老後は引っ越しをするべきか? メリットや準備の仕方についてご紹介

近年は、老後に引っ越しや住み替えを考える方が増えています。老後は現役時代と同等の収入を得ることが難しく、貯金や貯蓄を切り崩して生活費を工面することも多いでしょう。そこで、家の規模を縮小することで支出を減らし、ゆとりある老後を過ごそうと考えるのです。本記事では、老後の引っ越しについてご紹介します。

  1. 老後の引っ越しの理由とメリット・デメリット
  2. 老後の引っ越しを考える前に決めるべきこと
  3. 老後の引っ越しで直面する問題
  4. 老後の引っ越しに伴う不用品の処分方法
  5. 老後の引っ越しでよくある質問

この記事を読むことで、老後の引っ越しについてよく分かります。平均寿命が延びた今、安心して老後を過ごす手段として引っ越しを考えるのは1つの方法です。老後の引っ越しに関する知識を身につけ、慎重に計画を練りましょう。

1.老後の引っ越しの理由とメリット・デメリット

老後の引っ越しを考えるタイミングと、メリット・デメリットをご紹介します。

1-1.子どもの独立

現役時代にマイホームを購入したという方も多いでしょう。しかし、子どもが独立した後は、夫婦2人では広すぎてしまい、手入れが行き届かない・掃除が大変・維持費がかかるなどの問題も出てきます。一軒家だと庭などの管理も必要になるため、マンションなど規模が狭い住宅への住み替えを検討する方も多いものです。

1-2.家の老朽化

家の老朽化がきっかけで、住み替えを検討する方もいます。リフォームするより、同等の価格で購入できるマンションなどへ引っ越すほうが、老後は暮らしやすいケースがあるからです。

1-3.バリアフリーの導入を検討する場合

高齢になると、足腰が弱まり、階段や段差が事故につながる可能性があるでしょう。バリアフリー住宅はリビングだけでなく、バスルームやトイレなども滑りにくい加工を施した設計になっています。健康なうちにバリアフリーに特化した住宅に引っ越すケースもあるでしょう。

1-4.老人施設などへの入所に備えるため

熟年離婚で独身となる方や、生涯おひとりさまで暮らす方もいます。将来介護や療養が必要になった場合、老人施設への入所を考えなければなりません。体が動かなくなる前に施設に入り、安心して老後を迎える準備を整えたいというニーズも増えてきています。

1-5.固定資産税を抑えられるのがメリット

マイホームを維持するためには、毎年多額の固定資産税がかかります。年金支給があっても生活費が不足気味という家庭が多く、固定資産税が負担になるケースがあるのです。マンションなどに引っ越すことで、固定資産税が十数万円減少したという例もあり、老後の資金繰りの不安がなくなるでしょう。

1-6.引っ越し作業が負担になるのがデメリット

高齢になってからの引っ越しは、肉体的負担が大きい作業です。不用品の処分やこん包に加え、新居探しなどもしなければなりません。なるべく体力があり、自由に動ける段階で引っ越しを検討するようにしましょう。

2.老後の引っ越しを考える前に決めるべきこと

老後の引っ越しは、きちんと将来を見据えた計画を立てて実行するのが理想です。引っ越し前に決めるべきことを覚えておきましょう。

2-1.老後にどのような暮らしがしたいのかを具体的に考える

老人施設への入所を考えている・子どもが住む地域に引っ越したい・地方もしくは都心部への移住を希望するなど、人によって老後の暮らし方は異なります。そのため、どのような暮らしを望んでいるのかを明確にし、引っ越し先や住宅の規模などを考えることが大切です。また、具体的な時期も検討しましょう。

2-2.引っ越し先について具体的な構想を練る

引っ越し先は慎重に検討しましょう。引っ越し先の自治体で行っている福祉サービス・税金以外に、医療機関やスーパーなどが備わっていることも重要なポイントです。マンションの場合は、管理費や修繕積立金などについても下調べをし、毎月いくらの出費があるのかを計算しておきましょう。施設に入る場合は、利用料以外にかかる出費や用意すべきものなどもあらかじめ確認してください。

