引越しゴミの処分ならお任せ! 片付け方法とお得なコツを伝授!


引越しでは、ゴミが大量に出ます。大量のゴミの処分は、引越しの大きな悩みですよね。新居へ持っていくものを運ぶだけでも大変なのに、ゴミの処分まで行うとなると手が回らないことでしょう。しかし、旧居に置いていくわけにもいきません。そこで、今回は、引越しゴミの処分について、片付け方法やお得なコツを踏まえて詳しく解説します。

  1. 引越しで出るゴミについて
  2. 引越しゴミの処分:自治体に依頼する
  3. 引越しゴミの処分:引越し業者に依頼する
  4. 引越しゴミの処分:リサイクル・リセールする
  5. 引越しゴミの処分:回収業者に依頼する
  6. 引越しゴミの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、引越しゴミの処分方法やコツがわかり、適切に処分できるので悩みを解消できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.引越しで出るゴミについて

最初に、引越しで出るゴミについて解説します。困りごとや注意するべき家電についても学びましょう。

1-1.引越しではどんなゴミが出るか

引越しで出るゴミで主なものについて解説しましょう。

1-1-1.可燃物

引越しでは、洋服・書類・雑誌・革製品など、可燃物が大量に出ます。今まで何となく捨てずにいたものは、いい機会なので処分しましょう。特に、洋服類は着なくなったものを長期間保管しがちなので、想像以上に大量にあるものです。引越し先の収納スペースを空けるためにも思いきって捨ててしまいましょう。

1-1-2.電化製品

使わなくなった電化製品も、ゴミとなります。処分方法で迷った結果、押し入れやクローゼットの奥深くにしまったままになっていたというケースもあるものです。いずれにしても、使わない家電はゴミですから適切に処分しましょう。なお、未使用のものや使用感の少ないものは、中古品として買い取りしてもらえることもあります。

1-1-3.大型家具

引越し先の部屋に合わない・新しく買い替えたいなどの理由で、大型家具がゴミになることがあります。時代の変化に伴い、よりコンパクトなタイプの家具にしたい人も多いことでしょう。また、引越し先にクローゼットがあるため、タンスなどの収納家具が不要になることもあります。

1-1-4.自転車

自転車も、ゴミとなる場合があります。もう乗らない自転車を引越し先に持っていくのは、無駄なだけです。特に、子ども用の自転車は、成長すれば使うことがありません。長年放置したものは、サビが出たり塗装がはげたりして使いものにならなくなっている場合があります。

1-1-5.そのほかのゴミ

そのほかにも、引越しで出るゴミは多岐にわたります。子ども服やおもちゃ、スポーツ用品・食器類・書籍など、想像以上のゴミが出ることでしょう。引越しのゴミは、素材や性質によってきちんと分類して処分してください。引越しを機会に使わなくなったものはすべて処分し、スッキリしましょう。

1-2.引越しで出るゴミに関する困りごととは

引越しで出るゴミにかんして、よくある困りごとには以下のようなものがあります。

  • ゴミの分類がわからない
  • 処分方法がわからない・面倒
  • 忙しくて分類・処分する時間が足りない
  • 量が多い
  • まだ使えるものがある

1-3.処分に注意するべき家電について

引越しゴミの中には、処分に注意するべき家電があります。たとえば、家電リサイクル法の指定品目である冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビは、ゴミとして自治体に出すことはできません。処分するときは、メーカー・販売店・回収業者などに依頼して、適切に処分しましょう。処分には、運送料を含めて数千円程度の費用が必要です。家電の種類やメーカーによる処分費用については、家電リサイクルセンターのリサイクル料金(再商品化等料金)一覧表参考にしてください。

