キッチン家電をうまく配置するには? 配置のポイントと注意点

現在のキッチン家電に使いづらさを感じている理由は、「配置」が関係しているかもしれません。いくつかポイントを押さえておくだけで、電子レンジ・冷蔵庫・オーブン・炊飯器など、たくさんのキッチン家電をうまく配置できます。適切な配置にすれば、キッチンが使いやすくなるだけでなく、キレイでスッキリとした状態が維持できるでしょう。本記事では、キッチン家電の配置で押さえておきたいポイントなどを解説します。

  1. キッチン家電の配置の基本
  2. キッチン家電の配置例を種類別に紹介!
  3. キッチン家電の配置で押さえておきたいポイント
  4. キッチン家電の配置に関してよくある質問

この記事を読むことで、使いやすいキッチン家電の配置ができます。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.キッチン家電の配置の基本

最初に、キッチン家電の配置の基本を押さえておきましょう。

1-1.まずはキッチン家電の種類をチェックしよう

キッチン家電には、さまざまな種類があります。代表的なものとしては、炊飯器・電子レンジ・オーブントースター・電気ポット(ケトル)・コーヒーメーカーなどです。最近注目されているものとしては、ジューサー(ミキサー)・フライヤー・ホットプレート・ホームベーカリーなどがあります。それぞれ大きさや重さが異なるので、適当に配置すると必要なときに取り出しにくくなってしまうでしょう。また、設置方法や場所によっては、大切なキッチン家電が壊れてしまう恐れもあります。長く使い続けるためにも、使用頻度などを考えた配置が必要なのです。

1-2.キレイに見えて使いやすくが基本

キッチン家電の配置は、キレイに見えて使いやすいようにすることが基本です。見栄えだけを重視するより、使いやすい配置にすることが何よりも大切なポイントとなります。キッチン家電は使うことが大きな目的なので、なるべく動きが少なくなる配置を心がけましょう。毎日の使い方を振り返りながら、どのように置いたら準備が楽になるのか考えてみてください。

1-3.高さをそろえる

キレイに見える配置にするためには、キッチン家電の高さをそろえることが大切です。高さをそろえるだけでもゴチャゴチャとした印象を避けることができ、スッキリとしたキッチンに仕上がります。また、高さだけでなく、キッチン家電と家具のテイストを統一すると、よりオシャレな雰囲気にできるでしょう。

1-4.使用頻度で分ける

配置を決める際は、普段の生活を振り返りながらキッチン家電の使用頻度の順位をつけてみてください。よく使うものから優先度を上げて配置することが大切です。そして、使う場所の近くに配置していきましょう。たとえば、毎日の調理に必要不可欠な電子レンジは使用頻度が高いので、冷蔵庫まわりやコンロまわりなど、使いやすい場所に配置します。使用頻度が高い順に配置していけば、キッチンが使いやすくなるでしょう。

1-5.コンセントの場所を考える

キッチン家電は、電気を供給するためのコンセント近くに配置しなければなりません。配置場所とコンセントの位置が遠いほど、使いづらく快適でないキッチンになってしまいます。まずは、配置したいキッチン家電をリストアップしていき、コンセントの位置を踏まえながら配置していきましょう。使い方をイメージしつつ、コードが邪魔にならないような場所に配置することが大切です。

2.キッチン家電の配置例を種類別に紹介!

それでは、キッチン家電の配置例を種類別に紹介していきます。

2-1.炊飯器は食卓から手が届きやすい場所が◎

毎日使うキッチン家電といえば、炊飯器ですよね。使う頻度が高いものは手の届きやすい場所に配置するのが基本ですが、炊飯器自体を動かすことはほとんどないのでカウンターの隅などに配置しても問題ありません。ただし、料理中に場所を取らない・ご飯をよそいやすい場所にすることがポイントといえるでしょう。なるべく、食卓から手が届きやすい場所に配置してください。

