実行するよりも、プロに依頼した方がいい理由なども理解できます。実際に家財整理を行うときには、ぜひ記事を参考にしてください。

1.家財整理とは?

最初に、家財整理の基本を学びます。家財整理がどんな場合に必要か、家財整理のメリットも理解してください。

1-1.家財整理とはどういうことか

私たちの周囲には、たくさんのものが存在しています。しかし、中にはすでに不要となったものも多いものです。もはや使うあても無くなったものをいつまでも持っていても仕方ありません。そこで、家財を必要なものと不要なものに分けて、不要なものを整理する家財整理を行うのです。

1-2.家財整理はどんな場合に必要か

  • 引っ越し
  • 遺品整理
  • 高齢や病気など、自分で片付けができなくなったとき
  • ものが溜(た)まり過ぎたとき
  • 空き家の片付けをしたいとき

ただし、家財整理をやるべきタイミングに決まりはありません。必要だと思ったタイミングで実行しましょう。

1-3.家財整理を行うメリットについて

家財整理を行うと、たくさんのメリットがあります。

  • 必要なものだけが残るのでスッキリする
  • 収納スペースに余裕ができる
  • 不用品をリサイクルして再活用できる
  • 気持ちの整理ができる

多くのものに囲まれた生活も、雑多で楽しいものです。しかし、不用品ばかりでは意味がありません。必要なものだけを残すことで、部屋の中も気持ちもスッキリします。すると、今まで見えなかったことが見えてきたり新しいアイデアがわいたりするものです。

2.家財整理について

では、家財整理について詳しく学びましょう。家財整理のどんな点が難しいのかなどを学んでください。

2-1.家財整理の難しさや困りごととは?

家財整理は、不要なものを処分するだけです。シンプルなことですが、実際に行ってみるとさまざまな困難があることがわかります。まず、今まで処分せずにいたということは、絶対に不要だと言えない理由があったからでしょう。思い入れの強いものは、処分しにくいものです。また、大量のものを処分するのは物理的にも大変になります。家財整理の必要性が高い人であっても、なかなか手を付けることができないのです。

2-2.家財整理が難しいものとは?

  • 大物家具:洋服ダンス・和ダンス・クローゼットなど
  • 思い出の品:アルバム・写真・人形・おもちゃなど
  • 先祖にかかわるもの:仏壇・位牌(いはい)・遺影など

大物家具のように物理的に処分が難しいものだけでなく、思い出の品や先祖にかかわるものも上手(じょうず)に処分できずに困っている人が多い

3.家財整理を自分でやる場合

家財整理を自分たちだけでやる場合に知っておくべきことについて解説します。ごみの捨て方や家財整理のポイント・注意点について確認しておきましょう。

3-1.ごみの捨て方について

家財を整理する前に、明らかにごみとして処分するべきものにかんしては、自治体のルールに従って出しましょう。ごみの材質や大きさによって、自治体ごとにごみの種類が決まっているのです。ルールに従って出すことで、自治体が適切に処分してくれます。なお、家電リサイクル法に指定のある家電(冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビ)や、PCリサイクル法に指定のあるパソコンなどは、ごみとして出すことができません。処分するときは、気を付けましょう。

3-2.家財整理のポイントを学ぼう

家財整理を効率よく進めていくためには、最初に以下のポイントを押さえるといいですよ。

  • やるべきことをリスト化しておく
  • 作業スケジュールを作成しておく
  • 不用品と必要なものの判断基準を明確にする
  • 片付ける場所の順番を決めておく

とりあえず目の前のものから片付けようとすると、挫折しやすいものです。家財整理は、計画どおりに無理なく進めましょう。

3-3.自分で家財整理をするときの注意点

自分で家財整理をするときには、挫折を防ぐために気を付けるべきことがあります。

  • 無理なスケジュールを立てないこと
  • 計画変更があったときはスケジュールし直すこと
  • ほかの人の手を借りることも考えること

自分だけで家財整理を行うのは、想像以上にハードです。無理だと感じたときは、プロに依頼することも考えてみてください。

4.家財整理をプロに依頼する場合

家財整理はプロに依頼するとスムーズです。ここでは、プロに依頼する場合のメリットや料金などの基本に加え、料金相場や業者の選び方などについて解説します。

4-1.家財整理をプロに依頼するべき場合とメリット

家財整理をプロに依頼するべき場合とメリットをそれぞれ解説します。

4-1-1.プロに依頼するべき場合

以下のようなときは、プロに依頼することを積極的に検討しましょう。

  • 物量が多くて手に負えないとき
  • 家財整理に気が乗らないとき
  • 引っ越しや遺産相続などの手続きで大変なとき
  • 不用品の中に買い取りができそうなものがあるとき

4-1-2.プロに依頼するメリット

家財整理をプロに依頼するメリットはたくさんあります。

  • 余計な感情抜きに作業を進めることができる
  • 労力や時間を大幅に節約できる
  • ごみ屋敷の状態でも依頼できる(虫害・感染の心配が無い)
  • 買い取り対象のものがあればお金になる

4-2.家財整理はどこに依頼できる?

