ドラム式洗濯機を買取してもらいたい人へ! 高く売るコツを伝授!

「ドラム式洗濯機を買い替えたいけど、今使っているものを買取してもらいたい」「まだ十分使えるので、高く売る方法を売りたい」とお考えではないでしょうか。ドラム式洗濯機をできるだけ高く売るためには、どこにどんな方法で売れるのかだけでなく、買取相場を調べたり高額買取のコツを学んだりする必要があります。

そこで今回は、ドラム式洗濯機の買取について詳しく解説しましょう。

  1. ドラム式洗濯機の買取事情
  2. 買取してもらえるドラム式洗濯機の条件は?
  3. ドラム式洗濯機を売る前に確認しておくこと
  4. ドラム式洗濯機の買取先でおすすめのところは?
  5. ドラム式洗濯機の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、ドラム式洗濯機を買取に出すポイントや高く売るコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ドラム式洗濯機の買取事情

最初に、ドラム式洗濯機の買取事情を見ていきましょう。

1-1.ドラム式洗濯機は洗濯漕が斜めに設計されたもの

ドラム式洗濯機とは、洗濯槽を斜めに配置することで「たたき洗い」のような洗い方をする洗濯機です。従来の縦型洗濯機と比較すると、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 節水効果が高い
  • 洗濯ものが絡みにくく傷みにくい

デメリット

  • 汚れのひどいものを入れると「汚れ移り」することがある
  • タオルなどがごわつくことがある

1-2.ドラム式洗濯機は中古需要が安定している

ドラム式洗濯機は、以下のような理由により中古需要が安定しています。

  • 元値が高い
  • 単身赴任や進学でのひとり暮らし用
  • ドラム式洗濯機の使い勝手を試してみたい

1-3.捨てにくい洗濯機は買取してもらおう

洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目であるため、自治体にゴミとして処分してもらえません。したがって、家電リサイクル法に基づいて処分するなど、そのほかの処分方法を考える必要があります。しかし、洗濯機は大きくて重く、自分では処分しにくいものです。まだ使えるものなら買取してもらうことをおすすめします。実際に、洗濯機を売る人も多く、買取実績が豊富な業者などでは、引き取り作業も手慣れているので安心です。

2.買取してもらえるドラム式洗濯機の条件は?

どんな条件のドラム式洗濯機が買取してもらえるのか詳しく解説します。

2-1.パナソニックや日立などのブランドが人気

ドラム式洗濯機では、以下のようなメーカー・ブランドが人気です。

  • パナソニック:VXシリーズ・VGシリーズ
  • 日立:BDシリーズ
  • 東芝:TWシリーズ
  • シャープ:ESシリーズ

2-2.ドラム式洗濯機の元値は約6万~20万円以上までさまざま

ドラム式洗濯機の元値は、メーカー・機種によって約6万~20万円以上までさまざまです。従来の縦型式洗濯機と比べて高価であり、新品で購入するときはある程度予算を見ておく必要があります。高価格帯の機種は、メーカー各社がそれぞれ最新技術を導入し、優れた汚れ落ちや乾燥機能を付加しているのが特徴です。

2-3.買取価格相場は数千~3万円程度が程度

ドラム式洗濯機の買取価格相場は、数千~3万円程度が相場です。買取価格は、洗濯機の状態だけでなく、中古市場での需要も大きく影響します。したがって、業者に見積もりをもらってから数か月後には、大きく値下がりしている可能性もあるので注意してください。

3.ドラム式洗濯機を売る前に確認しておくこと

ドラム式洗濯機を売る前に確認しておくべきことを見ていきましょう。

3-1.水もれや故障があるものなどは買取不可

以下のようなドラム式洗濯機は、買取不可となることでしょう。なお、業者によって買取基準が異なるため、自己判断せずに査定を依頼することをおすすめします。

  • 水もれなどの不具合や故障がある
  • 年式が古すぎる
  • ひどい汚れ・臭い・破損がある
  • 主要部品が欠品している
  • 不人気・無名メーカー

3-2.型番や製造年月をチェックしておこう

買取に出す前に、型番や製造年月をチェックしておくと査定がスムーズに進みます。使用説明書・製品保証書・本体に貼り付け済みのシールなどで確認してください。メーカーにユーザー登録済みの場合は、会員用ページからチェックすることも可能です。型番や製造年月が判明していれば、ネットで査定を依頼するときにより正確な査定金額を知ることができます。

3-3.本体や洗濯槽のクリーニングなどを忘れないこと

ドラム式洗濯機を高く買取してもらうためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • 洗濯機本体や洗濯槽のクリーニングをする
  • 使用説明書・付属品をそろえておく
  • 不要になった時点でできるだけ早く買取に出す
  • ドラム式洗濯機の買取を強化している業者に依頼する

4.ドラム式洗濯機の買取先でおすすめのところは?

