食器の処分方法でお困りの方! 簡単・格安に処分するコツを教えます!

「使わない食器を処分したいけど、いい方法が分からない」「まだ使える食器は捨てる以外の方法で処分したい」とお考えではありませんか。不要になった食器でも状態のいいものはゴミとして廃棄する以外に、リサイクルや買取に出すことも可能です。しかし、どこにどんな方法で依頼すれば、できるだけ簡単に安く処分できるのでしょうか。そこで、今回は、食器の処分方法について詳しく解説します。

  1. 食器を自治体で処分する方法
  2. 食器を不用品回収業者で処分してもらう方法
  3. 食器は買取に出すこともできる
  4. 食器を買取に出す方法
  5. 食器を寄付やリサイクルで処分する方法
  6. 食器の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、食器処分のコツがよく分かり、最適な方法で処分できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.食器を自治体で処分する方法

最初に、食器を自治体で処分する方法を見ていきましょう。

1-1.食器は素材ごとにゴミの区分が異なる

食器は、素材ごとにゴミの区分が異なるので注意してください。素材別のゴミの区分例は、以下のとおりです。また、直径30cmを超えるものは粗大ゴミ扱いとなることもあるので、自治体に確認してから処分しましょう。

  • 陶磁器製:不燃ゴミなど
  • 金属製:不燃ゴミ・金属ゴミ・資源ゴミなど
  • ガラス製:不燃ゴミ・資源ゴミなど
  • プラスチック製:可燃ゴミ・プラスチックゴミなど

1-2.回収日を確認しルールに沿って出す

食器の処分を自治体に依頼する場合、ゴミの区分ごとに回収日時が異なるため、必ず確認してください。また、自治体によって細かな回収ルールが異なるので必ず確認しておきましょう。食器は特に素材によって分類が難しいので、注意が必要です。なお、大量に廃棄する必要があるときも、自治体に連絡して回収ルールを確認してください。

1-3.格安で処分できるが集荷場所・日時の自由がない

食器の処分を自治体に依頼した場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 格安で処分できる

デメリット

  • 集荷場所・日時が決まっている
  • 集荷場所に運ぶ必要がある
  • 使える状態でもリサイクルされない

2.食器を不用品回収業者で処分してもらう方法

食器の処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。

2-1.大量にあるときなどは不用品回収業者が有利

不用品回収業者に食器の回収を依頼した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 大量にある場合でも楽に処分できる
  • 回収場所・日時を指定できる
  • 再販できるものは買取してくれることがある
  • 再販できないものは資源リサイクルされる
  • 食器以外の不用品も同時に処分を依頼できる

2-2.デメリットは回収費用がかかること

食器の処分を不用品回収業者に依頼した場合、回収費用がかかるのがデメリットです。宅配送付は1,000円程度~、出張回収は1回の依頼につき数千円程度~かかるでしょう。なお、業者によっては送料無料回収品との同梱(どうこん)で宅配便の送料が無料となったり、買取との同時依頼で回収費用が安くなったりすることもあります。まずは、最もお得に回収できる方法を調べてみるといいでしょう。

2-3.食器の処分を不用品回収業者に依頼する方法

食器の処分を不用品回収業者に依頼する場合、以下の方法や流れを参考にしてください。

  1. 業者に連絡し、食器の内容と量を伝えて見積もりをもらう
  2. 業者から届いた見積もりを確認し、費用など問題がなければ正式に依頼する
  3. 指定日時に業者がやってきて食器を回収する

なお、宅配送付を利用する場合は送付前の連絡が必要かどうか、業者のホームページなどで確認してください。

2-4.悪質業者に注意すること

不用品回収業者の中には、悪質業者も含まれているため十分に注意しましょう。訪問や電話により勧誘をしてくる業者は、多くが信頼できません。たとえば、見積もりだけが無料で実際の回収は有料という例もあります。また、勝手に家の中を物色し、依頼していないものまで無理やり回収してしまうなどのトラブルが後を絶ちません。食器の処分は、信頼できる業者に依頼してください。

