家電を早めに買い替える? 家電の処分と上手な買い替えの方法!

家電は非常に買い替えの機会の多いものです。壊れるまで使うというのも非常にエコなのですが、上手に買い替えるというのも大切なポイントになります。家電の買い替えを予定しているという方のために、家電の処分方法や上手な買い替えの方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 家電の処分方法は?
  2. 家電の上手な買い替え方法
  3. 大型家電は買取サービスでお得に処分!
  4. まとめ

1.家電の処分方法は?

1-1.家電を処分するための法律

家電を処分するためには“家電リサイクル法”に注意して処分する必要があります。家電の処分方法は家電リサイクル法によって廃棄の方法が定まっているので、家電の処分を検討する前には対象品目を確認しましょう。家電リサイクル法のポイントについてご紹介します。

1-1-1.許可業者以外は運搬できない

家電リサイクル法では許可を受けている業者以外がサイクル対象商品の運搬はできません。許可がない業者が家電リサイクル法対象品を引き取ることは違法です。家電リサイクル法の対象商品は“家電販売店”などの許可を受けた業者に依頼しましょう。

1-1-2.リサイクル料金を支払う

家電リサイクル法の対象品目を処分する際には“リサイクル料金”を支払います。対象品目や家電メーカーによってリサイクル料金は異なるので、しっかりと確認しましょう。

1-1-3.中古品の取り引きは対象外

家電リサイクル法は“家電の廃棄”にリサイクル料金が必要になります。中古品として取り引きする場合には、リサイクル料金を負担する必要はありません。中古で売ることのできる家電であれば、処分するよりも売ってしまった方がお得に家電を処分することができます。家電リサイクル法対象品の買い替えを検討している場合には、不用品買い取り業者に買い取りを依頼してみるのもよいでしょう。

1-2.家電リサイクル法対象品目の処分

リサイクル法対象品目は“テレビ”“冷蔵庫”“洗濯機”“エアコン”の4種類です。リサイクル法の対象品目を処分する際には、2種類の処分方法があります。

1-2-1.リサイクル料金を支払い廃棄する

家電リサイクル法では、リサイクルのための料金を排出者(消費者)が支払わなければなりません。リサイクル料金は家電量販店や街の電気屋さんなどの販売店で支払う“料金販売店回収方式”と郵便局の振り込みによって支払う“料金郵便局振り込み方式”の2種類の方法があります。

リサイクル法対象品目は販売店での回収になるので“料金販売店回収方式”が一般的な支払い方法です。

1-2-2.中古家電として売る

家電リサイクル法では“家電の廃棄”の際にリサイクル料金を支払うことが義務です。中古家電としてリサイクルショップや不用品買い取り業者などで売ってしまう家電の処分方法に関しては、リサイクル料金を支払う必要はありません。

リサイクル料金の負担を考えると、まだまだ使える家電の処分を検討している場合にはリサイクルショップや不用品買い取り業者を利用して売ってしまうのも一つの方法です。不要な家電は中古家電として売るというのは、環境面や経済面でもメリットのある処分方法といえるでしょう。

1-3.家電リサイクル法対象品目外の処分

家電リサイクル法の対象品目ではない家電も適切に処分するための法律があるのです。小型家電の処分方法を定める“小型家電リサイクル法”は、希少資源の再利用を目的としています。

小型家電の処分方法ですが、“自治体の設置する無料回収ボックス”を利用して処分できます。小型家電リサイクル法も“家電の廃棄”に関する法律なので、中古家電としての取り引きに関しては処分方法に制限はありません。

2.家電の上手な買い替え方法

2-1.家電は使えるうちに買い替えるのがお得!

家電の上手な買い替え方法ですが、“家電は使えるうちに買い替える”のが大きなポイントです。少々もったいないような気もしますが、壊れてしまった家電の廃棄にはリサイクル料金などの負担が必要になるのに対して、使える家電は“売る”という選択もあります。

家電は使えるうちに買い替えることで、お得に買い替えられるのです。家電の上手な処分方法は、リサイクルショップや不用品買い取りサービスを利用して“使えるうちにお得に買い替える”のがポイントになります。

2-2.家電のお得な処分方法とは?

