古着の買取依頼方法が知りたい! 高く売るコツと安く処分する方法

「古着は売れない」と思いがちですが、売れるものと売れないものがあります。ブランドものや流行ものは、中古需要があり高く売れるでしょう。特に、最近は断捨離や生前整理ブーム・個人で売買できるネットオークションの利用者増加・リサクルの意識が高まっています。大量にある古着をまとめて売りに出すことも可能です。本記事では、処分で悩みがちな古着の買取依頼方法とポイントを解説しましょう。

  1. 古着は売れるものと売れないものがある
  2. 古着を買い取ってもらう方法
  3. 古着の買取先を選ぶコツ
  4. 古着に関してよくある質問

この記事を読むことで、古着を上手に売る方法が分かります。処分で悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.古着は売れるものと売れないものがある

まずは、売れる服と売れないものの違いをチェックしておきましょう。

1-1.オリジナリティがある古着は売れる!

「古着は売れないだろう」と諦めるのはもったいないことです。できるだけ安く衣類を購入したい方はもちろん、オシャレ感覚で古着を愛用している人はたくさんいます。何といっても、古着の魅力は昔に発売され人気が出たアイテムから、当時に流行したデザインの衣類など、市場にあまり出回っていないものが見つかることです。ヴィンテージはほとんどが1点ものなので、オリジナリティがあり、こだわりが発揮できると若い世代に人気があります。

1-2.美品、状態のよいものが基本

基本的に、売れる古着は着ることができる状態のよさが1番のポイントです。穴が空いていたり、シミや汚れがひどくついたりしているものは、買取不可となります。たとえ、それがブランドものだったとしても、着れない衣類を売るのは難しいでしょう。念のため、買取へ出す前に穴など状態をチェックしておいたほうがスムーズにやり取りできます。業者の中には、LINEで写真を送るだけで大まかな買取額が分かるところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

1-3.高額が期待できる種類・ブランド

ルイヴィトン・ブルガリ・バーバリー・シャネルなどのハイブランドは、古着でも高額で売れる可能性が高い種類です。元値が高い古着は、状態がよければ高額買取が期待できるでしょう。ただし、ブランドものは、ブランドだと分かるような「タグ」が大きなポイントとなります。タグがついていない場合、正真正銘のブランドものであっても証拠がないので買取不可になるか、安く買い取られてしまうでしょう。タグは切り取らずに、そのまま売りに出してください。

1-4.買取金額相場は数十円~

古着は高値での取り引きが珍しく、買取価格は数十円でしょう。中には、古着を50着売って500〜1,000円程度にしかならなかったという方もいます。けれども、古着の種類や状態によってお店を選べば、数百から数千円で売れることもあるのです。特に、ハイブランドで限定もの・レア度が高い服は高く売れるでしょう。では、どのように古着を買い取ってもらうのがいいのか、次の項目で説明していきたいと思います。

2.古着を買い取ってもらう方法

古着の主な買取方法は、リサイクルショップ・古着買取サイト・不用品回収業者・ネットオークションまたはフリマサイトがあります。それぞれの特徴を解説しましょう。

2-1.リサイクルショップは買取価格が低め

リサイクルショップはどのような古着でも買い取っていますが、買取額が安くなる傾向があります。特に、全国チェーン店は、買取額が決まっていて、たとえ、ブランドものや毛皮・着物であっても、通常より安く買い取られることになるでしょう。査定はあまいので要らない衣類も買い取ってもらえますが、高値がつくものは他店で売ることをおすすめします。

2-2.高く売るなら古着買取サイト

高値で売れる古着を納得いく値段で売りたい場合は、古着買取サイトを利用するといいでしょう。近くに店舗がなくても宅配買取で、ダンボールに詰めて送るだけで買い取ってもらえるという優れたサービスです。古着買取サイトはリサイクルショップと真逆で、査定が厳しめですが、価値があるものは高く買い取ってもらえます。ブランドもの・レザーやカシミア素材・プレミアがついている古着などは、想像以上の高値で売れるかもしれません。

2-3.まとめて処分もできる不用品回収業者

買取不可になると、ほかの方法で処分しなければならなくなり、手間と時間がかかります。しかし、買取サービスを行っている不用品回収業者へ依頼すれば、処分と買取が同時にできるのでスピーディーです。また、大量の古着をまとめて買取・処分することができるでしょう。ただし、不用品回収業者の中には、回収したものを不法投棄したり、安く買い取ったりする悪質な業者もあるので要注意です。

2-4.ネットオークションは手間はかかるが売り値が高くなることも

自分の希望額で売りに出すことができるネットオークションとフリマサイトは、近年利用者が増加しています。商品をこん包し落札者へ送るという手間はかかりますが、業者による買取よりも高く売れる可能性が高いのです。ネットオークションは、市場で出回っていないアイテムを探し求める人が利用するため、1点ものの古着は高く買い取ってもらえるでしょう。人気が高く、レア度が高いものほど落札数が増えるため、高価買取が期待できます。
しかし、その反面、「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられて値下げをするしかなかった」など、さまざまなトラブルも起きているのが現状です。トラブルを防ぐためには、落札者が安心して取引できる相手か見極める必要があります。
また、ネットオークションでは、流行のアイテムを安値で買いたい利用者も多いため、ファストファッションを含めたブランドものがよく売れるでしょう。逆に、ノーブランドものは難しい傾向があります。今、どんな古着が売れているのか、ネットオークションをチェックするといいでしょう。

