ゴミ屋敷は火事になりやすい! その理由や予防のための対策を紹介!

「ゴミ屋敷を放置しておくと火事が発生するのではないかと心配」とお悩みではありませんか? ゴミ屋敷を放置することにはさまざまな問題がありますが、特に怖いのが火事の危険性です。実際に、ゴミ屋敷が火事になって近隣住民が巻き込まれた事例もあるため、早めに対処法を検討しなければなりません。

この記事では、ゴミ屋敷が火事になりやすい理由や具体的な事例などを詳しくご紹介します。

  1. ゴミ屋敷が火事になりやすい理由は?
  2. ゴミ屋敷が火事になった事例を紹介
  3. 周囲にゴミ屋敷がある場合の対策
  4. 家がゴミ屋敷になってしまったときの対処法
  5. ゴミ屋敷対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷を放置する危険や、自分の家がゴミ屋敷になってしまった場合にやるべきことなどが分かるはずです。

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ゴミ屋敷が火事になりやすい理由は?

まずは、ゴミ屋敷が火事になりやすい理由について解説します。

1-1.火の不始末による火事

特に多いのが、ゴミ屋敷の住人による火の不始末です。ゴミ屋敷は家じゅうがゴミで埋まっているため、タバコやストーブなどの火の始末をきちんとしていないと、簡単に引火してしまいます。また、壊れた電化製品をそのまま使い続けていることも多く、ショートして発火し、火事につながってしまうケースも少なくありません。

1-2.放火による火事

ゴミ屋敷の場合、家の外にまでゴミがあふれ出ていることが多いため、放火の標的になりやすいのです。放火する側にしてみれば、これほど火をつけやすい家はないでしょう。「周囲に迷惑をかけている家」と勝手に判断し、社会的制裁の意味を込めて放火する人がいるのも、犯罪行為にあたりますが、残念ながら現実なのです。

1-3.トラッキング現象による火事

長期間差し込んだままにしてあるコンセントから発火し、コンセント周りにたまったホコリに着火してしまうことを「トラッキング現象」と呼びます。ゴミ屋敷ではコンセントがゴミに埋もれて見えなくなっている可能性が高く、掃除などもきちんと行われていない場合がほとんどです。さらに、ちょっとした火花が周囲に散乱しているゴミに引火し、火が広がるスピードも速いため、大きな火事につながりやすいでしょう。

2.ゴミ屋敷が火事になった事例を紹介

ゴミ屋敷が火事になった実際の例をいくつかご紹介しましょう。

2-1.過去に何度もボヤ騒ぎを起こしていた家が全焼した事例

2015年に愛知県豊田市で発生したゴミ屋敷の火災です。家の外にもあふれるほどのゴミがたまっており、過去に5回ものボヤ騒ぎを起こしていたことから、豊田市としてもさまざまな対策を行っていました。この火災の直接的な原因は「蚊取り線香の火の不始末」であり、周囲3軒の住宅が巻き込まれる大きなものだったのです。

2-2.焼け跡から、住人が吸わないタバコの吸い殻が見つかった事例

2017年に福島県いわき市で発生した火災では、木造平屋の家が全焼しました。幸い、死者やけが人は出ませんでしたが、家が国道沿いにあったため、一時的に国道が閉鎖される事態に陥ったのです。焼け跡からタバコの吸い殻が見つかったのですが、住人はタバコを吸わないため、第三者によるポイ捨てか放火の疑いが考えられます。

2-3.強制撤去後、再びゴミ屋敷化して火災が発生した事例

2016年、福島県郡山市では、住人である男性が死亡する火災事故が発生しました。郡山市の行政代執行により一時的にゴミは撤去されていましたが、その後、再びゴミ屋敷化して火災が発生してしまったのです。

3.周囲にゴミ屋敷がある場合の対策

自分が住んでいる家の近くにゴミ屋敷がある場合、「火事が起こるのではないか」と不安に思うのは当然です。周辺の住民として、普段からどんな対策をとっておくべきか、ご紹介しましょう。