2-2.電子レンジ・トースターは作業台の近くへ

炊飯器と同じく、使用頻度が高い電子レンジ・トースターは、なるべく作業台の近くに配置しましょう。普段から電子レンジで冷たいものを温めている場合は、冷蔵庫の近くに置いておくと取り出してすぐに温めることができます。食卓に並べられるように、ダイニング付近に配置するのもアリでしょう。トースターの場合は、作業台の近くに置くと移動の距離が短く、作業の手間を省くことができます。

2-3.フードプロセッサー・ジューサーなどは調理スペースの近くへ

フードプロセッサーやジューサーは、使用するたびにコンセントへ差し込むことになるため、調理スペースの近くに配置します。毎日使うなら、調理スペースに常備しておくと取り出す手間が省けるでしょう。必要なときに使用するなら、普段はシンク台の下など収納スペースに保管します。なるべく、調理スペースの近くに保管することが大切なポイントです。

2-4.ケトルはコンセント付近の作業台に常備

ケトルは、1人暮らしや大家族などさまざまな家庭で重宝されるキッチン家電です。お湯をすぐに沸かしたいときに便利なアイテムなので、特に冬場は使用頻度が高くなるでしょう。使用頻度が高くなる時期は、コンセント付近の作業台に常備しておきます。また、水道やミネラルウォーター置き場に近い場所へ配置しておくと、すぐにお湯を沸かすことができるでしょう。
ただし、それは作業台に十分なスペースが確保できる場合だけです。1人暮らしなど作業台が確保できない場合は、電子レンジの近くや冷蔵庫の上など空いているスペースに配置しましょう。

2-5.使用頻度が低い家電は壁面収納棚を利用する

使用するキッチン家電のすべてを見えるところに配置する必要はありません。使用頻度が低いものや使用しないものは、収納棚を利用しましょう。扉を閉めることができる壁面収納棚なら、上手に隠すことができます。キッチンの壁面収納といえば、有孔ボードなどで引っかけるイメージが強いですが、ここではシンク下やパントリーを活用するのがポイントです。たとえば、皿・フタスタンドを扉の内側に貼りつけるだけで、そこに鍋やフライパンのフタが収納できます。カゴを取りつければ、かさばりやすいレジ袋などをまとめて入れることができるでしょう。

3.キッチン家電の配置で押さえておきたいポイント

ここでは、キッチン家電の配置で押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

3-1.収納が少ない・スペースが狭い場合は便利グッズを活用する

1人暮らしの場合、十分な作業スペースや収納・配置場所が確保できないのが大きな悩みですよね。そんなときは、家電を収納できる便利なグッズを活用しましょう。たとえば、数千円で購入できる「レンジ台」がおすすめです。電子レンジ・炊飯器・電気ケトル・コーヒーメーカーなど、キッチン家電をまとめて配置・収納することができます。冷蔵庫の上の空間を収納に活用できる便利グッズもあるので、家具店やインターネット通販をチェックしてください。

3-2.横に長いキッチンの場合は壁面収納がベスト

1人暮らしのキッチンは、壁面の空間が横に長いタイプがほとんどでしょう。収納や配置スペースは狭い点がデメリットですが、横1列に配置できるので工夫すればスッキリとしたキッチンにできます。ここでのポイントは、壁面収納です。キッチンの横にラックを配置し、そこに必要なキッチン家電を配置します。さらに、キッチンボード・キャビネットなどを壁面に並べると、統一感が生まれインテリアのような雰囲気に仕上がるでしょう。

3-3.リビングからの見え方にも配慮すべき

キッチン家電を配置する際は、ついキッチンの空間ばかりに意識を向けがちですが、リビングからどのように見えるのかにも配慮しなければなりません。リビングからキッチン家電が丸見えだと、ゴチャゴチャした印象に見られてしまいがちです。そのため、リビングなどくつろぎの空間からは見られないように配置することが大切なポイントとなります。特に、最近のファミリー層に多いオープンキッチンの場合は、リビングからの見え方に配慮が必要です。

