スタッドレスは何シーズンもつの?車のタイヤ…寿命を見極める方法

タイヤ寒冷地では、そろそろタイヤ交換の時期がやってきます。
そのたびに悩むことと言えば「まだこのタイヤで大丈夫なのだろうか…」という問題でしょう。
タイヤにも寿命があります。
買い替えの目安を知らなければ、危険な状態で運転を続けることになってしまうでしょう。

そんな人たちのために、タイヤの寿命や処分方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 車のタイヤは何年が寿命?
  2. スタッドレスタイヤの寿命は?
  3. タイヤの処分方法
  4. まとめ

1.車のタイヤは何年が寿命?

1-1.タイヤの寿命は5年

「タイヤの寿命は何年か?」という疑問を持つ人は多いでしょう。
もちろん、車の使用頻度や使用状況によって寿命は異なります。
また、銘柄によっても長持ちするかどうかは変わってくるでしょう。
実は、車のタイヤは、全く走行していない状態でも劣化します。
その理由は、経年によるものです。
一般的に、タイヤの寿命は5年と言われています。
しかし、もっと早く寿命を迎えてしまうタイヤもあるでしょう。

  • 急ブレーキや急発進、急ハンドル
  • ブレーキとアクセルの頻度が高い
  • 車の荷重が重い
  • 高速走行が多い
  • 空気圧が適正でない
  • タイヤのローテーションをしていない
  • 洗剤やワックスをよく使う
  • 直射日光が当たる場所に保管する

以上が、タイヤの劣化を早める要因です。
当てはまる点が多い人は、早めにタイヤの劣化をチェックする必要があるでしょう。

1-2.走行距離による目安

タイヤの寿命は、もちろん走行距離によっても変わってきます。
では、何キロくらい走ったら、そのタイヤは寿命を迎えることになるのでしょうか。
走行距離においての目安は、車種や道路状況によって異なります。
覚えておいてもらいたいのが「一般的な新品のタイヤで、ゴムが1ミリメートル摩擦するのに5,000キロメートルかかる」ということです。
このことから計算すると、交換時期の目安は短くて30,000キロ、長くて65,000キロということになります。

1-3.タイヤの状態による目安

大切なのは、年数や走行距離よりも、タイヤの状態を見極めることです。
購入から2~3年しかたっていなくても、走行距離が短くても、タイヤが劣化する可能性はあるでしょう。
まずは、スリップサインを確認してください。
タイヤのスリップサインが出るのは、残りの溝が1.6ミリメートル以下になったときです。
このような状態になると法律違反となり、車検も通りません。
タイヤを買い替える目安としては、残りの溝が3ミリメートル程度になったとき、と考えておきましょう。
ギリギリまで使用すると、危険な状態になってしまいます。
また、ひび割れについてもチェックしておきましょう。
特に、屋根のない場所に車を保管している場合、酸性雨や紫外線の影響で、タイヤのひび割れが起こりやすくなります。

2.スタッドレスタイヤの寿命は?

2-1.スタッドレスタイヤの寿命は3年

スタッドレスタイヤに交換するのは、11~12月上旬ごろでしょう。
つまり、実際にスタッドレスタイヤで走行するのは4か月程度。
「一体何シーズン使うことができるのか?」と疑問に思う人は多いはずです。
一般的に、スタッドレスタイヤの寿命は3シーズンと言われています。
3シーズン以上たったスタッドレスタイヤは、表面が固くなってくるのです。
タイヤが固くなると、凍結した路面で止まりにくくなります。
大きな事故を引き起こす危険性もあるということを忘れずに、買い替えを検討するようにしましょう。
たとえ走行距離が短くても、経過した月日を重視するようにしてください。

2-2.寿命を溝でチェックする

安全に使用するために、スタッドレスタイヤは1シーズンごとに溝をチェックしておくべきです。
スタッドレスタイヤの溝とは、いわゆる「プラットホーム」のこと。
プラットホームは全部で4か所あり、タイヤの溝が残り50%になると出てきます。
プラットホームが出たタイヤは、法律でスタッドレスタイヤとして使用することができないのです。
ただし、溝が深くても、固くなってしまったスタッドレスタイヤは危険。
ガソリンスタンドなどで、定期的にゴムの硬度をチェックしてもらいましょう。

3.タイヤの処分方法

3-1.ネットオークションで売る

使わなくなったタイヤをネットオークションで売る人は少なくありません。
自分にとっては価値のないものでも、お金を払ってでも欲しいと思う人はいるのです。
タイヤを集めているコレクターにとって、今では手に入れることの難しい種類のタイヤは貴重品。
高額で売れる可能性もあるでしょう。
ネットオークションのメリットは、何と言ってもその利用者数の多さ。
あなたのタイヤを欲しがっている人を、きっと見つけることができるでしょう。

3-2.中古の車用品店に相談する

中古の車用品を取り扱っているお店に相談してみてください。
購入から2~3年しかたっていないタイヤであれば、買い取ってもらえる可能性があります。
ただし、ゴムの減り具合によっては買い取り不可になる場合もあるでしょう。
買い取りはしてもらえなくても、処分してもらえるお店もあります。
処分費がかかるため、事前に問い合わせてみてください。

3-3.不用品回収業者に依頼する

「お金がかかってもよいのでタイヤを処分したい」という人におすすめなのが、不用品回収業者です。
メリットは、自宅まで回収に来てもらえるという点。
タイヤは重たいものです。
1人で運ぶのは大変な作業でしょう。
自宅まで取りに来てもらえるなら、人手がなくても安心ですよね。
回収費用は業者によって異なります。
事前にいくつかの業者に見積もりを依頼し、比較してから決めるとよいでしょう。
まとめて処分を依頼した方がお得なため、ほかにも処分したいものがないか確認してみるのがおすすめです。

4.まとめ

タイヤの寿命についてご紹介しました。

  • 車のタイヤ…寿命は何年?
  • スタッドレスタイヤの寿命は?
  • タイヤの処分方法

「タイヤの寿命について知りたい」「買い替えるべきか迷っている」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。