ドラム式洗濯機の主な買取先について詳しく解説します。

4-1.買い替え時は販売店の下取りサービスを確認しよう

ドラム式洗濯機を買い替えるなら、販売店の下取り・引き取りサービスを利用できるか確認してみてください。サービスを利用できれば、新品購入と同時に古いドラム式洗濯機を処分できます。下取りや引き取りなら、処分費用は無料もしくは2,000円程度です。ただし、販売店によっては指定メーカーや機種・一定価格以上の洗濯機に限定していることもあるので注意しましょう。

4-2.どんなときに買取に出すのがおすすめ?

以下のような場合は、ドラム式洗濯機を買取に出すといいでしょう。

  • まだ十分使える状態で廃棄するのはもったいない
  • 処分費用を節約したい
  • 引っ越し先で買い替える予定があるが今の洗濯機を運ぶのが面倒

4-3.不用品回収業者でも買取してくれる場合がある

不用品回収業者でも、ドラム式洗濯機の買取をしてもらえることがあります。ただし、買取不可となった場合は、引き取り費用として1回数千円程度~必要となることがあるので確認してください。なお、不用品回収業者にドラム式洗濯機の買取を依頼する場合、以下のポイントをチェックして業者を選ぶといいでしょう。

  • ドラム式洗濯機の買取実績が豊富
  • 誠実な査定で定評がある
  • 見積もりは無料
  • 指定日時・場所での引き取りが可能
  • 対応が親切で顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み

また、そのほかの家電や家具・パソコンなどの不用品の買取や処分を同時に依頼するのもおすすめです。

4-4.ネットオークションなどは業者の出品が多い

ドラム式洗濯機は、ネットオークションやフリマサイトを利用して売ることもできます。ただし、実際には業者からの出品が多いのが現状です。価格や配送条件など、大手業者に見劣りすることもあります。また、取り引きが成立しても、こん包や発送が大変だったり商品クレームや支払い遅延のリスクがあったりする点からも、積極的にはおすすめしません。

4-5.リサイクルショップは搬入が難しいのがネック

不要になったドラム式洗濯機は、リサイクルショップに買取してもらうこともできます。ただし、個人店では自分で持ち込むことができる場合だけ可能だったり保管スペースがないなどの理由で断られたりすることもあるので注意してください。また、買取不可の場合、引き取り処分してもらえないため、再度持ち帰ることになる点もデメリットです

5.ドラム式洗濯機の買取に関するよくある質問

最後に、ドラム式洗濯機の買取に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.メーカーが回収したドラム式洗濯機は本当にリサイクルされる?
A.はい。メーカーは、ドラム式洗濯機を回収後、自社リサイクル設備にて適切に資源リサイクルしているので安心してください。

Q.ドラム式洗濯機を買取に出す当日も使用していい?
A.おすすめしません。買取に出すことを決めた後は、なるべく使用を避けたほうが賢明です。主な理由は以下をご覧ください。

  • 使用後の本体に水が残り移動した際に故障することがある
  • 突発的に故障する可能性がある

Q.業者から提示された査定金額が低すぎるのですが?
A.まずは、業者から査定理由を説明してもらいましょう。思わぬ点によりマイナス査定となっていることもあります。なお、説明を聞いても納得できない・不当に低い査定だと感じる場合は取り引きを中止し、改めてほかの業者に依頼することも可能です。

Q.中国製のドラム式洗濯機も買取してもらえる?
A.はい、AQUAや大宇などの有名メーカーなら、買取してもらえることでしょう。まずは、業者に査定を依頼してみてください。

Q.型式がひとつ前になるだけでも買取価格に影響する?
A.場合によっては影響します。ただし、型式よりもどんな機能があるか・状態はいいかなどの条件のほうが重要です。

まとめ

今回は、ドラム式洗濯機の買取について詳しく解説しました。ドラム式洗濯機を高く買取してもらうためには、外観の汚れをキレイにしたり付属品をそろえたりなどの準備が必要となります。また、買取相場を調べ、高く売れるタイミングで売ったり買取を強化していたりする業者に依頼するのもポイントです。たとえば、信頼できる不用品回収業者でドラム式洗濯機の買取もしているところなら、場所・日時指定で回収しに来てくれるなど何かと便利でしょう。まずは、業者に見積もりを依頼してみることをおすすめします。