パソコンの処分や廃棄はお任せ! 押さえておくべきポイントやコツは?

パソコンは、私たちの生活に必要不可欠なものです。しかし、パソコンにも寿命があります。また、買い替えなどで新しいパソコンを手に入れた結果、不要なものの処分に困ることもあるでしょう。パソコンを処分したくても、ゴミとして出せるのか・ほかにどんな処分方法があるのかなど、よく分からないことが多いものです。それに、まだ使えるものはリセールできるのかも気になりますよね。そこで、今回は、パソコンの処分や廃棄について、リセールの可能性を含め、詳しく解説しましょう。

  1. パソコンを処分する前に確認すること
  2. パソコンの処分方法を学ぼう
  3. パソコンを買い取りに出す方法
  4. パソコンの処分や廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコンの処分や廃棄について詳しく分かります。まずは、記事を読んで参考にしてください。

1.パソコンを処分する前に確認すること

最初に、パソコンを処分する前に確認するべきことを解説します。

1-1.パソコンの種類や状態は?

パソコンを処分する前に、種類や状態を確認しましょう。たとえば、以下のようなパソコンは買い取りの可能性が高くなります。

  • 使用感が少ない
  • 年式が新しい
  • 目立つ傷・汚れ・臭いがない
  • 故障や不具合がない
  • 人気メーカー・モデルである
  • 箱・付属品・説明書がそろっている

また、最近はデスクトップパソコンよりノートパソコンのほうが需要が高いため、買い取りで有利になることがあります。

1-2.パソコンはゴミとして出せる?

パソコンは、ゴミとして自治体に処分を依頼できません。パソコンは、PCリサイクル法によりメーカーが責任を持って回収・リサイクルすることが義務となっています。パソコンを不燃ゴミとして出しても回収してくれないだけでなく、法律違反となるので注意しましょう。パソコンには、レアメタルをはじめ貴重な資源が使われているため、適切にリサイクルすることで資源の枯渇を防ぐことができます。パソコンの処分は、メーカーに依頼する・販売店の下取りを利用する・リセールする・回収業者に依頼するなどから都合のいい方法を選びましょう。

1-3.パソコンの内部データはどうする?

パソコンを処分する前に、内部データの消去を行いましょう。個人情報が流出する恐れがあるからです。内部データには、氏名・住所・クレジットカード利用状況や特定サイトの登録内容など、多くの個人情報が記録されています。また、個人で撮影した画像や作成したデータなどもあるでしょう。個人情報の流出は思わぬトラブルを招くものです。不安を残さないためにも、きちんと消去・移行しておきましょう。まずは、大切なデータを外付けハードディスクやインターネットのクラウドサービスなどに移行してください。移行方法は手動で行うほか、データ移行専用ソフトを使うこともできます。データが無事移行できたことを確認してから、消去に移りましょう。パソコンの内部データは、初期化だけでは完全に消去できません。データ消去専用ソフトを使って確実に進めましょう。また、回収業者などでデータ消去サービスを行っている場合は、利用するのもおすすめです。

2.パソコンの処分方法を学ぼう

パソコンの処分方法で、主なものを詳しく解説します。

2-1.PCリサイクル法に基づく処分方法

PCリサイクル法に基づく処分をする場合、メーカーに回収を依頼することになります。メーカーのホームページをチェックし、リサイクル受付窓口に連絡して回収を申し込みましょう。具体的な手順は、以下を参考にしてください。

  • メーカーのリサイクル受付窓口に連絡する
  • (PCリサイクルマークがない場合)払込用紙が送られてきた後、リサイクル費用を支払う
  • メーカーからPC回収キット(送付伝票など)が送られてくる
  • メーカーにパソコンを送付して完了

なお、PCリサイクルマークがあるものは無料ですが、2003年9月以前に購入したパソコンでPCリサイクルマークがないものは、有料となります。2003年10月以降に購入したパソコンであっても、PCリサイクルマークを紛失していると有料となるので注意してください。以下は、有料となった場合の料金一覧です。

  • デスクトップパソコン本体:3,240円
  • ノートパソコン:3,240円
  • 液晶ディスプレー:3,240円
  • 液晶ディスプレー一体型パソコン:3,240円
  • CRT ディスプレー:4,320円
  • CRT ディスプレー一体型パソコン:4,320円

