冷蔵庫にカビが生える原因は? カビの取り方、予防法を解説!

冷蔵庫は温度が低いのでカビができないと思われがちですが、カビ菌というものは空気中どこでも漂っているものです。冷蔵庫はどうしても風通しが悪くなり水分がたまりやすいため、カビの栄養素がたくさん存在し繁殖します。カビを放置すると口に入る食材・食品にも菌が付着し、体内に入れてしまうおそれがあるので要注意です。本記事では、冷蔵庫にカビが生えたときの対処法から、発生させない予防策を解説していきましょう。

  1. なぜ冷蔵庫にカビが生えるのか?
  2. 冷蔵庫にカビが生えたときの対処法は?
  3. 冷蔵庫にカビを生やさない予防法は?
  4. 冷蔵庫のカビに関してよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫のカビを防ぐ方法とポイントが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.なぜ冷蔵庫にカビが生えるのか?

まずは、冷蔵庫にカビが生える原因を把握しておきましょう。原因を把握することで、適切な対策・予防法が分かります。

1-1.発生する湿気

カビは湿気がたまる場所を好み、汚れや食べかすなどをエサにし繁殖していきます。冷蔵庫の中は基本的に乾燥していますが、開け閉めを頻繁にしたり、暖かいものの余熱を取らずに冷蔵庫に入れたりすると湿気が発生するのです。それが、カビ菌の繁殖につながります。

1-2.食材についたカビ菌

冷蔵庫の中には、いろいろな種類の食材が入っています。中には、長期間の保存で傷んだり腐ったりしているものがあるでしょう。それらを放置していると、知らず知らずのうちにカビが繁殖し、冷蔵庫内に付着してしまいます。傷んだ食材は、すぐさま廃棄しなければなりません。

1-3.食べこぼしなどの放置

腐った食材だけでなく、食べこぼしの放置もカビの発生原因となります。たとえば、冷蔵庫内で煮物や肉・魚の汁、牛乳などをこぼすことがあるでしょう。放置すると頑固な汚れとなり、なかなか落ちにくくなってしまうので要注意です。汚れを発見したときはできるだけ早めに掃除しましょう。

1-4.パッキンの破損や劣化

冷蔵庫には、ドアなどについている「パッキン」という部品があります。パッキンは、クッションの役割を果たすもので、ドアの開閉をスムーズにするための必要な部分です。しかし、これが破損したり劣化で割れたりすると、きちんと密閉されなくなってしまいます。その結果、カビ菌が入り込み、冷蔵庫内にカビが発生することになるのです。パッキンの破損や劣化は、絶対に放置しないでくださいね。

1-5.製氷機はカビが生えやすい?

冷蔵庫の製氷機は、常に水があので、湿気がたまりやすくカビができやすいところといえるでしょう。そのため、定期的に掃除しなければ、カビが発生する可能性があります。冷蔵庫を掃除する際は、製氷機も忘れないように気をつけてくださいね。

2.冷蔵庫にカビが生えたときの対処法は?

もし、冷蔵庫にカビが生えたときは、一体どのように対処すれば良いのでしょうか。

2-1.用意するもの

冷蔵庫のカビの掃除に必要なものは以下のとおりです。

  • 消毒用エタノール
  • クエン酸
  • 食器用洗剤・ハイター
  • キッチンペーパー
  • 綿棒
  • 割りばし
  • タオル
  • スポンジ

カビの除去に効果があるといわれているのは「消毒用エタノール」です。そもそもエタノールはタンパク質を凝固させるため消毒・減菌として使用されることが多いですが、カビタンパク質を分解する力もあります。主に、エタノールは「消毒用エタノール」と「無水エタノール(ほぼ純粋)」の2種類です。無水エタノールを4、精製水を1の割合で薄めた約80%の濃度が消毒用エタノールに最適だといわれています。薬局やドラッグストアなどですぐ手に入るのでおすすめです。
また、「クエン酸」を用意しておけば、製氷機のカビ取りに使えるので準備しておくと良いでしょう。クエン酸は100円均一ショップでも購入できます。
ほかにも、食器用洗剤・ハイター、カビの部分に成分を行きわたらせるためのキッチンペーパー、拭き取ったりこすったりするタオルやスポンジも用意しておきましょう。

2-2.対策法と手順をチェック!