3.食器は買取に出すこともできる

不要になった食器でも、条件しだいで買取に出すことができます。

3-1.食器の買取需要は意外と多い

食器の買取需要は意外と多く、中古市場では活発に取り引きされています。シンプルな食器などの日常的に使うものから、趣味のコレクション品までさまざまな需要があるからです。未使用品が人気ですが、使用済みのものでも人気ブランド・欠けや割れがないなど、状態のいいものは買取してもらえます。

3-2.人気ブランドの食器は高く売れる

人気ブランドの食器は、安定した中古需要を見込めるため高く売ることができます。たとえば、以下のようなブランドの食器です。

  • ノリタケ
  • ウェッジウッド
  • ナルミ
  • ル・クルーゼ
  • リサ・ラーソン
  • ピジョン
  • ミキハウス

さらに、数量限定品やアニバーサリー記念品など、希少価値が高いものは高く売れるでしょう。

3-3.贈答用の食器セットも人気

贈答用の食器セットも人気があります。たとえば、以下のようなものです。

  • ティーセット:ティーカップ・ケーキ皿・フォーク・スプーンなど
  • カレーセット:カレー皿・カレースプーンなど
  • そうめんセット:そうめん皿・つゆ入れなど
  • ​ベビー食器セット:乳幼児用プレート・皿・スプーンなど

​なお、贈答用の食器を買取に出すときは、パッケージを開けないままで依頼すると高額買取してもらえます。

4.食器を買取に出す方法

食器を買取に出すには、業者に売る方法と自分で売る方法があります。それぞれ具体的に見ていきましょう。

4-1.食器をリサイクルショップや買取業者に売る

再販価値のある食器は、リサイクルショップや買取業者に売ることができます。

4-1-1.業者に売るメリット・デメリット

リサイクルショップや不用品回収業者に食器を売る場合、以下のようなメリット・デメリットがあります

メリット

  • 再販もしくはリサイクルしてもらえる
  • 大量にある場合でも自分で運ぶ必要がない
  • 宅配回収や出張回収では都合のいいタイミングで売れる
  • 店頭持ち込みでは買取から代金受受け取りまで即日で済む

デメリット

  • 専門知識がない業者に依頼すると相場より安くなりがち
  • 買取不可の場合は処分費用がかかることがある

4-1-2.業者に買取に出す方法

業者に食器を買取に出すときは、以下の方法を参考にしてください。

  1. 業者に食器の買取希望を伝え、査定を受ける
  2. 査定の結果、買取可能かつ提示金額に納得した場合は正式に依頼する
  3. 食器を業者に受け渡し、買取代金を受け取って完了

なお、業者によっては、店頭持ち込みのほかに宅配回収(宅配便で送付する)や出張回収(日時・場所指定により業者に回収してもらう)を選べます。

4-1-3.複数の業者に査定を依頼してもいい

買取査定は、複数の業者に依頼して構いません。食器の査定金額は、同じ状態のものでも業者によって微妙に異なります。できるだけ高く売るためにも、2~3社程度に絞って査定を依頼してみましょう。なお、買取査定では、迅速・誠実に行っているかもチェックしてください。また、査定内容や金額に不満・疑問があるときは、必ず業者からの説明を受けましょう。面倒がらず、丁寧に説明してくれる業者は信頼できます。

4-2.ネットオークションやフリマサイトで売る

不要になった食器でも十分に使うことができるもの、自分でネットオークションやフリマサイトを利用して売ることができます。

4-2-1.自分で売るメリット・デメリット

ネットオークションやフリマサイトで売る場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 業者で買取不可となった食器でも出品できる
  • 自分が売りたい価格をつけることができる
  • 欲しがっている人と直接取り引きできる

デメリット

  • ワレモノ扱いになるため、配送時の梱包(こんぽう)に手間がかかる
  • 出品手数料がかかることがある
  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 迅速でこまめなやり取りが必要
  • 値切られやすい(フリマサイト)
  • 商品クレームや支払い遅延などのリスクがある

4-2-2.ネットオークションやフリマサイトで売る方法

食器をネットオークションやフリマサイトで売るには、以下の方法を参考にしてください。

  • 専用サイトに会員登録する
  • 出品手続きをする:食器の種類・ブランド・サイズ・素材などの情報と画像を添付する
  • 落札されたら落札者と連絡を取り、支払いの確認・食器の発送・到着の確認をする