2-3.家の売却手続きも必要

マイホームの売却ができれば、老後の資金を作ることができます。引っ越し時の費用にあてることもでき、生活費の不安も緩和されるでしょう。売却しない場合は賃貸にする方法もあります。資産としてマイホームを所有したまま、家賃を収入源にすることも可能です。しかし、賃貸の場合、借り手がつかない期間が出てくるリスクがあることも想定しなければなりません。

2-4.新居や引っ越しのために資金を準備する

引っ越し時期に合わせてマイホームの売却を急いだ場合、価格が下がる可能性があります。新居の購入資金や引っ越し費用はなるべく貯金や貯蓄から工面するようにしましょう。資金にゆとりがない場合は、不動産会社の買取システムを利用すると便利です。不動産会社は売買の仲介を行っているため、マイホームの買取をしてくれます。ただし、買取価格は相場より下がる傾向があるので、短期間で資金源を得たい場合に適した方法でしょう。退職金を資金に引っ越しを考える方もいます。

2-5.生前整理を兼ねるつもりでものを見直そう

長年暮らしたマイホームには、家族の思い出とともにたくさんの荷物があります。マイホームよりコンパクトな住宅に住み替えるのであれば、生前整理を兼ねてものの見直しを行いましょう。家具や家電なども、新居には大きすぎると感じるようなら、処分や買い替えを検討してください。不要なものは買取などを利用して処分したら、わずかでも収益を得ることができます。

3.老後の引っ越しで直面する問題

老後の引っ越しは、若い世代との違いを実感することが多いものです。具体的にどのような問題があるのかをご紹介します。

3-1.荷物が多くて処分やこん包で苦労する

独立した子どものものや長年抱え込んでいるものなど、マイホームには多くの荷物があります。ものを1つずつ確認し、処分や買取に出す作業はとても負担が大きいものです。時間もかかかるため、引っ越しに不安を感じてしまうケースもあるでしょう。

3-2.体力に限界を感じる

引っ越しは、誰にとっても大変なイベントです。年齢を重ねるごとに体力も減少していくため、思うように作業が進まないと感じることもあるでしょう。自分たちだけで抱え込まず、子どもの手を借りるなどの方法を考えてみてください。

3-3.新居探しやマイホーム売却などに難しさを感じる

引っ越し先が遠方である場合、新居探しで足を運ばなければなりません。旅費などもかかることから、資金面での不安を抱くケースもあります。また、マイホームの売却がうまく進まず、引っ越しは難しいのではないかと心配になる方もいるでしょう。

3-4.自分で引っ越しをする場合はなるべく荷物を減らすのがコツ

自分で引っ越しを行う場合は、なるべく身軽な状態にしておくことが大切です。そのためには、必要品だけを残し、思いきって断捨離を実行することがポイントになります。荷物の量が減れば、コンパクトなマンションや施設に入所しても、ものの置き場所で困ることがないのに加え、引っ越しにかかる費用も削減できるのがメリットです。

3-5.引っ越し業者のおまかせプランを利用する方法もある

引っ越し作業は肉体的負担が大きいため、こん包や荷ほどきなどの作業を業者に依頼するプランを活用する方法もおすすめです。ただし、オプションプランとなるので、引っ越し費用に料金が上乗せされてしまいます。資金にゆとりがある場合に限られてしまうのが難点です。手伝ってくれる人がいない・時間的制約がある・自分だけでは作業が進まないといった場合に利用するといいでしょう。

4.老後の引っ越しに伴う不用品の処分方法

老後の引っ越しでは、大量の不用品が出ることが予想されます。不用品の処分方法を覚えておきましょう。

4-1.業者を利用すれば体力を温存できる

不用品の処分は、時間と体力を費やす作業です。買取に出す場合でも、ショップに持ち込んで査定を受けなければならず、高齢者にとっては負担となってしまいます。そこで、業者を利用して不用品の処分を行えば、時間の短縮になるだけでなく、体力を温存することができるのです。高齢者は環境の変化で体調を崩してしまうことがあります。なるべく体力を残しておき、元気な状態で引っ越しができるようにしておくことが大切です。

