不要な製氷機は買取で処分! おすすめの理由と高額買取のポイント

使わなくなった製氷機を処分するなら、買取に出す方法を検討してみませんか? 飲食店などで必要不可欠な製氷機は、実は中古市場でも大変需要が高いのです。「中古の製氷機を探している」という人は非常に多いため、高く売れる可能性があります。「もう使わなくなったので処分したい」というときは、ぜひ買取に出す方法を考えてみてください。この記事では、製氷機の買取情報をまとめてご紹介しましょう。

  1. 製氷機について
  2. 製氷機の買取について
  3. 製氷機の買取方法
  4. 製氷機の買取を依頼する業者選び
  5. 製氷機の買取にかんするよくある質問

この記事を読むことで、製氷機を買取に出す方法がわかるはずです。ぜひ参考にして、お得に処分してください。

1.製氷機について

まずは、製氷機について知りましょう。

1-1.製氷機とは?

その名のとおり、氷を製造する機械のことです。冷凍装置によって水を冷却し、人工的に氷を作ります。スーパーの食品売り場や飲食品などに設置されており、氷をストックしているのです。

1-2.種類や大きさは?

製氷機は、大きく分けると「家庭用」と「業務用」があります。家庭用は製氷機能と保冷機能を備えているため、よくお酒を飲む家庭などではあると大変便利です。業務用は大型冷蔵庫並みのサイズで、大量の氷を作ることができます。さまざまな機能が付いているため、こだわって選ぶ人も多いでしょう。

1-3.どんなシーンで使われるのか?

製氷機を選ぶときは、どんなシーンで使用するのかよく考えることが大切です。家庭用製氷機は、ホームパーティーなどでも重宝します。業務用製氷機は、スーパーや飲食店などにおいて氷が必要なシーンで役に立つでしょう。生鮮食品の保存や冷たいメニューの提供が可能になります。

1-4.需要はあるのか?

実は、製氷機の需要は意外と高いのです。特に夏場の需要はますます高まります。業務用製氷機はもともとの値段が高いため、安く購入できる中古品を探している人も少なくないでしょう。

1-5.耐用年数は?

耐用年数は一般的に6年前後と言われています。もちろん、使用頻度や使い方によって、6年経過する前に寿命を迎えるものもあるでしょう。また、6年以上問題なく使い続けることができる製氷機もあります。しかし、購入から6年たったころから、不具合が発生することが多くなってくるのは確かです。故障しても修理するための部品がなくなっている可能性もあるため、買い替えを検討する必要が出てくるでしょう。

1-6.価格相場は?

価格相場は、サイズによって大きく異なります。小型タイプだと11万円程度、中型タイプだと15万円程度が相場です。大型タイプでは20万円以上するのが一般的でしょう。需要が高まる夏場は、価格が上昇する傾向にあります。購入するならこの時期を避けるとよいでしょう。

2.製氷機の買取について

製氷機を買取に出すにあたって知っておくべきことをまとめてみました。

2-1.中古品のニーズは?

特に業務用の製氷機はもともと高額なため、中古品のニーズは非常に高くなっています。飲食店を開店する人などが安くて状態のよい製氷機を購入する際、中古品の中から選ぼうとすることは珍しくないでしょう。そのため、高価買取を実施している業者は多くなっています。

2-2.買取してもらえる条件

以下のような条件がそろっている製氷機は買取してもらいやすいでしょう。

  • 問題なく動作するもの
  • 状態がきれいなもの
  • 人気ブランドのもの

動作に問題があるものや汚れが目立つものは、買取対象にならないこともあるため注意してください。

2-3.どこへ依頼すればよいのか?