家財整理を依頼したいときは、家財整理の専門業者や不用品回収業者に依頼できます。中でも、不用品回収業者では、不用品の選別から後片付け・掃除を依頼することが可能で、不用品の処分をそのまま依頼できるので楽です。さらに、不用品の中に買い取りできるものがあれば、お金を受け取ることもできますよ。

4-3.家財整理の料金相場

家財整理を業者に依頼した場合、料金の目安は以下のとおりです。

  • 1LDK:10万円程度から
  • 2DK:12万円程度から
  • 3DK:20万円程度から

料金の中には、基本的な清掃・ごみや不用品の処分などを含みます。詳しくは業者に確認してください。なお、消臭や害虫駆除などが必要なときは、オプションで別途料金が掛かります。見積もりを依頼するときに必ず伝えましょう。

4-4.家財整理の申し込み方法

家財整理を業者に依頼したいときは、最初に電話・FAX・メールなどで業者に相談しましょう。親切な業者は、複数の申し込み方法を用意しているものです。なお、いきなり本契約をするのではなく、見積もりをもらってください。見積もりの内容に納得したときに、改めて本契約しましょう。

4-5.家財整理を依頼する業者の選び方

良い業者を選ぶためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • 家財整理にかんする豊富なノウハウがある
  • 問い合わせや見積もりの対応が丁寧
  • 料金システムが明確でリーズナブル
  • 不用品の買い取りを積極的に行っている
  • できるだけ希望のスケジュールを考慮してくれる
  • 利用者の評判が良い
  • 古物商許可などを受けている

なお、当不用品回収買取センターも家財整理で好評をいただいているのでぜひ参考にしてください。

4-6.業者に家財整理を依頼するときの注意点

業者に依頼する前に、依頼内容・予算・希望日時などをまとめておくとスムーズに進みます。また、信頼できる業者を選びましょう。家財整理は、プライベートな内容のものや金銭価値のあるものも含むからです。業者選びに手を抜いた結果、不満を残すことが無いように気を付けましょう。特に、無許可で営業をしている業者には気を付けてください。

4-7.家財整理にかんする相談窓口

家財整理にかんする相談窓口は、内容によって以下のように使い分けるといいでしょう。

  • 法律の相談:弁護士事務所・法律事務所など
  • 家財の片付けの相談:不用品回収業者のお問い合わせ窓口など

なお、家財の片付けにかんしては、当社もお問い合わせ窓口を設置して皆さんからのご相談にお答えしています。お気軽にご利用ください。

5.家財整理に関するよくある質問

最後に、家財整理に関するよくある質問を確認しておきましょう。不安や疑問は、すべて解決しておくことが大切です。

Q.仏壇や位牌(いはい)の処分をするときは供養をするべきですか?
A.不用品回収業者では、供養をしていない状態のものでも回収することは可能です。しかし、仏壇や位牌(いはい)は、「遺品供養」をしてから処分することをおすすめします。依頼は、寺院に行ってください。なお、寺院によっては「遺品供養」の後、そのまま処分してくれるところもあるので確認しておきましょう。

Q.故人の家財整理を行うときの注意点は?
A.故人の家財整理は、遺産相続がかかわることがあるので注意が必要です。たとえば、預金通帳・有価証券・貴金属類・不動産の証書類などは、勝手に処分しないようにしましょう。また、後日トラブルにならないように、家財整理を行うことを親族に告知しておくことをおすすめします。

Q.孤独死した親族の家財整理を丸ごと依頼することはできますか?
A.孤独死した人の家財整理も問題ありません。孤独死した人の家は、独特の臭(にお)いがあったり害虫が発生していたりする心配があります。また、親族が立ち入ると精神的にショックを受けやすいのも事実です。家財整理を業者に丸ごと依頼することには、大きなメリットがありますよ。ただし、消毒や特殊清掃などオプション料金が必要なことは承知しておきまししょう。

Q.途中で挫折した状態の家財整理を依頼してもいいですか?
A.自分たちで家財整理を進めていたものの、何らかの理由のため途中で挫折してしまうことはよくあります。もちろん、中途半端な状態であっても業者に依頼して大丈夫です。家財整理は、想像以上に心身ともに大きな負担となります。早急に家財整理を完了するためにも、速やかに見積もりを依頼してください。

Q.家財整理の見積金額と実際の費用請求に大きな差がある理由は?
A.見積もりはあくまでも、見積もりと考えてください。実際の作業で、予想以上に難航したり手間や時間が掛かったりした場合は、見積金額よりオーバーすることはあります。ただし、業者からきちんと説明を受けてください。なお、信頼できる業者の場合は、見積金額と実際の請求金額との間にブレが少ないものです。金額のトラブルを避けるためにも、信頼できる業者を選びましょう。

まとめ

今回は、家財整理にかんして詳しく解説しました。引っ越しや遺産相続などの人生の節目は、家財整理を行うタイミングです。実際に手を付けてみると物量の多さにびっくりしてしまう人も多いでしょう。しかし、一見して困難な家財整理も、ポイントをつかむことでスムーズに進めることは可能です。また、プロの業者に依頼することで、時間や労力を掛けずに行うこともできます。自分たちだけで進めようとすると、挫折しやすいのも事実です。家財整理は、経験豊富で信頼できるプロの業者に依頼することを積極的に考えてください。