パソコンの捨て方は? 簡単&安く処分する方法と注意点を解説!

「不要になったパソコンを処分したいけど、どんな捨て方があるのだろう」「なるべく簡単で安い捨て方を知りたい」とお考えではありませんか? たとえば、不要になったパソコンを自治体回収にゴミとして出せるのか、それとも、そのほかの方法で処分すべきかよく分からないですよね。それに、なるべく安く簡単に捨てることができるに越したことはないでしょう。

そこで今回は、パソコンの捨て方について詳しく解説します。

  1. パソコンを捨てる前に準備すべきこと
  2. パソコンの捨て方をチェック
  3. パソコンの周辺機器を捨てる方法
  4. パソコンを捨てるときの注意点
  5. パソコンの捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコンを捨てるときのポイントや注意点がよく分かります。不要になったパソコンの捨て方をお探しの方は、記事を読んでみてください。

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.パソコンを捨てる前に準備すべきこと

最初に、パソコンを捨てる前に準備すべきことを見ていきましょう。

1-1.パソコンの状態を確認する

パソコンを捨てる前に、どんな状態か確認してみましょう。たとえば、正常に起動するかどうか、モニターに異常はないか、そのほかに気になる点はあるかなどです。まだ十分に使える状態のものと不具合や故障で正常に使えないものでは、適切な捨て方が異なります。最適な捨て方を見極めるためにも、最初に隅々までチェックしておきましょう。

1-2.内部データの移行や消去を行う

パソコンを捨てる前に、内部データの移行や消去を行いましょう。まずは、パソコンに記録されている大切なデータをクラウドサービスや外付けのハードディスクなどに移行してください。データが無事に移行できたことを確認したら、内部データをすべて消去しましょう。パソコンの内部データを消去する方法は、主に以下のとおりです。

  • データ消去専用ソフトを使用してHDDに意味のない文字列を上書きする
  • HDDに強力な磁気を当ててデータを読み込み不可にする
  • HDDを折り曲げたり裁断したりして物理的に読み込み不可にする

なお、パソコンの内部データ消去は、専門業者に依頼することも可能です。

1-3.メーカーのユーザー登録を解除する

メーカーにパソコンのユーザー登録をしている場合は、捨てる前に解除しておきましょう。メーカーにユーザー登録している間は、パソコンのアップデート情報や新製品情報などが届き続け、とても役立つものです。しかし、パソコンを捨てた後は、不要な情報が届き続けることになります。個人情報管理という点からも、パソコンを捨てる前にユーザー登録を解除しておきましょう。

1-4.メモリーカードスロットやDVDスロットをチェックする

パソコンを捨てる前に、メモリーカードスロットやDVDスロットなどをチェックし、メモリーカードやDVDディスクなどが入ったままになっていないことを確認しましょう。万が一、入ったままの状態で処分すると、二度と取り戻せない可能性があります。また、個人情報が記録されたものであった場合は、思わぬところで流出したり悪用されたりすることもあるので注意してください。業務用パソコンで企業機密が流出した場合、社会的な信用を失うほか、経営に悪影響を与えることもあります。

1-5.いつまでに捨てる必要があるか確認する

いつまでにパソコンを捨てる必要があるかも、確認しておきましょう。特に急いでいないのなら、幅広い処分方法から選ぶことが可能です。しかし、すぐにでも処分したい、引っ越しなど特定の日までに処分したいという場合は、すぐに処分できる方法を選ぶ必要があります。

1-6.パソコンの捨て方を決める

パソコンを捨てる前に、どんな捨て方がベストか考え、決めておきましょう。パソコンの捨て方については、この記事の「2.パソコンの捨て方をチェック」を参考にしてください。いずれの捨て方にも、メリット・デメリットの両方があります。じっくり比較し、自分にとって最もメリットが大きい捨て方を選ぶことが大切です。

2.パソコンの捨て方をチェック

不要になったパソコンの捨て方にはどんな方法があるか、具体的に見ていきましょう。

2-1.パソコンは自治体回収にゴミとして出せない

パソコンは、パソコンリサイクル法の対象品目になるため、自治体回収にゴミとして出すことができません。パソコンリサイクル法とは、パソコンやパソコン用モニターに含まれる資源の有効活用やゴミの削減などを目的とした法律です。パソコンリサイクル法では、メーカーがパソコンやパソコン用モニターを回収し、再資源化する責任があるとしています。したがって、自治体にゴミとして回収してもらうことができないのです。