買取の依頼は、リサイクルショップや不用品回収業者を利用するのが一般的です。持ち込める大きさなら、リサイクルショップですぐに査定してもらえるためその場で現金化できます。ただし、持ち込める大きさである場合状態によっては買取不可になることもあるため、再び持ち帰らなければならないということを覚えておきましょう。不用品回収業者については、調理設備の買取を強化しているところに依頼すれば高価買取してもらえる可能性もあるため、チェックしてみてください。

3.製氷機の買取方法

製氷機の買取方法をまとめてみました。

3-1.買取方法と流れ

不用品回収・買取センター」では、製氷機の回収や買取を行っています。まず無料見積もりを申し込み、その結果が届くのをお待ちください。見積もりの内容に納得できたら、訪問日時を決定しましょう。出張見積もりの結果、本契約となり、買取が決定します。その場で現金買取となり、製氷機の搬出が行われるという流れです。

3-2.査定と買取金額の相場

査定基準は業者によって異なります。メーカーやブランド、外観の汚れや破損、製造年月日などをチェックした上で、査定金額を決定することになるでしょう。まずは、相場を知っておくことが大切です。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較しておくとよいでしょう。

3-3.高額買取のポイント

高額買取のポイントは以下のとおりです。

  • 汚れを拭き取り、できるだけきれいな状態にしておく
  • 保証書などの付属品をそろえておく
  • 動作に異常がないか確認しておく
  • 製氷機の買取を強化している業者を選ぶ
  • 需要が高くなる夏前に買取に出す

上記のことを知っておくだけでも、査定金額は大きく変わってくる可能性があります。

3-4.注意点

普段からしっかりと手入れされている製氷機だと、業者が買取りした後で洗浄や修理をする手間を少なくすることができます。その分、買取金額が高くなる可能性は十分にあるでしょう。いつでも買取してもらえるように、日ごろからしっかりと手入れを行い、丁寧に使用することを心がけておくことをおすすめします。

4.製氷機の買取を依頼する業者選び

製氷機の買取を依頼する際は、業者選びを慎重に行いましょう。

4-1.業者選びのポイント

業者選びのポイントは、以下のとおりです。

  • 実績が豊富である
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 見積書の内容が明確である
  • 出張買取を行っている
  • 廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ている
  • スタッフの対応が親切で丁寧である

4-2.事前に準備しておくこと

スタッフが出張買取に来る前に、準備しておくことがあります。まず、水もれを防ぐために1日前には電源を切って水抜きをしておいてください。また、複数の不用品をまとめて売ると高く買い取りしてもらえる可能性があります。ほかにも処分したいものがないか、よく調べておきましょう。

4-3.注意点

不用品の回収や買取を行っている業者の中には、悪質な業者も存在します。許可を持たずに営業するなどして、料金をだまし取ったり不用品を不法投棄したりするところもあるのです。そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びはしっかりと行うようにしてください。インターネットでその業者の口コミをチェックするのもおすすめです。

5.製氷機の買取にかんするよくある質問

「製氷機の買取について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.製氷機は、普段どのようにお手入れしておけばよいですか?

A.カビが発生しやすい給水タンクやパイプは、専用の洗浄剤を使ってこまめにメンテナンスしておきましょう。また、パッキンの劣化を早めないように、扉の開け閉めを丁寧に行うことを心がけてください。

5-2.製氷機の人気ブランドはどこですか?

A.ホシザキやパナソニック・ベルソスなどが人気です。知名度も高いため、高額買取の可能性は十分にあるでしょう。

5-3.不用品回収業者を利用するメリットは何ですか?

A.スタッフが製氷機を引き取りに来てくれるため、自分で運ぶ必要がありません。また、希望の日時を指定できる点もメリットです。

5-4.製氷機のほかにも処分したいものがある場合はどうしたらよいですか?

A.回収と買取を同時に行っている業者であれば、状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で引き取ってくれます。

5-5.古い製氷機でも買取対象になる可能性はありますか?

A.古くても状態がきれいであれば買取してもらえる可能性はあります。買取は不可能でも、回収という形で引き取ってもらえることもあるため確認してみてください。ただし、回収の場合は有料になります。

まとめ

いかがでしたか? 製氷機の買取について、流れや高額買取のポイントなどを詳しくご紹介しました。業務用製氷機はもともとの値段が高いため、使わなくなったからと言って捨ててしまうのはもったいないでしょう。買取という方法を利用すれば、お得に処分できます。ぜひこの記事を参考にして、満足できる方法で製氷機を手放してください。