3.古着の買取先を選ぶコツ

では、古着の買取先を選ぶコツと、高く売るポイントを解説します。

3-1.ブランドの場合は古着の扱いに慣れている店舗へ

すでに販売が終了しているブランドの古着は、古着の扱いに慣れている買取店がおすすめです。古着買取専門店は中古需要が高い古着を理解しており、ブランドものは価値があると判断されます。ハイブランドでなくても、アディダス・BEAMS・ユナイテッドアローズ・ナイキなどのカジュアルブランドも人気があるので買い取ってもらえるでしょう。逆に、ヴィンテージものは、ヴィンテージショップなどに売ると、適切な値段で取り引きできます。

3-2.ノーブランドの場合は買取価格がつかないことも

ファストファッションのように元値が安い古着やノーブランドものは、ブランドものに比べると買取価格がかなり下がり、中には買取額がつかないものもあります。ノーブランドもので売れるのは、MA-1ジャケットなど季節ごとに人気が出るアイテムでしょう。買取店によっては買取額を重量で決めるところもあるので、ノーブランド類はまとめて売ることをおすすめします。

3-3.不用品が大量にあるときは不用品回収業者がおすすめ

ほかにも不用品がある場合は、まとめて買取と処分ができる不用品回収業者がおすすめです。ほとんどの業者では出張買取を行っているため、自宅にいながらもスムーズなやり取りができるでしょう。ほかの不用品が売れれば、処分費用を抑えることができます。何よりも、手間と時間が省けるので楽に処分することができる点が大きなメリットです。また、古着のほかにも処分したいものがあれば、一気に手放せることができるでしょう。買取不可になっても処分が依頼できるので一石二鳥です。

3-4.古着を高く売るポイント

古着を高く売りたい場合は、以下の4点に注目してください。

  • キレイにする
  • シーズンに合わせて売る
  • 付属品をそろえる
  • まとめて売る
  • 早めに売る

当たり前のことですが、衣類は新品または新品に近いキレイな状態のほうが高く売れる可能性があります。査定を依頼する前に、洗濯をして汚れやニオイ、シワを除去しておきましょう。店舗の在庫も買取額に大きく影響するため、シーズンに合わせて買取へ出してください。また、発売からできるだけ早いほうが査定額が高くなることもあります。着ていない衣類は放置せずに、早めにまとめて査定を依頼してください。

3-5.インターネットを利用する際は写真と説明文を必ず入れる

フリマアプリなどインターネットを利用して売る場合は、写真と説明文を必ず入れるようにしましょう。具体的な説明を記載することで安心して落札されやすくなります。できれば、誰が見ても分かりやすい写真と具体的な説明文を記載しましょう。穴が空いていたり、汚れが少しでもついたりしているのなら、その旨もきちんと伝えるべきです。売りたいから、と黙ったまま売却してしまうと、後でトラブルに発展する恐れがあるので注意してくださいね。

4.古着に関してよくある質問

古着に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.古着買取の相場を調べる方法は?
A.リサイクルショップやフリマアプリ・ネットオークションなどインターネットを利用して過去の取引履歴を確認してください。また、複数の店舗で見積もりを取ることで、最も高く売れる業者が利用できます。買取実績がある業者の多くは、ホームページなどに、どんなものをいくらで買い取ったか掲載されているでしょう。買取実績を確認すると、相場が分かるだけでなく、優良業者と悪徳業者を見極めることができます。

Q.初めて宅配買取を利用する際に気をつけておきたいことは?
A.送料に注意してください。業者の中には、キャンセル料や送料を自己負担にして、高額な料金を請求するところがあります。古着を買い取らずに、送料で稼ぐ悪徳業者です。「今だけ高額買取中!」「ノーブランドでも高く買い取ります!」などの謳(うた)い文句で客引きしようとする業者には、十分に注意しておきましょう。ホームページに送料が記載されていない場合は、直接電話をして確かめたほうが確実です。

Q.冬物と夏物を売る最適な時期は?
A.冬物は10月~1月中旬、夏物は4月下旬~7月上旬ごろが買取のベストな時期といえるでしょう。目安は、シーズンの少し前です。「そろそろ用意しようかな」と思える時期に需要が高まるため、通常よりも高く売れる可能性があります。みんなが欲しがる少し前に売ると、通常よりも高値で買い取ってもらえるでしょう。また、買取業者の中には「強化買取週間」を設けているところもあります。その期間に買取へ出すと、通常の数%が買取額に上乗せされるので、そのタイミングを狙うのも方法の1つでしょう。

Q.不用品回収業者へ依頼した場合の費用はいくら?
A.古着の量や業者によって異なりますが、まとめて処分を依頼すると、およそ4,000~7,000円が目安になるでしょう。不用品回収業者の多くは無料見積もりを受けつけているため、まずは無料見積もりを利用してください。1点ずつ処分を依頼するよりも、まとめて処分したほうが安くなるケースがあります。業者の中には、定額パックプランを用意しているところもあるので、お得なプランもチェックしてください。

Q.どんな付属品をそろえたほうがいいの?
A.人気ブランドは偽物も多く出まわっているため、保証書やタグなど購入時についてきた付属品を一緒に査定へ出してください。保証書やタグがあるだけで、そのブランドのものだと証明できます。また、未使用品の場合は、購入時に付属しているプライスタグなどがあったほうが、査定額にプラスされやすくなるでしょう。未使用品・新品はプライスタグを取らず、そのままの状態で査定に出してください。

まとめ

紙袋にいっぱいの古着を入れて、近くのリサイクルショップへ売りに出かけたくなりますが、これは頭のいい買取方法ではありません。着物・ブランドものなどは古着でも中古市場での需要が高く、思いもよらない値段で売れることもあるのです。高く売れるものは、買取実績がある業者へ依頼し、そこで買い取ってもらえなかった古着は、近場のリサイクルショップ等へ持ち込んでみてください。古着の種類でお店を分けることも、高く売るポイントの1つです。