引越しを自分でやりたい人注目!引越し作業の手順とコツを伝授!

引越しを自分でやろうと考えている人のために、引越し作業の手順とコツをまとめています。
この記事を読むと、効率良い作業を進めるためには何が必要かを学ぶこともできるので、ぜひ参考にしてください。

  1. 引越しで準備する物をチェック!
  2. 引越しの作業手順を確認しよう!
  3. 不用品の処分方法も決めておく!
  4. まとめ

それでは、自分で引越しを行うために必要な手順やコツを具体的に学んでいきましょう。

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.引越しで準備する物をチェック!

自分で引越しを行うために、必要な物をチェックしておきましょう。
意外と、気づかなかったり忘れていたりする物もあるでしょう。

1-1.荷作りのための資材

まずは、荷作りのために必要な資材と、荷作りのときに使う軍手を用意しましょう。
荷作りのために必要な資材は、ガムテープ・段ボール箱・新聞紙・セロハンテープなどです。
自分が引越し先に持っていく物の種類や、量に合わせて用意しましょう。
実際に作業をしていて不足しないように、多めに用意することが大切です。

1-2.軍手やマスク

荷作りをする際には、必ず軍手やマスクをしてください。
引越し作業はほこりっぽくなることが多いので、マスクをして鼻や喉(のど)を守りましょう。
また、作業中は紙やその他の物で手を切ったり怪我(けが)をしたりしやすくなります。
軍手をはめて、思わぬ怪我(けが)から手を守りましょう。

1-3.掃除道具

荷物が片付いたら、最後に大掃除が必要になります。
今までお世話になった部屋をきれいにするための、掃除道具も必要でしょう。
引越してきたとき同様の状態にできるように、丁寧に掃除を行ってください。
特に、ぞうきん類を多めに用意しておくと何かと便利ですよ。

1-4. 荷物を積むための軽トラック

自分で引越しを行うときは、洗濯機や冷蔵庫を運ぶための軽トラックを用意しましょう。
まずは、友人や知人に軽トラックを貸してくれる人がいないか、探すと良いですね。
残念ながら、誰も軽トラックを持っていない、もしくは貸し出してもらえないようなら、レンタルで借りることも考えましょう。

1-5.作業を手伝ってくれる人

物ではありませんが、引越し作業を手伝ってくれる人がいると自分だけで行うよりもはるかに楽です。
事情を話して、引越し作業を手伝ってもらえないか、頼んでみましょう。
もし、作業を手伝うことを引き受けてくれる人がいたら、作業当日は食事を用意するなどして、感謝の気持ちを伝えることも忘れないでください。

2.引越しの作業手順を確認しよう!

自分でスムーズに引越し作業を進めるには、コツがあります。
では、引越し作業に必要なコツを具体的に確認していきましょう。

2-1.作業スケジュールを立てる

引越しで失敗しないためには、最初に作業スケジュールをきちんと立てることが大切です。
いつから引越し準備を始めて、いつまでに引越し先に移動するのか、期間を確認しながらひとつずつ確認しましょう。
あまりにきつい日程にすると、後から調整がしにくくなるので注意してください。
特に、荷作りを業者に依頼しないで行うのは、想像以上に労力が必要です。
荷作りに必要な日数を考えるときには、余裕のある日数にしておきましょう。

2-2.引越しに伴うさまざまな手続きを行う

引越しは、物や人の移動だけでは終わりません。
まずは、役所へ住所変更の手続きを取る必要があります。
また、水道や電気などの、公共サービスの停止・開始の連絡も必要でしょう。
さらに、インターネット関連の移動手続きや、個人的に利用しているサービスの住所変更届、クレジットカードや銀行口座の住所変更手続きなどたくさんあります。
これらの手続きは、リストに書き出しておき、ひとつずつチェックしながら漏(も)れが無いようにしてください。

2-3.引越し先に持っていく物は必要な物だけにする

自分で引越しを行うのなら、引越し先に持っていく物は必要な物だけにすることがコツでしょう。
不用品まで引越し先に持っていっても、使わないのでは意味がありません。
それに、不用品を梱包(こんぽう)して引越し先に持っていく手間や時間も無駄になります。
引越しをすると決めたら、不用品を処分する良い機会だと考えてください。

3.不用品の処分方法も決めておく!

引越しには、不用品処分が伴います。
不用品をどのように処分するかも、早めに決めておきましょう。

3-1.ごみの日に出してしまう

最も簡単な方法は、不用品をごみに出してしまうことです。
地域で指定されているごみの出し方を参考にして、指定された回収日に出しましょう。
1回に出すことができるごみの量は、目安として決まっている場合がありますから、複数回に分けて出すことも考えてください。

3-2.リサイクルショップに持ち込む

家電製品やオーディオ製品など、ほとんど使っていなくて今後も使う予定が無い物は、リサイクルショップに持ち込む方法もあります。
さすがに使用感がある物は、買い取ってくれる可能性が低いので、状態が良い物限定になるでしょう。
でも、少しでも売ることができたら多少の引越し費用にもなりますよ。

3-3.友人などの中で必要な人に譲(ゆず)る

友人などに、不用品の中で欲しい物を選んで持っていってもらうのもひとつの方法でしょう。
新品の食器類や、あまり使用感の無い小型の家電製品などは、必要としている人も多いです。
あくまでも、先方が欲しいと言った物だけを譲りましょう。
譲(ゆず)る相手が親しい仲であっても、抱き合わせでほかの物まで押し付けないようにしてくださいね。

3-4.不用品回収業者に引き取ってもらう

長年同じところに住んでいる場合、いつの間にか物が増えていることでしょう。
普段は気にしていなくても、改めてどれぐらい物を持っているか確認すると、びっくりするぐらいの量になることもあります。
特に、引越しに伴う不用品が多い場合は、不用品を回収する専門業者に引き取ってもらうことも考えましょう。
大量の不用品を処分する労力を思えば、専門業者に依頼した方が何かと楽なのは確か。
もし、不用品の中に買い取り対象の物があると、ちょっとしたお金になります。
ぜひ、検討してみてください。

4.まとめ

さて、自分で引越しの作業を行うために必要なことについてまとめてみました。
不安や疑問は、すっきりと解決しているでしょうか。

  • 引越しの準備に必要な物をチェックして揃(そろ)える
  • 引越しをスムーズに進めるための作業手順を確認
  • 引越しで出る不用品の処分方法を学んで決めておく

さあ、自分ひとりでも引越しの作業で慌てることはありませんね。