狭い家でも工夫しだいで快適になる!家を広く見せるコツとは?

狭い家でも工夫しだいで快適に暮らすことは可能です。
もちろん、家は広い方がよいと考える人が多いでしょう。
しかし、さまざまな都合で広い家に住めない人もいます。
狭い家でも快適に暮らすためには、自分で工夫するしかないのです。
間取りや収納、家具の配置などによっては、部屋を広く見せることもできるでしょう。
その結果、シンプルで清潔感のある家を手に入れることができれば、広さは必要ないのです。
狭くても快適に暮らすことのできる家にするためには、どのようなアイデアがあるのでしょうか。

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.狭い家でも快適に暮らすコツ

狭い家でも快適に暮らすための方法をいくつかご紹介します。
暮らしをより快適なものにするために、ぜひ実践してみてください。

1-1.基本的に「ものは少なく」を心がける

暮らしを快適なものにするためには、狭い家を「広く使う」必要があります。
家を広く使うためには、ものを減らすしか方法はないでしょう。
ものがあふれ返っている部屋は、いくら広くても快適に使うことができませんよね。
まずは、家の中にあるものを減らします。
そして、ものを増やさないようにするのです。
家の中に入ってきたものを「いるもの」と「いらないもの」に分け、不要なものをいかに早く処分できるかがポイントでしょう。
「ものを減らすことができない」と悩んでいる人は、その原因を考えてみてください。
なぜ捨てることができないのか、なぜものが増えてしまうのかが分かれば、対処法に気付くことができるはずです。

1-2.インテリアの色を統一する

誰にでも、憧れる部屋のイメージがあるでしょう。
そのイメージに合わせて部屋のインテリアをそろえるはずです。
たとえば、アンティーク調のかわいい部屋に憧れてインテリアをそろえたとしましょう。
その結果、センスが追い付かなくて統一感のない部屋になってしまうことはよくあります。
統一感のない部屋は、雑然として見えやすいのです。
つまり、部屋が狭く、使い勝手の悪いものになってしまいがち。
では、インテリアをシンプルなものに変えるとどうでしょうか。
ものを整理しやすくなるため、使い勝手がよくなりますよね。
また、掃除もしやすくなるでしょう。
そして、インテリアの色をできるだけ統一にしてみてください。
ゴチャゴチャとした感じがなくなり、驚くほど部屋がスッキリとして見えるはずです。
たとえば、壁の色が白なら、インテリアも白を基調としてものに合わせてみましょう。
最も部屋を広く見せることができますよ。

1-3.「隠す収納」を取り入れる

狭い家はキッチンやリビングも当然コンパクトです。
その中で快適に暮らすためには、やはりものを少なく見せる必要があるでしょう。
ものを減らすことはもちろん、ものを「隠す」ことも考えてみてください。
収納スペースが少なくて難しい場合は、自分でアイデアを考えて収納スペースを作ってしまいましょう。
特に、生活感のあるものを隠すことで、部屋はスッキリして見えます。
よく使うものは取り出しやすさを考えながら程よく隠すようにして「見えているもの」を減らすようにしましょう。

2.荷物を減らす方法

狭い家を快適なものにするためには、まず荷物を減らすことが重要なポイントになります。
ものを減らす方法についてご紹介しましょう。

2-1.自分にとって必要か不要かを判断する

まずは、今家の中にあるものを「いるもの」と「いらないもの」に仕分けしてください。
もちろん「いらないもの」は処分することになります。
捨てるとなると急にもったいなくなるのが人間の心理というもの。
「思い出の品だから」「まだ使う予定があるから」という理由をつけて、手元に残そうとする人も多いでしょう。
しかし、本気でものを減らしたいなら考え方を変えるしかありません。
今現在使っていないものは、あなたにとって「不要なもの」です。
何の役にもたたないものであると判断して思いきって処分してください。
もし、処分するかどうかで迷うものが出てきた場合は、いったん保留にして残しておきましょう。
そして、時間がたってからもう1回考えてみてください。
冷静に判断して「捨てよう」という気になれるはずです。

2-2.ものを増やさないようにする

ものを減らすことができたら、後はものを「増やさないようにする」ことが大切です。
せっかく減らしても、また増えてしまっては意味がありませんよね。
なぜものが増えるのか、その理由を考えてみてください。
必要のないものを買ってしまう、ということはありませんか?
ものを買う前に、いったん冷静になって「本当に必要なものか」を考えるようにしてください。
似たようなものを持っていないか、ないと困るものかを考えて、本当に必要なものだけを買うようにしましょう。
また、1つ買ったら1つ捨てるなど、自分なりのルールを作ることもおすすめです。

2-3.ものが減ることで得られるメリットを知る

ものが減るとさまざまなメリットを得ることができます。
まず、部屋がスッキリするでしょう。
希望どおり、狭い家でも広く見せることが可能になります。
そのほかにも、以下のようなメリットがあるでしょう。

  • 使いたいときにすぐ使えるようになる
  • ものをなくすことがなくなる
  • いつでも部屋に人を呼べる
  • ものを買うための時間とお金を節約できる

3.不用品の処分方法

最後に、不用品の処分方法をいくつかご紹介します。
「処分するのが面倒でそのままにしていた」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.自治体のゴミ回収サービスを利用する

まず思い付くのが、自治体が回収するゴミとして捨てる方法でしょう。
自分で分別をして、指定の曜日にゴミ捨て場に持って行くことになります。
ゴミの分類や捨て方については自治体によってルールがあるため、事前に確認が必要でしょう。
また、粗大ゴミとして捨てる場合は、事前にシールを購入することになります。
料金についても確認しておきましょう。

3-2.リサイクルショップやネットオークションで売る

「まだ使えるので捨てるのがもったいない」というときは、捨てる以外の方法を考えましょう。
売る方法としては、リサイクルショップやネットオークションを利用するのがおすすめです。
できるだけきれいな状態にして、少しでも高く売れるように工夫しましょう。

3-3.不用品回収業者を利用する

処分したいものが大量にある場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。
状態の悪いものは回収、よいものは買い取りしてくれるため、確実に処分することができるでしょう。
しかも、希望の日時に自宅まで回収に来てくれます。
自分で持ち運ぶことも分別する必要もないため、とても便利でしょう。
不用品回収業者を利用する際は、悪質な業者を選ばないためにも、慎重に業者選びをしてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
狭い家でも工夫しだいで広く見せることも、快適に暮らすことも可能なのです。
あなたもシンプルライフを手に入れて、スッキリとした毎日を送ってみませんか?
そのためのアイデアはたくさんあるはずですよ。