【必見】引越しごみ・不用品の処分方法とは?効率的な片付け方を紹介

引っ越しは不要になったごみを片付ける絶好の機会です。しかし、「大量のゴミや不用品の処分がわからない」「引越しごみの処分が面倒」と困っている人は多いでしょう。間違った方法で引越しのごみを処分してしまえば、トラブルにまきこまれてしまいます。そこで、これから引越しのときに出るゴミの種類や回収方法、注意すべき家電の処分など詳しく説明しましょう。

  1. 引越しのときに出るゴミとは
  2. 引越しに出るごみ捨て方~自治体編~
  3. 引越し業者による回収
  4. 注意すべき家電5つ
  5. リサイクルショップの利用について
  6. 不用品回収業者に頼む場合
  7. 引越しのごみに関するよくある質問

この記事を参考にすれば、引越しに出るごみの正しい処分方法がわかります。引越し当日に慌てないためにも知識を身につけて、上手に引越しの片付けをしましょう。

1.引越しのときに出るゴミとは

要らないものを一気に片付けられる引越しでは、不用品が大量に出てきます。引越しのときに出るゴミとは、一体どんなものがあるのでしょうか。

1-1.可燃物

燃えるごみである「可燃物」は普通のゴミ捨て場に処分してOKです。しかし、引越しの場合、可燃物の量が膨大になるでしょう。いっぱいになった可燃袋を何個もゴミ捨て場に置いてしまっては近所迷惑になります。近所迷惑にならない量ならいいですが、大量にある場合は燃えるゴミでも処分方法を考えなければなりませんね。

1-2.不要な電化製品

そろそろ寿命がくる電化製品は引越しで処分してしまいましょう。引越し当日になって処分すると慌ててしまうため、事前に処分したい電化製品を決めておくといいですよ。引っ越しの片付けのコツは準備期間をたっぷり設けることが大切なポイントになります。処分するための時間をつくれば、欲しがっている人に譲ることもできるでしょう。

1-3.大型家具

電化製品と同じく、引越しで大きなゴミになるのが「大型家具」です。引越しで出る不用品の中でも大型家具は処分に困ってしまいます。テーブル・ベッドなどは自治体の粗大ゴミとして出せるものです。しかし、自治体によってサイズに制限があるため事前に確認しておかなければなりません。

1-4.その他

不燃ごみや空きビン、缶などは引越し当日までにすべて処分しておきましょう。不燃ごみや粗大ごみは毎週回収してくれるとは限りません。毎月1回~2回と処分日が決まっています。1度逃してしまえば処分するまで時間がかかってしまうでしょう。

2.引越しに出るごみの捨て方~自治体編~

引越しに出るごみの中には自治体で処分できるものがあります。主に、可燃物、家電、大型家具の3種類別に自治体での処分方法について見ていきましょう。

2-1.可燃物

可燃物の場合、自治体で定められている袋に入れて処分できます。ただし、可燃物が大量にある場合は処分に注意が必要です。

2-1-1.可燃物の回収日

可燃物の回収日は地方によって異なります。ほとんどの地方では週に2回~3回の回収になるでしょう。指定されているゴミ捨て場に可燃物をまとめた袋を持っていけば、決まった日時に回収車がやってきて回収してくれます。

2-1-2.可燃物が大量の場合

可燃物が大量にある場合、一般のゴミ捨て場では迷惑になります。そのため、直接ゴミ処理場に持っていくか、または自治体に依頼してください。ただし、自治体に回収を依頼する場合、運搬費用がかかります。ゴミの処分費用を抑えたい人はゴミ処理場への持ち込みがおすすめです。

2-2.電化製品について

自治体では捨てられる電化製品とリサイクルすべきものがあります。自治体で処分できない家電もあるため、間違った方法で処分しないよう知識を身につけておきましょう。

2-2-1.捨てられるもの

家電リサイクル法の対象品目とエアコン以外の電化製品であれば、ほとんどの自治体で捨てられるでしょう。不燃物のごみ収集袋に入るものは自治体が回収してくれます。ただし、サイズが大きい家電製品はごみ収集袋に入りません。不燃物ではなく粗大ごみの分類になるでしょう。

2-2-2.リサイクルすべきもの

リサイクルすべき家電製品は家電リサイクル法の対象になっているものです。対象品目は冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、テレビの4品目になります。対象品目は自治体での処分ができません。メーカーの回収か、または小売業者の回収、回収業者の利用になるでしょう。

2-2-3.処分方法

自治体で家電製品を処分する場合、粗大ごみは「粗大ごみシール」を購入する必要があります。粗大ごみシールは地方の商店やスーパーで購入でき貼りつけてからでないと回収されません。また、粗大ごみは指定場所までの運搬が必要です。運搬が難しい場合は自治体に相談してみてください。小型家電の処分方法は家電販売店や回収業者による回収、またはメーカーによる回収になります。

