明日から実行できる! リビングの収納アイデアを一挙紹介!

「リビングがごちゃごちゃして片づかない」「すっきりとしてくつろぎやすいリビングを目指しているが、うまくいかない」などの悩みを抱えている人は、多いことでしょう。リビングは家族全員がくつろぐ場所だからこそ、さまざまなものが集まりやすく、気を抜くとごちゃついてしまいがちです。

今回は、リビングがすっきりと片づいて使いやすくなるアイデアを紹介しましょう。

  1. リビングの収納で悩みがちなこと
  2. リビングのものをすっきり収納するために気をつけるポイント
  3. リビングをすっきりと見せる収納アイデア
  4. リビングの収納に関するよくある質問

この記事を読めば、リビングがごちゃつかないコツもよく分かります。リビングの収納方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.リビングの収納で悩みがちなこと

はじめに、リビングの収納に関する悩みごとのうち、代表的なものを紹介します。

1-1.ものが多すぎる

前述したように、リビングは家族全員が集まる家の中心です。くつろぐほか、勉強をしたり遊んだりすることもあるでしょう。ですから、勉強道具・遊び道具・趣味の品などが自然と集まり、ごちゃつきやすくなってしまいます。片づけようとしても家族が反対してそのまま、ということもあるでしょう。

1-2.収納スペースが少ない

リビングは家の中で最も広い部屋ですが、押し入れやクローゼットのような作りつけの収納スペースがある家はまれです。そのため、収納家具の選び方に悩む人も多いでしょう。収納家具の置き場所や種類で、部屋の印象もがらりと変わってしまいます。

1-3.収納家具の中でものが行方不明になる

収納家具を選び間違えると、どんなに収納力があるものでもうまく収納ができません。その結果、「とにかく目についたものを空いたスペースに突っ込む」など、乱暴な収納をしがちです。そうなると、見た目が悪いのはもちろんのこと、収納家具の中でものが行方不明になることもあるでしょう。

2.リビングのものをすっきり収納するために気をつけるポイント

この項では、リビングの収納を上手に行うために知っておきたいポイントを紹介します。

2-1.ものはできるだけ減らす

リビングには、ソファーやテレビといった大型の家具や家電を置く家も多いはずです。すると、広く思えるリビングも収納に使えるスペースは意外と狭くなります。リビングに置くものは基本的に家族全員で使うものだけにして、個人の持ち物はできるだけ専用のスペースに置くようにしましょう。

2-2.収納家具は背の低いものを選ぶ

天井まである大きな収納棚は、リビングに置く収納家具として人気があります。しかし、大きい家具は圧迫感があって部屋が狭く感じられるでしょう。また、背の高い収納棚は上のほうがデッドスペースになりがちです。むしろ、背の低い収納家具を置いたほうが使いやすく、部屋も広く見えるでしょう。

2-3.むやみに収納家具を増やさない

収納家具を増やせば、それだけ部屋が狭くなります。収納家具を増やすよりものを減らすことを考えましょう。また、どうしても収納家具を増やす場合は、入れるものを考えて収納しやすいものを選んでください。「ものが増えたから収納家具も増やす」という考え方では、いつまでたっても片づきません。

3.リビングをすっきりと見せる収納アイデア

この項では、片づけやすくすっきり見える収納アイデアを紹介します。

3-1.同じ収納ボックスやバッグに個人のものを入れる

収納棚やボックスが同じ色と素材でそろっていれば、それだけですっきりと見えます。そこで、同じ収納ボックスやカゴ・バッグを家族に1つずつ用意し、そこに個人のものを入れましょう。「これに入らないものは、リビングに置かない」と決まりを作っておけば、持ち物の整理もしやすくなります。

3-2.一時的なもの置き場を作っておく

期間限定で必要なものは、テーブルやイスの上につい置きっぱなしになって部屋が散らかる原因となります。そこで、期間限定で必要なものを収納する場所を作っておきましょう。引き出しを1つ専用に作ってもいいですし、書類ボックスを利用してもいいですね。そうすれば、「迷ったらここに置く」という習慣がつき、部屋が散らかりにくくなります。

3-3.子ども用の収納は入れるだけで完了するようにしておく

片づけは、プロセスが多いほど面倒くさくなります。子どものおもちゃは大きなカゴを用意して放り込むだけにするなど、1ステップで完了するようにしましょう。そうすれば、片づけもしやすくなります。

3-4.基本的には隠す収納を心がける

見せる収納はオシャレですが、片づいた状態を24時間キープできる自信がなければ難しいでしょう。それならば、ふたつきのボックスや中が見えないカゴなどを複数用意し、その中にものをしまったほうが統一感が出てすっきりし、片づけまでのステップが簡単です。

3-5.収納場所は常に3割の空きを作っておく

収納家具にぎっしり隙間なくものを詰め込んでおくと、新しいものを入れる隙間がありません。収納場所には常に3割の空きを作っておきましょう。そうすれば、ものを増やしてもすぐに「置き場所がない」と困ることはありません。また、収納場所の空きが3割を切ったら持ち物を整理するように決めておけば、「いつの間にかものが増えた」と悩むこともなくなります。

3-6.床・机・イスの上にものを置かない

床・机・イスの上にものを置き出すと、あっという間に部屋が散らかってしまいます。勉強や遊びが終わったら、ものを片づける習慣をつけましょう。夜寝る前に机・イス・床の上を何もない状態にするのが理想です。

4.リビングの収納に関するよくある質問

この項では、リビングの収納に関するよくある質問を紹介します。

Q.定期的にリビングも模様替えをしたいのでリビングの収納にカラーボックスを利用したいのですが、安っぽいでしょうか?
A.カラーボックスを利用するなら、壁紙の色に合わせると統一感が出ます。また、扉つきのものを利用したり仕切りのサイズに合わせたボックスを入れたりすれば、収納したものが目に触れずすっきりと見えるでしょう。

Q.コード類が床にたくさん伸びていて、どうも見た目がよくありません。
A.コード類は家具の裏側に設置したり、ボックスの中に入れたりして隠す工夫をしてみましょう。

Q.中が収納ボックスになっているイスを使えば、たくさんものが収納できそうです。
A.確かにそうですが、収納ボックスになるイスはデザインが限定されるだけでなく、場所を取ります。ですから、ソファーを置きたいと思っている場合は、別の収納方法を考えてみましょう。

Q.白色でリビングを統一したいのですが、おもちゃがカラフルすぎて浮いてしまいます。
A.その場合は、おもちゃを1か所に集めましょう。そうすれば、「差し色」として使えます。また、収納場所に白いカバーをかけるなどしてもいいですね。

Q.家族が整理整頓に協力的ではなく、疲れてしまいます。
A.この場合は、散らかったものは問答無用で割り当てられたボックスやカゴに入れてしまいましょう。個人のものを収納する場所さえ決まっていれば、片づけかたに悩むこともなくなります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、リビングをすっきりキレイに見える収納のコツなどを紹介しました。リビングのオシャレ収納術はたくさんありますが、片づけが苦手な人は、できるだけ少ないプロセスで片づけられるようにカゴやボックスをフル活用しましょう。1ステップで片づけば、子どもでも片づけが苦ではなくなります。