2-2.パソコンリサイクル法に沿って処分する

不要になったパソコンをパソコンリサイクル法に沿って処分するには、以下の流れを参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル窓口に連絡してパソコンの回収を依頼する
  2. メーカーから配送伝票が送られてくる
  3. メーカーの指示に沿ってパソコンをこん包し、配送伝票を貼り付けて発送する

なお、PCリサイクルマークが付いているパソコンやパソコン用モニターは、処分費用・配送費用共に無料で処分できます。古いパソコンなどでPCリサイクルマークが付いていないものは、処分費用・配送費用の合計で1台数千円程度かかるので注意しましょう。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。

2-3.小型家電として処分する

自治体によっては、ノートパソコンを小型家電リサイクル法に沿って処分することができます。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源の有効活用やゴミの削減などを目的とした法律です。小型家電リサイクル法に沿って処分するには、役所や商業施設に設置してある小型家電専用回収ボックスに投入すると、無料で処分してもらえます。ただし、ノートパソコンを小型家電リサイクル法の対象品目に指定している自治体は、まだ少ないのが現状です。

2-4.販売店の下取りに出す

パソコンを買い替える場合は、販売店の下取りに出して処分できることがあります。まずは、新規購入を考えている販売店に、不要になったパソコンを下取りしてもらえるか確認してみましょう。下取りしてもらうことができれば、買い替えと同時に不要になったパソコンを処分することができる、新規購入費用から実質割り引きになるなどの点が主なメリットです。なお、販売店によっては、下取り可能なメーカーや機種に制限があることがあるので注意しましょう。たとえば、不人気メーカー品や古い機種、故障しているものは下取り不可になることがあります。

2-5.買取に出す

不要になったパソコンでも、状態のよいものは買取に出すことができます。たとえば、以下のようなところで買取に出すことが可能です。

  • 中古OA機器買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に売る
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

なお、買取方法によっては、買取不可になった場合でもそのまま引取処分を依頼できない場合があります。万が一買取不可になった場合にどうするかについても、併せて考えておきましょう。

2-6.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になったパソコンは、不用品回収業者に処分を依頼することが可能です。不用品回収業者に処分を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分で収集場所に運ぶ必要がない
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 処分にかかる手間や時間の節約になる
  • パソコン以外の不用品の引取処分や買取も同時に依頼できる

なお、不用品回収業者に日時・場所指定で回収を依頼する場合、1回数千円程度~の回収費用がかかります。指定場所の前が急な坂道や細い道などで業者の車両が入ることができない場合や、集合住宅で共有エレベーターを使えない場合などは、オプション費用が追加になることもあるので確認が必要です。

2-7.業務用パソコンは産業廃棄物として処分する

業務用パソコンは、産業廃棄物として処分する必要があります。不要になった業務用パソコンは、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼して処分してください。万が一、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされ、罰金刑が科されることがあるので注意しましょう。なお、業務用パソコンは、PCリサイクルマークが付いているものであっても、処分する際にPCリサイクル料金と運搬費用の両方が必要になります。

3.パソコンの周辺機器を捨てる方法

パソコンの周辺機器を捨てる方法について、詳しくご紹介しましょう。

3-1.自治体回収にゴミとして出す

パソコンの周辺機器は、自治体回収にゴミとして出すことができます。パソコンの周辺機器は、プラスチックや金属など焼却処分できない素材でできているため、不燃ゴミもしくは粗大ゴミとして出すことになるでしょう。一般的な不燃ゴミと粗大ゴミの分類基準や収集方法は、以下のとおりです。

不燃ゴミ

  • 一辺が30cm未満など小型のもの
  • 自治体ごとに決まった曜日・時間・収集場所に出しておく
  • 処分費用は無料
  • 自治体によっては指定ゴミ袋に入れる必要がある

粗大ゴミ

  • 一辺が30cm以上など大型のもの
  • 自治体に事前予約が必要で、収集日時・場所も自治体が指定することが多い
  • 処分費用は1個に付き数百円程度~

実際には、自治体によって分類基準や収集ルールが異なるため、自治体のホームページなどで収集ルールを確認し、マナーを守って出してください。

3-2.販売店の回収サービスを利用する

販売店の回収サービスを利用し、不要になった周辺機器を処分することも可能です。販売店では、自社の環境活動の一つとして不要になった家電などを回収し、再資源化などにより有効活用しています。たとえば、プリンターやスキャナーなどを回収していることが多いので、調べてみるとよいでしょう。なお、販売店の回収サービスは多くの場合有料で、店頭持ち込みが基本になります。なお、買い替えを伴う場合は、不要になった周辺機器の処分費用が無料になることもあるので、確認してみるとよいでしょう。