家電を処分する場合“中古家電として売る”“下取りに出す”などの方法があります。中古家電として売ることと、下取りに出す処分方法はどちらがお得なのでしょうか?それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

2-2-1.中古家電を売る

中古家電をリサイクルショップや不用品買い取りサービスで売ることは、家電の処分費用の節約だけではなく新しい家電購入の資金を入手できるのです。売却可能な家電は“状態のよいもの”だけですが、売ることでお得に家電を処分できます。不要な家電の処分前には、業者に相談してみることが大切です。

2-2-2.下取りに出す

家電の下取りは、旧製品を持ち込むことで新しい家電の割引をするサービスです。下取りはサービスを利用できる業者・販売店が限られています。また、下取りサービスでは“リサイクル料金を支払う必要がある”などの点に注意が必要です。

3.大型家電は買取サービスでお得に処分!

3-1.搬出・運搬を業者に任せる!

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を処分する際には、“搬出”や“運搬”が大きな負担になってしまいます。大型家電は運搬の負担が大きいため処分が難しいのですが、リサイクルショップや不用品買い取り業者の“出張買い取りサービス”を利用することで簡単に処分可能です。出張買い取りサービスでは、家電の搬出や運搬などを作業員がおこないます。運搬搬出のための負担なく家電を売ることができる出張買い取りサービスは、上手に家電を処分するためのポイントです。

3-2.どんな家電が高く売れる?

不用品買い取りサービスではどのような家電を売ることができるのでしょうか? 家電買い取りの目安についてご紹介しましょう。

3-2-1.買い取り可能な家電は“使えるもの”が基本

リサイクルショップや不用品買い取りでは、中古家電として再販(リサイクル)するので使用できる家電が買い取りの基本になります。再販可能なものであれば、買い取りサービスを利用できるの可能性があるのです。“故障しているもの”“汚れているもの”などは買い取りできない可能性があるので注意しましょう。

3-2-2.家電は新しいものほど高く売れる

家電は新しいものほど需要があり高く売れる傾向にあります。家電は、製造から5年が買い取りの目安です。家電は、5年を目安に買い替えを検討するようにすることで、お得に買い替えられます。

3-3.不要家電を格安で回収

売ることのできない家電であっても、処分をあきらることはありません。不用品買い取り・回収サービスでは不要な家電の格安回収サービスも利用できます。家電リサイクルの処分費用を考えて、お得に処分できる方法を選んで上手に家電を処分するように心がけましょう。

まとめ

家電を処分する際には“家電リサイクル法”や“小型家電リサイクル法”に注意して処分する必要があります。今回紹介した家電の処分方法について少しまとめてみましょう。

家電リサイクル法対象品の処分方法

  • リサイクル料金を払って処分する
  • 中古家電として売る

小型家電リサイクル法対象品目の処分方法

  • 自治体の設置する無料回収ボックスで処分する
  • 中古家電として売る

家電の処分は“廃棄”と“売却”の二つの処分方法があります。家電の廃棄では、家電の種類によって費用が必要なケースもあるので注意が必要です。家電の売却では、品物の種類・状態によっては買い取り不可能な家電もあることに注意しましょう。家電の処分には、費用を節約する“不用品を売る”という処分方法があります。

家電を上手に売る方法

  • 大型家電は壊れる前に買い替える
  • 家電買い取りサービスで売る
  • 出張買い取りサービスでお手軽に処分

家電を上手に処分するためにはリサイクルショップや不用品買い取りサービスを利用して上手な処分方法を選ぶことが大切です。不要な家電の処分に迷っている場合には“無料見積もり”や“無料相談”などを利用してお得に家電を処分できる方法を探してみましょう。