最初に、冷蔵庫の中にある食材をすべて外に出してください。その際に、賞味期限・消費期限が切れているものは処分しましょう。必要なものはクーラーボックスに一時的に保管しておきます。クーラーボックスがない場合は、発泡スチロールの箱に氷を入れれば代用可能です。すべての食材を取り出した後に電源を切り、掃除に進みましょう。パッキンと冷蔵庫内のカビ除去法は以下のとおりです。

<パッキンの掃除方法>

  1. 冷蔵庫内の食べかすやパッキンに詰まったゴミなどを取りのぞく
  2. キッチンペーパーに消毒用エタノールをつけて拭く
  3. 細かい部分は、割りばしにキッチンペーパーを巻きつけて拭く

<冷蔵庫内の掃除方法>

  1. ラック・卵ケースなど取りはずしができる部分をすべてはずし、食器用洗剤で丸洗いする
  2. 表面のカビを拭き取るため、消毒用エタノールを吹きかけて殺菌する
  3. 完全に消毒用エタノールが乾いた後、カビの黒い汚れを取るため、ハイターなど漂白剤をかける
  4. 仕上げに、消毒用エタノールをひと拭きしてカビを防ぐ

ここで注意しておきたいのは、エタノールが引火性の高い液体であることです。お酒の主成分が含まれているため、火の気のないところで使用してください。また、揮発性の高い液体でもあるため、一度、別の容器に入れたものは早めに使用してしまうようにしましょう。密封容器に入れておかなければ揮発してしまうので、余った場合は密閉し、冷暗所に保管してくださいね。

2-3.製氷機の手入れ方法

カビが発生しやすい製氷機は、週に1回の掃除が理想的です。基本的に丸洗いするだけで構いませんが、カビができている場合はこまめに洗ってください。給水タンク内にカビがついている場合、水で洗い流した後、中性洗剤をつけたスポンジでこすり落とします。または、300mlの水に対してクエン酸を大さじ1杯程度を混ぜ、給水タンクの水がなくなるまで氷を作ってください。クエン酸水がなくなったらタンクをすすげばOKです。
洗浄フィルターについている場合は、かなりやっかいなので新しいフィルターに交換したほうが良いでしょう。製氷機のフィルターは家電量販店やホームセンターなどで購入できます。見当たらない場合は、メーカーに問い合わせましょう。

2-4.消毒用エタノールは漂白作用がない

よく勘違いしている方が多いのですが、消毒用エタノールに漂白作用はありません。そのため、カビの部分に使用しても黒い汚れを取るのは不可能です。消毒用エタノールを使用する際は、まず表面のカビを拭き取りキレイにしてから、それ以上カビが増えないように殺菌します。そして、完全に乾いてから塩素系消毒薬(漂白剤)で漂白し、カビの汚れを取りのぞくというわけです。

3.冷蔵庫にカビを生やさない予防法は?

カビをキレイに除去した後は、再度生やさないための予防策を徹底することが大切です。ここでは、カビの予防法について詳しく説明します。

3-1.主な予防法は?

最も効果的な予防法は、汚れをすぐに拭き取ることです。食べこぼしや汚れがついているのを見つけたら、キッチンペーパーなどでこまめに拭き取りましょう。また、カビの生えた食材を入れないようにし、腐った食材はすぐに出すことが大切です。

3-2.高温・多湿な状態を避ける

カビは高温で多湿な場所に発生しやすく、汚れやホコリなどをエサにして繁殖します。つまり、高温・多湿を避け、栄養源を断つのがカビ予防の基本ルールです。熱いものは冷ましてから入れる・冷蔵庫の扉を開けたままにしない・ギュウギュウ詰めにしないことを心がけ、できるだけ、冷蔵庫内を低温に保ち、乾燥した状態を心がけましょう。

3-3.掃除の頻度はどのくらいか?