3-3.買取に出す

不要になった周辺機器でも、まだ十分に使える状態なら、パソコンと同様に買取に出すことも可能です。より詳しい内容は、この記事の「2-4.買取に出す」を参考にしてください。なお、周辺機器は元値が安いものも多く、有名メーカー品で新品に近い状態のもの以外は想定より低い金額を提示される可能性もあります。

3-4.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になった周辺機器は、不用品回収業者に依頼して処分することもできます。不用品回収業者なら、都合のよい日時と場所で回収してもらえるので、物量が多くなっても問題ありません。処分に係る労力や時間を大幅に節約できるので、忙しい人にもおすすめです。また、そのほかの不用品の引取処分や買取も依頼できるので、この機会に家中の不用品を処分するのもよいでしょう。

4.パソコンを捨てるときの注意点

パソコンを捨てるときには、いくつか注意点があります。

4-1.個人情報が分かるものと同時に処分しない

パソコンを処分するときは、個人情報が分かるものと同時に処分しないようにしましょう。たとえば、パソコンに写真シールや名前シールを貼ったままにしたり、マニュアルに氏名・住所を記入したままにしたりするなどです。パソコンのデータ消去を確実に行っても、簡単に所有者情報が分かってしまうと、場合によっては悪用されることがあります。

4-2.画面が割れているモニターはきちんと保護しておく

画面が割れているモニターは、割れている部分をきちんと保護してから処分しましょう。運搬時や収集時などに、ケガをする可能性があります。画面が割れている部分は、古新聞紙やダンボール紙などで覆い、周囲をビニールテープで固定しおきましょう。上から、「画面割れあり注意」と書いておくと分かりやすくてより親切です。

4-3.信頼できる業者に依頼する

不要になったパソコンの処分を業者に依頼するときは、信頼できることをしっかりチェックしてください。万が一、悪質業者の手に渡ると、回収後のパソコンを不法投棄されることがあります。また、パソコンの内部データを消去するとしつつ、故意に流出させたり悪意ある第三者に転売したりするケースもあるので気を付けましょう。

5.パソコンの捨て方に関するよくある質問

最後に、パソコンの捨て方に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.パソコンを複数台まとめて処分すると安くなる?
A.処分方法によります。たとえば、パソコンリサイクル法に沿って処分する場合は、パソコンもしくはパソコン用モニター1台ごとにパソコンリサイクル料金が必要になるため、安くならないこともあるでしょう。一方、不用品回収業者に処分を依頼する場合は、複数台をまとめて処分すると安くなることがあります。

Q.どんなに古いパソコンでも自治体回収にゴミとして出せない?
A.はい。パソコンリサイクル法の対象品目であれば、古さに関係なく自治体回収にゴミとして出すことはできません。

Q.まだ十分に使えるブラウン管モニターも買取してもらえる?
A.難しいでしょう。現在、パソコン用モニターの中古市場では、圧倒的に液晶モニターの需要が多いからです。ブラウン管モニターは、広い設置場所が必要だったり最新機能を持ち合わせていなかったりするため、中古需要が少なくなっています。したがって、状態がよいものであっても査定金額が付かないか、想定より低い金額を提示されることが多いでしょう。

Q.パソコンの処分はどんな不用品回収業者に依頼すべきか?
A.以下のポイントに当てはまる業者なら、安心してパソコンの処分を依頼できるでしょう。

  • パソコンの処分実績が豊富にある
  • 回収後のパソコンを適切な方法で再販もしくは再資源化している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 可能なものは買取もしている
  • 都合の日時・場所・回収方法を選べる
  • スタッフの感じがよくて対応が丁寧
  • 顧客からの評判がよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

Q.パソコンのデータ消去を業者に依頼すると不安が残るのですが?
A.信頼できる業者に依頼すれば、問題ありません。なお不安が残るときは、業者にどんな方法でデータ消去を行っているか説明してもらうとよいでしょう。また、業者がきちんとデータ消去を行った証拠として、データ消去証明書を取り寄せるのもおすすめです。

まとめ

今回は、パソコンの捨て方について詳しく解説しました。パソコンは、パソコンリサイクル法の対象品目になるため、自治体回収にゴミとして出すことができません。不要になったパソコンは、パソコンリサイクル法に沿ってメーカーに回収してもらう、不用品回収業者に処分してもらうなどの方法で処分してください。業務用パソコンについては、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼しましょう。なお、パソコンを処分するときは、内部データの移行や消去をきちんと行い、重要な情報が流出しないように気を付けてください。
もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。