2.引越しゴミの処分:自治体に依頼する

引越しゴミの処分を自治体に依頼する場合の方法や注意点について、主な種類ごとに解説します。

2-1.可燃物

可燃物は、自治体の指定曜日・時間に集荷場所に出すと回収してもらえます。指定のゴミ袋に入れる必要があるなど、自治体ごとのルールに従って出してください。大量の可燃物は、集荷場所での回収ではなく、自分で焼却場まで運ぶ必要があることもあります。自治体に確認してから運びましょう。

2-2.電化製品について

電化製品は、種類によって不燃ゴミもしくは粗大ゴミとなります。粗大ゴミで出す場合は、自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡後、指示を受けた日時・場所に出してください。不燃ゴミの回収費用は無料です。粗大ゴミの場合は、数百円程度の支払いが必要になることがあります。なお、家電リサイクル法の指定品目(テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機)はゴミとして回収できません。メーカーなどに回収依頼をし、リサイクルに回してください。自治体への依頼は、回収費用が安いことがメリットで、回収タイミングや場所を選ぶことができないことなどがデメリットです。

2-3.大型家具など

ベッドやタンスなどの大型家具の場合は、自治体でも粗大ゴミとして回収できない場合があります。詳しくは、自治体に確認してください。回収できない場合は、専門の回収業者に依頼することになります。ただし、自分で解体すれば可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことができることもあるので検討してください。

2-4.自転車

自転車は、粗大ゴミとなる自治体が多くあります。自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、回収場所・日時の指示を仰ぎましょう。回収費用が必要な場合は、コンビニなどで「粗大ゴミリサイクル券」を購入し貼り付ける必要があります。なお、自転車は車輪部分が動かないようにひもで縛るなどの方法で固定しておきましょう。

3.引越しゴミの処分:引越し業者に依頼する

引越しゴミの処分は、引越し業者に依頼することもできます。どんなものを回収してくれるかをはじめ、利用料金や注意点などを学びましょう。

3-1.引越し業者が回収してくれるものとは?

引越し業者では、引越しで不要になったタンスやベッドなどの家具類や家電などを回収してくれます。引越し業者に回収してもらえれば、新たにほかの業者を手配することもなく、楽で便利です。ただし、危険物や薬品類など回収不可となるものがあるので、業者にどんなものを回収してもらえるのかの確認を忘れないでください。

3-2.引越し業者の利用料金について

引越し業者では、契約者向けの無料サービスのひとつとしてゴミの処分を受けていることがあります。しかし、オプションとして利用料金が数千円程度かかることもあるでしょう。まずは、業者に見積もりをもらう時点で確認しておく必要があります。

3-3.ゴミの処分を引越し業者に依頼するときの注意点

引越し業者に依頼するときは、どんな作業を行ってくれるのかきちんと確認しておきましょう。たとえば、ゴミの回収はしてくれてもリサイクルに回すことはしないという業者もあります。また、引越し当日までにゴミをまとめておくことが条件となる場合もあるので、注意してください。

4.引越しゴミの処分:リサイクル・リセールする

引越しゴミの処分で、まだ使用できるものはリサイクル・リセールすることを考えてみましょう。

4-1.不用品のリサイクル・リセールとは?

不用品の中には、中古品であっても十分に使用できる状態のものが数多くあります。一方、中古でもいいから自分の好みに合ったものを安く手に入れたい人もいるのです。資源を大切にするという考えからも、ゴミとして処分するのではなく、リサイクルやリセールに回すことを検討してください。

4-2.どんなものがリサイクル・リセールできるか

引越しで出るゴミの中でも、以下のものはリサイクル・リセールできる可能性が高くなります。

  • 家電
  • 家具
  • ブランド品(バッグ類など)
  • 貴金属類
  • 食器類
  • 着物
  • 骨とう品
  • 書籍・CD類
  • ゲーム機
  • 美容機器
  • スポーツ用品
  • 趣味のコレクション品

