トリマーを買取してもらう方法を知りたい! 高く売るコツを詳しく!

「新品に買い替えたので、不要になったトリマーを買取に出す方法を知りたい」とお考えではありませんか。不要になったトリマーは、保管場所を圧迫します。それに、まだ十分に使えるのなら買取してもらいたいですよね。しかし、実際にどんなものが高く売れるのか、どこに依頼するべきなのかなど、知らないことも多いでしょう。

そこで今回は、トリマーを買取に出す方法やコツを詳しく解説します。

  1. トリマーは買取してもらえる?
  2. 買取してもらえるトリマーの条件は?
  3. トリマーを売る前に確認しておくべきことは?
  4. トリマーの買取先でおすすめのところ
  5. トリマーの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、トリマーを買取に出す方法やコツがよく分かります。できるだけ高く買取してもらうためにも、記事を読んでみてください。

1.トリマーは買取してもらえる?

最初に、トリマーの中古需要などを見ていきましょう。

1-1.木材の仕上げに欠かせない電動工具

トリマーとは、木工用電動工具のひとつで、主に木材のふち取り加工をするためのものです。工具の先端に、ピットと呼ばれる部品を取りつけ、「面取り」や「溝切り」を行います。木工加工の仕上げに欠かすことができないもので、高機能なものを中心に人気です。

1-2.トリマーは中古需要の高い電動工具

トリマーは、中古需要の高い電動工具のひとつです。たとえば、設備投資をしたいけど経費を抑えたい企業などからの需要があります。また、DIYが趣味の人など、中古品でトリマーを安く欲しいという人もいるでしょう。人気ブランドのトリマーは、新品で1個数万円程度するものも多くあります。中古でも状態がいいものなら、十分だと考える人が多いのです。

2.買取してもらえるトリマーの条件は?

買取してもらえるトリマーにはどんな条件があるのか詳しく見ていきましょう。

2-1.トリマーの人気ブランドや種類は?

トリマーの買取で特に人気が高いブランドは、以下のようなものです。

  • マキタ
  • 日立
  • ボッシュ
  • リョービ

2-2.業者の査定や落札相場を参考にする

買取価格を調べるには、主に以下のような方法があります。実際には、トリマーの種類や状態・中古市場での需要によって金額が大きく上下するので注意しましょう。

  • 業者の公表買取価格を参考にする
  • ネットオークションなどの落札相場を調べる
  • 業者に査定を依頼する

2-3.買取相場は新品の10~30%程度

トリマーの買取価格の一例は、以下を参考にしてください。買取相場は、新品の10%~30%程度です。

  • マキタ(3706BSK):~10,000円程度
  • 日立(M6SE):~13,000円程度
  • ボッシュ(PMR500):~6,000円程度

なお、査定金額は状態・付属品の有無・中古市場での需要を総合的に判断して決まります。実際には、業者に査定を依頼して確認するといいでしょう。

3.トリマーを売る前に確認しておくべきことは?

トリマーを買取に出す前には、いくつか確認しておくべきことがあります。

3-1.不人気メーカー・故障品などは買取不可

以下のようなトリマーは買取不可となるでしょう。

  • 故障しており修理不可
  • ひどい汚れや破損がある
  • 不人気ブランドや海外製の粗悪品
  • 主要付属品の欠品
  • 年式が古すぎるもの

3-2.型番や製造年月を調べておく

買取に出す前に、トリマーの型番や製造年月を調べておきましょう。たとえば、以下のようなもので調べてみてください。

  • 品質保証書
  • 使用説明書
  • トリマー本体に付属するラベル

型番や製造年月の情報があれば、ネットや電話でも簡易査定を受けられることがあります。また、査定もスムーズに進むことでしょう。

3-3.キレイにクリーニングしメンテナンスしておく

トリマーを高く買取してもらうためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 木辺や木粉をキレイに取り除いておく
  • ピットなどの付属品・使用説明書などをそろえておく
  • トリマーの買取を強化している業者に売る
  • 不要になった時点でなるべく早く売る

4.トリマーの買取先でおすすめのところ

トリマーの買取先でおすすめのところを詳しく解説します。

4-1.工具専門買取業者に売る

まだ十分に使えるトリマーは、工具専門買取業者で買取してもらえます。工具専門買取に特化しているため、買取価格も高めで対応するメーカー・種類も豊富な点がメリットです。また、そのほかの工具を同時に買取してもらいたいときにも便利でしょう。まずは、業者の査定を受けてみることをおすすめします。

4-2.不用品回収業者でも買取してくれることがある

不用品回収業者の中でも、工具の買取をしているところならトリマーが売れる可能性があります。まずは、業者に確認してみるといいでしょう。なお、買取不可とされた場合でも引き取り処分を依頼できるので便利です。

また、工具に限らずさまざまな不用品を同時に買取してもらえるのもメリットと言えます。ただし、トリマー単体での買取依頼は、回収費用が1回につき数千円~かかることが多く、割高になるのがデメリットです。

4-3.ネットオークションは業者の出品が中心

ネットオークションでも、不要になったトリマーを売ることができます。ただし、多くが業者による出品となり、個人の出品は少ないのが現状です。しかし、必ずしもすぐに落札されるとは限らず、長期間出品したままになる可能性もあります。気長に待てる場合を除き、おすすめできません。

4-4.リサイクルショップは工具の買取をしているか確認を

リサイクルショップは、工具の買取をしているかどうかが重要なポイントです。多くのリサイクルショップでは、中古需要がないものは状態がいいものでも買取してもらえません。トリマーは、個人より企業からの中古需要が高いため、一般のリサイクルショップでは買取してもらえないところが多いのです。買取対象であっても、相場より大幅に低い金額を提示されることでしょう。

5.トリマーの買取に関するよくある質問

最後に、トリマーの買取に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.トリマーの買取はどんな業者に依頼するといい?
A.以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • トリマーなどの工具の買取実績が豊富
  • 見積もりは無料
  • 誠実な査定で定評がある
  • リーズナブルな回収費用
  • 指定日時・場所での回収が可能
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可などを取得済み

Q.未使用品でも動作確認してから売るべきか?
A.未使用の状態で買取に出しましょう。1回でも使用すると中古品扱いとなり、査定金額が下がってしまいます。

Q.付属品が欠品すると買取してもらえない?
A.トリマー本体だけでも買取してもらえる場合があります。ただし、欠品している付属品の内容によってマイナス査定となるでしょう。

Q.買取不可になったトリマーの処分方法は?
A.工具買取専門店の中には、買取不可のトリマーでも有料で引き取り処分してもらえることがあります。また、トリマー以外の不用品があるときは、不用品回収業者に依頼するのもいいでしょう。

Q.業者の査定金額に納得できない場合の対処方法は?
A.まずは、業者に査定理由を説明してもらいましょう。中には、単純に数字の記載ミスということもあります。また、付属品を添付したつもりが欠品していたものがあることもあるでしょう。なお、説明を受けても納得できない場合は取り引きを中止し、改めてほかの業者に査定を依頼するのもひとつの方法です。

まとめ

今回は、トリマーの買取について詳しく解説しました。不要になったトリマーでも、まだ十分に使えるものは買取してもらえるか確認しましょう。買取先としては、工具買取専門店・不用品回収業者・ネットオークション・リサイクルショップなどがあります。まずは、この記事を参考に高額買取のコツを学び、最も便利で高く売れる方法を探してみてください。