2-2-4.メリット・デメリット

自治体で不用品を処分するメリットは「費用が安く済むこと」です。粗大ごみの費用はおよそ500円~と安い費用で処分できます。ただし、指定場所まで運ばなければならない、回収日が決まっているなど時間と手間がかかるのがデメリットです。

2-3.大型家具など

大型家具を自治体で処分する場合、ほとんどの自治体で「粗大ごみ」に分類されます。大型家具は1人での運搬ができません。自治体で処分する際は、自分で指定場所に運ぶ必要があります。そのため、無理に運搬しないよう注意してください。

2-3-1.処分方法

大型家具の処分方法は粗大ごみのシールを購入して貼りつけ、指定場所まで運ぶ流れになります。自治体に依頼すれば自宅まで引き取りに来てくれるところもあるでしょう。しかし、引き取りの際に運搬費用を支払わなければなりません。

2-3-2.大きさ、解体、運搬などの注意点

また、大型家具は大きさに注意が必要です。粗大ごみは何cmまでと自治体ごとに制限されています。サイズを超えた場合、細かく分解しなければなりません。また、自治体の場合は運搬を自分たちでおこないます。テーブル、ソファー、本棚など大型家具の運搬は最低でも2人~3人必要です。無理に運び出してしまうとケガをする恐れがあります。運搬は十分に注意してくださいね。

2-4.その他

引越しで出たゴミを自治体で処分する際、時間に余裕を持った行動が大切です。粗大ごみや不燃ごみは回収日が決まっています。慌てて引越しの片付けを始める人も多いです。そのため、計画性を持って処分しなければなりません。

3.引越し業者による回収

引越し当日に処分したい不用品が出てきた場合、引越し業者に依頼する方法があります。引越し業者が回収してくれるものや料金、注意点について説明しましょう。

3-1.業者が回収してくれる場合、回収してくれるもの

引越し業者のほとんどが「不用品回収サービス」を実施しています。不用品回収サービスを利用すれば、引越し当日すぐに処分できると評判です。ちなみに、引越し業者が廃棄回収してくれるものは家電や生活雑貨、工具、衣類、ベビー用品、ブランド品、楽器、おもちゃなど幅広い品々になります。

3-2.引越し業者に依頼する料金

オプションサービスとなっている不用品回収サービスは、およそ4,000円~1万円です。ただし、回収する不用品の種類や量、大きさによって異なります。明確な費用が知りたい方は、事前に引越し業者に問い合わせてください。見積もりをきちんと確認したうえで依頼しましょう。

3-3.引越し業者に依頼する注意点

引越し業者に依頼する際、気をつけてほしいのが「回収できないもの」です。回収できないものは生ゴミや生活ゴミなどがあげられます。また、引越し業者の中にはエリアによって引き取りできないケースがあるでしょう。安心して依頼するためにも事前の準備が大切ですね。

4.注意すべき家電5つ

引っ越しの片付けが終わらない…という焦りから間違った方法で家電を処分する人が増えています。家電の中には注意すべき種類が5つあるので、しっかりチェックしていきましょう。

4-1.家電リサイクル法に定められた「捨てられない」家電

家電を処分する際、「家電リサイクル法」を必ず把握しておかなければなりません。家電リサイクル法とは、ごみの量を減らすこと、資源を有効活用することが目的の法律です。家電リサイクル法に定められているエアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫は自治体で捨てられない家電になります。使える家電は再利用にまわして使えない家電は部品に分解し有効活用するシステムです。

4-2.家電リサイクル法対象品目の処分方法

家電リサイクル法対象品目の処分方法は、「料金郵便局振込方式」と「料金販売店回収方式」の2種類があります。料金郵便局振込方式は郵便局にある家電リサイクル券に必要項目を記入して料金を支払う方法です。そして、家電を引き取ってもらいます。引き取りは自治体か、または購入した小売業者へ依頼してください。一方、料金販売店回収方式は回収をしている小売業者に家電リサイクル料金を支払い、回収してもらう方法です。詳細は、以下のURLで記載されているのでぜひチェックしてください。

家電リサイクル券センター:http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_procedure.html

4-3.注意点

注意すべき家電はエアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫のほかに「パソコン」があります。パソコンも自治体で処分できません。メーカーに回収してもらうか、または回収業者に依頼する方法で処分します。

5.リサイクルショップの利用について

「リサイクルショップ」の利用も引っ越しのごみ処理法です。そこで、どんなものが買取対象になるのか、リサイクルショップの依頼方法やメリット・デメリットなど説明します。

5-1.不用品のリサイクルについて

不用品のリサイクルはごみの量を減らすエコ活動です。リサイクルできるものはリサイクルにまわしてください。ごみの量を減らすと同時に、資源の再利用ができます。また、不用品をリサイクルにまわせば処分費用もかかりません。使えるものは積極的にリサイクルしていきましょう。

