引越しの掃除が敷金に影響する! ? 覚えておきたい3つのポイント

アパートなどの賃貸物件を利用していた人が引越しをする場合、掃除や必要なものと必要ないものの整理など、なかなか大変です。掃除しようにも、どこから手を付ければいいのか分からなかったり、面倒だったりすることもあるでしょう。しかし、引越しにおける掃除は敷金返還にも影響してくる、大切なものなのです。そこで、この記事では引越しをするときの掃除ポイントをご紹介します。これから引越しを考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. 引越し時の部屋掃除について
  2. 敷金返還に影響する必須清掃ポイント
  3. 引越し時の不用品処分について

1.引越し時の部屋掃除について

退去時の掃除はなかなか大変なものです。隅々までしっかりやらないといけないのか…と、首を傾(かし)げている方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは退去時の部屋掃除についてお話していきます。

1-1.退去時は必ず掃除をしなければいけないのか?

結論から言うと、退去時の掃除は義務付けられているものではありません。しかし、退去時の部屋の状態によって、返還される敷金の額が異なってくるので注意が必要です。あまりにも汚い状態で退去してしまえば、当然敷金が返還されないどころか、追加料金を請求されてしまう可能性もあるでしょう。

1-2.大家負担と入居者負担の境界線について

通常、賃貸物件に入居するときは契約のときに原状回復が義務とされています。とはいえ、そこで生活する時間が長ければ長いほど、汚れや傷などが発生してしまいやすくなるでしょう。ここで気になってくるのが、原状回復をするための費用についてです。大家負担と入居者負担の間にある境界線は、具体的にどのようになっているのでしょうか。
簡単に説明すると、普通に生活を送っている中で生じた傷や汚れについての原状回復は、貸し主の負担となります。一方、入居者の過失や故意に付けてしまった傷や汚れなどは、入居者の負担となるのです。それでは、具体的な例をいくつか挙げて、より詳しく境界線をご紹介していきましょう。

壁の場合

日照りなど、自然現象が原因となって変色などが生じてしまった場合は、貸し主の負担となります。一方、ペットが傷つけてしまったりタバコによるヤニで変色してしまったり、カビを放置したことで変色してしまったりした場合は、入居者の負担となるでしょう。

床の場合

家具を設置したことで、その跡が付いたり、へこみが発生してしまったりした場合は貸し主の負担となります。一方、入居者がものを落としてへこませた場合や水をこぼしたときに放置したことで起こる変色などは、入居者が負担することになるでしょう。

台所

台所で最も気になるのは、冷蔵庫の後ろでしょう。冷蔵庫を置いた後ろ側の壁は、黒ずんでしまう可能性が高いです。しかし、これについては、貸し主の負担となるので問題ありません。むしろ、ガスコンロの油やススがひどかったり、換気扇が汚かったりすると入居者負担で原状回復を行うことになるでしょう。

2.敷金返還に影響する必須清掃ポイント

敷金はせっかく返還されるものですから、できる限り高い額返還してもらいたいですよね。そこで、敷金返還に悪影響を及ぼさないためには、どのようなポイントに気を付けて掃除を行えば良いのでしょうか。

2-1.床や畳の清掃ポイント

床や畳をキレイにするためには、掃除機をかけてから拭き掃除を行うのがおすすめです。床と畳、どちらの場合でも溝に沿って掃除機をかけるようにしましょう。これによって、溝にたまったホコリを掃除機で吸い取ることができます。
掃除機をかけ終わったら、フローリングの場合は水気をしっかり絞った雑巾で拭き掃除をしましょう。このとき、拭いた後の水気が気になる場合は乾いた雑巾でもう一度拭き直しするのがおすすめです。次に、畳の場合はお湯にぬらして絞った雑巾を使いましょう。畳には油分が付いてしまっていることが多いため、お湯を使った雑巾で拭き掃除をすることで、そうした汚れを取り除くことができます。

2-2.トイレの清掃ポイント

トイレは長年使っていると水アカや、便器・床の汚れが気になってきます。まず、貯水タンクや便器全体に付いている水アカを専用の洗剤を使って落としていきましょう。同じように、床も洗剤を使ってキレイにしていきます。入居者が男性の場合、壁にも尿などが飛び散っている可能性もあるため、壁の掃除もしっかり行ってください。

2-3.窓の清掃ポイント

窓を掃除するときに便利なのが、ぬらした新聞紙です。ぬれた新聞紙を使って窓拭きをすることで、新聞紙に付着しているインクがタバコのヤニまでしっかり落としてくれます。ぬれた新聞紙を使っても十分に汚れを落としきれない場合は、窓拭き用の洗剤を使ってみましょう。

2-4.浴室の清掃ポイント

浴室は水気が最も多い場所でもあるため、水アカやカビ、石鹸(せっけん)のカスなどさまざまな汚れが付着しています。市販で販売されている、浴室掃除専用の洗剤を使ってこれらの汚れをしっかり落としていきましょう。蛇口など金属の部分が錆(さ)びてしまっている場合でも、心配無用です。その場合は鉄の汚れを落とすのに適している漂白剤を用意しましょう。これをお湯で薄めた後、錆(さ)びているところに付けます。錆(さ)びのレベルによって15分から30分ほど放置したら、後は歯ブラシやタワシなどでこすれば簡単に取りのぞけるでしょう。

2-5.天井や壁の清掃ポイント

天井や壁などは、使われている壁紙によって特徴も異なるため、注意が必要です。最初に掃除機をかけてホコリを吸い取りきったら、固く絞った雑巾で拭いていきましょう。このとき、できればたたくように拭くのがおすすめです。また、壁紙によっては家庭用中性洗剤などを使うと変色してしまう場合もあります。気を付けましょう。

3.引越し時の不用品処分について

引越しをするときには、必ずといっていいほど色々な不用品が出てしまうでしょう。掃除で発生したゴミだけでなく、要らなくなった家具や洋服、カーテン、カーペットなどが大量に出ることも少なくありません。そのような不用品の処分不法について、ご紹介していきましょう。

3-1.リサイクルショップに持って行く

たくさん出た不用品の中から、まだ使えそうなものだけを選定してリサイクルショップに持って行く方法です。こうすれば、使えるものは捨てずにリサイクルできるので、環境にも優しいといえます。ただし、売れないゴミなどは別の方法で処分しなければならないので、注意してください。

3-2.ゴミとして出す

小さいものは普通のゴミとして、大きなものは粗大ゴミとして、きちんと分別して出しましょう。燃えるものと燃えないものはもちろん、危険物などもきちんと分別して出してください。また、粗大ゴミを処分する場合は各自治体の方法に従う必要があります。公式サイトをチェックして、適切な方法で出しましょう。

3-3.不用品回収業者に引き取ってもらう

上記でご紹介した方法よりも手っ取り早く不用品を処分したい場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。特に、買い取りも同時に行っている業者なら、まだ使える家具などは買い取りをしてくれる可能性もあります。もちろん、買い取りできないゴミなどの不用品も一緒に片付けてくれるので、手間もかからないのです。とにかくさっさと片付けてしまいたいという人には最もおすすめの方法と言えるでしょう。

まとめ

引越しの部屋掃除についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? それでは、今回ご紹介したことをまとめてみましょう。

  • 退去時の部屋掃除について
  • 敷金返還に影響する必須清掃ポイント
  • 引越し時の不用品処分について

以上のことを覚えておけば、いざ引越しをするとなっても、スムーズに掃除をすすめることができます。不動産や大家とのトラブルなく、スムーズで気持ちの良い引越しをするためにも、退去時の掃除はしっかり行っていきたいですね。