3-1.自治体に動いてもらうよう伝える

「近所にゴミ屋敷があって困っている」ということを自治体に伝えておきましょう。動いてくれるかどうかは自治体しだいですが、場合によってはゴミ屋敷の住人に対して行政指導が入ることもあります。行政指導が入っても事態が改善されない場合は、自治体が住人に代わってゴミを撤去してくれる可能性もあるでしょう。

3-2.火災保険に加入しておく

ゴミ屋敷の火災に巻き込まれてしまったときのために、火災保険に加入しておくとよいでしょう。万が一、巻き込まれて自分の家が燃えてしまっても、ゴミ屋敷の家主による損害賠償は期待できません。「自分の家は自分で守る」という考えを持ち、備えておくことが大切です。

4.家がゴミ屋敷になってしまったときの対処法

では、自分が住んでいる家や実家がゴミ屋敷になってしまったときはどうすればよいのでしょうか。他人を巻き込んで大惨事を引き起こす前に対処しなければなりません。

4-1.ゴミ屋敷になってしまった原因を知る

まずは、ゴミ屋敷になってしまった原因を知ることから始めましょう。片付けるのが面倒でいつの間にかゴミ屋敷になってしまったのと、精神的な疾患が原因の場合とでは、適切な対処法は変わってきます。特に、高齢者は認知症が原因でゴミ屋敷を作り出してしまうこともあるのです。その場合、周囲の理解や協力が必要不可欠になるでしょう。また、「もったいなくてものを捨てることができない」「片付けが極端に苦手」という場合、精神的な問題が関係している可能性もあります。専門的な治療を受けることで改善が見込める場合もあるため、原因をしっかり突き止めましょう。

4-2.早めにゴミ屋敷を片付ける

ゴミ屋敷は放置すればするほどひどい状態になっていくため、早めに片付けを開始することが大切です。ゴミ屋敷の片付けには相当の労力と時間が必要になるでしょう。事前にしっかり計画を立てて進めていくことをおすすめします。具体的な手順は以下のとおりです。

  • ゴミや不用品がどのくらいあるか把握して片付けのスケジュールを立てる
  • 片付けや掃除に必要な道具をそろえる
  • 明らかなゴミを処分する
  • 残ったものを「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けする
  • 不要なものを処分する
  • 部屋を掃除して完了

4-3.業者に依頼する方法も

ゴミ屋敷を1人で片付けるのは容易なことではありません。手伝ってもらえる人がいない場合や、何から手をつけたらよいのか分からないほどひどい状態の場合などは、業者に依頼するとよいでしょう。費用はかかりますが、短時間で効率的にゴミ屋敷を片付けてもらえるはずです。業者によっては不用品の買取も行っているため、依頼してみることをおすすめします。

5.ゴミ屋敷対策に関するよくある質問

「ゴミ屋敷が火事になるのではないかと心配」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ゴミ屋敷になりやすい人の特徴を教えてください。
A.もったいない精神が極端に強い・片付けが苦手・買いもの依存症・ものごとを先延ばしにするクセがあるなどの特徴があります。

Q.ゴミ屋敷の住人に高齢者が多いのはなぜですか?
A.高齢になると片付ける気力や体力が低下することが一番の理由でしょう。また、「ものを大切にしなければならない」という考えを持っている人が多く、ものを捨てられないことにも原因があります。

Q.ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?
A.間取りやゴミの量にもよりますが、3万~20万円程度が相場です。

Q.ゴミ屋敷の片付け業者を選ぶポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・料金体系が分かりやすいか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックして選びましょう。

Q.  再びゴミ屋敷にならないようにするにはどうしたらよいですか?
A.定期的に片付ける習慣をつけることや、ものを増やさないように意識することが大切になるでしょう。家族や地域の人とのかかわりを持つことも必要です。

まとめ

ゴミ屋敷で家事が発生した例や、ゴミ屋敷になってしまったときの対処法などを詳しくご紹介しました。ゴミ屋敷を放置して火事が発生した場合、近隣住民にも多大な迷惑をかけることになってしまいます。ぜひこの記事を参考に、早めに対策してください。