4-2-3.発送時の梱包を丁寧にすること

ネットオークションやフリマサイトで食器を売るときは、発送時の梱包を特に丁寧にしてください。食器より大きめの段ボール箱を用意し、新聞紙やプチプチなどで食器をひとつずつ丁寧に包んで入れることをおすすめします。さらに段ボール箱の底や、食器を入れた後にも緩衝材を使用してすき間がないようにしましょう。また、「ワレモノ」指定で送ることも忘れないでください。念のため、段ボール箱の外側にも、「食器類在中・ワレモノ注意」とマジックで書いておくといいでしょう。

5.食器を寄付やリサイクルで処分する方法

食器を寄付やリサイクルで処分する主な方法を解説します。

5-1.自治体のリサイクルに回す

自治体では、定期的に食器などの不用品をリサイクル目的で回収していることがあります。回収した不用品は、必要な人の手に渡って利用してもらうことが可能です。自治体のホームページなどを確認し、食器のリサイクル回収が可能かどうかチェックしてみましょう。なお、食器を自治体のリサイクルに回す場合、指定の回収場所まで自分で持っていく必要があります。また、一般社団法人環境教育振興協会のように、陶磁器製の食器を回収・リサイクルしている団体もあるので参考にしてください。

5-2.福祉施設などに寄付する

福祉施設などに食器を寄付することもできます。特に、同じ食器でまとまった数がある場合や、未使用品が多いと喜ばれるでしょう。まずは、食器を引き取ってもらうことができるか福祉施設に直接確認してみてください。また、一般社団法人いいことシップのように回収した食器を支援団体に寄付しているところを利用するのもいいでしょう。なお、福祉施設へ寄付する場合は、配送料は自己負担となります。

5-3.自宅前などでゆずることもできる

休日などを利用し、自宅前や庭に食器類を並べて近所や通りすがりの人に、気に入った食器を持っていってもらうこともできます。実施予定日の近くになったら、張り紙などにより告知をしておくといいでしょう。無料でゆずっていいのなら、ずっと立ち会う必要もありません。なお、食器が残った場合は、ほかの方法での処分を考えましょう。

6.食器の処分に関するよくある質問

最後に、食器の処分に関する質問に回答します。

Q.一部欠品している食器セットは買取してもらえない?
A.種類や状態によります。まずは、業者に相談してみるといいでしょう。ただし、買取してもらえる場合でも、セットものより大幅減額となります。

Q.回収後の食器はどのようにリサイクルされる?
A.業者に処分・買取を依頼した場合、再販可能なものは中古品として売られます。再販不可能な食器類は、素材ごとに資源リサイクルに回すのです。陶磁器などは再資源化後、リサイクル食器に作り換えることもあります。

Q.新品の食器の買取相場はどのくらい?
A.新品の食器は、5~30%程度が買取相場となります。ただし、新品でも海外製の粗悪品・ノーブランド品・不人気柄・汚れや欠けがあるものなどは、買取価格がつかないこともあるでしょう。

Q.現時点の買取相場を知る方法は?
A.たとえば、以下の方法で買取相場を知ることができます。

  • 業者に査定を依頼する
  • 業者がホームページなどで公表している買取価格を調べる
  • ネットオークションやフリマサイトの落札実績を調べる

Q.信頼できる不用品回収業者の選び方は?

A.以下の条件を満たす不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

  • 食器の処分・買取の実績が多い
  • 回収した食器を積極的に再販・リサイクルしている
  • 誠実な査定をしている
  • 回収費用がリーズナブル
  • 回収方法が選べる(店頭持ち込み・宅配回収・出張回収)
  • 顧客からの評判がいい
  • スタッフの対応が親切・丁寧
  • 古物商許可を取得済み

まとめ

今回は、食器の処分について詳しく解説しました。不要になった食器の中には、買取してもらえるものもあります。まずは、買取可能かどうか、業者に査定に出してみるといいでしょう。査定の結果、買取不可であっても、ネットオークションやフリマサイトで売ったり寄付に回したりなど、さまざまな処分方法があります。この記事を参考に、自分にとって最もメリットが大きい方法を選んでください。