4-2.不用品回収業者なら処分以外に買取も可能

リサイクルショップでも不用品の買取を行っています。しかし、状態や年式などを細かくチェックされるのに加え、査定時は持ち込みが必要など、大量の不用品を処分するのには適していません。まとめて不用品を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。不用品回収業者なら、処分以外に買取も可能で、まとめて処分すると回収費用が安くなるプランもあります。大量の不用品でもリーズナブルな料金で処分することができるため、コストダウンにつなげることができるのがメリットです。訪問回収をしてくれるため、運搬の手間を省くことができます。

4-3.不用品回収業者の料金相場を調べる方法

処分する不用品の量や買取できるかどうかで、回収費用には差が生じます。料金の相場を調べるためには、複数の業者から見積もりを出してもらい、回収費用や買取価格などを調べる方法がおすすめです。業者は、インターネットで「不用品回収 地域名」と検索すれば出てきます。クチコミや評価のいい業者をピックアップし、見積もりを依頼しましょう。

4-4.業者は対応や見積もりの書き方などをチェックして選ぼう

業者を選ぶポイントは、問い合わせ時の対応や見積もりの書き方などにあります。迅速で丁寧な対応をしてくれる業者には、安心感を抱くことができるでしょう。また、中には大まかな金額だけを記載する業者もいます。作業内容や具体的な内訳が把握しにくく、まれに追加料金を請求されてしまう事例もあるため、細かな内容をきちんと記載してくれる業者を選んだほうがいいでしょう。

4-5.廃品回収車はトラブルが多いので利用しないこと

不用品の無料回収を謳(うた)う廃品回収車は、事業所を構えずに営業している無許可の業者が多いため、トラブルも増加傾向です。法外な料金請求・不法投棄などが起こり得ます。無料という言葉に惑わされず、信頼できる業者を探すことが大切です。

5.老後の引っ越しでよくある質問

老後の引っ越しに関する質問を集めました。

Q.老後の住み替えで中古住宅を購入する場合の注意点とは?
A.中古住宅を購入する場合は、耐震基準を満たしていることを確認してください。2000年の建築基準法の改定に伴い、耐震基準が変更されているのでチェックしておきましょう。

Q.老後に引っ越すなら一戸建てとマンションのどちらがいいのか?
A.どちらがいいともいいきれません。高齢になったときを想定し、住みやすさを優先して選ぶようにしましょう。一戸建ては隣家の音なども気にならず、プライバシーが守られるのがメリットです。しかし、庭の手入れや階段などが負担になるケースもあります。マンションの場合、エレベーターがあり、バリアフリー化されているかどうかもポイントです。

Q.子どもがいない夫婦の場合、老後はどのように考えたらいいのか?
A.子どもがいない場合は、医療や介護を受けることができる老人施設への入所を考えておいたほうがいいでしょう。老人施設では、見学会や体験入所なども行っています。雰囲気やサービスなどを確認するために参加する方法がおすすめです。

Q.老後の引っ越しは何歳ぐらいから考え始めるべきか?
A.早い方では、50代から老後について考え始めます。ゆとりを持って計画を立てることができるよう、体が自由に動くうちから老後の引っ越しや住み替えを考えてみてください。

Q.老後の引っ越し先選びは、間取りや利便性以外に考慮するポイントはあるのか?
A.日照条件・通気性などもポイントです。日照条件がいい住宅なら、冬でも暖かく過ごすことができます。老後は生活費を抑えなければならないケースが多いため、光熱費削減につながるポイントは妥協せず、引っ越し先を探しましょう。

まとめ

老後は、節約や暮らしやすさなどを求め、住み替えを検討する方が増えています。老後の引っ越しをする際は、マイホームの売却や引っ越し先のリサーチなどが必要です。どのような暮らし方をしたいのかを明確にし、計画を立てて引っ越しを進めるようにしましょう。老後の引っ越しをするときは、思いきって断捨離をする方法がおすすめです。ものが少なくなれば、引っ越し作業も楽になります。