メリット

  • PCリサイクルマークがあるものは無料回収可能
  • 信頼度が高い
  • 確実にリサイクルしてもらえる

デメリット

  • 依頼してから回収までに時間がかかる(2週間程度)
  • 周辺機器は回収してもらえない
  • 手続きがめんどう
  • PCリサイクルマークがないものは費用がかかる

2-2.販売店に引き取りを依頼する方法

パソコンの買い替えを考えている場合、販売店の引き取りサービスを利用できることがあります。まずは、販売店に確認してみましょう。可能な場合は、不要なパソコンを専用窓口に持ち込むことで処分できます。ただし、引き取りのタイミングは新規購入と同時もしくは購入後1週間以内など、期間が限られている場合が多いので注意してください。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 新規購入時に使える割り引きクーポンをもらえることがある

デメリット

  • 引き取りだけで依頼することができない(新規購入者向けのサービスのため)
  • 自分で販売店の専用窓口に持ち込む手間がかかる
  • 引き取り可能な機種が指定されていることがある

2-3.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になったパソコンは、不用品回収業者に依頼して処分してもらうことが可能です。不用品回収業者では、パソコンを含め、あらゆる不用品を回収しています。パソコンの回収を依頼する場合、1台につき数千円程度の費用が必要です。メーカーに回収してもらう費用より高くつく場合がありますが、簡単に依頼できるなどメリットが多いので検討してみてください。

メリット

  • 壊れていても回収してもらえる
  • 状態のいいものは買い取りになることがある
  • 日時・場所指定での回収依頼が可能
  • ほかの不用品を同時に回収してもらえる

デメリット

  • 回収費用がかかる

2-4.業者選びの注意点

パソコンの処分は、信頼できる業者に依頼することが重要です。まずは、古物商許可など営業に必要な許認可を受けているか確認してください。また、個人情報の取り扱いや回収後のパソコンのリサイクル方法についても調べておきましょう。業者の中には、営業許可を得ずにパソコンを回収している違法業者も含まれます。回収後のパソコンを他人の私有地に廃棄したり、パソコン内部の個人情報を第三者に売却したりなど、何かとトラブルがつきものです。思わぬ災難を避けるためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

3.パソコンを買い取りに出す方法

パソコンを買い取りに出す方法について、高額買い取りが期待できる機種の条件や高く売るポイントなど、詳しく解説します。

3-1.高額買い取りが期待できる機種は?

以下のメーカー・機種のパソコンは、特に高額買い取りが期待できます。

  • Apple (MacBook・MacBook Air・MacBook Proなど)
  • VAIO(Sシリーズなど)
  • 東芝(ThinkPadシリーズなど)

買い取り相場は常に変動しています。相場が高いタイミングで売るのがベストです。しかし、タイミングを待っているうちに値崩れする可能性もあるため、売りたいときに売ってしまうことをおすすめします。

3-2.パソコンを高く売るポイントは?

パソコンを高く売るためには、以下のポイントに気をつけましょう。

  • キレイにクリーニングしてホコリや手あかを取り除いておく
  • 付属品・説明書・箱をできるだけそろえておく
  • 2~3社程度に見積もりを依頼して高額査定が出たところに売る

4.パソコンの買い取り方法について

パソコンの買取方法について、業者に依頼する場合と自分で売る場合それぞれの主な方法を詳しく解説します。

4-1.業者に売る

パソコンをリサイクルショップや不用品回収業者を利用するケースを解説します。

4-1-1.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは、不要になったパソコンを再販目的で買い取りしています。まずは、業者の店頭にパソコンを持ち込み、査定を受けましょう。買い取り可能で査定金額が問題なければ、その場でパソコンと引き換えに代金を受け取ってください。

<メリット>

  • その場で買い取りしてもらえる
  • 目の前で査定するので安心感がある

<デメリット>

  • 自分で店頭に持ち込む手間と交通費(ガソリン代)がかかる
  • 査定金額が安いことが多い
  • 買い取り不可の場合は、処分もできない

4-1-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者でもパソコンを買い取りしてくれる場合があります。まずは、買い取り希望であることと、パソコンの機種や状態を細かく伝え、査定を受けてください。買い取り可能かつ査定金額に納得した場合は、パソコンを買い取ってもらいましょう。なお、不用品回収業者では、以下のような方法で買い取りをしています。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に自分で持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:日時と場所を指定し、業者に回収してもらう