5-2.どんなものが買取対象か

ほとんどのリサイクルショップでは、使用できるものなら買取可能です。家電、大型家具、衣類、おもちゃ、ブランド品など多数の品目を買取しています。ただし、リサイクルショップによっては買取できないものもあるので事前にHPなどで確認しておきましょう。

5-3.リサイクルショップの依頼方法

リサイクルショップの依頼方法は、店舗によってさまざまです。一般的な方法は店舗への持ち込みになるでしょう。直接持ち込むと運搬費用がかかりません。ほかの方法としては、宅配買取、出張買取などがあります。宅配買取はダンボールに買取してもらいたい品物をつめるだけです。出張買取可能エリアなら、自宅にやってきて査定・買取してもらえるでしょう。

5-4.リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップのメリットはほとんどの品物を買い取ってもらえる点です。壊れていない限り、ほとんどのリサイクルショップで買い取ってくれるでしょう。しかし、買取価格が低いというデメリットがあります。リサイクルショップの店員はバイトが多いため、適切な買取価格を決める知識がありません。

6.不用品回収業者に頼む場合

不用品の回収だけでなく、業者の中には引っ越しの片付けをしてくれる業者もあります。不用品回収業者に依頼する場合の料金や選び方、メリットなど詳しく説明しましょう。

6-1.不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の選び方は「高価買取」「即日対応」「スタッフの対応」「サービス内容」が大きなポイントになります。せっかく買取をしてもらうのなら高い値段で買い取ってもらいたいですよね。いくつかの業者の見積もりを比較して、高価買取してもらえる業者を選んでください。また、引っ越しは急を要する場合が多いです。急な依頼でも対応できるかどうかもポイントになります。24時間365日対応できる業者なら安心して任せられるでしょう。スタッフの迅速な対応はもちろん、サービス内容にも注目して選んでくださいね。

6-2.不用品回収業者に依頼する際の料金

不用品回収業者に依頼する際、料金はおよそ1品3,000円~5,000円かかります。自治体でのゴミ処分料金より高くつきますが、買取を利用すれば処分費用を抑えることができるでしょう。買取できる不用品と回収してもらう不用品を踏まえたうえで、費用の合計を確認してください。

6-3.メリット

不用品回収業者に依頼するメリットは「時間短縮」です。即日対応の業者ならすぐにかけつけて回収してくれます。さらに、不用品を「一括で処分できる」のもうれしいメリットです。不用品の分別はすべて業者でしてくれるので手間もかかりません。また、「買取にも対応」してくれる点も不用品処分にはありがたいサービスになります。今すぐ処分したい、運び出すのが面倒…と感じる人はぜひ不用品回収業者を利用してください。

6-4.注意点

近年、悪徳業者とのトラブルが多発しています。悪徳業者に引っかからないためにも、都道府県から許可を得ている業者かどうか確認してください。不用品回収・買取をする業者は許可を取得しなければなりません。優良業者は公式HPに許可番号を記載しています。

7.引越しのごみに関するよくある質問

引越しのごみに関するよくある質問を5つピックアップしてみました。引越しのゴミ処分をどうするか悩んでいる人、引っ越しの片付けで困っている人はぜひ参考にしてください。

Q.効率的な引っ越しの片付け方とは?
A.まずは、要らないものと要るものに区別してください。そして、普段使わないものからダンボールにつめていきましょう。不要な大型家具や家電はできるだけ早めに処分したほうが片付けやすくなりますよ。

Q.引っ越しの片付けに対するやる気の出し方とは?
A.引っ越しの片付けをしていると途中で飽きるときがありませんか?一気に片付けるのではなくリビング、台所、洗面所など一か所ずつ片付けをしていきましょう。少しずつ片付けたほうがやる気が出てきます。

Q.引越しの片付けはいつからしたらいいか?
A.できるだけ早めに片付けをしたほうがゴミも処分しやすくなります。最低でも1か月前から地道に片付け始めてください。仕事でなかなか片付けられない人は休日を利用して片付けていきましょう。

Q.引越し買取価格をあげるポイントとは?
A.買取価格をあげるポイントは「キレイにすること」です。汚いままだと清掃に時間とお金がかかってしまいます。また、「まとめて処分すること」「付属品も一緒に用意すること」も買取価格アップにつながるものです。

Q.仏壇の買取・回収はできるのか?
A.不用品回収業者では仏壇の買取ができません。ただし、回収可能な業者はあります。買取・回収できるかどうか悩んでいる人は、1度業者に問い合わせてください。

まとめ

いかがでしたか?引越しで出るごみは大量だからこそ、時間に余裕を持って処分しなければなりません。まだ、使えるものはリサイクル・買取にまわして使えないものは正しい方法で処分してくださいね。効率的に引越しで出た不用品を片付けることができます。今すぐ処分したい、大量の不用品を一気に片付けたい場合は「不用品回収業者」を利用するといいですよ。自分の状況や環境に適した方法で引越しの片付けをしてくださいね。