デスク整理のコツについて知りたい!不用品を処分する方法について

仕事をする「デスク」はいつもキレイにしておかなければなりません。
なぜなら、汚いデスクはさまざまな悪影響をおよぼすからです。
今、デスクまわりがごちゃごちゃになっている人は注意してください。
汚いデスクがもたらす悪影響やデスク整理のコツ、不用品を処分する方法について詳しく説明します。
キレイなデスクを維持して毎日楽しく仕事をしましょう。

目次

  1. 汚いデスクがもたらす悪影響
  2. デスク整理のコツ
  3. 不用品を処分する方法
  4. まとめ

1.汚いデスクがもたらす悪影響

「忙しくて片づける時間がない」とデスク周辺の掃除をサボっていませんか?
デスクの整理整頓は仕事に大きく関係することです。
効率的に仕事をするためにも、まずは‟汚いデスクがもたらす悪影響”について把握しましょう。

1‐1.ネガティブな気持ちになる

汚いデスクがもたらす悪影響は‟気持ち”の面にやってきます。
出社してからすぐ汚いデスクの前にいるとネガティブな気持ちになりやすいのです。
爽やかな朝ではなく、気分がスッキリしません。
けれども、逆にキレイなデスクで仕事をすれば自然と気持ちがスッキリします。
何事にも前向きに取り組めるのです。
ネガティブな気持ちになると、ストレスも受けやすくなります。
自然と気持ちが下がってしまい、小さなことでもイライラしてしまうのです。イライラすると職場の人に八つ当たりをする、言い争いになるなどコミュニケーションもうまく取れないでしょう。
仕事に大きな支障をきたしてしまうので注意しなければなりません。

1‐2.仕事の効率が悪くなる

汚いデスクの悪影響は‟仕事の効率”にもやってきます。
ものであふれている、書類がごちゃごちゃになっているデスクでは何がどこにあるのか自分で把握できていません。
いざ必要な書類を必要としていても見つけ出すことができないのです。
よって、さらにデスクの上が散らかってしまいます。
最悪なケース、大切な書類をなくすこともあるのです。
取引先との大切な書類をなくしてしまえば、信用を失います。
全体的に仕事の効率が悪くなるため、できるだけデスクまわりはキレイにしなければなりませんよ。

1‐3.集中力がなくなる

本当にしなければならない業務ができなくなる、集中力が低下するデメリットもあります。
さまざまなものであふれているデスクは作業中、ほかのものに目がいってしまい集中力がなくなるのです。
本来しなければならない作業を頻繁に中断してしまいます。
いちいち中断していてはなかなか作業がすすみませんよね。
仕事の効率はもちろん、終わるべき作業がいつまでも終わらなくなってしまいます。
結果、残業が増えてしまい、自分の体にも大きな負担をかけるのです。
以上のように、汚いデスクはさまざまな悪影響をもたらします。
キレイにできるのなら不要なものをすべて処分してください。
汚いデスクには不要なものがたくさん眠っているものです。
特に、仕事でのスキルアップを目指している人はデスクまわりをキレイにしたほうが良いでしょう。

2.デスク整理のコツ

2‐1.使ったら‟置き場所”にきちんと戻す

デスク整理のコツはたくさんありますが、大切なポイントは「片づける」ことです。使ったものを決まっている‟置き場所”にきちんと戻してください。
片づけることを常に意識しておけば、キレイなデスクが維持できるものです。
スムーズに片づけるためにも‟置き場所”を品目によって決めましょう。
たとえば、ペンやはさみなどよく使うものは1つのペン立てにまとめる、今進行している案件の書類は引き出しの手前に保管するなどです。
特に、‟使用頻度”と‟種類ごとにまとめる”ことに意識して置き場所を決めてください。よく使うものほど取り出しやすいところに保管して、種類ごとにまとめることが大切です。
そして、使ったらすぐ戻すことを意識していきましょう。

2‐2.収納ケースやブックスタンドなどのアイテムを活用する

すぐにデスクが汚くなる人は収納グッズ・アイテムを活用していません。
収納しなければならない書類やものがあちこちに散らかっている状態なのです。
100円均一や雑貨店にはかわいい収納ケースや便利なアイテムを販売しているのでぜひチェックしてください。
書類はすべてファイリングをする、クリアファイルで何が入っているのかわかりやすくする、付せんの色わけをする、一時保管ボックスをつくるなどさまざまな整理方法がありますよ。
整理が楽しくなるようなグッズ・アイテムを活用してくださいね。
書類を捨てる前に「一時保管ボックス」へ入れておくと整理しやすくなります。
また、マグネットつきのペン立てなどは非常に便利ですよ。デスクに取りつけて収納スペースが増えます。

3.不用品を処分する方法

3‐1.デスク整理のコツは「捨てる」こと

デスク整理のコツは主に、‟すぐに片づける”‟ものをしまう”2つのポイントがあります。そして、もう1つ大切なポイントが‟捨てる”ことです。
要らないものを少しずつ捨てていかなければデスクまわりがものであふれてしまいます。
仕事を続けるかぎり、新しい書類や資料は増えるものです。
つい何でも保管してしまう人は注意しなければなりません。
定期的にデスクまわりをチェックして不要なものを捨ててください。
特に、書類はつい増えてしまうものです。
2か月以上経過した書類は捨てる、契約満了時に捨てるなどルールをつくり処分していきましょう。
ただし、大切な書類は会社によってルールがあります。必ずルールに従ってくださいね。

3‐2.不用品買い取り回収サービスを利用する

デスクの片づけで出た不用品は‟不用品買い取り回収サービス”を利用してください。
不用品買い取り回収サービスはどのようなものでもスムーズに回収してくれます。
また、うれしいのが‟買い取り”をしてもらえる点です。
不用品の中に「使える」と判断できるものがあれば処分しないで買い取ってくれます。処分費用ゼロで処分できると同時にお金も得ることができるので一石二鳥ですよね。
使えるものはぜひ買い取りにまわしてください。
そして、買い取ってもらえなかったものは回収してもらいましょう。
不用品買い取り回収サービスを利用する際は、必ず‟見積もり”を確認してくださいね。買い取り価格はどのくらいなのか、回収費用はいくらかかるのか内訳が記載しています。
見積もりに不備な点や疑問点があったらすぐ業者に尋ねてください。
自分にとって安心して依頼できる業者を選ぶことが大切ですよ。

4.まとめ

汚いデスクがもたらす悪影響やデスク整理のコツ、不用品を処分する方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
汚いデスクで仕事をしている人は良い機会に整理整頓をしてください。
時間がない人でも少し早めに出社して5分間ほど整理できます。
キレイなデスクを維持するには毎日の行いが大切ですよ。

  • 汚いデスクはネガティブな気持ちになる
  • 仕事の効率が悪くなる
  • 集中力がなくなる
  • 使ったら‟置き場所”にきちんと戻す
  • 収納ケースやブックスタンドなどのアイテムを活用する
  • デスク整理のコツは「捨てる」こと
  • 不用品買い取り回収サービスを利用する

以上のポイントを踏まえつつデスク整理を始めてください。
要らないものはまとめて不用品買い取り回収サービスに処分を依頼しましょう。
まとめて処分したほうがお得になりますよ。