3-4.システムキッチンの場合は周辺ユニットを活用する

システムキッチンは、収納ユニットがキッチン家電のベストな収納場所となります。キッチン家電の配置を見直す場合は、収納ユニットがどのくらいあるのかスペースを把握してください。そして、使い方や使用頻度に合わせて、キッチン家電を配置していきましょう。また、リフォームをする場合は、引き出しつきやコンセントがついたものなどさまざまな種類があるので、使用目的に合ったプランとコーディネートを選んでくださいね。

3-5.定期的に見直すことも必要

快適かつ使いやすいキッチンにするためには、定期的に家電の配置を見直すことが必要です。特に、新しいキッチン家電を購入したり、買い替えをしたりする際は、配置から見直したほうがいいでしょう。購入前に、どこへ配置するのか、どのスペースに収納できるのか確認が大事です。キッチン家電の配置と収納を見直すことで、より快適な空間が維持できます。

4.キッチン家電の配置に関してよくある質問

キッチン家電の配置に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.キッチン家電の配置で注意しておきたいことは?
A.キッチン家電から発生する蒸気と熱です。電子レンジを使用しているときは、熱が本体から周囲へ伝わります。ほかのキッチン家電をくっつけて配置していると、その熱が伝わり、故障や不具合の原因になるので10~20cmは離して配置したいところです。また、炊飯器からは蒸気が出てきます。できれば、上にものがない・水蒸気が当たっても問題ない場所に配置してください。冷蔵庫は、メーカーによっては上にものを置いてはいけないタイプがあるので注意が必要です。

Q.なぜキッチンが使いづらくなるのか?
A.キッチン家電の配置が悪いだけでなく、生活動線を考えた配置にしていないからです。見た目はキレイな配置でも、生活動線に合わせてものが配置されていない空間は無駄な行動が増えてしまい、調理をするたびにストレスが蓄積されていきます。自分が調理しているときにどのような動きをしているのか、キッチン家電をどういうときに使うのか、流れを踏まえて配置することが大切でしょう。

Q.頻繁に使わないキッチン家電の収納スペースがない場合は?
A.なるべくシンク台の下など見えない場所に保管してほしいですが、1人暮らしの狭い空間では収納スペースも十分に確保できませんよね。そんなときは、ステンレス製のキッチンワゴンなどを活用するといいでしょう。使用頻度が低いものや、大きくて収納が難しいものでも、このワゴンに収納するだけでOKです。別の場所に保管していても、ワゴンならすぐに移動できます。

Q.ボックス・ラックを活用するポイントは?
A.組み合わせや使い勝手がいいものを選ぶことです。特徴的なデザインや派手なカラーのボックス・ラックは、キッチンのテイストと統一できず、ゴチャゴチャとした印象になってしまいます。一般的に選ばれる組み合わせといえば、ぬくもり感のある木材のキッチンボード×無機質なスチールラックなどです。家電はなるべく白に統一し、ボックス・ラックを追加するとワンアクセントになりオシャレな雰囲気に仕上がるでしょう。

Q.間違ったキッチン家電の配置例は?
A.置く場所がない・片付けるのが面倒という理由で、作業台いっぱいにキッチン家電を配置することです。ゴチャついて見えるだけでなく、調理の際に使いにくくなってしまいます。作業台に配置するキッチン家電は必要不可欠なものだけにして、後はほかの場所に配置しましょう。もし、棚やラックを置くスペースがなければ、リビング・ダイニングといった空間に収納場所を設けてください。

まとめ

キッチン家電の配置は、キレイに見えて使いやすくするのが基本です。必要のない家電まで作業台に配置すると、使いづらさを感じてしまいます。なるべく作業台は空けておき、ラック・ワゴン・キャビネットなど便利グッズを活用して、電子レンジや冷蔵庫の上の空いているスペースを上手に利用しましょう。また、普段からキッチン家電をいつどのように使っているのか踏まえて、配置場所を考えることも大切なポイントです。定期的に配置を見直し、快適な空間を維持し続けてくださいね。