メリット

  • 都合のいい方法で買い取りを依頼できる
  • 買い取りできない場合でも処分してもらえる
  • ほかの不用品も同時に処分依頼できる

デメリット

  • 回収費用がかかる

4-2.自分で売る

不要になったパソコンは、自分で売ることもできます。主な方法は、ネットオークションとフリマサイトです。

4-2-1.ネットオークション

ネットオークションサイトに登録し、出品手続きをしましょう。ポイントは、パソコンの画像を数枚添付し、状態を分かりやすく説明することです。小さな傷に関しても、隠さずに告知しておくことでトラブルを防ぐことができます。無事落札されたら、落札者から支払いを受け、パソコンを発送してください。無事に落札者の手元に届き、問題ないことを確認できたら完了です。

メリット

  • 条件とタイミングによって高額落札もあり得る
  • ほしがっている人と直接やり取りできる

デメリット

  • 必ずしも落札されるとは限らない
  • 出品や発送手続きがめんどう
  • 未入金や商品クレームのリスクがある

4-2-2.フリマサイト

最近は、スマホで気軽に不用品のやり取りができるフリマサイトの人気が高まっています。ネットオークションと似ていますが、手続きや入札がスマホからしやすく、気軽に利用可能です。まずは、フリマサイトに会員登録をし、出品手続きをして、ほしい人を探しましょう。無事取り引きが成立したら、入金確認後、パソコンの発送をしてください。

メリット

  • ほしがっている人と直接やり取りできる
  • 気軽に出品できる

デメリット

  • 必ずしもほしい人が見つかるとは限らない
  • 値切られることが多い
  • 発送手続きがめんどう
  • 未入金や商品クレームのリスクがある

5.パソコンの処分や廃棄に関するよくある質問

最後に、パソコンの処分や廃棄に関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので参考にしてください。

Q.古いパソコンでも問題なく動作すればリセールできますか?
A.一般的には、難しいでしょう。パソコンの場合、中古品としての需要が高いのは、新しい機種がほとんどだからです。ただし、マニアからの需要があれば、リセールできる可能性はあります。たとえば、ネットオークションやフリマサイトに出品してみるといいでしょう。

Q.パソコンの処分を依頼するにはどんな業者を選ぶといい?
A.以下のような業者を選べば安心できます。

  • パソコンの処分や買い取りで豊富な実績がある
  • 誠実な査定で定評がある
  • 資源リサイクルに積極的
  • 見積もりだけは無料
  • 担当スタッフが親切で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • データ消去サービスを行っている
  • 個人情報の管理がしっかりしている

Q.周辺機器の処分も同時にしたほうがいいですか?
A.スキャナーやプリンターなどの周辺機器も不要であれば、同時に依頼したほうが一度に処分できて楽でしょう。別々に依頼するよりも、処分費用の節約になる場合もあります。そのほかにも、家電・家具・貴金属類・ゲーム機など、処分したいものがあればまとめて依頼してみましょう。買い取りになるものがあれば、処分費用と相殺できてお得です。

Q.パソコンにCDを入れたままで回収されてしまった場合は?
A.メーカーに回収依頼した場合は、多くの場合戻ってきません。回収前に確認し、CDなどが入ったままになっていないか確認しましょう。

Q.業者で回収したパソコンは本当にリサイクルされるのですか?
A.信頼できる業者であれば、問題ありません。回収したパソコンは、中古品として再販もしくは素材ごとに分解して資源リサイクルに回します。

まとめ

今回は、パソコンの処分や廃棄について詳しく解説しました。パソコンはゴミとして廃棄できないため、メーカー回収やリセールなど、ほかの方法で処分することを考えましょう。中古品として十分に活用できるものはリセールがおすすめです。故障しているなどの理由で再販不可のものは、資源リサイクルできる方法を選びましょう。パソコンの処分や買い取りに強い不用品回収業者に依頼すれば、再販可能な場合は買い取り・不可能な場合は資源リサイクルに回してもらえるので、無駄がありません。