時短掃除のやり方を知りたい! 効率よく進める方法と注意点を詳しく!

「忙しいので時短掃除をしたいが、具体的にどんなやり方をすればよいのだろう」「時短掃除を効率よく進めるポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 毎日忙しい人は、時短掃除に興味がありますよね。しかし、どんなやり方をすればよいのか、掃除を習慣化するにはどうすればよいのかなど、何かと分からないことも多いでしょう。

そこで今回は、時短掃除について詳しく解説します。

  1. 時短掃除のポイント
  2. 時短掃除の進め方
  3. 掃除を習慣化するポイントは?
  4. 時短掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、時短掃除の主なポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.時短掃除のポイント

最初に、時短掃除の主なポイントについて見ていきましょう。

1-1.掃除する場所を限定する

時短掃除では、掃除する場所を限定することが大切です。特定の場所を集中して掃除することで、効率よく汚れを落とすことができます。反対に広く浅く手を付けてしまうと、時間ばかりかかって成果が出ないので気を付けましょう。たとえば、1週間で掃除する場所をローテーションすると、家の中を万遍なく掃除することができておすすめです。

1-2.使いやすい掃除道具を用意する

時短掃除を効率よく進めるためにも、使いやすい掃除道具を用意しておくことも必要です。たとえば、フロアーワイパーやハンディーモップなど、少ない労力で簡単に掃除できるものを用意しておくとよいでしょう。また、掃除道具の収納場所も、出し入れのしやすさを重視して決めてください。掃除したいときにサッと取り出せると、時短にもつながります。

1-3.使い捨ての掃除道具を活用する

時短掃除では、使い捨ての掃除道具を活用するのもおすすめです。掃除道具の管理や手入れにも、手間や時間がかかります。たとえば、掃除機を使用すれば、掃除機のゴミを捨てる必要があるでしょう。ぞうきんも、使用後に洗濯することになります。その点、使い捨ての掃除道具なら、汚れたら捨てるだけなのでとても楽です。時短掃除を効率よく進めるためにも、上手に取り入れてみてください。

1-4.深追いし過ぎない

時短掃除では、深追いし過ぎないことも重要なポイントです。時短掃除では、短時間で効率よく掃除することを第一に考えてください。深追いしてしまうとタイムオーバーになってしまいます。時間内に対応しきれない汚れは、次回のタイミングか時間があるときに手を付けましょう。

2.時短掃除の進め方

時短掃除の進め方を具体的に見ていきましょう。

2-1.掃除の手順を確認する

時短掃除を効率よく進めるためには、最初に手順を確認しておくことをおすすめします。実際に掃除するときは、手順に従うことを意識してください。無駄な動作がなくなって、掃除がスムーズにできます。慣れてくれば、より効率のよい手順ややり方が分かってくることでしょう。

2-2.必要に応じてつけ置きと並行する

しつこい汚れがあるときは、必要に応じてつけ置きと並行することがポイントです。たとえば、キッチンの油汚れが気になる場合は、泡タイプの台所用中性洗剤を吹きかけ、上から水でぬらしたキッチンペーパーを5~10分程度貼り付けておきましょう。そのほかの場所を掃除している間に汚れがゆるみ、簡単に落としやすくなります。限られた時間を有効活用するためにも、つけ置きと並行して掃除することがおすすめです。

2-3.予定した作業が終わったら切り上げる

予定した作業が終わったら、時間内でも掃除を切り上げましょう。まだ時間があるからと予定外の場所に手を付けると、タイムオーバーになったり中途半端な状態になったりしがちです。予定よりも早く掃除が終わったら休憩するなど、そのほかのことに時間を使ってください。

3.掃除を習慣化するポイントは?

掃除を習慣化するための主なポイントを詳しくご紹介します。

3-1.掃除のメリットを具体的に想像する

掃除を習慣化するには、掃除のメリットを具体的に想像してみることが効果的です。掃除のメリットには、主に以下のようなものがあります。

  • キレイな部屋で気分よく過ごせる
  • 感染症や病気を防ぐことができる
  • 家の寿命が長くなる
  • ものがなくなりにくくなる
  • 急な来客でも慌てずに対応できる
  • 適度な運動や気分転換になる

3-2.すき間時間を活用する

掃除を習慣化するには、朝起きた直後や帰宅直後などのすき間時間を活用するのがおすすめです。朝起きたら、もしくは、帰宅したら、何も考えずに掃除道具を手に取るようにしましょう。最初は面倒に感じても、習慣化するうちに掃除をするのが当然になります。なお、すき間時間の活用なので、長時間掃除する必要はありません。5~10分程度でよいので、無理のない範囲で掃除してみてください。

3-3.継続できたら自分にプチごほうびを与える

掃除を継続できたら、自分にプチごほうびを与えるのもよい方法です。掃除ができたらカレンダーに印を付けるようにし、1週間もしくは10回ごとなどにプチごほうびを設定しておきましょう。ポイントは、継続目標を1週間や10回などにとどめ、ハードルを上げ過ぎないことです。何とかできそうな目標にしておくことで、掃除のモチベーションを維持することができます。

3-4.定期的に知人を部屋に招待する

定期的に知人を部屋に招待することも、掃除を習慣化するのに効果的です。ほかの人の目があれば、嫌でも掃除をすることになります。知人が来たときに部屋が汚れていて恥ずかしい思いをしたくないからです。中でも、キレイ好きな人を招待するようにすれば、より高い効果が期待できます。また、自分が好意を持っている人を招待すれば、嫌われたくない一心で自然と掃除をするようになるでしょう。

4.時短掃除に関するよくある質問

最後に、時短掃除に関する質問に回答します。それぞれ確認し役立ててください。

Q.時短掃除の前準備は何をすればよい?
A.不用品の片付けと処分を行うとよいでしょう。不用品が多いと、ホコリやゴミがたまりやすいほか、掃除しづらくなるなどのデメリットが多くあります。

Q.普段から時短掃除していれば週末に掃除する必要はない?
A.いいえ。普段の時短掃除だけでは手が届かない場所もあるはずです。週末などで時間があるときには、手が届かない部分を掃除することをおすすめします。

Q.時短掃除をもっと楽にするコツは?
A.普段から、何かのついでに掃除する習慣を付けるとよいでしょう。たとえば、トイレを使用した後は便器の汚れを軽くトイレットペーパーで拭く、キッチンを使用した後は排水口のゴミをゴミ箱に捨てるなどです。普段から何かのついでに掃除する習慣が付いていると、時短掃除もスムーズに進みます。

Q.小さな子どもがいて時短掃除が進まないのですが?
A.小さな子どもがいると、何かと手がかかって掃除が進まないこともあるでしょう。可能ならば、子どもが不在になるときや、寝た後に掃除することをおすすめします。

Q.家が汚れ過ぎて時短掃除どころではないのですが?
A.プロのハウスクリーニング業者に入ってもらい、家中をピカピカにしてもらうとよいでしょう。1回プロの手でキレイにしてもらうことで、掃除が短時間かつ簡単に済むようになります。掃除の手間が大幅に減ることを考えれば、ハウスクリーニング費用も安く感じることでしょう。

まとめ

今回は、時短掃除について詳しく解説しました。時短掃除を取り入れることで、毎日の家事がグッと楽になります。多忙な人や掃除が苦手な人ほど、時短掃除がおすすめです。まずは、時短掃除のポイントやコツを学び、できる範囲でやってみてください。すき間時間などを活用して掃除を習慣化することも大切です。時短掃除を毎日無理なく続けることができれば、いつでもピカピカの家をキープできることでしょう。