4-3.リサイクル・リセールするメリットとデメリット

リサイクルやリセールにも、メリットとデメリットの両方が存在します。それぞれ確認しておきましょう。

4-3-1.メリット

  • 必要な人の手に渡って再利用してもらえる
  • ものを大切にできる
  • 買い取り代金を手にできる

4-3-2.デメリット

  • 買い取り対象にならない・買い手がつかないこともある
  • 予想より低い金額で査定が出ることがある
  • オークションの場合はトラブルに巻き込まれるリスクがある

4-4.リサイクル・リセールする方法

リサイクル・リセールで、リサイクルショップに売る・オークションを利用する・不用品回収業者に依頼する方法の3つを解説します。

4-4-1.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは、不用品の中でも再販できるものを中古品として安く売っています。引越しゴミとして出たものでも、再販用に買い取り可能な場合があるので相談してみましょう。リサイクルショップでは、店頭に持ち込んで査定を受け、買い取り可能との判断が出た場合に売ることができます。残念ながら買い取りできないとの結果になった場合は、ふたたび自宅へ持ち帰ることになるので注意しましょう。

4-4-2.オークションを利用する

インターネットでは、毎日オークションサイトで多くの取り引きが行われています。オークションでは、中古品であっても特定のものを探している人が多く、場合によっては思わぬ高値でリセールすることができる場合があるのです。ただし、個人間取り引き独特のデメリット(入金トラブル・商品クレームが起こりやすい)こともあるため、普段から使い慣れている人におすすめします。

4-4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、まだ使える家電・家具・貴金属・パソコンなど再販価値のあるものを買い取りしてもらえます。無料で査定をしているところも多いので、ますは、査定を依頼しましょう。買い取りが可能なものは、金額の提示があります。金額に納得できる場合は、正式に契約してください。

4-5.引越しゴミをリサイクル・リセールする注意点

リサイクル・リセールしたくても、残念ながら買い取りが成立しないこともあるので気をつけましょう。リサイクルやリセールは、中古品として売却したり使ったりすることが前提であるため、条件に満たないものは買い取りできないからです。リサイクルショップやオークション・不用品回収業者で売却できなかったものは、資源リサイクルに回すことができないか改めて検討してみましょう。

5.引越しゴミの処分:回収業者に依頼する

引越しゴミの処分は、回収業者に依頼すると便利で楽です。いい業者の選び方や依頼のメリットをはじめ、詳しく解説します。

5-1.回収業者の選び方について

引越しゴミは、優良業者を選ぶことで安心して依頼できます。具体的には、以下の条件を満たすところにしてください。

  • ゴミのリサイクルを積極的に行っている
  • 価値が高いものは買い取りもしている
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 希望の場所・日時での回収が可能
  • 担当スタッフが親切で感じがいい
  • 利用者からの評価が高い
  • 古物商許可・一般廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当不用品回収買取センターでも、引越しゴミの処分をお受けしています。ご依頼内容に合わせて最もお得なプランをご提案しますのでぜひご検討ください。

5-2.回収業者に依頼するメリット

引越しゴミの処分を回収業者に依頼することには、多くのメリットがあります。

  • ゴミの分類・処分の手間がかからない
  • 自分でゴミを運ばなくていい
  • 時間を大幅に節約できる
  • 好きな日時を指定して作業依頼ができる
  • 資源リサイクルできるゴミを有効活用できる
  • 買い取りになるものがあれば回収費用と相殺できる

5-3.業者の回収方法と流れ

業者に依頼した場合、依頼者の指定した場所・日時に業者がやってきて回収する方法となります。引越しで出るゴミの量は、想像以上に多いため、軽トラックなどを手配する必要があるでしょう。回収の流れについては、以下をご覧ください。

  1. 依頼者からゴミ回収の相談を受ける
  2. 相談内容に応じて見積もりを出す
  3. 見積もり内容を確認後、問題がなければ契約となる
  4. 指定日時・時間に業者がやってきてゴミを回収する

