ダブルベッドの処分方法を解説! 中古需要はあるの? ゴミの区分は?

「ダブルベッドが不要になったが、処分方法が分からない」と悩んでいる人はいませんか? ダブルベッドは大きいので、自分ではゴミ捨て場まで持っていくことができないことも珍しくないでしょう。ダブルベッドには複数の処分方法があります。

今回は、処分法ごとの特徴やメリット・デメリットを紹介しましょう。

  1. ダブルベッドをゴミとして処分する方法
  2. 買い替えでダブルベッドを処分する方法
  3. 寄付や買取で処分する方法
  4. 今すぐダブルベッドを処分したい場合は不用品回収業者が便利
  5. この項では、ダブルベッドの処分に関するよくある質問

この記事を読めば、ダブルベッドの処分に悩むことはありません。処分を検討している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ダブルベッドをゴミとして処分する方法

この項では、ダブルベッドを自治体にゴミとして回収してもらう方法や注意点を紹介します。

1-1.ダブルベッドは粗大ゴミ

多くの自治体で、ダブルベッドは粗大ゴミとして回収してもらえます。ただし、自治体によっては回収費用がかかることもあるでしょう。また、自治体にゴミとしてベッドを回収してもらう場合、自分でゴミ捨て場など指定された場所へ運ぶ必要があります。自治体のサイトで回収日・回収方法・回収料金の有無をまず確認しましょう。なお、自治体によっては、ベッドの大きさや形状によって「回収不可」としているところもあります。この場合、市が引き取り業者を紹介してくれることもあるので、問い合わせてみてもいいですね。

1-2.ダブルベッドを無理に分解する必要はない

ダブルベッドは、金属・布・木材など複数の素材が組み合わさってできているものもあります。自治体のゴミ出しルールが厳しい場合、「分解して捨てなければならないの?」と悩む人もいるでしょう。しかし、多くの自治体では、粗大ゴミは無理に分解する必要はないと定めています。ただし、ベッド本体とマットレスが分離できるタイプのものは、別々に捨てるよう指示されることもあるでしょう。

1-3.自分でゴミ処分場に持ち込むことも可能

自治体によっては、自分でゴミ処分場にダブルベッドを持ち込んで処分を依頼することもできます。持ち込み可能な時間帯・搬送方法・費用は自治体によって異なるので、必ず確認してから持ち込んでください。kgあたり、数百円が相場ですなお、自宅まで回収に来てくれるように依頼することは、ほとんどの自治体で不可能ですので気をつけましょう。

1-4.ゴミ捨て場まで運搬する人手を確保することが大切

ダブルベッドをゴミとして自治体に回収してもらう場合、ゴミ捨て場まで運搬する人手を確保することが大切です。家族で協力できれば一番ですが、便利屋さんなどに依頼してもいいでしょう。費用は数千円でゴミ捨て場まで運搬してくれます。

2.買い替えでダブルベッドを処分する方法

この項では、買い替えでダブルベッドを処分するメリットや注意点を紹介します。

2-1.ベッドの引き取りは条件付きのところが多い

新しいベッドを購入すると、古いベッドを引き取りしてくれるところもあります。ただし、「引き取りは同種の商品に限る」としているところもあるので、まずは確認しましょう。たとえば、シングルベッドを2台買った場合、ダブルベッドは引き取り不可なところもあります。

2-2.引き取り料がかかるところもある

ダブルベッドは大きいので、買い替えをしても別途回収料がかかるところもあります。特に、家から搬出するのに特別な器具がいる場合は、有料になる可能性が高いでしょう。それでも、家まで回収に来てくれるのはとても便利です。引き取り料の相場は3,000~5,000円程度になります。

3.寄付や買取で処分する方法

この項では、寄付や買取でダブルベッドを処分する方法を紹介します。

3-1.ダブルベッドは買取が難しい

ダブルベッドは大きいので、置ける家が限られます。そのため、中古の需要が低く、買取しているリサイクルショップはごくわずかです。しかし、皆無ではないので、「まだ使えるダブルベッドが不要になったので、ぜひ売却したい」ならば、根気強く探してみましょう。

3-2.ミニコミ誌などで譲り先を探す方法もある

地域のミニコミ誌や、地元密着型のネット掲示板などでダブルベッドの譲り先を探してもいいでしょう。近場なら、ダブルベッドの運搬もそれほど難しくはありません。「運搬手段があり、取りに来てくれる人歓迎」など、条件をつけるとトラブルを防ぐことができます。ネットオークションで買い手を探す場合も同様です。運送料を調べて記載しておくか、取りに来てくれる人限定で買い手を募集しましょう。

3-3.ダブルベッドの寄付は難しい

ダブルベッドを寄付として受けつけてくれる団体は、ごくわずかです。病院や介護施設、福祉施設などでもダブルベッドを寄付してほしいと呼びかけているところはほとんどないでしょう。寄付先が見つからない場合は、無理をせずゴミとして処分しましょう。いきなりダブルベッドを施設に持ち込んだりしてはいけません。

4.今すぐダブルベッドを処分したい場合は不用品回収業者が便利

この項では、不用品回収業者を利用するメリットなどを紹介します。

4-1.ダブルベッドを動かせない場合も不用品回収業者は便利

ダブルベッドが重すぎてゴミ捨て場まで運搬できない場合や、理由があってダブルベッドを今すぐ処分したい場合は、不用品回収業者の利用が便利です。早ければ申しこんだその日のうちに見積もりを出してくれるでしょう。

4-2.処分費用の相場は数千円~

ダブルベッドの回収料は業者によって異なります。8,000~1万円前後が相場と考えてください。

4-3.悪徳業者に注意する

なお、見積もりを出そうとしない業者や、しつこいセールスをしてくる業者は、費用などを巡ってトラブルになることも多いので、利用しないほうがいいでしょう。対応が丁寧で見積もりが正確な業者や実績がある業者に依頼しましょう。

5.ダブルベッドの処分に関するよくある質問

この項では、ダブルベッドの処分に関する質問を紹介します。

Q.ダブルベッドはのこぎりなどで解体できるでしょうか?
A.スノコベッドのフレームならば解体可能ですが、マットレスの解体は難しいので無理をしないようにしましょう。

Q.ダブルベッドは使用頻度が少ないほど買取してもらえる可能性が高いのですか?
A.はい。ただし、前述したようにダブルベッドは置ける場所が限られているので、中古の需要は低くなっています。

Q.ダブルベッドを運搬するには軽トラックが必要でしょうか?
A.はい。ワンボックスカーでも積むのは難しいのでトラックが必要です。

Q.ダブルベッドが不要になった場合は、やはりゴミとして処分するのが簡単でしょうか?
A.はい。引き取り手がすぐに見つからない場合はゴミとして処分することが最も早い方法です。

Q.不用品回収業者に依頼すれば、その日のうちに回収に来てくれるでしょうか?
A.業者の手が空いていれば可能ですが、2~4月の引っ越しシーズンの場合は難しくなります。

まとめ

今回はダブルベッドが不要になった場合の処分方法を紹介しました。ダブルベッドは中古の需要も少ないので、ゴミとして処分することが一般的です。重くて持ち運びも大変なので、できる限り時間に余裕を持って処分しましょう。