リバウンドしない部屋の片付け方法とは?散らかる原因を断つ!

部屋の片付けをしてもすぐリバウンドしてしまう…とお悩みではありませんか?
部屋の掃除が苦手な人の場合、せっかくキレイにしてもすぐに散らかってしまうということがありがちです。
いつまでも片付いた状態を維持するためには、一体どうしたらよいのでしょうか。

  • 部屋の整理をしてもすぐ散らかる
  • リバウンドする原因とは?
  • リバウンドしない片付け方を知りたい

そんな悩みを解消する方法をお教えしましょう。

1.リバウンドする原因

キレイに片付けた部屋がリバウンドしてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
あなたの部屋にもきっと当てはまるものがあるはずです。

1-1.ものが増える

部屋が散らかる原因のほとんどが「ものが多すぎること」にあります。
収納スペースに入りきらないほどのものがあると必ず部屋は散らかるでしょう。
「しまう場所がないから」という理由で床や机の上に出しっぱなしになり、気が付いたときには部屋中がものであふれ返っているのです。
ものは簡単に増えます。
掃除したときに減らしたつもりでも、新しく買ったもの、もらったものなどがどんどん増えていくのです。
ものが増えすぎるとまた減らすために努力するのが面倒になり、散らかったままになってしまうでしょう。

1-2.元の場所に戻さない

使ったものを元に戻す習慣は大切です。
この習慣が身に付いていないと部屋はすぐにリバウンドしてしまうでしょう。
使ったものを元の場所に戻さない理由を考えてみてください。
「面倒だから」「出しっぱなしにしておいた方が楽だから」などいろいろあると思います。
しかし、この習慣を続けているといずれどこに置いたか分からなくなってしまうでしょう。
そして、使い勝手の悪い部屋に逆戻りしてしまうのです。

1-3.片付けが「面倒なもの」になってしまっている

散らかった部屋を片付けるのは面倒な作業です。
以前キレイに掃除をしたときも、大きな意志が必要だったのではないでしょうか。
片付けを「面倒」に感じてしまうと掃除はうまくいきません。
一気に掃除をするのは、大変な時間と労力が必要になるためです。
普段からこまめに片付けようにしていれば、片付けは「大変なもの」になりません。

2.リバウンドしない片付け方

では、リバウンドしない片付けの方法とはどのようなものなのでしょうか。
リバウンドが心配な人は、ぜひ実践してみてください。

2-1.ものを増やさない

リバウンドしないためのコツは、ものを増やさないようにすることです。
どの家にも収納スペースがあり、そこに収まるだけのものの量をキープする必要があります。
収納できる量を越えてしまうと必ずものはあふれ出て部屋の空間を埋めていくのです。
収納スペースには「空き」を作っておく必要があり、この空間を上手にとっておくことこそが、リバウンドしない最大のポイントになるでしょう。
「ものが増えてきた」と感じたときは、定期的に処分して減らしていく必要があります。
そして、新しいものを買うときは「置き場」についても考えてから購入するようにしましょう。

2-2.しまいやすい場所を「定位置」にする

「どこに片付けたらよいのか分からない」「とりあえず置いてあるものがたくさんある」という状態の部屋は、散らかっていると言えます。
まずは、使った後でものをしまう「場所」を決めてあげることが大切なのです。
ただし、どこでもよいわけではありません。
使った後、簡単にしまえる場所でなければならないのです。
そうでないと、いちいちしまうのが面倒になり、つい後回しにしてしまいがち。
つまり、ものの「定位置」は「使う場所の近く」であることが第一条件なのです。
そうすることで、使い終わった後は楽にしまえるようになるでしょう。
ものが散らかる心配はありません。

2-3.1日1回「片付ける時間」を設定する

片付けることを毎日の習慣にしてしまいましょう。
どんなに疲れていても時間がないときでも、私たちが毎日歯をみがくのと同じように、片付けを当たり前の習慣にしてしまえばよいのです。
1日分の片付けなら10分程度で済むでしょう。
そういった毎日の積み重ねが、リバウンドしない部屋を作り出すはずです。
たとえば、お風呂のお湯をためている時間、シートマスクをしている時間など、自分にとって確実に実行できる時間帯に設定してみることをおすすめします。

3.不用品の処分方法

リバウンドしない部屋作りのために必要なのが「不用品の処分」です。
自分にとって不要なものはどんどん処分し、できるだけものを減らしていきましょう。
不用品の処分方法としておすすめのものをご紹介します。

3-1.自治体のゴミ回収を利用する

不用品を処分する際にまず浮かぶのが、自治体のゴミ回収サービスでしょう。
自分で分別をして指定の日に回収場所に持って行くだけなので大変手軽ですよね。
処分費用もゴミ袋代だけで済みます。
ただし、粗大ゴミの場合は事前に粗大ゴミシールを購入して回収日を確認する必要があるため、少々手間がかかるでしょう。
また、自治体によって回収できる粗大ゴミの種類も変わってきます。
粗大ゴミとして回収してもらえるかどうか、事前に確認しておく必要がある場合も。
もちろん、捨て方のルールもあるため、正しい方法を把握しておかなければなりません。

3-2.リサイクルショップに売る

比較的状態のよいものは、捨てるより売る方法を考えてみましょう。
近所にリサイクルショップがある場合は、ぜひ持ち込んでみてください。
その場で査定してもらうことができます。
ただし、状態の悪いものは買い取り不可になる可能性も。
その場合は再び家に持ち帰らなければなりません。
また、リサイクルショップの場合だと高額買い取りは期待できないでしょう。
「お金にならなくてもよいから処分したい」という人にはおすすめの方法です。

3-2.不用品回収業者を利用する

「今すぐ不用品を処分したい」「自分で持ち運ぶのが難しい」という人におすすめなのが、不用品回収業者を利用する方法です。
不用品回収業者は全国にたくさんあるため、インターネットで探すと簡単に見つかるでしょう。
最大のメリットは、希望の日時に自宅まで回収に来てもらえること。
自分で分別したり持ち運んだりする必要はありません。
さらに、回収と同時に買い取りサービスをおこなっている業者も。
状態の悪いものは回収、よいものは買い取りしてもらえるため、確実に処分できます。
不用品回収業者を利用する際は、事前に複数の業者に見積もりを依頼して比較するのがおすすめです。
中には料金をだまし取るような悪質な業者もあるため、十分に注意してください。
不用品の回収や買い取りに必要な許認可を持った業者であるかを確認し、後悔のない不用品の処分をしましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
部屋の片付けが苦手な人なら誰でも悩む「リバウンド」の問題。
すぐに元の散らかった部屋に戻ってしまうようなら、片付ける気にもなかなかなれませんよね。
リバウンドしてしまう原因を知り、自分なりの方法で予防するようにすることが大切なのです。