カビ予防のためには、3か月に1回の掃除が良いといわれています。冷蔵庫内のものをすべて取り出して掃除するのは大変ですが、庫内は汚れやすいので定期的な掃除が必要なのです。また、1週間に1回程度、消毒用エタノールで庫内を拭き取ると、カビ予防につながります。

3-4.8年以上使用している冷蔵庫は要注意

冷蔵庫の平均寿命は、約8~9年といわれています。8年以上経過した冷蔵庫は冷却効率が下がり、高温・多湿な状態になりがちです。そのため、カビ予防を徹底しても発生するなら、新しい冷蔵庫への買い替えを検討したほうが良いでしょう。

3-5.プロの清掃業者に依頼する

消毒用エタノールや漂白剤を使用してもカビが落ちない場合は、プロの清掃業者に依頼すると良いでしょう。費用はかかりますが、確実にカビを落としたい方にもおすすめの方法です。ただし、業者へ依頼する際は、見積書やスタッフの対応をチェックし信用できるところを選んでくださいね。

4.冷蔵庫のカビに関してよくある質問

冷蔵庫のカビに関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.カビを除去する際の注意点が知りたい
A.冷蔵庫の中に発生したカビを除去する際は、必ずマスクをしてください。マスクをしないと、カビの胞子が舞い上がり、それを吸い込んでしまうおそれがあります。また、同時に消毒用エタノールと漂白剤を使用するなど薬品同士を混ぜると、有害なガスが発生する場合があるので絶対に混ぜないでください。消毒用エタノールが完全に乾いてから、漂白剤を使うようにしましょう。

Q.パッキンのカビがなかなか取れない場合の対処法は?
A.消毒用エタノールでカビが取れない場合は、ゴムパッキン専用のカビ取り剤を使用してください。水に濡(ぬ)らして固く絞ったぞうきんでしっかり拭き、カビ取り剤の成分が残らないようにしましょう。また、漂白剤を水で5倍に薄めて使うのもおすすめです。漂白剤は刺激が強いのでパッキンを傷つけるおそれがありますが、薄めて使えば問題ありません。以下の方法で、薄めた漂白剤を使用しましょう。

  1. 薄めた漂白剤をキッチンペーパーに浸し、カビの部分に塗りつける
  2. 15~30分ほど放置し、漂白剤が浸透するのを待つ
  3. 新しいキッチンペーパーで水拭きし、漂白剤の成分をしっかり拭き取れば完了

Q.製氷機の掃除に役立つグッズは?
A.最近は、製氷機の掃除に役立つさまざまなグッズが登場しています。たとえば、給水タンクに入れるだけで自動的に内部を除菌・洗浄してくれるグッズです。氷が作られる過程で、カビ菌を排除してくれますし、食品成分を使っているので衛生面でも安心できるでしょう。

Q.カビは外側にもつくのか?
A.冷蔵庫の外側は熱を持ち、ホコリがたまりやすい場所です。カビは湿気やホコリを好むので、汚れを放置すると外側にもカビが発生しやすくなるでしょう。また、キッチンは油を含んだ蒸気が舞うので、ベタベタしやすい傾向があります。カビや汚れを防ぐためにも、消毒用エタノールまたは重曹水で全体・側面もキレイにしてください。重曹水は、重曹大さじ1杯程度に対し水100mlを混ぜるだけでOKです。

Q.クリーニング・清掃業者に依頼すると、いくらぐらいかかるのか?
A.冷蔵庫内の状態や業者によって異なりますが、約1万円でキレイにできるでしょう。ただし、カビが庫内の全体に繁殖していたり、頑固な汚れがついていたりしたときには、さらに費用がかかる可能性があります。具体的な見積もりに関しては、業者に無料見積もりを依頼してください。

Q.無水エタノールのほうがカビに効果があるのでは?
A.純度の高い無水エタノールのほうがカビ汚れに効果があると思われがちですが、無水エタノールには殺菌作用がありません。無水エタノールはエタノールが99.5%以上、水分が0.05%が主成分となっているので、カビよりもテレビ・照明器具のカサ・コンセントまわりの拭き掃除に適しています。

まとめ

いかがでしたか? 冷蔵庫にカビが生える原因は、湿気・カビ・パッキン等の傷み・食べこぼしなどさまざまです。定期的に冷蔵庫を掃除するのはもちろんのこと、食べこぼしがないように正しく保管するのも大切なポイントとなります。カビができている場合は、消毒用エタノールで表面のカビを拭き取ってから、乾いた後に漂白剤をつけて落としてください。カビを放置し頑固な汚れになっている・冷蔵庫を8年以上使用している場合は、新しい冷蔵庫への買い替えをおすすめします。頑固なカビ汚れになる前に、できるだけ早めの掃除を心がけましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!