5-4.業者の料金設定について

回収業者では、物量や内容によってさまざまな料金プランを用意しています。家電1個だけなら数千円程度、軽トラックいっぱいの量となると数万円が相場です。引越しは想像以上にゴミの量が多くなるため、軽トラックでの回収が主になるでしょう。なお、実際に必要な料金は、業者の見積もりで確認してください。

5-5.回収業者に依頼することに関する注意点

回収業者は、信頼できるところを選ぶことが何より大切です。最近は、不用品回収業界に新規業者が多数参入しています。しかし、中には正式に許可を得ていない「モグリ」のところもあるのです。違法業者や悪徳業者は、回収した不用品を適切にリサイクルすることなく、山林や空き地に不法廃棄してしまうことがあります。知らないうちに違法行為に手を貸してしまうことになるので気をつけてください。また、無料回収を前面に出しながら、何かと理由をつけて法外な回収費用を請求する業者も存在します。電話や訪問による営業をかけてくるところには、特に注意しましょう。

6.引越しゴミの処分に関するよくある質問

最後に、引越しゴミの処分に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、役立ててください。

6-1.引越し当日までにゴミの仕分けができない場合は?

ゴミの処分を進めるためには、必要なものと不用品の仕分けを行っておくことが大前提です。従って、ゴミの仕分けができなさそうなら、業者にすべて依頼する方法も考えましょう。ゴミの処分・仕分けを行っているところに依頼すれば、忙しくても安心です。依頼するときは、仕分けの基準や注意点を一覧にし、業者に渡しておくといいでしょう。

6-2.新居にすべて持ち込み、後日処分してもいいのでは?

新居に広いスペースがあり、不用品やゴミを持ち込んでも新生活に支障がないのならいいでしょう。しかし、ゴミや不用品を持ち込むことは、おすすめしません。新居での生活が不便になるだけでなく、運搬する物量が多くなることで引越しのときの費用もふくらみがちだからです。面倒でも、引越し前に処分してしまいましょう。

6-3.不用品の買い取り価格に不満がある場合は契約しなくていいですか?

査定を受けても契約する義務はないので安心してください。不用品の査定は、業者によって基準が異なります。そのため、買い取り可能と提示された価格に差が出るものです。不満がある場合は、査定理由を業者に確認してみてください。正当な理由があるのなら、正しく査定してもらっていることになります。査定理由を聞いても納得できない場合は、改めてほかの業者に依頼してもいいでしょう。

6-4.回収業者でも処分できないゴミにはどんなものがありますか?

たとえば、危険物(発火しやすいもの・薬品類など)や動物の死体・血液類・犯罪にかかわっているものなどは、処分できません。また、業者によってはCRTモニターなど、一部の家電の処分を引き受けていないこともあります。処分できないものについては、業者ごとに指定があるので問い合わせてみてください。

6-5.引越しゴミを回収の際に作業員が家に傷をつけた場合の補償は?

作業時には、家に傷や汚れをつけないように注意しながら行います。しかし、傷や汚れをつけられたときは、証拠写真を撮影し、業者に連絡してください。信頼できる業者なら、誠意をもって対応してくれます。損害補償は、内容にもよるので、業者とよく話をして解決できるように進めていきましょう。なお、トラブルに発展しそうな場合は、独立行政法人国民生活センターなど第三者機関に入ってもらうことをおすすめします。

まとめ

今回は、引越しで出るゴミの処分について詳しく解説しました。引越しは、今までの暮らしで出たゴミや不用品を1回で処分するいい機会です。もう使わないもの・不要なものは、すべて処分してしまいましょう。なお、自治体にゴミとして出すほかにも、リセールやリサイクル・買い取りに出せば、ものの寿命が延び、再活用できます。特に、回収業者に買い取りを依頼すれば、回収費用と相殺できるなどのメリットもあり、おすすめです。信頼できる業者に依頼し、買い取り対象になるものがないか見積もってもらいましょう。不用品をスッキリ処分し、引越し先で必要なものだけに囲まれた暮らしを楽しんでください。